クレジットカードの暗証番号って何!? 忘れた時の確認方法と変更手続き

更新

クレジットカードの暗証番号

「クレジットカードの暗証番号って何? いつ決めたもの?」
「暗証番号を忘れた場合、どう対処すればいい?」

クレジットカードを店で利用する時に、サインではなく暗証番号の入力を求められることがありますが、暗証番号とは何のことで、忘れた時にはどう対処すればいいのでしょうか? クレジットカードの暗証番号とは何のことか、どのような時に聞かれるか、また暗証番号を忘れた時の確認方法や変更方法、暗証番号がバレた時のリスクと対策を解説します。

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

クレジットカードの暗証番号とは?

クレジットカードを使って実際の店舗で買い物をする場合は、サインや暗証番号の入力を求められるのが一般的です。また、インターネットで買い物をする場合にも、セキュリティコードの入力を求められるのが一般的です。

これらは、クレジットカードを利用しているのがクレジットカードの所有者であることを証明するために必要な手続きです。しかし、カードを利用している方の中には、暗証番号とセキュリティコードの違いがわからない方も多いと思います。

まずは、暗証番号・セキュリティコード・サインの違いについて見ていきましょう。

暗証番号とは

暗証番号とは、クレジットカードを申し込む際の書類に記入して決めた4桁の番号のことです。暗証番号はクレジットカードの表面や裏面に記載されているものではなく、カードを申し込んだ本人にしかわかりません。そのため、クレジットカードを使った決済を行う際に暗証番号の入力を求められても、第三者はわからないため、不正利用を防ぐことが可能です。

スキマーと呼ばれる機械を使用してカードの情報を盗み取るスキミングでは、盗み取った情報でカードを偽造してから不正利用します。しかし、いくらカードの情報を盗み取っても暗証番号は盗み取れないため、決済時の暗証番号の入力で不正利用を阻止することが可能です。

クレジットカードの暗証番号は、不正利用を阻止するためにも大きな役割を担っていると言えるでしょう。

セキュリティコードとは

セキュリティコードとは、クレジットカードの表面や裏面に記載されている3~4桁の番号です。インターネットの買い物ではサインできないため、代わりにセキュリティコードで本人確認を行います。

サインとの違い

サインは、店舗でクレジットカードを利用する際に、本人確認の一環として行うものです。暗証番号の入力に対応していない機器でクレジットカード決済を行うもしくは暗証番号を忘れた場合にサインで本人確認を行います。

クレジットカードは裏面に署名欄があります。クレジットカードの署名には、文字や言語に関する決まりはありません。そのため、漢字でもローマ字でも問題なく、下の名前だけでもニックネームでもイニシャルでも認められています。

しかし、クレジットカードの署名欄にサインが書かれていないカードは、買い物の際に利用できないので注意が必要です。カード欄のサインと決済時のサインが同じかどうかで本人確認を行うためです。

また、署名欄にサインがないと落とした時の不正利用のリスクが高くなるため、クレジットカードを利用する際は、裏面の署名欄にサインをしてあるかどうかしっかり確認してから使いましょう。

暗証番号を忘れた場合はどうすればいい?

クレジットカードの暗証番号を忘れた女性

暗証番号は4桁の番号の組み合わせと決まっていますが、何でもいいわけではありません。誕生日や連続する番号、自宅の電話番号などの連想しやすい番号を暗証番号にすると、不正利用のリスクが高まるため、自分の好きな番号の組み合わせにできない可能性もあります。

そのため、覚えにくい番号になることも多く、しばらくカードを使っていなくて暗証番号を忘れたという方も多いと思います。暗証番号の入力を間違えた時は、いったん取引を取消します。複数回間違うとロックがかかって使えなくなるためです。

暗証番号を忘れた場合や不正利用のリスクを抑えるために暗証番号を変更したい場合にはどうすればいいのでしょうか? 暗証番号の確認方法と変更方法について詳しく見ていきましょう。

暗証番号の確認方法

暗証番号を確認する際は、クレジットカードを発行しているカード会社のホームページや電話などでまずは問い合わせます。しかし、インターネットや電話などでは、本人かどうか判断できないため、その場ですぐに暗証番号を教えてもらうことはできません

そのため、インターネットや電話などで問い合わせた後は、約1週間でクレジットカードを申し込んだ際に記入した住所に暗証番号通知書が郵送されます。その期間中は暗証番号の入力を求められる決済にはカードを利用できなくなるので注意しましょう。

暗証番号の変更方法

暗証番号を変更する際は、クレジットカードを発行しているカード会社のホームページや電話などで手続きを行います。クレジットカードにICチップが付帯されていないカードはすぐにカードの暗証番号を変更することが可能です。しかし、郵送での手続きを望んでいるまたはICチップが付帯されている場合は変更までに1~2週間程度の時間がかかります。

新しい暗証番号を決める際は、生年月日、自宅住所、番地、勤務先、電話番号、車両番号、4桁の同じ数字を除くなど、連想しにくい番号にしてカードの不正利用を防ぎましょう

暗証番号を忘れてもサインで代用可能

暗証番号を忘れると、クレジットカードを店舗で利用できなくなってしまうわけではありません。店舗でクレジットカードを利用する際の本人確認の方法は、暗証番号かサインであるため、サインで代用することも可能です。

しかし、全ての店舗で代用できるわけではありません。ICカードでの決済時には暗証番号の入力が必須の店舗もあります。そのような店舗では、暗証番号を忘れると利用できなくなるので、暗証番号は忘れないように覚えておきましょう。

暗証番号の入力を求められるケース

セキュリティコードはインターネットでクレジットカードを利用する際に入力する一方、サインや暗証番号の入力は店舗で利用する際に行います。店舗で利用する際には、店舗によって暗証番号の入力であったりサインであったりと違いがあるため、何が違うのか気になった方も多いのではないでしょうか?

暗証番号の入力を求められるケースには、どんなケースがあるのでしょうか? 暗証番号の入力を求められるケースには以下の3つが挙げられます。

  • ICカードを利用する場合
  • キャッシングサービスを利用する場合
  • チケットの購入などで券売機を利用する場合

それぞれのケースについて見ていきましょう。

ICカードを利用する場合

クレジットカードは、ICチップを搭載したものとICチップを搭載していないものの大きく2つに分類されます。ICチップ非搭載のカードは、磁器不良が起こりやすいため、カードを読み取れなくなることがあります。また、スキミング被害にあいやすいというデメリットがありました。

しかし、ICチップ搭載のカードは、これらのリスクを抑えられるため、最近ではICチップ搭載のカードが発行されています。ICチップ搭載のカードでは基本的に暗証番号の入力、ICチップ非搭載のカードではサインを求められるのが一般的です。所有しているカードがICチップ対応のカードでも、暗証番号を忘れた時にはサインで決済することも可能です。

キャッシングサービスを利用する場合

クレジットカードの中には、手元に現金がなくてもキャッシュレス決済できる機能のほか、お金を借りることができるキャッシング機能の付いたカードもあります。

キャッシング機能付きのカードがあれば、カードを申し込む際に決められた上限の範囲でATMなどからお金を借りることが可能です。しかし、不正利用された場合のことを考えるとリスクが大きいため、暗証番号の入力が必須となっています。

チケットの購入などで券売機を利用する場合

電車や飛行機などのチケットを購入する際に、券売機を利用する場合は、サインという本人確認の手段を利用できません。券売機での購入は、必ず暗証番号での本人確認が求められています。

電車や飛行機などのチケットの購入全てが暗証番号というわけではありません。窓口での購入の場合には、サインでの本人確認も可能となっています。

暗証番号がバレるリスクとは

クレジットカードの暗証番号は、カードを利用しているのがカードを発行した本人であることを証明する大切なものです。この暗証番号が誰かにバレた場合は、どのようなリスクがあるのでしょうか?

暗証番号がバレるリスクと暗証番号が盗み出される手口、被害にあった場合における対応方法などについて詳しく見ていきましょう。

不正利用で高額請求される可能性がある

カードを何らかの理由によって紛失しても、基本的にはクレジットカードを使った決済やATMからお金を借りる際は暗証番号の入力が求められるため、不正利用しづらいと言えます。

しかし、暗証番号がバレた時には、これらのリスクが一気に大きくなります。最悪の場合には不正利用で高額の商品を購入される・ATMから多額のお金を引き出される可能性があるので注意が必要です。

カードの不正利用に気づいた時には、カード会社に連絡して不正利用が悪化しないようにカードを止めてもらいます。不正利用は少額であれば気づかないケースも多いため、毎月の明細書に目を通しておくなど、万が一に備えておくことが重要と言えるでしょう。

暗証番号が盗まれる手口

暗証番号は、クレジットカードの契約時に契約者本人が決めた4桁の番号の組み合わせであるため、本人以外にわかるものではありません。では、なぜ暗証番号が第三者に盗まれてしまうのでしょうか?

スキマーという機械を使ってカード情報を盗み取るスキミングという行為では、カードの情報を盗み取れても暗証番号までは盗み取ることができません。しかし、スキミングでは、ATMなどにカメラを設置していることが多く、暗証番号を簡単に盗み取られてしまいます。

最近は貴重品ロッカーに小型カメラを仕掛けておいて、ロッカーを利用する際に登録した番号から暗証番号を盗み取るという方法も増えています。同じ4桁であれば、カードの暗証番号と同じ番号にしやすいという盲点をついた作戦です。

他に、ATMで背後から入力している暗証番号を読み取る、カード会社などを装ったメールで偽物のサイトに誘導して暗証番号を入力させるフィッシング詐欺があります。暗証番号を盗み取る手口は多様化しているので十分に注意しましょう。

被害にあっても補償を受けられる

十分に注意していたにもかかわらず、暗証番号がバレたことによって不正利用された時は泣き寝入りするしかないのでしょうか? 不正利用の被害にあったクレジットカードに盗難保険などの不正利用に対する保険が付与されている場合は、被害にあっても補償を受けることが可能です。

カードの盗難保険では、カードの不正利用から60日以内については補償を受けられるのが一般的です。しかし、必ずしも補償を受けられるとは限りません。暗証番号が、生年月日、自宅住所、番地、勤務先、電話番号、車両番号、4桁同じ数字など連想しやすい暗証番号であれば、補償適用外となる可能性があります

暗証番号が第三者にバレないように注意するほか、暗証番号を決める際には上記のような連想しやすい番号にしないよう注意するなど、リスク管理をしっかりと行いましょう。

まとめ

クレジットカードの暗証番号とは、クレジットカードを契約する際に決めた4桁の番号のことです。サインやセキュリティコードと同様に、カードを利用したのが本人であることを証明するための方法の1つです。暗証番号は複数回入力を間違うとロックがかかって利用できなくなるため、不正利用を防いでくれる効果が期待できます。

しかし、暗証番号はクレジットカードの不正利用を完璧に防いでくれるわけではないので注意が必要です。スキミングやフィッシング詐欺などで暗証番号が第三者にバレた場合は、商品購入やキャッシングなどに不正利用されて高額請求に至る可能性があります。

安心してクレジットカードを利用するためにも、暗証番号がバレないように注意するほか、第三者にバレにくい暗証番号に設定するなどリスク管理をしっかり意識しましょう