クレジットカードは利用者も手数料がかかる? 無料でお得に使うには

更新

クレジットカードの手数料

通販で買い物をするときに一番お得な支払い方法は何か知っていますか?
その答えは「クレジットカード」による支払いです。振り込みだと手数料は買い手側の負担ですし、コンビニ払いは払い込みに行く手間も労力もかかります。

普段クレジットカードを使わない人の中にはカードで支払いをすると手数料がかかるのではと心配になる人もいるかもしれません。ところが、日本でクレジットカードを使うときは基本的に手数料なしで利用できるケースが多いもの。この記事ではクレジットカード手数料の仕組みと、無料でお得に使う方法を解説します。

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

クレジットカードの手数料を負担するのは誰?

クレジットカードの手数料を負担するのは、次のとおりです。

  • 加盟店
  • 利用者

それぞれどのようなケースで負担が発生するのかを見ていきましょう。

加盟店

ユーザー目線だと意識することはほとんどないかもしれませんが、お店でクレジットカード払いができるのは、そのお店がクレジットカード決済の加盟店だからです。

加盟店となるにはあらかじめ決済会社と契約を結び、審査に通らなければなりません。導入の際には、クレジット決済用の端末を購入するケースが多く、支払いが発生した際にはカード会社に手数料を支払います。

手数料率は業種やそのお店の規模などによっても異なります。飲食店では決済額の5%、小売店では4%、コンビニでは1%程度のことが多いようです。

利用者

利用者がお店でカードを利用するときは、基本的に手数料がかかることはありません。ただし、3回以上の分割払いやリボ払いを利用するとクレジットカード会社からの請求の際に金利手数料がかかる点に注意してください。

基本的にクレジットカード決済で利用者が手数料を負担することはありませんが、まれに利用者側が手数料を負担するケースもあります。 例としては、ローコストキャリア(LCC)の航空券の決済です。LCCの場合、クレジットカードの手数料は航空券の購入枚数分請求されます。航空券が数千円だった分、手数料が割高に見えるかもしれません。

ただし、コンビニ払いなどその他の方法と比べてクレジットカードが不利な条件に設定されているということはありません。他の支払い方法でも同額かそれ以上に手数料が発生するので、問題ないのかもしれません。

お店によってはクレジットカード払いと現金払いとで異なる料金設定をしているところもあります。ガソリンスタンドでよくみかける料金設定です。

クレジットカード払いの方が高い料金設定になっていますが、遅かれ早かれクレジットカードで支払った方が安くなるよう設定するお店も増えていくでしょう。その理由は次の項で解説しますね。また、年会費のかかるクレジットカードの場合、年会費が利用者にとって実質的な手数料となっています。

加盟店がクレジットカード決済を導入する理由

先に、クレジットカード決済の加盟店はクレジットカード払いを導入すると、審査を受けるだけでなく、専用の端末を購入したり、決済が発生すると手数料を払ったりする必要があることを説明しました。一見、加盟店には得がないように見えます。なぜそこまでしてクレジットカード払いを導入するのでしょうか。その理由をみていきましょう。

顧客を増やすため

1つ目に挙げられる理由は、顧客を増やすため。クレジットカードは現金を持ち歩かなくても決済できる便利な決済方法です。ATMでお金を下ろすとなると、時間帯や曜日によっては手数料がかかってしまいますし、第一、面倒くさいですよね。

一方、クレジットカードならポイントも貯まりますし、お金を下ろしに行く時間も手数料も省けて一石三鳥です。そのため、中にはクレジットカードを利用できるかどうかでお店を利用するか判断する人もいます。

クレジットカードが一般的な決済手段になるにつれて、こうした人の割合も増えていくでしょう。特に外国人観光客には両替不要なクレジット決済のニーズがあります。できるだけお客さんを多く取り込みたい加盟店側としてはクレジットカード決済を導入する理由があるのです。

購入単価を上げるため

2つ目の理由は、購入単価を上げるため。手持ちの現金に余裕がないと、気に入ったものがあっても安い方を選んだり、購入をあきらめたりしたことはありませんか?

こんなとき、クレジットカードが利用できれば、手持ちの現金の範囲内に収まるように買い物を調節せずに済みますよね。

加盟店側からすると、一人あたりの購入単価をアップできます。そのため、初期費用や手数料を支払っても導入メリットがあるのです。

現金のやり取りを減らすため

3つ目は、現金のやり取りを減らすため。いまのところ現金決済を好むお店の方が多いかもしれませんが、今後クレジットカード決済の方が助かるというお店は増えていくでしょう。

なぜなら、現金はコストがかかるからです。

「手数料」は目に見えるコストですが、目に見えないコストもあります。例えば、釣り銭を用意するのはお店にとってコストになります。なぜなら、両替のために銀行に行く手間と時間が発生するからです。

いま、少しずつ銀行の店頭業務が縮小しています。地域によっては、営業時間を短縮するところや、店舗がなくなったりするところも出てくるでしょう。場所によっては銀行への行き帰りだけで、数時間かかるケースも出てくるかもしれません。

お金を計算するのもかなりの手間です。現金の取り扱いでは、おつりを間違えるとトラブルの原因になります。毎回レジ締めをするのも大変です。お金の計算や両替など、事務のために人を雇ったらその分、利益を圧迫してしまいますよね。

クレジットカードの導入で現金を店に置かずにすめば、防犯面でのメリットも。こうしたことをふまえると「クレジットカード決済の方が助かる」と考えるお店も増えていくでしょう。

利用者がお店側から手数料を請求されるケースはある?

利用者が加盟店にクレジットカード手数料を請求されるケースはあるのでしょうか。請求された場合の対処法も知っておきましょう。

加盟店の「手数料」に関するルール

結論からいえば、加盟店はクレジットカードの手数料を利用者に請求してはいけないルールになっています。クレジットカード会社との契約上、そのようになっているからです。

しかし、中にはクレジットカード払いを希望すると、手数料を上乗せして請求されるケースもあります。「クレジットカードは5000円以上から」などの購入金額や、「ランチでは利用不可」など利用時間帯に制限を設けるお店を目にしたことのある人は多いのではないでしょうか。

そうしたお店は決してめずらしくないので、そういうものだと思っているかもしれません。しかし、こうした行為は、規約違反。私たちもしっかりと認識しておきましょう。

手数料を請求されたときの対処法

お会計の段階になって、クレジットカード払いには手数料がかかることを伝えられたらどうすればよいのでしょうか。

そんなときは、臆せずに手数料の支払いを拒否しましょう。トラブルになりそうなときや、拒否できなかったときは必ず証拠として領収書や明細書を受け取るようにしてください。

お店を出たら、手数料を請求された旨をクレジットカード会社に連絡しましょう。クレジットカード会社は加盟店に是正指導をしてくれるはずです。お店と個人間のやり取りだからと、取り合ってもらえないような万が一の場合は、消費生活センターなどへ相談してみるのもひとつの手です。

利用者がクレジットカード会社に手数料を支払うケース

クレジットカードの使い方によっては、利用者がクレジットカード手数料を負担することもあります。

利用者がカード会社に手数料を払う4つのケース

それぞれのケースを詳しくみていきましょう。

分割払いで支払うとき

分割払いとは、クレジットカードで支払う際に購入金額を2回以上に分けて返済する方法のこと。ただし、2回までは手数料はかかりません。手数料が発生するのは3回以上の分割払いです。

手数料率はクレジットカード会社によっても異なります。例えば、JCBの通常手数料は15.00%となっています。

例)年率15%で10万円のものを3回払いにしたとき

支払い元金 手数料 合計額 支払い残高
1回目 3万2920円 1068円 3万3988円 6万7080円
2回目 3万3331円 838円 3万4169円 3万3749円
3回目 3万3749円 421円 3万4170円 0円

JCBの公式サイトで計算すると、分割払いの支払い合計額は、10万2327円になりました。うち手数料は2327円です。

なお、手数料は日割り計算となります。支払日までの日数によって手数料は多少増減する点に注意してください。また、手数料は支払い残高に対して一定の割合でかかります。そのため、残高が減るとその分手数料の支払い額も小さくなるのです。

手数料はカード会社や、カードの種類によっても異なりますので利用する前に確認してくださいね。

リボ払いで支払うとき

リボ払いとは、クレジットカードで支払った金額を翌月から一定の割合で返済する仕組みのこと。購入金額にかかわらず、毎月一定額ずつ返済できるので返済計画を立てやすいのが特徴です。

ただし、返済額には分割払いと同様に手数料が含まれます。

分割払いのときと同じようにJCBでシミュレーションしてみましょう。

例)年率15%で10万円のものを月々1万円のリボ払いにしたとき

支払い元金 手数料 合計額 支払い残高
1回目 1万円 1068円 1万1068円 9万円
2回目 1万円 1109円 1万1109円 8万円
3回目 1万円 1019円 1万1019円 7万円
4回目 1万円 889円 1万889円 6万円
5回目 1万円 713円 1万713円 5万円
6回目 1万円 635円 1万635円 4万円
7回目 1万円 491円 1万491円 3万円
8回目 1万円 381円 1万381円 2万円
9回目 1万円 245円 1万245円 1万円
10回目 1万円 127円 1万127円 0 円

先ほどと同じようにJCB公式サイトでシミュレーションしてみると、支払い合計額は10万6677円、うち手数料は6677円となりました。

分割払いは回数、リボ払いは返済額を一定額にすることを重視した返済方法です。

リボ払いは返済金額を一定にすることができる反面、返済期間が長くなる傾向があるので、その分手数料の支払いが多くなる点に注意してくださいね。

キャッシングを利用するとき

キャッシングとは、クレジットカードを利用して現金を借りるサービスのこと。キャッシングを利用するときは、ATMから引き出す際にかかるATM手数料、返済時にかかる振り込み手数料、借入額に対する金利手数料がかかります

キャッシングの返済方法にはリボ払いと1回払いがあります。JCBのキャッシングを利用するときの金利は15.00〜18.00%です。

先のリボ払いと同じ条件でリボ払いを利用した場合の返済総額は、同じです。ATMを利用する際には、その都度ATMの利用料が発生します。

各社借り入れの条件や返済方法は異なります。事前によく確認してから利用してくださいね。

年会費がかかるクレジットカードを作ったとき

クレジットカードの中には、年会費のかかるものもあります。年会費は持っているだけで毎年支払いが発生するので、その意味では手数料のようなもの。入会時にしっかりと確認するようにしましょう。

年会費がかかるクレジットカードでは、金額にばらつきがあります。通常、一般カードは年会費が安く1000円〜2000円程度のものが多くなっています。ゴールドカードやプラチナカードでは、年会費が1万円以上かかるケースはめずらしくありません。

クレジットカードの利用頻度や求めるサービスなどに応じて自分に合ったカードを選ぶようにしてくださいね。

クレジットカードを手数料なしで使うには?

クレジットカードの便利さがわかったところで、ぜひ使ってみたいという気持ちがわいてきた人もいるのではないでしょうか。でも、手数料はできるだけ払いたくないというのが本音ですよね。どのような点に気をつければよいのでしょうか。ここからは、お得にクレジットカードを使うコツを紹介します。

分割払いやリボ払いを使わない

まず考えられるのは、手数料が発生する分割払いやリボ払いを利用しないことです。クレジットカードで支払いをするときは、手数料のかからない1回払いか2回払いにしましょう。3回以上の分割払いやリボ払いは手数料が高いので、利用しないにこしたことはありません。

ただ、せっかくクレジットカードを持つなら、さまざまな支払い手段を知っておくことも大切。一括払いばかり使ったために、手元に余裕資金がなくなってしまうのも困りものです。無理のない範囲で利用するようにしてくださいね。

ポイントを貯めて実質無料にする

次に紹介するのは、ポイントで実質的に年会費と相殺する方法です。年会費がかかるクレジットカードの場合はできるだけ普段の買い物をクレジットカードで支払うのも有効な方法といえるでしょう。

クレジットカードの利用実績があれば年会費が割引または無料になるカードや、年会費以上のポイントを貯めることのできるカードを選ぶのもよいですね。

例えば、ポイント還元率1%で年会費が1000円のカードなら、年間10万円以上使えば年会費を払っても元を取れることになります。10万円なら、普段の買い物の支払いをクレジットカードにするだけで十分達成できそうです。

ただし、クレジットカードで払える支払いがどれだけあるかは人によって異なると思います。どこまで年会費をかけられるか、いくら使えば元を取れるかをあらかじめ把握しておくとよいでしょう。

年会費永年無料のクレジットカードを選ぶ

カードに維持費をかけたくない人には、年会費無料のカードがおすすめです。クレジットカードの中には、年会費無料にもかかわらずポイント還元率の高いものや、優待サービスを受けられるものがあります

維持費のかからないカードなら、普段クレジットカードを使わない人でも損はありません。予備として持っておきたいという人に、年会費無料のカードはぴったりです。

年会費永年無料のクレジットカード

最後に、年会費無料のおすすめクレジットカードを紹介します。

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD W
還元率 1.0%※1
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  • ・入会後3ヵ月間のご利用はポイント10倍(2019年7月1日~12月31日)
  • ・スマホ決済で20%キャッシュバック【上限1万円】(2019年8月16日~12月15日)
  1. 優待店でポイント還元率アップ。amazon2倍、スターバックス5.5倍、セブンイレブン2倍

JCB CARD Wは39歳までの人が申し込めるクレジットカード。39歳までに作っておけば、その後継続して持っていても年会費はかかりません。家族カードも年会費無料で発行できるので、一切年会費がかからずに家族でクレジットカードを持ちたい人におすすめです。

なお、このカードはJCBが発行するプロパーカードで、ポイントや旅行傷害保険などのサービスも充実しています。

VIASOカード

三菱UFJニコス VIASOカード

還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード 最短翌日発行
国際ブランド
  • Mastercard
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  • 入会日から3ヵ月後末日までに、15万円以上利用で7000円相当のVIASOポイント(2019年4月1日以降に入会された方)
  • 携帯電話(NTTドコモ、ソフトバンク、au、ワイモバイル)料金の支払いで1000円相当のVIASOポイント(入会日から3ヶ月後末日まで)
  1. Rakuten、Yahooショッピングの利用で2.5%

三菱UFJニコスが発行するカードで、本カード、家族カードともに年会費無料で発行できるのがVIASOカードです。

VIASOカードの通常のポイント還元率は0.5%ですが、会員サイトの「VIASO eショップ」を経由して買い物をすると還元率は最大10%になるのが魅力。楽天市場や、Yahooショッピング、Amazonなどバラエティに富んだお店でのショッピングを楽しめます。

VIASOカードは紙の明細書を郵送してもらう場合、1通90円の発行手数料がかかります。手数料が気になる人は、WEB上で請求内容を確認するとよいでしょう。

楽天カード

楽天カード

楽天カード
還元率 1.0%※1
年会費 無料※2
発行スピード 1週間〜10日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
電子マネー
  • 楽天Edy
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  1. 入会と「楽天e-NAVI」への登録で、2000ポイント
  2. カード申込翌月末までに1回以上の利用で、3000ポイント
  1. 楽天グループのサービスでの利用で2倍〜最大16倍※SPU(スーパーポイントアッププログラム)により、さまざまな条件あり
  2. 家族年会費:無料

年会費無料で使えるクレジットカードの中で、定評があるのが楽天カードです。本カードも家族カードも無料で作れます。ポイント還元率は1%ですが、楽天市場で買い物をするとポイントは3倍に。楽天銀行や楽天証券などの楽天サービスを利用するとさらにポイントが効率的に貯まります。楽天ユーザーにはいちおしのカードといえるでしょう。

国際ブランドはVISA、JCB、Mastercard、アメックスの4種類から選べます。

まとめ

この記事の内容をまとめました。

  • クレジットカードの手数料は、加盟店負担のものと利用者負担のものがある
  • クレジットカード決済を利用するときは基本的に利用者が負担する必要はない
  • 分割払いやリボ払いを利用すると、返済時に手数料がかかる
  • 維持費なしでクレジットカードを持ちたい人には、年会費無料のカードがおすすめ

手数料の仕組みを理解して、上手にクレジットカードを使いましょう。