クレジットカードのサインの意味とは?必要な理由と書き方の注意点まとめ

更新

クレジットカードのサイン

クレジットカードを利用するのなら、サインは切り離せない大事なものです。
クレジットカードのサインは、カード裏の署名欄へのサインと支払いのサインの2つがあります。それぞれのサインの意味がわからずに、カード利用に不安を感じている人もいるのではないでしょうか。今回は、クレジットカードのサインの疑問を解消するために、サインの書き方と注意点を解説します。安心してクレジットカードを使うために、ぜひ参考にしてみてください!

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

クレジットカードにサインが必要な理由

クレジットカードを利用するには、サインが必要になることはみなさん知っていると思います。それではこのサインにはどんな意味があるのでしょうか?

クレジットカードのサインの種類は2パターン

クレジットカードの「サイン」とは、大きく分けて2つの意味があります。
1つは、新しいクレジットカードを作ったときや更新したときにやらなくてはいけない、クレジットカード裏面の署名欄へのサインです。自分がそのカードの所有者である証しとして使われるサインです。

もう1つは、お店でクレジットカードを利用したときに、売上票などにするサインになります。自分がこの店で確かに支払いをしましたという証拠として記録するものです。

クレカに必要な2つのサイン

クレジットカードに関わる2つのサインはどちらも重要で、特にカード自体に記入するサインは、みなさんが安全にクレジットカードを使うために必要なサインになります。
今回はクレジットカード裏面の署名欄へのサインを中心に説明していきますね。

サインしないとどうなる?未署名のデメリットはこれ!

もし、クレジットカードにサインしないとどんなデメリットがあるのでしょうか。
サインしなかったことで起きるデメリットをまとめてみました。

<デメリット>

  • 裏面にサインがないと原則利用できない
  • 裏面にサインがないとカード利用を断られることも
  • サインがないカードは盗難・紛失の補償がされない

裏面にサインがないと原則利用できない

クレジットカードにサインがないと、原則利用ができません。これはクレジットカードの利用規約に明記されており、会員本人による署名がカード裏側の署名欄になければ、ルールとして利用できません。ですから、新しいカードや更新カードが届いたら、真っ先に署名欄にサインをしてください

裏面にサインがないとカード利用を断られることも

カード会社の審査に通った信用力(お金を払う能力がある)のある人が、現金がなくても買い物ができるのが、クレジットカードの道具としての力です。信用力が私にはありますよ、と自分がクレジットカードを所有者であることを証明するためには、署名欄にサインをする必要があります。

サインがないカードは、支払い能力がある本人ではないと判断され、利用できません。販売するお店側はサインのないカードにその場で、サインの記入を求めることもできます。もし、サインの記入に応じない場合には、クレジットカードの利用した買い物を断ることができます。

サインがないカードは盗難・紛失の補償がされない

サインがないカードは、カードが盗難や紛失で他人の手に渡り不正利用された場合、補償対象にならないことがあります。クレジットカードは不正利用された場合、一般的に発覚してから60日以内にクレジットカード会社に届け出れば、不正利用された被害額は、クレジットカード会社が補償してくれます。しかし、サインがないカードだと拾った人や盗んだ人が裏面に勝手に署名を書き、利用することもありえます。

こうした事例は、本人の過失とみなされ、不正に利用された分の損害が補償されず、支払い義務が発生してしまいます

サインなしでOKな店舗と必要な店舗の違いは?

クレジットカードを利用したときには、支払いのサインをします。ですが、コンビニやスーパーなどで買い物をすると、サインも暗証番号も必要ないことがありませんか。

こうしたサインのいらない決済方法を「サインレス決済」と呼びます。コンビニやスーパーは利用者が多いため、クレジットカードのサインをお願いしていると、列が混雑してしまいます。こういった混雑による待ち時間を減らす手段として、サインレス決済が導入されています。

主要コンビニのクレカ決済でサインが必要になる金額一覧

サインレス決済が導入されている店舗であれば、サインや暗証番号の入力はしなくて大丈夫です。ただし、利用できるのはあくまで事前にクレジットカード会社とサインレス決済の契約を結んでいるところだけ。さらに不正利用対策として、支払いができる金額が少額決済に限られています。また、少額決済の基準は各店舗によっても異なります。以下に主要コンビニでサインレス決済が可能な金額をまとめました。

コンビニ名 サインレス決済が可能な金額 サインが必要な支払い金額
セブン-イレブン 1万円以下 1万1円以上
ローソン 1万円未満 1万円以上
ファミリーマート 4000円未満 4000円以上
ミニストップ 1万円未満 1万円以上

また、カードに金色や銀色のICチップが埋め込まれているカードなら、サインでなく、暗証番号で決済することができます。この暗証番号がサインの代わりになるので、サインはしなくて問題ありません。ただし、第三者が不正利用したときに第三者が入力した暗証番号が正しかった場合、紛失や盗難の補償対象外になることがあるので、暗証番号の管理には注意しておきましょう。

クレジットカードのサインの書き方と記入時の注意点

クレジットカードのサインが重要なことを理解していただけましたか?
では、実際にクレジットカードのサインの書き方と注意点について見ていきましょう。

サインは漢字でもローマ字でもどちらでも可

クレジットカードの裏面にサインをするときに、サインは漢字か英語、どちらで記入すればいいのかは悩みがちな問題です。
結論を言えば、サインはどちらでも問題ないですし、ひらがな・カタカナ・漢字・書体もこれで書きなさいという指定はありません。「自分が書いたサインです」と証明できれば、十分にサインとしての効果を持ちます

不正利用されるリスクを考えるのならば、なるべくまねしづらいサインを選ぶといいかと思います。書き手の個性が出るので、日本人なら漢字がおすすめとよく聞くのは、こうしたリスクを減らすのに有効であるからです。

セキュリティコードにかぶらないよう注意する

セキュリティコードとは、クレジットカードの署名欄の右上に書かれている数字のことです。この数字は、ネットショッピングで決済するときに入力が必要になる大切な数字です。このコードが自分のサインによって隠れてしまうと確認できなくなってしまいますから、かぶらないように注意しましょう。

書き直したサインはNG

クレジットカードのサインは、書き直しNGです。なぜなら、書き直したサインは、あなたが書き直したものなのか、第三者が書き直したものなのか、判断できなくなるからです。不正利用防止のためにも、お店で利用できないこともありますので、サインが薄くなったからといって上から書き直すのも、あまりおすすめできません。

怪しい署名サインは使わない

クレジットカードのサインは基本的にどんなものでもOKであることはお伝えしましたが、あまり奇抜すぎるサインは控えておいたほうがいいでしょう。

例えば、日本人が使っているのに、英語以外のあまり使わない他言語でサインするのもおすすめはできません。正式なサインであると認められるかもしれませんが、支払いのサインがうまく書けなかったりお店の方を不信がらせたりすることもあるので、やめておくほうが無難ですね。

支払いのサインはクレジットカードのサインと同一にする

クレジットカードを利用するときには、カードの売上票(伝票)に、カード裏面の書名欄にしたサインと同じサインをする必要があります。カードの署名欄と同じサインをすることは、利用者が会員本人であることを示し、伝票に印字された内容(利用金額や支払方法など)を認めるという契約確認の意味を持ちます

例えば、一方が漢字で一方がローマ字にしてしまうと、カードの利用者が本人であるかの確認ができないため、カード利用を断られることがありますから、署名欄と伝票のサインは同一のサインにしておきましょう。

クレジットカードのサインに失敗したら?

クレジットカードの署名欄へのサインは大切ですが、気合が入りすぎたり慎重になりすぎたりして書き損じしてしまうこともありますよね。サインに失敗したらどうすればいいのでしょうか?

やりがちなサインミス

クレジットカードのサインでやってしまいがちなミスを挙げてみました。
みなさんにも経験があるかもしれませんね。

水性ペンで記入してしまった

結構やってしまうのが、水性ペンで記入してしまうことです。にじんだり、ちょっと触れてしまって署名欄を汚してしまったり、財布からの出し入れで消えてしまう可能性があります。

クレジットカードへのサインは、基本的には油性ペンを使いましょう。油性ペンは細いものが少ないので、サインがつぶれてしまうこともあります。ですので、なるべく細字や極細のペンを選ぶのがおすすめです。

除光液で拭こうとする

ペンの書き損じを消そうとして、除光液を使う。これもやめておきましょう。
クレジットカードの利用のときは、店員さんがクレジットカードの裏面をチェックしています。除光液で拭いてしまうとカードの署名をいじったように見えてしまいますから、不正を疑われることがあります。また、除光液がセキュリティコードを消してしまうこともありえるので、間違えたからといって、除光液を使うのはやめてください。

二重線を引いて書き直す

間違った箇所に二重線を引いて書き直すことは、書類などでは使えるのですが、クレジットカードではしてはいけません。カード会社のホームページを確認しても、署名欄に二重線を引いて訂正することは認められていません。訂正をしたのが本人であるのかそれとも第三者なのかわかりませんから、不正利用を疑われます。

間違えたら再発行をお願いするのがベスト

書き損じてしまったときの対処法は2つ、我慢して使うか再発行をお願いすることです。ちょっとした書き損じなら我慢して使っていけばいいですが、間違いがひどい場合や自分で納得がいかず気持ち悪い場合には、再発行をお願いしましょう。カード会社に連絡すれば、再発行の手続きを行ってくれます。クレジットカードの再発行は所定の手数料があることもありますし、手元に届くまでに日数がかかります。書き損じてしまったら、なるべく早めにカード会社に連絡してください

まとめ

今回は、クレジットカードのサインについて以下のとおりご紹介しました。

  • クレジットカードのサインは、カード裏の署名欄へのサインと支払いのサインの2つがある
  • 署名欄にサインがないと原則利用できない
  • 署名欄のサインは、常識の範囲内であれば、なんでもいい
  • 支払いのサインは、署名欄のサインと同じにする
  • 書き損じたときは、カード会社に再発行を依頼する