クレジットカードのキャッシング枠とは?メリット、デメリットを解説

更新

クレジットカードのキャッシング利用

「クレジットカードのキャッシング枠はあまり利用しない方が良い?」
「クレジットカードキャッシングは手数料や金利が高いの?」

クレジットカードに付帯されていることが多いキャッシング機能。現金をすぐに準備する必要がある時に利用を検討したことがある人もいるでしょう。しかし、「クレジットカードのキャッシング枠は利用しないほうが良さそう」「キャッシングは手数料・金利が高い」など、あまり良い印象を抱いていない人も多いかもしれません。

キャッシングは急にまとまったお金が必要になった際に便利なものです。ただし、金利が高いというデメリットもあります。この記事では、クレジットカードのキャッシング利用に関して何となく不安を感じている人のために、キャッシングのメリット・デメリッや、キャッシング以外に現金を借りられる方法について詳しく解説します

※価格の表記に関して、特に指定があるもの以外は税抜き表記となっています。

キャッシングとは

キャッシングとはクレジットカードに付帯する、現金を借りられる機能のことです。例えば給料日前に飲み会や冠婚葬祭が続いてお金が足りなくなった時など、急に現金が必要になった場合でもすぐに現金を借りることができ、とても便利でしょう。

しかし、いくらでもお金を借りられるというわけではありません。キャッシングには上限が決まっているほか手数料なども発生します。そのため利用する際は、あらかじめキャッシングがどのようなものか把握しておくことが重要です。キャッシングとはどのようなものなのか詳しく見ていきましょう。

クレカのショッピング枠とキャッシング枠の違い

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が事前に決められています。ショッピング枠とは買い物に使える金額、キャッシング枠とは現金を借りられる金額のことです。

ショッピング枠とキャッシング枠は別々に設定されていますが、実際は連動しているケースがほとんどです
例えば、ショッピング枠が50万円、キャッシング枠が20万円というクレジットカードがあったとします。この時、クレジットカードで5万円キャッシングをすると、ショッピング枠は5万円が引かれ45万円になります。また、ショッピング枠を40万円使って買い物をすると、残りのキャッシング枠は10万円に減ります。

クレカのキャッシング枠

このように、どちらか一方を利用することで限度額が変動するという仕組みになっている場合が多いことを覚えておきましょう。

クレジットカードキャッシングの使い方

ここからはクレジットカードのキャッシングの利用方法をみていきましょう。

キャッシングを利用する前に

「いざキャッシングしようとしたら、利用できなかった」などということのないように、実際にキャッシングを利用する前に次の3点を確認しておきましょう。

  1. キャッシング枠があるか確認
  2. 限度額がいくらになっているか
  3. 金利(利息)がいくらか

クレジットカードを申し込む際にキャッシングの上限額を希望すると、年齢や収入などの申込者の属性が審査されたうえ、利用枠が決定されます。申込後に「キャッシングを利用したい」と思った場合でも、審査を受けることが可能です。

クレジットカードのキャッシングとよく似たものに、カードローンがあります。どちらもカードを利用してお金を借り入れることのできるサービスですが、厳密にはこの2つは異なるものです。

一般的に、クレジットカードのキャッシングサービスはクレジットカードでローンを利用するためのもので、カードローンはローン専用カードを利用したローンサービスです。どちらもお金を借りるという目的は同じですが、お金を借りることをメインに考えるならキャッシングよりカードローンの方がよいかもしれません。なぜなら、キャッシングの限度額は数万円~数十万円と小さく、金利も15.0~18.0%と高く設定されているからです。その点、カードローンは、キャッシングよりもお金を借りたい人にとってよい条件がそろっています。

カードローンはまとまった資金を借り入れたい人のためのサービス、キャッシングはクレジットカードに付帯した少額のお金を借りたい人のサービスと覚えておいてください。キャッシングとカードローンの違いは後で詳しく解説します。

なお、キャッシング枠は増額も可能です。増額したいときはカード会社に連絡して、増額できるかどうか確認してみましょう

キャッシングで現金をATMから引き出すまでの手順

キャッシングを利用する際は、提携金融機関のATMもしくはキャッシング専用の機器を利用します。一般的な利用方法は以下のような手順です。

  1. ATMのメニューから「お引出し」を選択
  2. クレジットカードを挿入
  3. 暗証番号を入力
  4. 「お借入れ」を選択
  5. 返済方法を選択(1回払いまたはリボ払い)
  6. 借入金額を入力

最後に、クレジットカード・利用明細書・現金を受け取ればキャッシングは完了。なお、キャッシングでは、借入に対して100円~200円程度の手数料がかかるのが一般的です。

返済方法は、ショッピングでの利用と同様に決められた引き落とし日に返済する方法と、ATMを使った早期返済などがあります。引き落としでの返済の場合は、引き落とし日までに口座にお金を準備しておきましょう。

クレジットカードのキャッシングのメリット

キャッシングの主なメリットは以下の3つです。

  • 担保や保証人がない場合でもお金を借りられる
  • 早ければ即日融資を受けられる
  • 上限の範囲内で何度も借りられる

通常ローンなどで現金を借りる際は、万が一返済が滞った場合に備えて担保や保証人を用意する必要があります。しかしキャッシングは、申込段階で「安定した収入があるか」「過去に返済トラブルがないか」などを確認しているため、無担保・保証人なしで融資を受けられるのです。

また、ローンの場合は申し込みから融資を受けるまで数日かかるのが一般的ですが、キャッシングは早ければ即日で融資を受けられます。そのため、急に現金が必要になっても安心です。

また、返済をしっかり行うことができれば、事前に決められた上限の範囲内で何度でも融資を受けることが可能です。

キャッシングのデメリット

キャッシングの主なデメリットは以下の3つです。

  • 必要以上の利用に注意
  • 不正利用されても補償されない可能性がある
  • ローンよりも金利が高い

キャッシングは手軽に利用でき、返済をきちんと行っていれば何度でも借りられてしまうため、必要以上に借りてしまう人もいるかもしれません。

また、仮にクレジットカードを落としてしまった時は、不正利用される可能性があります。不正利用されたのがショッピング枠の場合の補償は手厚いカード会社が多いですが、キャッシング枠の場合は十分に補償されない可能性があるので注意が必要です。

さらに、クレジットカードのキャッシングは金利が高く設定されているのが一般的です。返済期間が長くなった場合は、金利による返済総額が大きくなるので注意しましょう。

キャッシングとカードローンの比較

先に解説したように、キャッシングに似た手段にカードローンがあります。どちらも急にお金が必要になった時に利用できる点は同じです。ここでは、キャッシングとカードローンの違いをもう少し詳しく見ていきましょう。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの主な違いを表にまとめると以下の通りです。

キャッシング カードローン
借入限度額 小さい 大きい
金利 高い 低い
返済方法 少ない 多い

キャッシングの借入限度額は数万円~数十万円であることに対し、カードローンの借入限度額は数十万円~数百万円と大きな差があります。

また、キャッシングの金利は15.0~18.0%など高く設定されている一方、カードローンの金利は3.0~15.0%などキャッシングよりも低く設定されていることが一般的です。

キャッシングの返済方法は口座引き落としが一般的です、対してカードローンの返済方法は、口座引き落とし・提携ATM・インターネットと豊富に用意されています。

少額の借り入れを希望している、すぐに借りたい、一括返済できるといった人にはキャッシングがおすすめです。一方、少しでも多く借りたい、金利を抑えたい人はカードローンを選ぶといいでしょう。

返済シミュレーション①:一括払い

キャッシング一括払いとカードローン一括払いで10万円借りた場合、返済総額にどのくらい差が生じるのでしょうか? キャッシングの金利を15.0%、カードローンの金利を10.0%としてシミュレーションを行うと、以下のようになります。

キャッシング(金利15.0%) カードローン(金利10.0%)
返済総額 10万1250円 10万833円

一括払いの場合はそこまで大きな差が生じることはありませんが、それでも金利差の影響は大きいと言えるでしょう。

返済シミュレーション②:リボ払い

キャッシングとカードローン、それぞれ10回のリボ払いで10万円借りた場合は、返済総額にどのくらい差が生じるのでしょうか?キャッシングの金利を15.0%、カードローンの金利を10.0%としてシミュレーションを行うと以下のようになります。

キャッシング(金利15.0%) カードローン(金利10.0%)
返済総額 10万6999円 10万4637円

一括払いの場合の差は400円程度とそこまで大きくありませんでしたが、10回払いになると2000円程度の差が出てきます

融資額が大きくなればなるほど、また金利差が大きくなればなるほど、返済総額の差は大きくなります。ある程度の融資額を希望している場合には、カードローンを利用した方が良いと言えるでしょう。

即日発行できてATM手数料無料!おすすめのキャッシング機能付きカード

クレジットカードの発行に時間がかかっていては、すぐに現金を借りたい場合に困ってしまうかもしれません。現金が必要なときにすぐ借りられるよう、即日発行できるキャッシング機能付きカードを知っておくといいでしょう。即日発行できるキャッシング機能付きのカードとして、以下の2つを紹介します。

  • エポスカード
  • セゾンカードインターナショナル

それぞれのカードの特徴について見ていきましょう。

エポスカード

エポスカードは、丸井グループのエポスカードが発行しているカードです。キャッシング機能だけでなく、ショッピングでの利用にも優れたカードです。エポスカードの特徴をまとめると以下のようになります。

エポスカード

エポスカード
還元率 0.5%※1
年会費 無料
発行スピード 最短当日〜約1週間
国際ブランド
  • VISA
電子マネー
  • 楽天Edy
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. ネットショッピングで2〜30倍(「たまるマーケット」経由)
申し込み資格 満18歳以上の方(高校生は除く)
旅行傷害保険 最高500万円(海外旅行のみ)
ショッピング補償 年間限度額50万円
キャッシング金利 実質年率18.0%
その他 1万店舗で優待が受けられる
マルイのネット通販、店舗で割引が受けられる
ATM手数料0円
初回利用日の翌日から30日間は金利0円

エポスカードは、ネットでの申し込みが完了したら最短で当日、マルイ店頭でクレジットカードを受け取ることが可能です。

キャッシング利用にはATM手数料がかかるのが一般的ですが、エポスカードのATM手数料は無料です。また、初回利用日の翌日から30日間は実質年率18.0%の金利が0円で利用できます。

居酒屋・カフェ・アミューズメント・スパといった施設で利用する際には、割引やポイントアップなどの優待が受けられます。マルイのネット通販や店舗で利用する際には、会員限定で年4回実施される「マルコとマルオの7日間」にて、期間中何度でも10%オフになるのが大きな魅力です。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルとは、カード会社大手のクレディセゾンが発行するカードです。クレジットの特典とキャッシングの特典のバランスがとれていることが大きな特徴です。セゾンカードインターナショナルの特徴をまとめると以下のようになります。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
還元率 0.5%※1
年会費 無料
発行スピード 最短即日発行
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 西友・リヴィン・サニー 「第1・第3土曜日5%OFF」開催日は5%OFF
申し込み資格 18歳以上の方(高校生を除く)
※提携する金融機関に決済口座を持っている場合に限る
旅行傷害保険 記載なし
ショッピング補償 記載なし
キャッシング金利 実質年率12.0~18.0%
その他 永久不滅ポイントが貯まる
西友・LIVINの優待が受けられる
ポイントサイトを経由すればポイント最大30倍

セゾンカードインターナショナルは、インターネットでの申し込み完了後、最短で当日セゾンカウンターにてクレジットカードを受け取ることが可能です。

キャッシング利用はATM手数料がかかるのが一般的ですが、SAISON ATMを利用した場合のキャッシングおよびONLINEキャッシングは手数料が無料です。また、全国のコンビニや銀行ATMも利用できます。

西友・LIVINでは、毎月「第1・第3土曜日5%OFF」開催日に、ショッピングが5%OFFになります(食料品含む)。インターネットでSAISON POINT MALLを経由して買い物をするだけでポイント最大30倍など、クレジット利用とキャッシング利用のバランスがとれたカードと言えるでしょう。

キャッシング利用時のよくある疑問

キャッシングを利用するときに感じる疑問を解説します。

クレジットカードのキャッシング履歴は信用情報に影響する?

キャッシングの利用を考えている人の中には「キャッシングを利用すると信用情報に傷がつくのでは?」と心配に思う人がいるかもしれません。結論からいえば、キャッシングしただけで信用情報に悪影響が及ぶことはありません

普段あまり意識しませんが、クレジットカードのショッピング枠を利用することも、キャッシング枠を利用することも、実は同じ「お金を借りること」です。大切なのは滞納や遅延などの金融事故を起こさないこと。金融事故を起こすと、以後のクレジットカードの発行や住宅ローンの審査などに影響することがあります。必ず期限までに返済するようにしましょう。

キャッシングが利用できない時の原因と対処法

キャッシングを利用したくても、利用できないことがあります。原因には次のようなことが考えられます。

  • 他社の借り入れを含めて年収の3分の1以上をすでに借り入れしている
  • 延滞があったなど、信用状況が悪化した
  • キャシング枠を設定していない

キャッシング可能額は、貸金業法の総量規制によって設定されています。総量規制が適用されるのは、一社での借り入れ額ではなく、他社の借り入れ状況も含めた金額である点に注意が必要です。信用情報の悪化が原因の場合には、クレジットカード会社はキャッシングの利用制限や利用可能枠を減額することがあります。見過ごしやすいのが、ショッピング枠の返済遅延です。ショッピング枠の返済が遅れると、クレジットカード全体の遅れとなります。心当たりがあれば、すぐに返済しましょう。まずはコールセンターに状況の確認をしてみてください。

キャッシング枠を設定していない場合は、クレジットカードの会員サイトや電話などから申し込みが必要です。

キャッシング枠なしのカードはある?今のカードの枠をなくせる?

キャシング枠はゼロにすることが可能です。具体的な方法はカード会社によって異なりますが、主に次の2つの方法があります。

  1. webで手続き
  2. Web上で手続きできるクレジットカード会社なら、会員サイトからキャッシングの廃止手続きができます。手続きは数分で完了です。

  3. 電話で手続き
  4. クレジットカードの裏面に記載されているコールセンターに電話します。オペレーターにキャッシング枠廃止の旨を伝えましょう。

繰り上げ返済すると手数料が安くなる?

繰り上げ返済のメリットは、返済回数が少なくなること、借り入れ期間を短くすることで利息を減らせることです。キャッシングの返済をATMでしている人なら、返済回数が少なくなればATM手数料の支払い総支払額も減りますね。

キャッシングでクレジットカードのポイントは貯まる?

キャッシングの利用でクレジットカードのポイントは貯まりません。

まとめ

  • キャッシングは急にまとまったお金が必要になった際に便利
  • カードローンと異なり、即日で借りられる
  • 15.0%~18.0%程度と金利が高い点に注意

急に現金が必要になった時は、カードローンよりもキャッシングでの借り入れが適しています。カードローンを借りるにはまず審査に通らなければならないため、融資審査に時間がかかり即日融資を受けることは難しいのです。

既に所有しているクレジットカードのキャッシングを利用する際は、審査不要で速やかに現金を借りることができます。もしクレジットカードを所有していない場合でも、即日発行可能なキャッシング機能付きのクレジットカードを発行すれば、即日で融資を受けられます。

しかし、キャッシングは金利が高いというデメリットがあります。そのため、借りる金額を少額にする、なるべく一括で返済を完了するなど、計画的に利用することが重要です。