学生向けクレジットカードの限度額はMAXいくら?一時的な増額方法も

gakusei_gendogaku

「学生のクレジットカードの限度額はいくら?」
「限度額の引き上げってできるの?」

海外旅行や大きな買い物をしたい場合、気がかりなのはカードの限度額ですよね。そもそも学生の場合、クレジットカードの限度額はMAXいくらなのでしょうか?

この記事では、誤解しがちな「限度額」の意味や、一時的にカード払いの額を増やす方法を紹介していきます。

【誤解】クレジットカードの限度額=毎月使える金額ではない?

クレジットカードを利用していると、しばしば耳にする「限度額」という言葉。漠然と「クレジットカードが使える金額」だと思っている方もいるかもしれませんね。

クレジットカードの限度額の正しい意味は、次の通りです。

クレジットカードの限度額
クレジットカード会社が支払いを代行する金額の上限のこと。月が変わっても、借りた金額を返済するまでは利用可能額は増えない。

たとえば、あなたが限度額30万円のクレジットカードを持っていたとしましょう。ある月に30万円カードを利用した場合、「月が変わればまた新たに30万円を使える」と思うかもしれませんが、実は違うのです。

上記の通り、限度額はカード会社が支払いを立て替えてくれる上限を示したもの。そのため、30万円を返済するまで利用可能額が増えることはないのです。つまり、新たに30万円を使えるようになるのは、30万円を返済したあとということになります。

自分があといくら使えるかは、返済状況やカードの利用日によって異なります。最近では、カード会社のwebサイト上のマイページや専用アプリで利用可能額を確認する方法が主流です。

なお、クレジットカードの限度額は、カード会社が利用者の年収や返済実績といった情報をもとに決定します。一般的に、学生は社会人よりも限度額が低く設定されます

ただし一度決まった限度額も、利用者からの申し出やカード会社の判断で増額や減額されることがあります。また、継続的な増額だけでなく、一時的に増額することもできます。


学生向けクレジットカードの限度額が低い理由

さきほど、「学生は社会人よりも限度額が低い」とお伝えしました。
そもそもなぜ、学生の限度額は社会人よりも低く設定されているのでしょうか?

まずは、学生のクレジットカードの限度額の目安を見てみましょう。

カード会社にもよりますが、多くの場合は10~30万円程度に設定されています。

学生のクレジットカードの限度額
10~30万円程度であることが多い

最初は10万円で、継続して使ううちに30万円に増額されるといったケースもあります。しかし、30万円よりも高額の限度額が設定されることはあまりありません。

一方、社会人の限度額は人によって大きく異なります。限度額が30万円の人もいれば、200万円の人もいます。社会人の限度額と比べると、ずいぶん低く感じられますね。これにはいくつかの理由があります。

まず、学生には安定的な収入がない場合が多いという点が挙げられます。学生は自分自身ではなく親の信用情報をもとにクレジットカードを作ることになるため、限度額にも限りがあるのです。

また、クレジットカードの審査には、それまでの信用履歴(クレジットカードやローンなどの支払履歴)も影響します。ところが、学生はクレジットカードを利用した経歴がないので、どのような使い方をするのか、きちんと返済してくれるのか、カード会社側が判断できません。

これらの理由から、学生の限度額は抑えられているのです。

ただし、学生でも海外旅行などの理由があれば、一時的に限度額を上げることは可能です。


学生がクレジットカードの限度額を一時的に上げる方法

「海外旅行に行くから、限度額がちょっと心配…」
「大型家電を買い替えたい」

ふつうの生活をしている分には問題なくても、何らかの事情でクレジットカードの限度額が足りなくなる場合もあるかもしれません。
そんなときに便利なのが、一定期間のみ限度額を増やせる「一時増額制度」です。Web上などで申請すると、一時的に限度額を増やしてもらえるのです。

ただし、一時増額には2つの注意点があります。


注意点1.すべてのクレジットカードが増額できるとは限らない

どんなクレジットカードでも、限度額の一時引き上げができるわけではありません。一時引き上げのシステム自体はあっても、学生は対象外の場合もあるので注意しましょう。

学生でも限度額が上げられるクレジットカードには、

  • 三井住友カード
  • セゾンカード
  • 楽天カード

などがあります。

手続き方法は、インフォメーションセンターに電話をする、もしくはインターネット上で申し込むパターンが一般的。三井住友カードのように、学生は電話受付のみという場合もあるので、手続き方法を事前に確認してから申し込みましょう。


注意点2.クレジットカードの増額には審査がある

基本的に一時増額にも審査があります。そのため、申し込んだからといって必ず誰でも増額できるというわけではありません。

審査に通ったとしても、増額できる金額には個人差があります。「自分の場合、どれくらい増額できるんだろう?」という場合も、実際に問い合わせてみなければわかりません。

また、仮に一時増額制度を利用しても、増額期間が終了すると元の限度額に戻ってしまいます。増額期間の長さはカード会社によって異なります。

いちいち増額の手続きをするのが面倒だったり、増額できるか不安な場合は、カードを2枚持つという方法もありますよ。

詳しく見ていきましょう。


学生の海外旅行にはクレジットカード2枚持ちも◎

学生の場合、いくらカードの限度額を上げたくてもその額には上限があります。

そこでおすすめしたいのが、クレジットカードの2枚持ち。限度額が20万円のクレジットカードでも、2枚持っていれば合計40万円分利用できるため、安心してショッピングを楽しめるでしょう。

2枚目のクレジットカードを選ぶ際は、今持っているクレジットカードとは異なる国際ブランド(VisaやMastercard、JCBなど)のカードを持っておくと、より幅広い地域に対応できるようになります。また、万が一クレジットカードの盗難被害に遭ったときも、複数枚のカードを持っていれば、当面の支払いに困ることがありません。

さらに、クレジットカードの中には、海外旅行傷害保険付きのカードもあります。保険付きのカードであれば、旅先での不慮の事故やケガ、病気などの補償が受けられるため、安心して旅行を楽しめますね。

ただし、限度額を上げたり、カードを複数枚持ったとしても、あなたの預金が増えるわけではありません。

使いすぎには十分注意して、節度を持った利用を心がけてくださいね。


まとめ

  • 学生のクレジットカードの限度額は、10~30万円が一般的
  • 月が変わったとしても、限度額(利用可能額)が増えることはない
  • どうしても限度額を引き上げたい場合は、一時的に増額するかカードを2枚持つ

関連記事

高校生だってクレジットカードを持ちたい!周囲と差をつけるマル秘技

「クレジットカードって高校生でも作れるの?」「海外留学のときにあった…

学生でもクレジットカードの即日発行は可能?ゼロからわかる基礎知識

「今日中にクレジットカードが欲しい!」「学生でもクレジットカードは即…

学生クレジットカード総まとめ!安心して使えるクレジットカード

「学生向けのおすすめクレジットカードはどれ?」「そもそもクレジットカ…

学生必見!海外にクレジットカードを持っていくメリットと3つの注意点

「海外旅行には、やっぱりクレジットカードを持って行ったほうがいいよね?」