Tポイントはクレジットカードでザクザク貯める!お得な貯め方・使い方

Tpoint_アイキャッチ

スーパーやコンビニなどで買い物の会計をしているときに、「Tカードお持ちですか?」と聞かれたことはありませんか? Tカードは提携店での買い物でTポイントを貯めて・使えるお得なカードです。そのままでもお得ですが、クレジットカードを使えばより効率的にポイントを貯められます。この記事では、Tポイントの貯め方や使い方、効率的にポイントを貯められるクレジットカードを紹介します。

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

Tポイントとは?ポイントが貯まる主な提携店

Tポイントの名前は聞いたことがあっても、サービス内容や特徴は知らないという人もいるでしょう。まずは、Tポイントとはどのようなポイントサービスなのか、どこで貯められるのかなど、サービスの概要を紹介します。

Tポイント・Tカードとは

Tポイントとは、提携先のお店やインターネットサービスで利用した金額に応じてもらえる共通ポイントのことです。全国の提携店でTカードを提示すると、Tポイントを貯めたり使ったりできます。クレジット機能のない通常のカードのほか、クレジットカード一体型、モバイルTカードなどの種類があります。

クレジットカード一体型は、Tポイントと提携していない店舗では、通常のクレジットカードとして利用できます。逆に、提携店では「クレジット機能を使わずにただのTカードとして使う」ことも可能です。例えば「貯まっているTポイントだけで買い物したい」というときなど、このような使い方が考えられるでしょう。

モバイルTカードは「スマホアプリをTカードのように使える」サービスです。実物のTカードを発行していればその番号を登録します。実物がなくても、モバイルTカード専用番号の発行手続きをとれば利用できます(つまり、Tカードなしのスマホ1台でTポイント生活を送れます)。

Tポイントの主な提携店

ジャンルごとに主な提携店をまとめると、下の表のようになります。

ジャンル 提携店
エンターテインメント TSUTAYA、蔦屋書店、新星堂、Amebaなど
レジャー 東急ホテルズ、カメラのキタムラ、パシフィックゴルフマネージメントなど
ショッピング ファミリーマート、マルエツ、ウエルシア、エディオン、LOHACO、洋服の青山など
グルメ ガスト、バーミヤン、ジョナサン、吉野家、牛角、ロッテリアなど
生活 Yahoo! JAPAN、ソフトバンク、ENEOS、ヤマト運輸、東京電力エナジーパートナーなど

Tポイントの提携先は全国にあり、上記で挙げた以外にも、下記のような分野の店舗と提携しています。

  • スポーツ用品店
  • 図書館
  • タクシー
  • 美容院
  • 銀行
  • 証券会社

また、直接Tポイントが貯まる仕組みではなく「その店舗や企業が発行するポイントをTポイントに交換できる」という提携先もあります。例えばANAや関西電力、京葉ガスなどですが、このように全国各地に多くの提携店を持つのがTポイントの強みです。

Tポイントを効率的に貯めるには?

Tポイントがどのようなものか、どこで使えるのかがわかったら、「効率的に貯めるお得な方法」も知りたいと思うでしょう。ここでは、Tポイントを効率的に貯める方法を5つ紹介します。

(1)提携店で貯める

提携店でTカードを提示すると、200円につき1ポイント貯まります。ポイントの還元率でいうと0.5%です。この「提示によるポイント」は、現金で支払っても貯まります。しかし、Tカード一体型のクレジットカードを使うと「カード決済のポイント」も同時に貯められます。その還元率が0.5~1.0%であるため、合計1.0~1.5%のTポイントが貯まります

(2)携帯で貯める

ソフトバンクの携帯電話を使っている場合、毎月の利用料金でもTポイントを貯められます。1000円につき5ポイント貯まる仕組みで、還元率は0.5%です。さらに、この料金の支払いにYahoo! JAPANカードを使うことで、カード決済のポイントも1.0%貯まり、合計の還元率は1.5%となります

(3)ネット通販で貯める

Yahoo!ショッピングやLOHACOなどのネット通販を使うと、その利用金額に応じてTポイントが貯まります。この還元率は1.0%ですが、決済にヤフーカードを使うと2.0%になります。以前はこれに加えて、下の表のようなボーナスもありました。

条件 追加されるTポイントの還元率
5のつく日に購入 +4.0%(合計5.0%)
ソフトバンクユーザー(スマートログイン) +9.0%(合計10.0%)

しかし、ソフトバンクがPayPayのサービスを提供してからは、上記のボーナスはTポイントでなくPayPayのポイント(PayPayボーナスライト)に切り替わっています。

(4)ファミリーマートで貯める

ファミリーマートでは、下の2つのサービスによってTポイントが貯まりやすくなっています。

  • キャンペーン商品など、特定商品の買い物でキャンペーンポイントが貯まる
  • ファミマTカードのクレジット払いで、Tポイントが4倍になる

ファミマTカードで4倍になるのは、下のような仕組みでポイントが付くためです。

付与されるTポイント 還元率
ショッピングポイント 0.5%
クレジットポイント 1.5%
合計 2.0%

ショッピングポイントとは「Tカードを提示するともらえるポイント」です。現金払いでも付くこのポイントに加えて、3倍のクレジットポイントも付くため、合計4倍(2.0%)になるのです。このように、コンビニ利用に関しては「ファミリーマートでファミマTカードを使う」ことで、効率的にTポイントを貯められます。

(5)TSUTAYAで貯める

TSUTAYAでは通常のTカードよりも、クレジット機能が付いた「Tカードプラス」を使う方が、ポイント還元率が高くなります。まず、通常のTカードでのTポイント還元率は下の通りです。

ランク Tカードの還元率
ブロンズ(月に1日以上の利用) 0.5%
シルバー(月に3日以上の利用) 1.0%
ゴールド(月に5日以上の利用) 1.5%

これが、Tカードプラスを持っている場合は、下の表のようになります。

ランク 現金払い カード払い
ブロンズ(月に1日以上の利用) 1.5%(3倍) 2.0%(4倍)
シルバー(月に3日以上の利用) 2.0%(4倍) 2.5%(5倍)
ゴールド(月に5日以上の利用) 2.5%(5倍) 3.0%(6倍)

「現金払い」というのは「カードは見せるだけで、決済は現金で行う」というやり方です。例えば「現金の方が実際に使った金額を把握しやすくていい」という人や、「カードの利用可能枠が足りない」という人が、このような支払いをすることがあります。上記のような理由がない場合は、カード払いを選ぶ方がいいでしょう。還元率が高くなることに加え、どの道カードを見せるために出すわけですから、そのままカードで決済する方がスムーズといえます。

Tカード一体型のおすすめクレジットカード

通常のTカードで買い物をするより、Tカード一体型のクレジットカードを使う方が、ポイントを効率的に貯めやすくなります。ここでは、そのようなTカード一体型のクレジットカードの中で、特におすすめのものを紹介します。

Tカードプラス

Tカードプラスは、ポケットカードが発行するカードです。先に紹介したとおり、TSUTAYAでこのカードを使って支払うと、ポイントが最大6倍(還元率3.0%)になります。そのため、特にTSUTAYAをよく利用する人におすすめです。

Tカード プラス

Tカードプラス券面
還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード 記載なし
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

TSUTAYAの会員証としても使えるため、通常のクレジットカードのように、会員証と合わせて2枚持ち歩く必要がありません。また、会員証の毎年の更新と年会費が不要になる点もメリットです。TSUTAYAの会員証は有効期限が1年間のため毎年更新する必要があり、年会費も300円程度かかります(年会費は店舗によって異なります)。このような手間や費用がなくなる点でも、TSUTAYAをよく利用する人には、Tカードプラスが便利といえます。

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカードは、「ヤフーカード」の愛称で親しまれているTカード一体型のクレジットカードです。Yahoo!ショッピングやヤフオク!など、Yahoo! JAPANのサービスを多く利用する人に向いています。

Yahoo! JAPANカード

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)
還元率 1%※1
年会費 無料※2
発行スピード 1週間〜10日
国際ブランド
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • nanaco
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. Yahoo!ショッピングとLOHACOでのご利用時、Tポイントが毎日合計3倍
  2. 家族カード:無料

特にYahoo!ショッピングでは、Yahoo! JAPANカードを使うことで、Tポイント還元率が常時2倍(2.0%)になります。さらにPayPayライトボーナスも1.0%付与されるため、これも含めると還元率が3.0%と非常にお得です。特にYahoo!JAPANのサービスを多く使う人は、一度Yahoo! JAPANカードを詳しくチェックしてみるといいでしょう。

ファミマTカード

ファミマTカードは、支払金額を自由に決められる自由返済型のリボ払いクレジットカード。ファミリーマートで対象商品を購入すると、多くのキャンペーンポイントを付与されるのが特徴です。

ファミマTカード

ファミマTカード
還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード 最短2週間
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

対象商品は時期によって異なりますが、例えば栄養ドリンク1本を購入すると150ポイント(150円相当)など、商品によってはかなり多くのポイントが貯まります。時期ごとの対象商品はファミリーマートの公式サイト内「Tポイントプラス」のページで一覧になっています。その一覧を見て「自分がよく買う商品がある」という人は、ファミマTカードを持つメリットが大きいといえるでしょう。

Tポイントにポイント交換できるクレジットカード

「Tポイントには興味があるけど、TSUTAYAやファミマはそれほど使わない」という人もいるでしょう。そのような人には「普段は別のポイントを貯め、それをTポイントにも交換できる」というカードがおすすめです。ここでは、そのようにTポイントにポイント交換できるクレジットカードを紹介します。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは、すべてのクレジットカードの中でも特に還元率が高いことで知られています。どの店舗やサイトで買い物をしても100円につき1ポイントが貯まり、還元率が常時1.0%となっています。

Orico Card THE POINT(Mastercard)

オリコカード
還元率 1.0%~2.0%
年会費 無料
発行スピード 最短8営業日
国際ブランド
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

入会後6ヶ月間は還元率が2.0%となり、さらにポイントを貯めやすいのがメリット。このボーナスの上限は5000ポイントですが、還元率2.0%で5000ポイントを貯めるには、25万円の買い物をする必要があるため、多くの人にとっては十分な上限ポイントでしょう。

こうしてオリコで貯めたポイントは、1000ポイント以上からTポイントに交換できます。1000ポイント=1000Tポイントという等価交換なので、レートを気にする必要もありません。「TSUTAYAやYahoo!以外で買い物しても、いつでも還元率が高いカードがいい」という人は、Orico Card THE POINTを選んでみるのもいいでしょう。

三井住友VISAクラシックカード

国内発行のVISAカードの代表ともいえる三井住友カード。その中でも最初の1枚として多くの人に選ばれているのが「三井住友VISAクラシックカード」です。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友クラシックカード
還元率 0.5%※1
年会費 1250円※2
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
電子マネー
  • iD
  • WAON
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  • ・新規ご入会&Vpassアプリログインでご利用金額の20%キャッシュバック【最大1万2000円】(2019年9月2日~12月27日)
  • ・タダチャン!~お買物利用が抽選で合計10万本、全額タダ~【上限10万円まで】(2019年9月2日~12月29日)
  1. 【セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでのご利用】ポイント5倍
  2. ネット入会で初年度無料、1回以上の利用+マイ・ペイすリボ登録で年会費無料

このカードも含め、三井住友カードには「ワールドプレゼント」というポイントサービスがあります。利用金額1000円につき1ポイント貯まるものですが、1ポイントが5円分のため、還元率は0.5%となります。

これだけではOrico Card THE POINTの半分の還元率です。しかし、「ポイントUPモール」を経由して買い物をすることで、ポイントが最大20倍(還元率10%)となります。日頃買い物する商品がこのモールで多く売られている人にとっては、お得なカードといえるでしょう。

Tポイントとの交換レートは「80%」です。「1ワールドプレゼントポイント=4Tポイント」となります。本来5円の価値がある1ワールドプレゼントポイントが、4円の価値になってしまうため、レートは80%ということです。

このため、大部分の商品をTポイントの提携店で買う人は、Tカードプラスなどを選ぶ方がいいでしょう。しかし、上に書いた「ポイントUPモール」などに魅力を感じ、なおかつTポイント提携店も「ある程度使う」という人には、三井住友VISAクラシックカードがおすすめといえます。

JCB CARD W

JCB CARD Wは、JCBカードの中でもっともポイントを貯めやすいカードです。通常、JCB CARDの「Oki Dokiポイントプログラム」では、利用金額1000円につき1ポイント貯まります。「1ポイント=5円分」の価値があるため、還元率は0.5%です。しかし、JCB CARD Wではこの還元率が常に2倍の1.0%になります。

JCB CARD W

JCB CARD W
還元率 1.0%※1
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  • ・入会後3ヵ月間のご利用はポイント10倍(2019年7月1日~12月31日)
  • ・スマホ決済で20%キャッシュバック【上限1万円】(2019年8月16日~12月15日)
  1. 優待店でポイント還元率アップ。amazon2倍、スターバックス5.5倍、セブンイレブン2倍

JCBカードの貯まったポイントは、500ポイント以上100ポイント単位でTポイントに交換可能です。交換レートは80%で「1OkiDokiポイント=4Tポイント」となります。

貯めたTポイントを使ってみよう!

Tポイントの貯め方がわかったら、次に気になるのは「Tポイントの使い道や使い方」でしょう。ここでは、Tポイントの使い道を6つ紹介します。

(1)お店で使う

Tポイントは提携店で1ポイント=1円として使えます。提携店は全国各地にあるため、日頃から持ち歩いているだけで、自然にポイントが貯まっていくでしょう。支払いの一部や端数のみをTポイントで支払うこともできます。このため「1円などの小銭のお釣りが出ないようにしたい」という人にとっても便利です。

(2)商品と交換する

Tポイントの公式サイト「Tサイト」では、貯めたポイントをさまざまな商品と交換できます。特に商品数の多いカテゴリーを紹介すると下の表の通りです(データは2019年8月10日時点のもの)。

カテゴリー 商品数
生活雑貨・文房具 349
グルメ 266
キッチン(調理器具) 193
家電 127
ヘルス・ビューティーケア 104

他にも、スイーツ・食器類・アウトドア・ファッションなど、さまざまなカテゴリーの商品と交換可能です。

(3)募金する

Tポイントは被災地や国連、財団などへの募金もできます。「Tポイント募金」というプログラムで、2019年8月10日時点で下のような寄付実績となっています。

  • 寄付総額…2億6652万3418ポイント
  • 寄付件数…96万1605件

WWFやユニセフ、日本赤十字社やユネスコなど、あらゆる団体を募金先として選択できます。寄付は1ポイントから可能です。

(4)ネットショッピングに使う

Yahoo!ショッピングやLOHACOなど、ネットショッピングでもTポイントを使えます。使い方は、決済の際に使いたいポイント数を入力するだけです。Amazonや楽天のポイントと同じ要領のため、ネット通販をある程度使っている人なら、簡単に使いこなせるでしょう。また、ネット経由でTポイントを利用する場合、商品を買う以外でも下のような支払いに使えます。

  • 旅行代金
  • NHKの視聴料
  • 水道・電気などの公共料金

水道料金は「Yahoo!公金支払い」を経由すれば、Tポイントで支払えます。電気代の支払いについては中部電力などが対応しており、それぞれの電力会社のマイページなどで手続きをします。

(5)現金に交換する

ジャパネット銀行の口座を利用すれば、Tポイントを現金に交換することも可能です。交換レートは100ポイントにつき85円で、85%となります。交換できるポイントは最小1000ポイントで、交換単位は100ポイントです。レートは少々悪いものの、カード代金の引き落としなどで現金が必要なときに、このような「現金化」ができるのは便利といえます。

(6)マイルに交換する

Tポイントは500ポイント以上で、ANAマイルにも交換できます。交換レートは500ポイントで、250マイルです。これは、ANA以外のサービスで利用すると「250円の価値」です。例えば下の電子マネーはすべて「250ANAマイル=250ポイント」となっています。

  • Tポイント
  • 楽天Edy
  • nanacoポイント
  • 楽天スーパーポイント

つまり、500Tポイントを250ANAマイルに交換すると「ANAで使わなければ、価値が半分になってしまう」ということです。逆にANAで使うと、使い方次第ではTポイントの際の数倍にもなります。例えば航空券の支払いに充当する場合、フライトの距離が長く、座席のグレードが高いほど有利になります。

まとめ

Tポイントは全国の提携店やネット通販で貯めて使うことができる便利なポイント。Tカード一体型のクレジットカードを使うことで、より効率的にポイントを貯められます。下の一覧を参考に、自分のライフスタイルに合った、ベストのカードを選ぶといいでしょう。

  • TSUTAYAをよく使うなら「Tカードプラス」がお得
  • Yahoo!のサービスをよく使うなら「Yahoo! JAPANカード」がおすすめ
  • ファミリーマートをよく使うなら「ファミマTカード」
  • 「Tポイント以外でも得したい」なら「Orico Card THE POINT」

※価格はすべて税抜です。