【専門家監修】Amazonで得するおすすめクレジットカードを徹底調査

更新

Amazonクレジットカード比較

監修者伊藤亮太

ファイナンシャル・プランナー/証券外務員

「Amazonをよく使うけど、支払いに使うクレジットカードは何がベスト?」

「Amazonのカードって本当にお得なの?もっとお得なカードはある?」

クレジットカードの専門家である伊藤亮太さんに聞いてみたところ、Amazon利用で得するカードは3枚に絞られました。

NO. カード名 年会費 Amazon利用時の還元率 特徴 公式サイト
1

JCB CARD W

JCB CARD W

無料

2%

期間限定キャンペーンでスマホ決済で20%還元

公式サイト
2

Amazon Mastercardゴールド

Amazon Mastercard ゴールド

1万円(割引あり)

2.5%

プライム年会費無料

公式サイト
3

Amazon Mastercard
クラシック

Amazon Mastercardクラシック

1250円(※)

1.5~2%

プライム会員ならAmazon利用時の還元率が2%

公式サイト

※初年度無料、年に一度の利用で翌年度も無料

「なぜこの3枚が良いのか」さらに詳しく知りたい方は、この記事で詳しく理由を解説しているので是非読んでみてください。

さらに「実際にAmazonカードとJCB CARD Wを利用してみたレポート」もありますよ。

 

【Amazonでも普段使いでも高還元率な当サイトおすすめカード】

JCB CARD W

JCB CARD W
還元率 1.0%
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

特徴

  • 提携店舗での利用で還元率大幅アップ。アマゾン2.2倍、スターバックス5.5倍、セブンイレブン2倍
  • 39歳以下が申し込めるWEB入会限定カード
  • 利用付帯の海外旅行保険付き
お得なキャンペーン情報
  1. Apple Pay・Google Payご利用で20%還元(入会:2020/12/31まで)
  2. 新規入会限定!ポイント4倍(入会:2020/12/31まで)
  3. インターネット新規入会で最大14,500円分プレゼント!(入会:2021/4/30まで)
  4. 新規入会限定!スマリボ登録&利用でポイント10倍!(入会:2021/3/31まで)
監修者の写真:伊藤亮太

クレジットカード・キャッシュレス専門家伊藤亮太

監修者プロフィール

岐阜県大垣市出身出身。2004年慶應義塾大学商学部卒業、2006年慶應義塾大学大学院商学研究科経営学・会計学専攻を修了。学生の間にCFP資格、DCアドバイザー資格取得。2007年スキラージャパン株式会社を設立し、取締役に就任。2019年スキラージャパン株式会社代表取締役に就任。2019年、一般社団法人資産運用総合研究所を設立、代表理事に就任。

Amazonの利用でポイントが貯まりやすいクレジットカードは?

Amazonで買い物をするとAmazonポイントが付与されます。何かとよく使うAmazonですから、お得にポイントを貯めたいですよね。

Amazonの独自カードを第一の選択肢と置きつつ、どのカードと比較すればよいでしょうか。

監修者からの一言:男性

Amazonカードの選び方

Amazon独自カードである「Amazon Mastercard ゴールド」、「Amazon Mastercard クラシック」は有力な候補なので、この2枚と比較するカードを選びました。

数あるクレジットカードの中から候補として選んだのは、いずれもポイントを貯めやすいといわれている「JCB CARD W」、「Orico CARD THE POINT」、「楽天カード」です。

カード名 年会費 Amazon利用時の還元率 特徴
Amazon Mastercardクラシック
Amazon Mastercardクラシック
1250円(※) 1.5~2% プライム会員ならAmazon利用時の還元率が2%
Amazon Mastercardゴールド
Amazon Mastercard ゴールド
1万円(割引あり) 2.5% プライム会員費が無料
JCB CARD W
JCB CARD W
無料 2% Amazonで還元率2%、さらに他店舗でも高還元
Orico CARD THE POINT
オリコカード
無料 1% Amazonで還元率2%、入会後6ヶ月は還元率2倍
楽天カード
楽天カード
無料 1% 楽天市場で還元率3%

※初年度無料、年に一度の利用で翌年度も無料

クレジットカードの専門家である伊藤さんのアドバイスをもとに、どのカードがどのくらいお得になるのか見ていきましょう。

利用金額別ポイントの貯まり具合を比較

5つのカードで、Amazon利用金額別にどのくらいポイントが貯まるのかを比較してみます。

<年間利用額別付与ポイント数>
年間利用金額
(月間)
Amazon Mastercardクラシック(2%)Amazon Mastercardクラシック Amazon Mastercardゴールド(2.5%)Amazon Mastercard ゴールド JCB CARD W(2%)JCB CARD W Orico CARD THE POINT(2%)オリコカード 楽天カード(1%)楽天カード
36,000円
(3,000円)
720 900 720 720 360
60,000円
(5,000円)
1,200 1,500 1,200 1,200 600
120,000円
(10,000円)
2,400 3,000 2,400 2,400 1,200
360,000円
(30,000円)
7,200 9,000 7,200 7,200 3,600
監修者の写真:伊藤亮太

専門家

伊藤亮太

年間で36万円利用する場合、Amazon Mastercard ゴールドのポイントが高いのがわかります。36万円というのは多いように見えるかもしれませんが、メインカードとして利用するならこのくらいは使うでしょう。

月1万円の利用でもAmazon Mastercard ゴールドでは3000ポイントも貯まりますから、Amazonを利用する方はゴールドがおすすめです。プライム会員であれば年会費は実質無料にできますしね。

ポイント以外のメリット

Amazon利用でお得なカードを選ぶには、ポイントの貯まりやすさに加え「プライム会員かどうか」も重要です。

上の図にあるように、プライム会員はAmazonカードの利用で特典があります。

クラシックなら還元率が倍になりますし、ゴールドなら年会費にAmazonプライムの利用料が含まれています

Amazonプライム会員ではないならJCB CARD Wがベストな選択といえます。Amazonの利用でポイント還元率が2%になりますし、付与されたポイントはAmazon以外の用途にも使えます

Amazon Mastercard ゴールドとJCB CARD Wそれぞれのカードについて、もっと詳しく見ていきましょう。

【Amazon利用でおすすめのカード1】Amazon Mastercard ゴールド

Amazon Mastercard ゴールドをおすすめする理由は以下の3つのメリットがあるからです。

メリット:アイコン画像 メリット1

Amazon利用時の還元率が2.5%と高い

メリット:アイコン画像 メリット2

ポイントモールを経由する必要がない

メリット:アイコン画像 メリット3

Amazonポイントが直接貯まるので、ポイント交換の手間が不要

Amazon Mastercardゴールド

Amazon Mastercard ゴールド
還元率 1.0%※1
年会費 1万円※2
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • Mastercard
電子マネー
  • iD
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

Amazon利用時の還元率は最大2.5%

Amazon以外の利用時は還元率1.0%だが、Amazon利用時は2.5%になります。

さらに、AmazonゴールドカードならAmazonプライム特典(年間プランで4,900円)が無料で使い放題です。

  1. Amazon.co.jpでの買い物で2.5%ポイント還元
  2. 初年度「マイ・ペイすリボ」登録で5000円、次年度以降「マイ・ペイすリボ」登録済で前年度に1回以上のカード利用で5000円
メリット:アイコン画像
メリット1.

Amazon利用時の還元率が高い。

Amazon Mastercardゴールド最大の特徴は、何と言ってもAmazonでの買い物でポイントが貯まりやすいという点です。

Amazon Mastercardゴールドで買い物をした場合、その利用金額に対して2.5%のAmazonポイントが還元されます。

監修者の写真:伊藤亮太

専門家

伊藤亮太

AmazonMastercard ゴールドの良いところは、還元率の高さです。Amazonのヘビーユーザーの方であればかなり多くのポイントを貯めることができるでしょう。

メリット:アイコン画像
メリット2.

ポイントモールを経由する必要がない。

他のクレジットカードを利用してAmazonで買い物をする場合、還元率を高めるためには各社が用意しているポイントモールを経由することが条件になります(モールと特典が用意されている場合に限ります)。

しかし、Amazon Mastercardならその手間はかかりません。モールを経由するのは意外と手間なので、このメリットは大きいです。

監修者の写真:伊藤亮太

専門家

伊藤亮太

他のカードだと、もらったポイントを利用するためにポイントモールを経由する必要があります。Amazon Mastercard ゴールドなら、そのままAmazonで利用できるため手間がかかりません。モールを経由するのは面倒ですし、忘れてしまったら残念ですよね。そういった心配しなくてよいのは楽です。

メリット:アイコン画像
メリット3.

Amazonポイントが直接貯まるので、ポイント交換の手間が不要

Amazon Mastercardの場合は、貯まったポイントがそのままAmazonで使えるというのもメリットです。

仮にたくさんポイントが貯まっても、いちいちAmazonのポイントやAmazonギフト券に交換するのは面倒ですよね。でもAmazon Mastercardならその手間はかかりません。

一方で、貯めたポイントをAmazonでしか使えないというのはデメリットとしても捉えられます。

監修者の写真:伊藤亮太

専門家

伊藤亮太

ポイント交換は必要なく、もらったポイントはそのままAmazonで買い物に利用できるため、特に何も行う必要はありません。

Amazon Mastercardゴールド/クラシックを使えば時短にもつながりますし、ポイント還元率も高く効率的です。

注意点:アイコン

Amazonカードのギモン:「Amazon Mastercard クラシックはだめなの?」

Amazonを利用しているなら、クラシックよりゴールドがおすすめです。

  • Amazon以外で特典が少ない
  • 還元率2%はAmazonカード以外でも実現できる
  • 年1回利用しなかった場合、年会費1250円かかる

Amazonでしか使わない」「年1回以上はAmazonを使う」といった使い方であれば、クラシックも検討してみてよいでしょう。

Amazon Mastercardクラシック

Amazon Mastercardクラシック
還元率 1.0%※1
年会費 1250円※2
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • Mastercard
電子マネー
  • iD
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

Amazon利用時の還元率は最大2.0%

Amazon以外の利用時は還元率1.0%だが、Amazon利用時は1.5%になり、Amazonプライム会員の場合は2.0%になります。

さらにAmazonポイントは自動的に加算されるので、他のカードと違いポイントの交換忘れなどもありません。

お得なキャンペーン情報
  • ・新規入会で2,000ポイントプレゼント
  1. Amazon.co.jpでの買い物で1.5%ポイント還元
  2. 入会月から起算して12ヶ月後の月末までに一度でもカードを利用すると、翌年度も年会費無料

【Amazon利用でおすすめのカード2】JCB CARD W

Amazonプライムを利用していないならJCB CARD Wがおすすめですが、その理由は以下の3点です。

メリット:アイコン画像 メリット1

Amazonの還元率が2.0%

メリット:アイコン画像 メリット2

入会後3ヶ月間はポイントが最大30倍、最低でも10倍貯まる

メリット:アイコン画像 メリット3

ポイントの使い道が豊富で使いやすい

JCB CARD W

JCB CARD W
還元率 1.0%
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

特徴

  • 提携店舗での利用で還元率大幅アップ。アマゾン2.2倍、スターバックス5.5倍、セブンイレブン2倍
  • 39歳以下が申し込めるWEB入会限定カード
  • 利用付帯の海外旅行保険付き
お得なキャンペーン情報
  1. Apple Pay・Google Payご利用で20%還元(入会:2020/12/31まで)
  2. 新規入会限定!ポイント4倍(入会:2020/12/31まで)
  3. インターネット新規入会で最大14,500円分プレゼント!(入会:2021/4/30まで)
  4. 新規入会限定!スマリボ登録&利用でポイント10倍!(入会:2021/3/31まで)
メリット:アイコン画像
メリット1.

Amazonの還元率が2.0%

JCBカードでのショッピングでは「Oki Dokiポイント」が付与されますが、JCB CARD Wは付与されるポイントが2倍になり、還元率が1%になります。

また、「Oki Dokiランド」というモールを経由してAmazonで買い物をすると還元率が2%になります(ただし、「MyJCB」というWEB明細サービスを利用していることが条件です)。

JCB CARD WをAmazonでの支払いに利用すると自動的に「パートナーポイントプログラム」に登録され、代金の支払方法の1つとしてOki Dokiポイントが選択できるようになります。つまり、Oki Dokiポイントを交換の手間なくそのままAmazonでの買い物に利用できるというわけです。

注意点:アイコン

AmazonでOki Dokiポイントを使う際の注意点

Amazonでの買い物にOki Dokiポイントを利用する場合は1ポイント=3.5円(還元率1.4%)になります。還元率を2%にするためには、貯まったOki Dokiポイントをいったん「JCBプレモカード」(JCBのギフトカード)にチャージし、チャージされた残高で支払う必要があります。

監修者の写真:伊藤亮太

専門家

伊藤亮太

JCB CARD Wの通常時の還元率は1%ですから、Amazon利用で2%となる点は見逃せません。ETCカードなども無料ですから、セットで考えるのであればJCB CARD Wもおすすめです。

メリット:アイコン画像
メリット2.

入会後3ヶ月間はポイントが最大30倍、最低でも10倍貯まる

現在、JCB CARD Wには新規入会キャンペーンがあり、入会後3ヶ月間はどこで使っても還元率が最低でも5%になるため、最大でポイントが30倍貯まります。

さらに、AmazonはJCBの優待店なのでさらに貯まるポイントが2倍されて還元率が6%になります。

ポイント30倍の内訳

  • 通常ポイント:1倍
  • JCB CARD W:+1倍
  • 新規入会キャンペーン:+8倍(30万円をこえた利用分は、+6倍)
  • 優待店を利用した場合:+1~19倍(Amazonは+2倍)
監修者の写真:伊藤亮太

専門家

伊藤亮太

入会後3ヶ月間はポイントが貯まりやすいため、何か大きな買い物を検討しているときに是非利用されるとよいでしょう。

メリット:アイコン画像
メリット3.

ポイントの使い道が豊富で使いやすい

ポイントのままで利用するのはもちろん、金券や電子マネーにも交換できるため、使い道が豊富で使いやすいのが特徴です。

JCB CARD WのOki Dokiポイントだけでなく、色々なポイントの使い道を見てみましょう。

ポイントのまま利用 金券交換 電子マネーに交換 商品交換 他社ポイントに交換 マイル交換
JCB CARD W
楽天Edy他

JAL
ANA
Orico Card THE POINT
WAON

JAL
ANA
楽天カード
楽天Edy

ANA

なお、CREVIEW独自のアンケート調査によると、人気のポイントの使い道は次のとおりです。

クレジットカード

JCB CARD Wは人気の使い道である「ポイントのまま利用」「金券に交換」「電子マネーに交換」はもちろん、代表的なポイントの使い方を全て満たしています。

ポイントの使い道を明確に決めていない方は、なるべくいろいろなものに交換できるカードを選ぶとよいでしょう

監修者の写真:伊藤亮太

専門家

伊藤亮太

金券交換ができること、電子マネーに交換できるのも特徴といえます。使い道が豊富な点は評価できます。うまく利用すれば、大変よいカードだと思います。若い人が最初に持ってほしいカードの一枚でですね。

AmazonゴールドとJCB CARD W それぞれ使ってみて検証

ここからは、Amazon Mastercard ゴールドとJCB CARD Wを実際に使っている人にお話を聞き、どんなお得な使い方ができるのかをレポートしていきます。

「Amazon Mastercard ゴールド」編

話を聞いたのは、東京在住の30代女性、Sさんです。Amazon Mastercard ゴールドを3ヶ月前から利用しているそうです。

メリット:アイコン

設定は面倒だけど年会費実質ナシでゴールドカードが持てる

Amazonゴールドにしようと思ったのは、プライム会員の料金が年会費に含まれると知ったことがきっかけです。それに、ゴールドカードそのものを持ったことがなかったので、どんなものなのか興味もありました。

カードの申し込みは、仕事の昼休み中にできました。即時審査サービスで申し込むと、受付完了からすぐに「テンポラリーカード」というのが発行されたんです。Amazonですぐに買い物をしたければ、このテンポラリーカードの番号でできるそうです。

カードは申し込んでからだいたい1週間ほどで手元に届きました

まずやったことは「マイ・ペイすリボ」の設定です。Amazonゴールドの年会費は1万円ですが、マイペイすリボの設定をすれば割引になるとのことだったので、三井住友カードのVpassアプリを使って設定しました。ちなみに、カードの申し込み画面でも設定はできるのですが、上限が3万円でした。実質1回払いにしたかったので、ちょっと面倒でしたが上限を引き上げる手続きをして、完了です。

カードを使って3ヶ月ほどたちますが、年会費はちゃんと割引になって請求がきて安心しました。Amazonでの還元率がいいのは当たり前ですが、何に使っても還元率が1%なのがいいですね。キャッシュレス決済の支払いに設定するなどして、メインカードへの切り替えを着々と進めています。

ポイントは今までよりもぐんぐん貯まるので、早速ポイントで欲しかった本を購入しました!

Amazon Mastercardゴールド

Amazon Mastercard ゴールド
還元率 1.0%※1
年会費 1万円※2
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • Mastercard
電子マネー
  • iD
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

Amazon利用時の還元率は最大2.5%

Amazon以外の利用時は還元率1.0%だが、Amazon利用時は2.5%になります。

さらに、AmazonゴールドカードならAmazonプライム特典(年間プランで4,900円)が無料で使い放題です。

  1. Amazon.co.jpでの買い物で2.5%ポイント還元
  2. 初年度「マイ・ペイすリボ」登録で5000円、次年度以降「マイ・ペイすリボ」登録済で前年度に1回以上のカード利用で5000円
注意点:アイコン

Amazon Mastercardゴールドの年会費を安くする方法

マイ・ペイすリボの設定をする

Amazon Mastercardゴールドは、何もしなければ初年度から1万円の年会費がかかります。しかし、初年度については申し込み時に「マイ・ペイすリボ」に登録することで、5000円引きとなります。「マイ・ペイすリボ」とは、ショッピング1回払いの利用分が自動的にリボ払いになる支払方法です。

リボ払い手数料の実質年率は15%なので、分割払いよりも高い手数料がかかるのですが、毎月の返済額を普段の利用額よりも高めに設定しておき、実質1回払いにすると手数料がかかりません

例えば、Amazonで毎月2万円くらいの買い物をしているのであれば、月の返済額を5万円に設定しておくことで常に1回で返済することになります。毎月の返済額に余裕を持たせておき、ちょっと多めに買い物をした月でも1回で支払えるようにしておくのがポイントです。

2年目以降は以下の2つの条件を満たすと年会費が6000円引きになります。

  1. マイ・ペイすリボに登録していて、前年度に1回以上のカードの利用があること(5000円引き)
  2. カード利用代金WEB明細書サービス(Vpass)を利用しており、過去1年間に6回以上の請求があること(1000円引き)

※ただし「前年度に1回以上のカードの利用」については各種年会費、一部の保険料およびリボ払い・分割払い・キャッシングリボの支払い分などは対象外なので注意してください。

Amazonプライムを利用する

Amazonプライムの年会費は、年会費として支払う場合は4900円(税込)、月会費として支払う場合は500円(税込)です。Amazon Mastercardゴールドの会員になると会費の支払いなしでAmazonプライムが使い放題になるので、すでにAmazonプライムの会員ならこの会費も浮くことになります。

なお、申し込み前の時点でプライム会員である方がゴールドカードを申し込んだ場合、すでに支払い済みの会費の未使用期間分が返金されます。

この点も考慮すると6000円+4900円=1万900円 > 1万円なので、実質的にカードの年会費は無料ということになります。

監修者の写真:伊藤亮太

専門家

伊藤亮太

条件を満たすことで、Amazon Mastercard ゴールド年会費分を実質無料にできます。Amazonプライムは映画見放題、音楽聞き放題など大変便利なサービスですし、使ってみるとハマることでしょう。
ついつい買いには注意ですが、無駄なくうまく利用すれば大変便利だと思います。

「JCB CARD W」編

JCB CARD WをAmazonで活用しているのは、東京在住の20代男性、Hさんです。

メリット:アイコン

JCBCARDWはAmazon以外で使えて汎用性が高い

もともと三井住友のデビュープラスを使っていたのですが、JCB CARD Wのキャッシュバックにひかれて申し込みました。サブカードとして使おうかなと思っていました。キャッシュバックが適用されたのは約半年後と遅かったですね。

申し込みはスマホです。ちょっと面倒だったのですが、「クレカの申し込みはこんなものかな」と思っていました。作った当時は学生だったこともあり、年収の記入をどうすればいいか迷いました。

カードがきてすぐにしたことは、ApplePayへの登録です。キャッシュバックの条件だったので。今はQUICPayで利用して、QUICPayができないときはiDです。

ついでにmyJCBにも登録し、明細はWebで見るようにしました。いくら使ったかとかポイントがどのくらい貯まったとかが見られるので思ったより便利です。

便利なのは、JCBのOkiDokiポイントをAmazonでその場で使えることです。交換の手間がなくて本当に便利です。JCBで貯まったポイントで、Amazonで15,000円分くらいは使いましたね

JCB CARD W

JCB CARD W
還元率 1.0%
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

特徴

  • 提携店舗での利用で還元率大幅アップ。アマゾン2.2倍、スターバックス5.5倍、セブンイレブン2倍
  • 39歳以下が申し込めるWEB入会限定カード
  • 利用付帯の海外旅行保険付き
お得なキャンペーン情報
  1. Apple Pay・Google Payご利用で20%還元(入会:2020/12/31まで)
  2. 新規入会限定!ポイント4倍(入会:2020/12/31まで)
  3. インターネット新規入会で最大14,500円分プレゼント!(入会:2021/4/30まで)
  4. 新規入会限定!スマリボ登録&利用でポイント10倍!(入会:2021/3/31まで)
監修者の写真:伊藤亮太

専門家

伊藤亮太

若い方向けのカードであり、使い方次第で多くのポイントを貯めることができると思います。Amazonに限らずどこで利用する場合でも還元率が高いため、メインカードとして利用することで、ポイントをたくさん貯められるようにしていくのがよいでしょう。もしサブカードとして利用するなら、Amazonを中心に利用するとよいと思います。

まとめ

まとめ:アイコン画像 まとめ1

Amazonでの利用&プライム会員なら「Amazon Mastercard ゴールド」が最有力

まとめ:アイコン画像 まとめ2

Amazon以外でもポイント利用がしやすく還元率も高い「JCB CARD W」も魅力的

まとめ:アイコン画像 まとめ3

少し手間をかければAmazon Mastercard ゴールドの年会費を実質無料にできる

おすすめ記事

カテゴリー一覧