WAONへのオートチャージでポイント2重取りできるクレジットカードを紹介

更新

WAONカードのアイキャッチ

「WAONポイントをもっと効率よく貯める方法はある?」
「WAONポイントが貯まりやすいクレジットカードはどれ?」

イオンでよく買い物をする方にとってなじみが深いプリペイド型電子マネー・WAONカード。イオンでの買い物の際にポイントが貯まることはよく知られていますが、さらにWAONポイントが貯まりやすいクレジットカードがあることをご存じですか?

ここでは、WAONポイントを効率よく貯める方法、そしてWAONポイントを2重取りできるクレジットカードをご紹介します。

※価格の表記に関して、特に指定があるもの以外は税抜き表記となっています。

WAONポイントを効率よく貯める方法とは?

イオングループで買い物をする時に、WAONカードを提示すればWAONポイントが貯まります。しかし、ポイントを貯める方法はそれだけではありません。どうすれば効率良くポイントを貯めることができるのか、見ていきましょう。

WAONカード、クレジットカード利用、どっちがお得?

WAONカードもクレジットカードのイオンカードも、貯まるポイントは200円で1ポイントと同じです。ただし、WAONカードで貯まるポイントはWAONポイント、イオンカードはときめきポイントと、違う種類になります。

WAONポイントは、そのまま1ポイントごとに1円分の電子マネーWAONとして利用可能です。一方、ときめきポイントは、1000ポイントから電子マネーWAONポイントや商品などと交換できます。

WAONポイントもときめきポイントも有効期限が24~48ヶ月であり、ときめきポイントは1000ポイント貯まる前に有効期限がきてしまう可能性があります。そのため、WAONカードのほうがポイントの使い勝手が良くお得です。

また、イオン銀行のキャッシュカード、クレジットカード、WAONカードの3つの役割を持つ「イオンカードセレクト」は状況に応じて使い分けができ、WAONポイントを効率よく貯めるのに便利です。

イオンカードでのクレジットカード支払いだとポイントが倍になるなどのキャンペーンを行っている時もあり、クレジットカード支払いのほうがお得な時もあります。

オートチャージでポイント2重取り!

まずはWAONカードにチャージする方法を知っておきましょう。

  • 現金チャージ
  • クレジットカードを登録・紐付けしてチャージ
  • オートチャージ

カードに入っているお金が足りなくなるたびに、お店のレジやWAONチャージャーで現金をチャージする方法はよく知られています。もちろんそれもお手軽でいいのですが、クレジットカードでのチャージやオートチャージはさらに手間がかかりません。2つのチャージ方法の違いも確認しておきましょう。

クレジットカードを登録・紐付けしてチャージ

レジやWAONチャージャー、イオン銀行でクレジットカードを使ってチャージする方法。モバイルWAONアプリからもチャージ可能です。現金を準備する必要はありません。

ただし、2019年12月現在、イオン関連のクレジットカードとしか紐付けられないので、注意が必要です。

オートチャージ

WAON残高が設定している金額を切ったら自動的にチャージされます。ただし、事前にオートチャージ設定をしておく必要があります。

クレジットカードの種類にもよりますが、オートチャージで200円チャージするごとに1WAONポイントが付くものもあります。また、WAONカードにチャージされた金額から支払いをする際も200円(税込)ごとに1WAONポイントが付加されます。オートチャージとWAONカードでの支払いで、なんとポイントの2重取りが可能になるのです。

以下に簡単な例を載せておきます。

  • 1000円オートチャージ後、1000円(税込)の買い物をした場合
    オートチャージで5ポイント+買い物で5ポイント合計10WAONポイント付加

買い物だけでは5ポイントしか貯まりませんが、オートチャージと組み合わせることでさらにポイントが上乗せされるのです。

オートチャージ対応のWAON付きクレジットカードとは?

オートチャージができれば、WAONカードの残高を気にせずに買い物ができるでしょう。オートチャージできるクレジットカードは以下のとおり、いくつかの種類があります。しかし、オートチャージでWAONポイントが貯まるクレジットカードはイオンカードセレクトのみです。その他のカードではWAONポイントが貯まらないので、注意しましょう。

  • イオンカードセレクト
  • JMB WAONカード
  • JALカード
  • イオンJMBカード(JMB WAON一体型)
  • イオンカード(WAON一体型)
  • コスモ・ザ・カード・オーパス

また、カードによって、オートチャージの設定可能金額が異なる点にもお気を付けください。1日にオートチャージできる回数も決まっているので、事前に確認しておきましょう。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
還元率 0.5~1.0%※1
年会費 無料※2
発行スピード 最短翌日発行
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • WAON
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  1. 新規入会&利用特典で利用金額の最大14%をポイント還元
  1. イオングループの対象店舗でのお買い物でポイント2倍、各種公共料金のお支払いで1件につき毎月5WAONポイント
  2. 所定の条件を満たすと、ゴールドカード発行が可能

クレジットカードでオートチャージをする方法

オートチャージを利用する際は事前申請が必要です。オートチャージの設定は以下の場所で行うことができます。

  • WAONステーション
  • WAONネットステーション(ICカードリーダライタが必要)
  • イオン銀行ATM

上記の場所ではオートチャージ設定だけでなく、チャージ金額の変更、オートチャージ解除も行うことができます。オートチャージはクレジットカード申込時にも設定可能です。今からWAONポイントが付くクレジットカードを申し込むのならば、申込時から設定しておくことをおすすめします。

キャッシュカードでチャージできる?

オートチャージにはクレジットカードを使うことが基本。ただ、クレジットカードをなるべく使いたくないという方は、イオン銀行キャッシュカードを使ってオートチャージ設定を行うことも可能です。イオン銀行以外のキャッシュカードではオートチャージはできません

また、イオン銀行キャッシュカードでは、チャージ時にWAONポイントが付加されません。そのため、WAONカードにはクレジットカードでチャージするのが一番お得だと言えます。ただし、イオン銀行キャッシュ+デビットカードならば、オートチャージと買い物で200円(税込)ごとに2WAONポイントが付加されます。どうしてもクレジットカードを持ちたくない方は覚えておいて損はありません。

WAONポイントを貯めやすいおすすめのクレジットカード

「WAONポイントを効率よく貯めたい」そう考えた時、どのクレジットカードを選ぶのが最適なのでしょうか? カードによってポイントの貯まりやすさに違いがあるのかも気になるでしょう。詳しく見ていきます。

WAONポイントが貯まりやすいのはイオンセレクトカード

WAONポイントを効率的に貯めたいなら、「イオンカードセレクト」を選ぶのがおすすめです。前の項目で紹介した「オートチャージでのWAONポイント2重取り」は、イオンカードセレクトでのみ可能。その他のカードで獲得できるのは、買い物でのWAONポイントのみとなります。また、JAL系列のカードでもポイント2重取りはできますが、その場合に貯まるのはWAONポイントではなくマイルとなります

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
還元率 0.5~1.0%※1
年会費 無料※2
発行スピード 最短翌日発行
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • WAON
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  1. 新規入会&利用特典で利用金額の最大14%をポイント還元
  1. イオングループの対象店舗でのお買い物でポイント2倍、各種公共料金のお支払いで1件につき毎月5WAONポイント
  2. 所定の条件を満たすと、ゴールドカード発行が可能

WAONポイントカードとイオンカードセレクトのポイントは合算できる?

WAONポイントカードのポイントはWAONポイント、イオンカードセレクトのポイントはときめきポイントと別ものです。しかし、両者は合算することができます。厳密にはときめきポイントをWAONポイントに変えることが可能です。

ときめきポイントをWAONポイントに変えるには、イオンカードの使用状況などを確認するサイト「暮らしのマネーサイト」のMyPageで行います。

サイトにログインしたあとに、ポイント交換を選択しWAONポイントへと交換をしましょう。他には、電話での自動音声応答サービス、イオンカード公式アプリ「イオンウォレット」でも交換可能です。指示に従ってときめきポイントをWAONポイントに交換しましょう。

イオンカードセレクトの気になるメリット

WAONカードへのオートチャージで唯一WAONポイントも付加されるクレジットカード「イオンセレクトカード」を持つメリットについても触れておきましょう。オートチャージ以外にもさまざまな恩恵があるので、最大限活用してみてください。

入会金・年会費が無料

イオンカードセレクトは入会金・年会費無料で利用できます。他のクレジットカードではよく、「初年度年会費無料」「〇万円以上の利用で翌年無料」というものもありますが、そのような縛りもないのです。お得にクレジットカードを持ちたいという方に最適なカードでしょう。

無料でゴールドカードを発行

「いつかはゴールドカードを持ってみたい」、そう考える方もいるのではないでしょうか。イオンカードセレクトなら、すぐにでもその願いがかなうかもしれません。イオンカードセレクトは、利用実績に応じてゴールドカードが無料で発行できるのです。ゴールドカードのメリットを以下にまとめました。

  • 全国のイオンラウンジが利用可能
  • 「イオンゴールドカード」を保有していれば、ドリンクやお菓子が無料で提供される全国のイオンラウンジが利用できるようになります。

  • 空港ラウンジの利用が可能
  • 飛行機に乗る際は空港ラウンジの利用が可能になります。旅行や出張が多い方はラウンジでゆっくり予定を確認したり、旅の疲れを癒やしたりできるので、うれしいサービスと言えるでしょう。

  • ショッピングセーフティ保険の無料付帯
  • イオンゴールドカードで購入したものが偶然の事故により破損した場合、年間300万円まで補償を受けることができます。大きな買い物をすることが多いという方は、持っていて損はないでしょう。

  • 年会費は無料!
  • こんなにたくさんのうれしい特典が付いていても、イオンゴールドカードの年会費は無料です。他社のゴールドカードは年会費が数千円~数万円かかるものが多いことを考えると、かなりお得でと言えます。

ゴールドカードのメリット

口座振替や給与受け取りでもWAONポイントが貯まる!

イオンカードセレクトは、口座振替や給与受け取りでもWAONポイントが貯まります

口座振替1件につき毎月5WAONポイントがプレゼントされます。携帯電話料金や電気・ガス料金を銀行振替で払っているなら、イオンカードセレクトからの振替にしてポイントを貯めてみてはいかがでしょうか。

また、イオン銀行を給与振込口座に指定すると、毎月10WAONポイントが付与されます。ただしポイントが付くのは、給与振り込み設定を行い、ATM残高履歴発行サービスの「残高履歴明細票」や取引明細書の摘要欄に「給与」と表示されている入金に限られています。

WAONポイントを貯められるのはそれだけではありません。コンビニによってはWAONに対応しているところもあり、コンビニでもWAONポイントを貯めることが可能です。
2019年10月以前は自動車税の納付もミニストップであればWAON支払いができましたが、2019年11月以降そのサービスは廃止されました。

いろいろなデザインのカードが選べる

イオンカードセレクトは、カードのデザインが豊富という点もうれしいところ。シンプルなデザインだけでなく、キャラクターデザインのカードも用意されています。ただし、選べる国際ブランドは限定されています。よく確認してから申し込みをしてください。

知っておきたい!WAONカードの人気の理由

ここまでWAONカードを使ってのWAONポイント・その他のポイントの効率的な貯め方を見てきました。ではなぜ、WAONカードは人気があるのでしょうか。それを知れば、今まで見えなかったWAONカードの魅力がわかるかもしれません。

WAONカードでの買い物で5%オフの日

全国のイオンでは毎月20日、30日に「お客さま感謝デー」を開催しています。これらの日にWAONカードで買い物をすると、5%オフで買い物できるのです。もし高額商品を買いたいという場合は、20日、30日を狙って買い物に行くとお得です。
※各種イオンマークのついたイオンカードとWAON POINTカードの利用・提示でも5%オフとなります。

イオングループ店舗での利用でポイント2倍

WAONカードは200円につき1WAONポイントが付加されますが、カードの種類によって、イオングループ提携店舗での利用では200円で2WAONポイントが付加されます。つまり、通常の2倍のポイントが付くのです。

このWAONポイント2倍を適用させるには、「電子マネーWAON会員(所有者情報登録)」または「WAON POINT会員」への会員登録が必要です。これらの会員登録をしていないとポイント2倍は適用されないため、注意しましょう。

WAONポイントの有効期限は最大2年間

WAONのポイントには加算期間と有効期限があります。

加算期間は1年単位です。カード入会した最初の年の1年経過後の月末までが加算期間で、その後は1年ごととなります。

初回のチャージ日が10月25日だったとき、初年度の加算期間は10月25日から翌年の10月末日まで、2年後の加算期間は入会翌年の10月末日からよそ翌年の10月末日までということです。WAONポイントの有効期限は、加算期間が終了した日の1年後です。つまり、加算期間の初日に貯めたポイントは2年有効期限があり、加算期間末日に貯めたポイントは1年の有効期限があることになります。

いつごろポイントを貯めるのかによって有効期限の長さは変わるので、注意が必要です。

WAONにクレジットカードでのチャージができない理由と対処法

WAONにクレジットカードでチャージできない場合、WAONカードがクレジットカードチャージに対応していない可能性があります。クレジットカードでチャージできるカードは以下の通りです。

  • WAONカードプラス
  • イオンカード(WAON一体型)
  • モバイルWAON(クレジットカード登録が必要)
  • JMB WAONカード(JALカードのクレジットカード登録が必要)
  • モバイルJMB WAON(JALカードのクレジットカード登録が必要)
  • イオンJMBカード
  • 三井住友カードWAON
  • VJAグループ加盟各社発行のWAONカード
  • JP BANK カード WAON
  • 吉野家WAON(イオンカードが必要)
  • スポーツオーソリティWAONカードプラス

これ以外のWAONカードにはクレジットカードによるチャージはできません。また、オートチャージができない理由としては、以下のようなことが考えられます。

  • イオン銀行口座の残高不足(イオンカードセレクトの場合)
  • WAONの機械がオートチャージに対応していない
  • オートチャージの設定ができていない

イオンカードセレクトでのオートチャージは、イオン銀行口座から直接引き落とされます。口座の残高が足りなければオートチャージはされません。

WAON支払いをする機械がオートチャージに対応していないこともあります。ファミリーマート、マクドナルド、ヤマト運輸直営店などではオートチャージはできません。オートチャージを利用するには事前に設定しなければなりません。

オートチャージに設定する方法は、イオン銀行ATMかイオン店頭にあるWAON端末でしかできません。設定の手順は以下のような流れで行います。

  1. WAONステーションを利用する
  2. 各種設定ボタンを押す
  3. オートチャージ設定・変更を押す
  4. 指示に従ってオートチャージの申請や金額変更を行う

WAONカードをオートチャージに変更するためには、オートチャージの申請をしてクレジットカードと紐付けなければなりません。
紐付けられるクレジットカードはWAONカードプラス、イオンカード(WAON一体型) 、イオンカード(WAON一体型/G.Gマーク付)、イオンカードセレクト 、イオン銀行キャッシュカード、JMB WAON、モバイルJMB WAONのいずれかです。

まとめ

イオンをよく利用し、WAONポイントもよく使うという方は、WAONポイントがすぐに貯まるイオンカードセレクトの保有を検討してみましょう。イオンカードセレクトのメリットをもう一度おさらいしておきます。

  • WAONのオートチャージと買い物でWAONポイントが2重で貯められる
  • ゴールドカードが無料で持てる
  • 新規入会者向けのキャッシュバックサービスが受けられる場合がある

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
還元率 0.5~1.0%※1
年会費 無料※2
発行スピード 最短翌日発行
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • WAON
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  1. 新規入会&利用特典で利用金額の最大14%をポイント還元
  1. イオングループの対象店舗でのお買い物でポイント2倍、各種公共料金のお支払いで1件につき毎月5WAONポイント
  2. 所定の条件を満たすと、ゴールドカード発行が可能