【最新】マイルが貯まるおすすめクレジットカードを比較!ANA・JAL厳選5枚

更新

マイルが貯まるおすすめクレジットカード

「マイルを効率よく貯められる、おすすめのクレジットカードはどれ?」
「マイルをたくさん貯めて、少しでも旅費を抑えたい!」

この記事では、マイル初心者の方に向けて、マイルの基礎知識について詳しく説明します。マイルを貯めるコツや、選ぶべきクレジットカードについても、利用場面別にご紹介していきます。

※価格の表記に関して、特に指定があるもの以外は税抜き表記となっています。

ANAとJALのマイルが貯まる5つのおすすめクレジットカード

クレジットカードを作るときには年会費やポイント還元率だけでなく、サービス利用頻度なども含めて自分に合っているかどうかを考える必要があります。

特に航空会社のクレジットカードは、利用シーンによってマイルの貯まり方が大きく異なるので気を付けましょう。

代表的な選択肢は「JALカード」と「ANAカード」の2種類ですが、さらにそれぞれのカードに複数の種類があります。

【厳選!おすすめカード5選】
こんな人におすすめ クレジットカード名 詳細
旅行が好き ANA VISAワイドゴールドカード
JALカードCLUB-Aカード
買い物が好き ソラチカカードANA To Me CARD PASMO JCB
年会費をおさえたい ANA VISA Suicaカード
JALカード TOKYU POINT ClubQ 普通カード

続いて、たくさんのカードのなかから自分に合うカードを見つけていきましょう。

旅行好きは見落とせない!乗るだけでザクザク貯まるおすすめカード

マイルの貯め方として最も一般的なのが、「飛行機に乗る」ですよね。

旅行が大好きで毎年何度も飛行機に乗るという方や、出張などで飛行機を使うことが多い方におすすめのカードを2枚ご紹介します。

ANAカード(ワイドゴールドカード)

ANAカード(ワイドゴールドカード)
還元率 1.0%
年会費 1万4000円
発行スピード 記載なし
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

ANAカード(ワイドゴールドカード)の特徴

  • 搭乗ボーナスマイル:加算マイルの25%
  • 買い物で貯まるマイル:1000円で10マイル
  • ANA航空券の購入:100円で2マイル
  • 入会や継続時のプレゼントマイル:2000マイル
  • ビジネスクラスカウンターでのチェックイン可(本会員のみ)
  • ANA機内販売利用で10%引き
  • 空港免税店利用で10%引き

「ANA VISAワイドゴールドカード」は飛行機を利用する機会が多い方におすすめのカード。搭乗時のボーナスマイルが25%もらえるという点が大きなメリットです。

初年度年会費無料、2年目以降の年会費2000円の「ANA VISAカード」は10%しかもらえないことを考えると、飛行機を利用する頻度によっては年会費を支払ってでもこのカードを選んだほうがオトクです。

旅行時に空港内ショップで買い物をする機会が多い方の場合、「ANA VISAワイドゴールドカード」を使えばその場で割引サービスを受けられるため、すぐにメリットを実感できるでしょう。

さらに、このカードはマイルの還元率が1%。ほかのカードと比べてもかなり高い還元率なので、買い物でもマイルを貯めたい方にもおすすめです。

JALカード(CLUB-Aカード)

JAL CLUB-Aカード
還元率 0.5%※1
年会費 1万円
発行スピード 通常4週間※各提携カードによって異なる
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
電子マネー
  • Suica
  • PASMO
  • WAON
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. ショッピングマイル・プレミアム(年会費3000円)の入会で1.0%

JALカード(CLUB-Aカード)の特徴

  • 年会費:本会員1万円、家族会員3500円
  • JALカードショッピングマイル・プレミアムの年会費:3000円(家族会員無料)
  • JALカードツアープレミアム年間登録手数料:2000円
  • 入会搭乗ボーナス(初回搭乗時):5000マイル
  • 毎年初回搭乗ボーナス:2000マイル
  • 搭乗ボーナスマイル:加算マイルの25%
  • 買い物で貯まるマイル:200円で1マイル(通常時)
  • 国内、海外のJALパッケージツアー最大5%引き
  • 機内販売利用で10%引き
  • 空港免税店利用で10%引き

一般カードの搭乗時ボーナスマイルが10%なのに対して、こちらは25%。飛行機を利用する機会が多い方には断然おすすめです。

また、JALカード独自の特徴として「初回搭乗ボーナス」がありますが、これも一般カードは入会時、毎年初回ともに1000マイルです。JALカードCLUB-Aカードは5000マイルと2000マイルなので、大きな差があります。

また有料ではあるものの、JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会すると100円で1マイルと還元率が2倍になります。さらに、ツアープレミアムに加入すると通常フライトマイルが50~75%しか貯まらないパッケージツアーや割引チケットなどでも100%マイルが貯まるようになります。年会費を払ったほうがかえってトクをするケースもあるので、自分がどのくらいカードを使うか考えてみましょう。

買い物のポイントからマイルが貯まるおすすめカード

「それほど飛行機に乗る頻度は高くないけど、マイルを貯めたい」

そんな方には、地下鉄の利用や買い物でマイルが貯まる「ソラチカカードANA To Me CARD PASMO JCB」がおすすめです。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

還元率 0.5%
年会費 2000円※1
発行スピード 記載なし
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • PASMO
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報

カード利用額に応じて最大16,300マイル相当のポイントプレゼント

  1. 初年度無料

ソラチカカードANA To Me CARD PASMO JCBの特徴

  • 東京メトロと提携しており、マイルとメトロポイントの両方を貯められる
  • 年会費:初年度無料、2年目から本会員2000円、家族会員1000円
  • 東京メトロに乗車すると平日1回5P、土休日15Pのメトロポイント付与
  • PASMO電子マネーの利用200円でメトロポイント1P付与(自動販売機利用の場合は100円で1P)
  • 定期券として利用することができる
  • 1000円で1PのOkiDokiポイントが貯まる(ポイントをマイルに自動移行するサービスあり)
  • OkiDokiポイントは1Pあたり3~10マイルに交換可能
  • メトロポイントは100Pを90マイルに交換可能

東京メトロ(地下鉄)の路線に乗る機会が多い方には圧倒的にメリットがあるカードです。

PASMOのオートチャージでもポイントを貯めることができ、マイルへの交換レートもそれほど悪くないので、どんどんマイルが貯まります。

年会費はかかりますが、2000円という設定は航空系クレジットカードにしてはかなり低め。東京メトロに乗車するたびにポイントが貯まるため、会社が沿線にある方や、営業で外回りをする機会が多い方はそれだけでもかなりのポイントを貯めることができるでしょう。

Suicaの利用でお得にマイルが貯まるおすすめのカード

「飛行機や地下鉄よりも、JR東日本の電車に乗ることが多い」

そんな方には、JR東日本の利用や買い物でマイルが貯まる「JALカードSuica」がおすすめです。

JALカードSuica

JALカードSuica
還元率 0.5%~1.0%
年会費 2000円※1
発行スピード 約3週間
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • Suica
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 入会後1年間年会費無料

JALカードSuicaの特徴

  • JR東日本のビューカードとJALカードが融合した便利なカード
  • 年会費は初年度が無料。2年目からは本会員2000円、家族会員1000円
  • フライトだけではなく日常のショッピングでマイルを貯められる
  • みどりの窓口・びゅうプラザ、券売機、えきねっとなどの利用、Suicaへの入金でJRE POINTが貯まる
  • 特約店でのカード利用でマイルが2倍
  • ショッピングマイル・プレミアムをつけるとショッピングマイルが通常の2倍
  • JALのフライト利用で、通常のフライトマイルに10%プラスされる
  • 空港免税店でのショッピングが5%オフ

JALを利用することでいっきにマイルを貯めるよりも、日々利用するJR東日本でコツコツとJRE POINTを貯められるのが特徴です。

Suicaへの入金はもちろん、みどりの窓口、券売機、えきねっとなどの利用でもポイントが貯められます。

貯まったJRE POINTは、マイルに移行したりSuicaにチャージしたりできます。

JR東日本での利用やショッピングと、利用範囲が広いので、営業回りでJR東日本を使う方は、どんどんポイントが加算されていくのでおすすめです。

無期限でマイルが貯まるおすすめのカード

「ポイントの期限を気にせず、優雅な気分でポイントが貯まるのを楽しみたい」

そんな方には、ポイントが無期限で、還元率も高いANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードをおすすめします。

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
還元率 1.0~2.0%
年会費 3万1000円
発行スピード
国際ブランド
  • American Express
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  • 100円=1ポイントなので、毎日の利用で早く、多く貯まる
  • ポイントに期限がないので、貯めるのに時間がかかっても気にならない
  • ANAのフライト利用で、通常のフライトマイルに25%のボーナスマイルがプラス
  • 加盟店でカードを利用すると、ポイントとマイルがダブルで貯まる
  • ANAの空港内店舗「ANA FESTA」やオンラインショップ「A-style」での買い物が5%オフ
  • ANAの国内線・国際線の機内販売が10%オフで利用できる
  • 海外でも通用する高いステータスで、上質なサービスが受けられる
  • 旅行保険、商品の破損・盗難などの補償が充実している

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ポイントに期限がないので少しずつでも着実に貯められます。

しかも、100円で1ポイントという高還元率。さらにANAのフライト利用でポイントとマイルをダブルでもらえます。

そして、なんといっても世界でも通用する高いステータスのアメリカン・エキスプレス(通称:アメックス)。年会費は高いですが、その分カード保有者は質の高いサービスが受けられます。

旅行保険や、買い物での商品の損害保険など、手厚い補償も付帯されています。 ポイントを使い切らなければならない焦りを感じずに、優雅に過ごしたいという方におすすめです。

カード一覧 

続いて、ANAとJALが発行しているクレジットカードを一覧でご紹介します。

最初に、ANAとJALどちらを多く利用するか、またANAが加盟しているスターアライアンスと、JALが加盟しているワンワールド、どちらに加盟している航空会社を使うことが多いかを確認しましょう。

JALとANA、どちらにするか決めてから、年会費や国際ブランド、還元率、付帯サービスなどを比べていけば、スムーズに自分に合ったカードを見つけられるはずですよ。

カード名 年会費
(初年度)
年会費
(2年目~)
国際ブランド 還元率
ANA VISA ワイドゴールドカード 1万4000円 1万4000円 VISA 1%
JALカード CLUB-Aカード 1万円 1万円 VISA
JCB
Mastercard
0.5%
ソラチカカードANA To Me CARD PASMO JCB 無料 2000円 JCB 1%
JALカードOPクレジット普通カード 無料 2000円 JCB 1%
ANA VISA Suicaカード 無料 2000円 VISA 1%
JALカード TOKYU POINT ClubQ 普通カード 無料 2000円 VISA
JCB
Mastercard
1%
JALカードSuica 普通カード 無料 2000円 JCB 0.5%
JALカードSuica CLUB-Aカード 1万円 1万円 JCB 0.5%
JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード 1万9000円 1万9000円 JCB 1%
JAL Mastercard 普通カード 無料 2000円 Mastercard
JALアメリカン・エキスプレスカード 6000円 6000円 アメリカンエキスプレス 0.5%
ANA VISA 一般カード 無料 2000円 VISA 0.5%
ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード 無料 2000円 Mastercard 0.5%
ANAマスター一般カード 無料 2000円 Mastercard 0.5%
ANAアメリカン・エキスプレスカード 7000円 7000円 アメリカンエキスプレス 1%

ゼロからわかる!マイルの基本知識

マイルを上手に貯めるには、マイルの基本を知っておくことが大切です。まずはマイルとは一体何なのか、以下のページで詳しく説明しているのでぜひご覧ください。

どうやって貯めるの?マイルの貯め方

マイルの貯め方は、おもに次の3つです。

  1. 飛行機に乗って貯める
  2. 航空会社が発行しているクレジットカードを利用して貯める
  3. ポイントからの交換で貯める

詳しくは以下のページで解説しています

意外と知らない!航空券以外のマイル交換方法

航空券に交換できるオトクなマイルですが、マイルの利用方法はそれだけではありません。

電子マネーやギフト券、商品などさまざまなものと交換できるんです。

「一生懸命マイルを貯めても、そんなに頻繁に出かけるわけではないし……」という方や「そろそろ有効期限が切れてしまいそうなマイルがあるけど、どうしよう」という方は、航空券以外への交換も検討してみてはいかがでしょうか。

1.ギフトカードへの交換

マイルは、さまざまなギフトカードに交換できます。

たとえばJALマイレージバンクの場合、1万マイルを1万円分のamazonギフト券に交換することが可能。また、航空券やツアー購入など、JALで使えるJALクーポンにした場合は、1万マイルで1万2000円分となります。

ANAマイレージクラブの場合は、1万マイルで1万円分のキッザニアギフト券や、1万2000マイルで100ドル分のMacy's(アメリカの百貨店)のギフトカードと交換できます。

ギフトカードに交換するという方法は、マイルの有効期限が切れそうな場合や、用途の制限なく自由にマイルを使いたいという場合、誰かにギフトカードをプレゼントしたい場合などに便利です。

2.商品や電子マネーへの交換

JALでは、JALと三越が選んだ高品質な食品や花、アパレル用品、電化製品、体験ギフト、宝飾品、また、各地の名産品とマイルを交換することができます。電子マネーとしては、WAONや各自治体の自治体ポイントなどと交換が可能です。

ANAで貯めたマイルを電子マネーに交換するときは、断然「SKYコイン」がオススメです。SKYコインの還元率はカードによって異なりますが、マイルの1.2~1.7倍のSKYコインに交換することができ、10円分から航空券や商品購入に充当できます。スターバックスカード入金や、iTunesギフトコード、楽天Edy、nanaco、楽天スーパーポイント、Tポイントなどに変えることもできるため、交換先の選択肢は非常に豊富です。

なお、ANAで商品に交換したい場合は、タカシマヤセレクトの食品やアパレル用品、ANAセレクションの日用品、寝具、トラベル用品などから選択できます。

プレゼントをもらう感覚でマイルを利用したい方は商品に、毎日使っているポイントにマイルを充当したい方は電子マネーにするのが便利です。期限のない電子マネーに交換すれば、有効期限切れの心配もありません。

3.座席のグレードアップ

マイルは、座席のグレードアップ(エコノミークラス→ビジネスクラスなど)にも利用できます。いつもよりもちょっと贅沢な旅を楽しんでみたい方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

必要なマイル数は、路線やアップグレードするクラスによって異なります。アップグレードマイルがディスカウントされるキャンペーンなどが行われることもあります。なお、ANAの場合は1万2000マイルから、JALの場合は9000マイルからアップグレードを利用できます。

まとめ

・マイルは航空会社のポイントサービスで、JALとANAでは貯まるマイルの種類が違う
・貯まったマイルは航空券や商品、電子マネー、ギフト券などに交換可能
・航空会社のクレジットカードを利用することで効率よくマイルが貯められる