クレジットカードは還元率だけで選ぶな!見極め方とおすすめカード一覧

クレジットカードの還元率を解説する人

「還元率が高いおすすめカードはどれ?」
「ポイントをラク~にたくさん貯めたい!」

クレジットカードを作るなら、なるべくポイントがたまりやすくて、おトク感が得られるものを選びたいですよね。しかし還元率のみでカードを選ぶのはちょっと危険。
効率よくポイントを貯めるためには、いくつかのポイントを見極める必要があります。

この記事では、高還元率カードを選ぶ際の注意点や、最新おすすめカード情報をお届けします。

高還元率のクレジットカードを見極める4つのポイント

「ポイント最大3倍」
「最大10%のポイントバック」

…このような宣伝はとても魅力的ですよね。でも、実はこの宣伝文句だけを鵜呑みにするのは危険なんです。

たとえば次の1~3のようなクレジットカードを比べたとき、どのカードがいちばんお得だと感じるでしょうか?

  1. ポイント還元1%
  2. 200円で1ポイント
  3. 最高10%ポイントバック

3の「最高10%ポイントバック」がお得だと感じる方が多いのではないでしょうか。

しかしこれだけの情報では、本当の還元率を判断することはできません。なぜなら、いくら還元率が高くても、ほかの条件がいまいちだと結果的に損をする可能性があるからです。

そこで、高還元率のカードを探す際は、必ず次のポイントをチェックしましょう。

高還元率カードを見極める4つのポイント

  1. ポイントは貯めやすいか?
  2. 高還元率になる条件は?
  3. 年会費はかかるのか?
  4. リボ払い専用クレジットカードではないか?

それぞれどういうことなのか、詳しく見ていきましょう。


1. ポイントは貯めやすいか?

クレジットカードによって、ポイントの貯めやすさは大きく変わります。

たとえば、次のような2つのカードを例に考えてみましょう。どちらのカードも、還元率は0.5%です。

ポイントの
貯まりやすさ
還元率

Aカード

1,000円利用で5ポイント 0.5%

Bカード

200円利用で1ポイント 0.5%

1,000円に満たない買い物の場合、Aカードで得られるポイントはゼロです。かといって、買い物のたびに1,000円を超えることを意識すると、無駄づかいをしてしまう可能性も…。

もしあなたが少額の買い物にもカードを使うタイプであれば、200円ごとにポイントがたまるBカードを利用したほうが、ポイントは貯まりやすいでしょう。

本当にポイントが貯まりやすいカードか、普段の買い物やライフスタイルに合わせて検討することが大切です。


2. 高還元率になる条件は?

「最大5%」「最大10%」といった高還元率をうたっているクレジットカードは、とても魅力的ですよね。しかし、あくまで「最大」と書かれているところがミソ。高還元率にするためには、どのような条件をクリアしなければならないのか、注意する必要があります。

なかには「通常の還元率は0.5%だが、対象店舗での利用時のみ10%に上がる」「入会後6ヶ月は還元率アップ」「年間100万円以上、特定店舗で買い物をすれば還元率10%」といった設定のクレジットカードもあります。

入会後に「思っていたよりも還元率が低かった…」なんてことにならないよう、還元率が高いカードほど事前に条件を確認しておきましょう。


3. 年会費はかからないか?

どれだけ還元率が高いカードであっても、年会費が高いようではポイントバックの意味がなくなってしまいます。

ただし、年会費がかかるカードであっても、次のような場合は年会費を払ってでもそのカードを持った方が結果的におトクになるかもしれません。

  • ポイントが貯まりやすい提携ショップのヘビーユーザーである
  • ほかのカードにはない独自メリットがある

年会費を差し引いてもメリットがあるのか、事前によく検討しましょう。


4. リボ払い専用クレジットカードではないか?

クレジットカードのなかには、「リボ払い専用クレジットカード」なるものが存在します。

リボ払いとは、ショッピング利用分を毎月一定の金額ずつ返済すること。「リボ払い専用カード」の場合、支払い方法が自動的にリボ扱いになってしまうため、高い手数料を課せられてしまいます。

リボ払い専用カードは還元率が高く設定されていることも多いため、ポイントはたくさん貯まるかもしれません。しかし、リボ払いの手数料を支払う必要があるため、結果的には大きく損をしてしまう可能性が高いでしょう。

還元率でクレジットカードを選ぶときは、目先の数字だけにとらわれず、さまざまな条件を見比べることが大切なのです。

クレジットカードはポイント還元率だけで選んではいけない、ということがおわかりいただけたでしょうか。

続いて、CREVIEWが厳選した高還元率で安心して使えるカードを見ていきましょう。


高還元率!おすすめクレジットカード一覧

ここでは、当サイトがおすすめする高還元率のクレジットカードをご紹介。

それぞれのカードの特徴を一覧にまとめました。ご自身のライフスタイルに照らし合わせながら、選んでくださいね。

楽天カード
  • ポイント還元率:1%(100円で1P、1P=1円)  
    →楽天市場でのお買い物で最大3%
  • 年会費:0円
  • ポイントの種類:楽天スーパーポイント
  • 国際ブランド:Visa / JCB / Mastercard / American Express
  • 発行スピード:約1週間

特徴1 貯めやすさ&使いやすさに定評のある王道カード
特徴2 楽天関連サービスを中心にポイントアップキャンペーンを広く展開
特徴3 ポイントは楽天EdyやANAマイレージにも交換できる

「楽天市場」や「楽天トラベル」などの関連サービスを利用すればするほど還元率がアップするカード。貯まったポイントは1ポイント1円として使えるほか、楽天EdyやANAマイレージ等の各種ポイントにも交換可能。日用品や雑貨、書籍、洋服、旅行商品など、日常のあらゆる買い物を楽天サービスに集約させれば、ポイントも一気に貯まるでしょう。

期間限定のポイントアップキャンペーンも頻繁に開催されているため、バーゲン感覚で楽しみながら買い物をしたい方にも向いています。

Orico Card THE POINT
  • ポイント還元率:1%
     →入会後6ヵ月は2%
  • 年会費:0円
  • ポイントの種類:オリコポイント
  • 国際ブランド:JCB / Mastercard
  • 発行スピード:最短8営業日

特徴1 入会から6ヶ月間はポイント還元率が2.0%にアップ
特徴2 オリコモール経由のショッピング利用で、さらに0.5%ポイント還元率アップ
特徴3 500ポイントから各種ポイントやギフト券に交換可能

「入会直後はポイント還元率が2.0%にアップする」という嬉しい特典が魅力の「Orico Card THE POINT」。家具や家電、旅行といった高額商品を購入する直前に入会するのがおすすめです。

ただしポイントが500ポイントからしか使えない点と、ポイントの有効期限が加算月を含めて12ヶ月後の月末である点には注意しましょう。

Yahoo! JAPANカード
  • ポイント還元率:1%(100円で1P、1P=1円)
     →Yahoo!ショッピング利用で3%
  • 年会費:0円
  • ポイントの種類:Tポイント
  • 国際ブランド:Visa / Mastercard / JCB
  • 発行スピード:1週間~10日程度

特徴1 Yahoo!ショッピングとLOHACO利用で付与ポイントが3倍に
特徴2 全国のTポイント提携先でもポイントを貯められる&使える
特徴3 Tカード一体型なので、ポイントがダブルで貯まる

Yahoo!カードは、Tポイントカードとしての機能も兼ね備えているのが特徴。クレジットカードとしての利用ではもちろん、Tカードとしての利用でもポイントが貯まります。いわゆる“ポイントの二重取り”ができるカードなのです。

Tポイントが貯まるお店は、TSUTAYA、ファミリーマートを始めドラッグストアや飲食店など実にさまざま。日常使いで自然にポイントが貯まるカードとも言えます。

dカード
  • ポイント還元率:1%(100円で1P)
     →ローソンで最大5%おトクに
  • 年会費:0円
  • ポイントの種類:dポイント
  • 国際ブランド:Visa / Mastercard
  • 発行スピード:2~4週間

特徴1 ローソン利用で最大5%お得になるカード
特徴2 貯まったポイントは商品券やマイルへの交換、ドコモ利用料金の支払いにも使える
特徴3 dポイント特約店では還元率が上乗せされる

ドコモグループのクレジットカードです。ドコモの電話料金などでポイントを効率よく貯められます。また、ローソンでのお買い物では「カード提示で1%ポイント還元」「dカード決済でさらに1%ポイント還元」「カード請求時に3%請求額オフ」といった、合計5%還元分のメリットが得られます。

ドコモユーザーやローソンをよく利用する方におすすめしたいクレジットカードです。


【2018年最新版】注目は高還元率でライフスタイルに合うカード

ポイント還元率は、クレジットカードを選ぶときの大きな指針のひとつです。しかし、いくら還元率が高くても、ポイントの使い道がなかったり、自分のライフスタイルに合っていなかったりするようでは意味がありません。

ポイントカードを選ぶときは、還元率と同時に自分のライフスタイルに合っているカードであるかといった点を考える必要があります。

たとえば日用品の購入を楽天市場で済ませている方であれば、楽天カードがもっとも使い勝手がよいはず。ファミリマートやTSUTAYAを利用することが多い方は、Yahoo!JAPANカードの利用が向いているでしょう。

このように、「よく利用するショップはどこか」「クレジットカードで何を支払うか」などによって、あなたが選ぶべきカードは変わってきます。

カードの特徴を見比べながら、ぜひあなたにとって最適な1枚を選んでくださいね。

あなたにとって最適な高還元率クレジットカードを見つけたい方はこちら

まとめ

  • クレジットカードを還元率だけで選ぶのは危険
  • ポイントの貯まりやすさや、高還元率になる条件などは事前に要チェック
  • ポイントが貯まりやすいのは、あなたのライフスタイルに合ったカード

関連記事

【100人調査】高還元率クレジットカードを選ぶと損?失敗談から学ぶ…

「ポイントがどんどん貯まる、高還元率カードはどれ?」「たくさんのクレ…

ゴールドカードVS一般カード還元率比較!ペイするのはいくらから?

「一般カードからゴールドカードに切り替えるか悩むなあ」「ゴールドに切…

ポイントざくざく貯めたい!おすすめクレジットカード・賢い交換術

「クレジットカードでポイントをざくざく貯めたい!」 「ポイントが貯まり…

【2019年版】還元率+αで選ぶクレジットカードまとめ・賢い利用方法も

「今いちばん還元率が高いクレジットカードはどれ?」「とにかくポイント…

【最新版】クレジットカードの還元率ランキングBEST4と選び方の注意点

「少しでも還元率が高いクレジットカードを選びたいな」