専業主婦でもクレジットカードは作れる? 審査に通らない? おすすめ7選紹介

更新

クレジットカード主婦

「専業主婦(主夫)で収入がないので、クレジットカードを作りたくても審査に通らないかもしれない」

こんな不安を感じている方も、案外多いのではないでしょうか。

でも、専業主婦(主夫)は無職の人とは違って世帯に収入のある人がいるので、基本的にクレジットカードを作ることは可能です。

そこで、今回は専業主婦(主夫)でもクレジットカードが作れる理由や審査に通りやすくなるコツについて解説し、あわせておすすめのカードを紹介します。

※価格の表記に関して、特に指定があるもの以外は税抜き表記となっています。

キャンペーン多数! 専業主婦におすすめのクレジットカード7選

ここでは専業主婦(主夫)でクレジットカードを作った経験があまりない方を対象に、カードの選び方やおすすめのカードを紹介します。

専業主婦のクレジットカードの選び方

専業主婦(主夫)の方がクレジットカードを選ぶときは、以下のような点を考慮するのがおすすめです。

  • よく利用するお店との関連
  • 還元率
  • モールの有無
  • キャンペーンの有無

よく利用するお店との関連

いわゆる「流通系」のクレジットカードは、そのカードの発行会社と関連のあるお店で買い物をすると得をするように作られていることが多いです。

例えばイオンカードセレクトはイオングループの店舗をよく利用する人、セブンカード・プラスはセブン&アイグループの店舗をよく利用する人にとってポイントが貯まりやすくなるなどのメリットがあるので、この点を上手に活用すればメリットは大きくなります。

ポイント還元率

還元率とは、カードの利用金額に対してもらえるポイントの価値の割合です。例えばショッピングの利用100円につき1ポイントがもらえるカードで、1ポイント=1円相当であれば、還元率は1円÷100円×100=1%となります。

還元率は一般的に適用される基本の還元率だけでなく、よく利用するお店での還元率もあわせて確認しましょう。2~3倍程度になることも珍しくありません

モールの有無

モールとは、ネット上の仮想モールのことです。クレジットカード各社はモールを運営していることが多く、Amazonや楽天といったメジャーなところも含め、数多くの通販サイトが登録されています。

同じところで買い物をする場合、モールを経由するだけでもらえるポイントがアップするケースが多いので、積極活用すればお得になります。

キャンペーンの有無

クレジットカードの中には入会キャンペーンを行っているカードも多いです。単に入会するだけでなく、還元を受けるためには一定の条件を満たすことが必要になることが多いですが、5000円程度の還元を受けられるカードも珍しくないので、カードを選ぶうえではぜひチェックしてください。

カードの名称 入会キャンペーン 年会費 還元率 モールの有無
エポスカード あり 無料 0.5%~ あり(たまるマーケット)
イオンカードセレクト なし 無料 0.5%~ あり(ときめきポイントTOWN)
楽天PINKカード あり 無料 1.0%~ なし
セゾンカードインターナショナル なし 無料 0.5%~ あり(セゾンポイントモール)
セブンカード・プラス あり 無料 0.5%~ なし
ビックカメラSuicaカード あり 524円(税込) 1.0%~ あり(VIEWショッピングステーション)
JCB CARD W plus L あり 無料 0.5%~ あり(Oki Doki ランド)

※入会キャンペーンは2019年12月現在の実施状況です。

エポスカード

エポスカード

エポスカード
還元率 0.5%※1
年会費 無料
発行スピード 最短当日〜約1週間
国際ブランド
  • VISA
電子マネー
  • 楽天Edy
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. ネットショッピングで2〜30倍(「たまるマーケット」経由)

こちらのカードは以下の専門家がオススメしています

エポスカードは丸井グループの会社が発行しているクレジットカードです。ショッピングの利用で貯まった「エポスポイントは」は、マルイの店舗や「マルイウェブチャネル」という通販サイトにおいて1ポイント=1円相当で利用することができます。

エポスポイントは「たまるマーケット」というモールを経由して各店を利用すると、最大で30倍のポイントが得られます。よく使うお店があるならモールを経由する習慣をつけるだけで、お得にポイントを貯めることが可能です。

また、海外旅行に行く機会が多い方にとっては疾病治療費用が270万円まで補償されるというのも大きなメリットでしょう(ケガの場合は200万円まで)。治療費用の補償金額がこれだけ高いカードは珍しいです。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
還元率 0.5~1.0%※1
年会費 無料※2
発行スピード 最短即日発行
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • WAON
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  1. 新規入会&利用特典で利用金額の最大14%をポイント還元
  1. イオングループの対象店舗でのお買い物でポイント2倍、各種公共料金のお支払いで1件につき毎月5WAONポイント
  2. 所定の条件を満たすと、ゴールドカード発行が可能

イオングループが発行するイオンカードの中で、もっともベーシックなカードがイオンカードセレクトです。

ショッピング200円につき1ポイント(ときめきポイント)がもらえるので、基本の還元率は0.5%ですが、全国のイオン、ダイエーなどイオングループの対象店舗で買い物をした場合は2ポイントになります。また、毎月20・30日は「お客様感謝デー」となっており、代金が5%OFFとなります(対象外の店舗や商品もあり)。

なお、所定の条件(利用実績など)を満たすとゴールドカード(年会費無料)のインビテーションが届くことがあります。審査基準は明らかにされていませんが、ゴールドカードを持てればイオンモールの中にあるイオンラウンジを利用することができるようになります。

楽天PINKカード

楽天PINKカード

楽天PINKカード
還元率 1.0%※1
年会費 無料※2
発行スピード 1週間〜10日
国際ブランド
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
電子マネー
  • 楽天Edy
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 楽天グループのサービスでの利用で2倍〜最大16倍※SPU(スーパーポイントアッププログラム)により、さまざまな条件あり
  2. 家族年会費:無料

楽天PINKカードは、楽天一般カードの女性向け仕様です。

年会費は永年無料で、ポイント還元率(1%)や旅行傷害保険の補償内容など基本の機能は一般カードと同じですが、それぞれ月額330円(税込)を支払うことで「楽天グループ優待サービス」や「RAKUTEN PINKY LIFE」に加入し、商品やサービスの割引を受けることができます。

また、楽天カードには楽天グループの利用が多いほどポイントが貯まりやすくなる「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」という仕組みが用意されています。そのため、楽天グループのサービスをいくつか利用しているのであれば、作っておいて損はないカードと言えるでしょう。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
還元率 0.5%※1
年会費 無料
発行スピード 最短即日発行
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 西友・リヴィン・サニー 「第1・第3土曜日5%OFF」開催日は5%OFF

セゾンカードインターナショナルは、株式会社クレディセゾンが発行するクレジットカードです。

ショッピング1000円につき1ポイントの「永久不滅ポイント」がもらえ、1ポイントの価値はほぼ5円相当です。その名のとおり、ポイントに有効期限はありません

また、西友・リヴィン・サニーの店舗でセゾンカードインターナショナルを利用すると、毎日3%OFFとなります(第1・第3土曜日は5%。ただし、永久不滅ポイントは付与されません)。普段、これらの店舗を利用しているならぜひ作っておきたいカードと言えます。

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス
還元率 0.5%※1
年会費 無料
発行スピード 最短1週間
国際ブランド
  • VISA
  • JCB
電子マネー
  • nanaco
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 毎月、8日・18日・28日の「ハッピーデー」にイトーヨーカドーでお買い物をすると5%オフ

セブンカード・プラスはセブン&アイグループのクレジットカードで、ショッピング利用200円につき1ポイントのnanacoポイント(1ポイント=1円相当)がもらえます。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーをはじめ、デニーズやアリオなどセブン&アイグループの店舗で利用する場合は2倍の2ポイントがもらえますし、さらにセブン-イレブンとイトーヨーカドーではボーナスポイントももらえます。

また、電子マネーnanacoへのチャージでも200円につき1ポイントがもらえるので、セブン&アイグループの店舗をよく利用するなら検討したいカードと言えるでしょう。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード
還元率 0.5~1.5%※1
年会費 477円※2
発行スピード 最短即日発行
国際ブランド
  • VISA
  • JCB
電子マネー
  • Suica
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  1. 新規入会でもれなく1000ポイントプレゼント
  1. 1000円で5~15p、1p=1円
  2. 初年度無料。年1回の利用で次年度の年会費無料

ビックカメラSuicaカードはビックカメラ・コジマ・ソフマップの店頭にて、チャージしたSuicaで支払いをすると11.5%(JRE POINT1.5%+ビックポイント10%)の還元を受けることができます

ビックカメラの店舗で買い物をする機会がそれほど多くなくても、貯まったビックポイントはSuicaのチャージにあてられますし、所定の手続きをすればビックカメラ.comでも利用できるので、ムダなく活用することが可能です。

年会費は524円(税込)ですが初年度は無料ですし、「Web明細ポイントサービス」を利用すれば、毎月50ポイント(1年間で600ポイント)がもらえるので実質無料にできます。ただし、カードの利用がなく明細書が発行されないときは、ポイントが付与されないので注意してください。

JCB CARD W Plus L

JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus Lの券面
還元率 1.0%※1
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  • 入会後3ヶ月間のご利用はポイント4倍(~2020年5月31日)
  • Apple Pay, Google Pay利用で20%(最大5000円)キャッシュバック(~2020年5月31日)
  1. 優待店でポイント還元率アップ。Amazon2倍、スターバックス5.5倍、セブン‐イレブン2倍

「JCB CARD W plus L」は「JCB CARD W」の女性向けカードです。39歳以下であれば申し込みが可能で、年会費は永年無料です。

JCB CARD W plus Lはショッピング1000円につき2ポイント(Oki Dokiポイント)が貯まりますが、「Oki Dokiランド」というモールを利用すると、もらえるポイントが最大で20倍になります。

また、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」登録店を利用する場合もポイントが2~10倍になります。JCB CARD W plus Lを作るのであれば、これらの特典を積極的に活用してください。

無収入の専業主婦でもクレジットカードの審査に通る理由

結論から言うと、無収入の専業主婦(主夫)でも審査に通る理由は「世帯で審査されるから」です。

割賦販売法について解説した経済産業省のウェブサイトには、以下のような記載があります。

専業主婦(主夫)等の場合は、世帯の収入に基づいて、クレジットを利用することができます。

参照:早わかり改正割賦販売法|経済産業省

限度額が30万円以下のクレジットカードを発行する場合は、過剰な債務や延滞等を確認する簡易な審査で発行可能とします。

参照:早わかり改正割賦販売法|経済産業省

そのため、無収入の専業主婦(主夫)からクレジットカードの申し込みがあったとしても、その本人に収入がないことだけを理由として審査に落とすわけではありません

主婦が審査に通らない原因は、世帯全体の返済能力にある

ただし、世帯全体の返済能力が低いと判断された場合は審査に通らないことはもちろんありますし、審査には通っても、ショッピングやキャッシングの限度額が低くなる可能性はあります。

なお、ショッピングやキャッシングの限度額は利用実績を積むことで引き上げられることもあります。また、冠婚葬祭や海外旅行などの目的で限度額を超える利用をしたい場合は一時的に引き上げてもらうことができます。いざというときのために覚えておきましょう。

専業主婦がカードの審査に通りやすくするためには?

前項でクレジットカードの審査に通らないこともあるという説明をしましたが、申し込みの時点で気をつけていれば審査落ちを回避できる点もあります。以下でその点について解説します。

同時に複数のカードに申し込まない

クレジットカードの審査においてはCICやJICC(日本信用情報機構)などの「信用情報機関」への照会が行われ、申し込みをした人のクレジットカードの返済履歴などが確認されます。

信用情報機関にはクレジットカードの返済履歴だけでなく、カードの申し込みをしたという情報も登録されるため、同じ時期に複数の申し込みをしていると、クレジットカード会社にはわかってしまいます。

そして、同時に複数のカードに申し込むとお金に困っているのではないかと判断されて審査に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、申し込みは1社ずつ行うほうが良いのです(この状態を「申し込みブラック」と呼ぶこともあります)。

なお、短期間で複数のカードの審査に落ちた場合は半年以上空けてから申し込むのが良いです。なぜなら、申し込みの履歴は信用情報機関に最長6ヶ月間(会員への提供期間)保存されるからです。

キャッシング枠をゼロにする

クレジットカードの申し込みをするときは、キャッシング枠の希望を尋ねられることがあります。このような場合はキャッシングの枠をなるべく少なくすることで、審査に通る可能性が高くなると言われています。

銀行系のカードを避ける

クレジットカードは銀行系、流通系、信販系などに分類されることがありますが、一般に、銀行本体やグループ会社が発行する銀行系カードは審査が厳しいと言われています。そのため、どのカードでも良いのであれば、なるべく銀行系のカードを避けるようにしましょう。

年齢が若ければ、若い世代を対象としたカードを選ぶ

クレジットカードの中には若い世代を対象としたカードがあります。一般的に、若い世代は中高年よりも返済能力が低いので、若い世代を対象としたカードは審査基準も緩く設定していると考えられます。

あなたが若い世代で審査に通るかどうか不安なら、後述する「JCB CARD W plus L」のような若い世代を対象としたカードを検討してみてください。

クレジットカードの審査に通りにくいのはどんな人? 審査基準について

無収入の専業主婦(主夫)がクレジットカードを申し込んだ場合は世帯全体で審査されますが、旦那さんがいわゆる「ブラック」な状態であるなど属性に問題がある場合は審査に通らない可能性もあります。そこで、一般的にクレジットカードの審査でどんな点が見られているのかについて簡単に解説します。

年収・勤続年数

クレジットカード会社は申込者本人や世帯主の年収などを総合的に考慮して、年間の「支払可能見込額」を算定します。そのため、年収が高いほうが審査に通りやすいと考えられます。

また、勤続年数が長いほど審査に通りやすく、就職してから1年未満だと審査に通りにくいという話もありますが、いずれも自己申告であり確認する手段がなく、参考程度に利用されている可能性が高いでしょう。なお、クレジットカードの審査においては基本的に在籍確認が行われます。

クレジットヒストリー

クレジットヒストリーとは、過去のクレジットカードやローンの返済・申し込みなどの履歴です。信用情報機関には過去5年間の契約内容や返済状況などが登録されているので、その間に返済が滞ったことがあれば審査に悪影響があります。

なお、信用情報機関にはスマホの分割払いを利用したケースなども登録されます。商品・サービスごとに利用した分割払いは「個別クレジット」と呼ばれ、こちらもクレジットカードと同様に、返済遅延があると審査に影響があるので注意してください。

クレジットヒストリー

他社での借入金

他社での借入金が多いと返済能力が低いとみなされ、クレジットカードの審査に通りにくくなります。

また、申し込みの時点で多くのクレジットカードを保有している場合も審査に影響することがあります。なぜなら、クレジットカードにはキャッシングの枠(限度額)がついているのが一般的で、枠があるということは、それだけお金を借りられるということだからです。

そのため先述したとおり、キャッシングが不要ならその枠をなるべく少なくして申し込むと審査に通りやすくなる可能性があります。

その他

以上のほか、住宅が持ち家なのか賃貸住宅なのか、その住宅に住み始めてからの期間、自己破産・任意整理の経験の有無なども審査の対象となります。住宅は持ち家で居住年数が長いほうが、一般的に審査に有利と言われています。

家族カードの利用も検討しよう

専業主婦(主夫)がクレジットカードを持ちたい場合、新規のクレジットカードに申し込まず、世帯主が入会しているクレジットカードの家族カードを発行してもらうという方法もあります。

家族カードなら審査がないことが多い

クレジットカードは本会員のカードとは別に家族カードを発行できるものが多く、基本的に審査はありません(例外もあります)。そのため、手っ取り早くクレジットカードを持ちたいなら、世帯主が保有しているクレジットカードの家族カードを作るのも1つの選択肢です。

家族カードと会員カードの違い

ただし、自身が本会員となってカードを作る場合と家族カードには以下のような違い(注意点)もあります。

  • 引き落とし口座を本会員と分けられないことが多い
  • ポイントが本会員のカードに貯まる
  • カードの利用限度額は本会員との合計になる

夫婦で財布を分けている家庭であれば、引き落とし口座を分けられないと困るということもあるでしょう。また、カードの利用限度額が本会員とあわせての金額となるため、限度額が低い場合は使うときに注意が必要になります。

なお、家族カードと会員カードの違いについては以下の記事も参考にしてください。

まとめ

  • 無収入の専業主婦(主夫)でもクレジットカードを作ることは可能。理由は世帯で審査され、収入以外の要素も考慮されるから
  • 審査に通りやすくするため、申し込みは1枚ずつ行い、キャッシング枠が不要ならなるべく少なくする
  • 流通系のクレジットカードは生活スタイルによって有利になるカードが変わるので、基本の還元率にとらわれず、自身にとって有利なカードを選ぶべき