アクワイアラとイシュアの違いは? ゼロからわかるカード業界の仕組み

更新

クレジットカードのアクワイアラとイシュアの違い

「クレジットカードを作ったけれど、仕組みがよくわからない」
「アクワイアラやイシュアとは、いったい何?」

と疑問に思っている人も、意外に多いのではないでしょうか? クレジットカードがどのような仕組みで運用され、どのような業者が関わっているのか知れば、安心して利用できますよね。今回はクレジットカード業界の仕組みについて詳しく解説します。

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

クレジットカード業界の仕組みを知ろう

私たちがクレジットカードを使って買い物ができるよう、クレジットカード業界ではさまざまな会社がその運用にかかわっています。大きく分けて4種類の会社が、クレジットカード業界を構成しています。

クレジットカード業界の4つのポジション

クレジットカードの決済機能を提供したり、カードを発行したり、さまざまな役割を果たす会社が存在します。

  • 国際ブランド
  • イシュア(クレジットカード発行会社)
  • アクワイアラ
  • 決済代行会社

私たち利用者が直接、関わることが多いのはカードを発行し私たちに届けてくれる「イシュア」です。しかし、他の会社の活動がなければ、クレジットカードでの決済をすることはできません。

アクワイアラ

「アクワイアラ」は加盟店の開拓や審査、管理を担う

「アクワイアラ」は「店での支払に、クレジットカードを使ってもらえるようにしたい」と考える店舗と深くかかわります。加盟を希望する店の加入審査を行い、加盟が決まったら決済システムを店舗に導入します。その後も加盟店を定期的に訪問するなどして、加盟店の管理を行います。

また、あなたがクレジットカードを使って買い物した代金は、後日イシュア(カード発行会社)からあなたに請求があります。あなたは「イシュア」に代金を支払います。 「イシュア」があなたから回収した売上代金は、「アクワイアラ」を通して、商品を販売した加盟店に支払われます。

「アクワイアラ」は、加盟店から徴収する手数料が売上となります。そのため「店でクレジットカードを使えるようにしたい」という店舗の数を増やすための活動も行います。

なお、日本では「アクワイアラ」と「イシュア」の両方の業務を行う会社が多いです。

例 株式会社ジェーシービー、三井住友カード株式会社など

「イシュア」はクレジットカードを発行する

「イシュア」はカード発行会社として、あなたにクレジットカードを届けたり、あなたの加入審査を行ったり、利用明細書を送付するなどの業務を行っています。

手持ちのクレジットカードで「イシュア」がどこかを確かめるには、カード裏面の左下にかかれているカード会社名(例 三菱UFJニコス株式会社、株式会社セディナなど)を確認しましょう。

「国際ブランド」は世界のどこでも決済できる仕組みを提供する

国際ブランドとしては、VISAやMastercard、JCB、アメックス、ダイナースなどが知られています。日本で発行したクレジットカードが、世界のどこでも、また24時間いつでも買い物した料金の決済に使うことができるのは、国際ブランドが決済システムを提供しているためです。

クレジットカード利用者としては「どの国際ブランドを利用するか」を決めておくことも大切です。特に大きな国際ブランドとしては下記7つがあります。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • 銀聯
  • ディスカバーカード

「決済代行会社」はクレジットカード決済を導入したい店舗を支援する

「クレジットカード決済を導入したい」と考える店舗が、1つのクレジットカード会社とだけ契約するのなら、事務手続きはあまり煩雑でないかもしれません。でも、複数のクレジットカード会社と契約したり、クレジットカード以外にも電子マネーや携帯キャリア決済などの複数の手段を導入したりする場合、事務手続きが膨大なものになります。

決済代行会社は、さまざまな決済手段を導入したいと考える店舗と、決済機関との間で、一括で契約したり、管理システムを提供したりする会社です。

今回、この記事では特に、「アクワイアラ」の果たす役割について注目し、紹介します。

「アクワイアラ」が果たす3つの役割

私たち利用者が直接かかわるのは「イシュア」(カード発行会社)ですが、日本では「イシュア」と「アクワイアラ」を兼業している会社が多いです。アメリカの場合、クレジットカードを発行するのは主に金融機関(銀行など)で、加盟店の開拓をするのが「アクワイアラ」というように、役割が分かれています。

「アクワイアラ」は世界中に存在しますが「アクワイアラと加盟店は同一国でなければならない」という国際ルールがあります。日本でクレジットカード決済を導入した店舗は、まず日本の「アクワイアラ」と契約しなければならないのです。

次からは「アクワイアラ」の果たす役割について紹介します。

加盟店を増やす

「アクワイアラ」という言葉は、英語で「得る、獲得する」という意味のacquireからきています。加盟店を増やすことが、「アクワイアラ」の重要な役割なのです。

また、「アクワイアラ」は、加盟店からの手数料を受け取ることで利益を上げています。そのため、「アクワイアラ」自身にとっても、加盟店を増やす活動は大切です。

加盟店が増えることで、クレジットカード利用者もカードが使える店舗が増えて便利になります。

加盟店の審査

クレジットカード決済を導入したいという加盟店があれば、慎重に審査を行います。どのような店舗と契約しているかが、「アクワイアラ」自身の信用にかかわってくるからです。

加盟店への決済インフラの導入とその後の管理

審査を通過し、正式な契約にいたった加盟店に、カード決済システムが利用できるよう必要な機器類などを導入します。初期の導入作業が終わってからも、加盟店を定期的に訪問するなどの方法で、加盟店の状況を確認する管理作業を行います。

代表的な日本の「アクワイアラ」・「イシュア」

日本の「アクワイアラ」について、その特徴をご紹介します。「アクワイアラ」ごとに、どの国際ブランドと提携しているか、どのようなサービスを行っているかが異なります。

JCB(株式会社ジェーシービー)

国際ブランドとしても知られるJCBは、カードの発行から加盟店の契約まですべてを一社で担う体制を取っている「シングルアクワイアラ」です。カード利用者としては、もしもカードの不正利用に気づいた場合、JCBのグループ会社と相談すればいいので安心です。

提携ブランドはアメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブカード、ディスカバーカード、銀聯カードです。加盟店はJCBと契約することで、上記提携ブランドのカードも取り扱えるようになります。

クレジットカードの他にも、QUICPay(クイックペイ)、QUICPay+(クイックペイプラス)、電子マネー(nanaco/iD/楽天Edy/WAON/交通系)、コード決済、JCBギフトカード、プリペイドカード(JCB PREMO)、J-Debit、JCBタクシーチケットなどの決済手段を提供しています。

三井住友カード株式会社

三井住友カード株式会社はSMBCグループに属しており、三井住友VISAカードを発行していることで知られています。VISAの他に、Mastercard、銀聯の各ブランドのカードを発行しています。

クレジットカードの他にも、iD、Apple Pay、PiTaPa、VJAギフトカード、銀聯カード、外貨建て決済、J-Debitのほか各種電子マネー決済の導入を行っています。

三菱UFJニコス株式会社

三菱UFJニコス株式会社は、日本信販株式会社や株式会社ディーシーカードなどの流れをくむ会社です。提携している国際ブランドはVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、銀聯です。

クレジットカード決済サービスの他に、デビットカード、電子マネー、外貨建てクレジットカード決済などのサービスを提供しています。

「イシュア」としては、MUFGカード、DCカード、NICOSカードなど、複数のクレジットカードブランドを運営しています。

楽天カード株式会社

楽天カードの発行を行っています。VISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスの4つの国際ブランドと提携しています。

加盟店へのサービスとして、楽天ペイや据置型決済端末を提供しています。

楽天カード株式会社が発行する楽天カードは、楽天市場でポイントが貯まることが特徴で、年会費も無料のカードが多いです。

株式会社セディナ

株式会社セディナは、VISA、Mastercard、JCBの3つの国際ブランドと提携しています。
クレジットカードだけでなく、楽天Edy、nanaco、交通系などの電子マネー決済や、スマホ決済も利用できるようになります。

株式会社セディナは、セディナカードやセディナゴールドカードのほかにも、エディオンカードやコスモ・ザ・カードなどの提携カードを発行しており、ハローキティデザインが選べるカードもあります。

イオンクレジットサービス株式会社

イオンクレジットサービス株式会社は、VISA、Mastercard、銀聯と提携しています。電子マネーWAONも利用できるようになります。

決済代行サービスとして、クレジットカードや電子マネーWAONに加えて、銀行振込、コンビニ決済、ときめきポイント決済なども提供しています。スマートフォンとカードリーダー、インターネット環境があればどこでも決済ができる「A-REGI」の導入も可能です。

利用者にとって、クレジットカードに電子マネーWAONの機能もついていること、クレジットカードから電子マネーWAONをチャージできることなどが便利です。

株式会社オリエントコーポレーション

オリコカードの発行で知られる株式会社オリエントコーポレーションは、Mastercard、JCB、VISAと提携しています。みずほフィナンシャルグループが筆頭株主です。集金代行やオンライン決済、B2B決済サービス、家賃収納などのさまざまなサービスを展開しています。

オリコブランドのカードは、年会費無料のものが多く、オリコポイントの還元率も高いことが、カード利用者にとってのメリットです。

トヨタファイナンス株式会社

トヨタファイナンス株式会社は1988年にトヨタ自動車から独立し、トヨタグループで唯一の金融会社としてスタートしました。トヨタグループとの結びつきが強く、金融サービスとしても、自動車購入時のクレジットサービスなど、自動車に関するサービスに力を入れています。

提携している国際ブランドはJCB、Mastercard、VISAです。ENEOSやCGCグループ、名古屋グランパスとの提携カードも発行しています。

クレジットカード決済の他に、QUICKPayやApple Payでの決済もできるようになります。

ライフカード株式会社

ライフカード株式会社は、Mastercard、VISA、JCBと提携しています。
新規加盟時の年会費、契約更新費用などを無料としていることが特徴的。実際にカード決済が行われた際、売上代金から加盟店手数料が差し引かれた金額が、売り上げのあった店舗に支払われます。

クレジットカード決済の他に、請求業務の代行や未回収金の督促業務を代行する「Lifeペイメント 口振」や、クレジットカードを持たない購入希望者に後払いサービスを提供できる「ミライバライ」など独自のサービスを行っています。

ポケットカード株式会社

ポケットカード株式会社は、P-oneカードやファミマTカードなどを発行しており、Mastercard、VISA、JCBと提携しています。P-oneカードで買い物をすると、どんな買い物でも請求時に1%割引される点が、利用者にとってのメリットです。

「後払いワイド」という1回払い、分割払い、リボ払いを選べる後払いサービスも提供しています。

ユーシーカード株式会社

ユーシーカード株式会社は、Mastercard、VISA、銀聯と提携しています。電子マネー(交通系、iD、nanaco、WAON、楽天Edyなど)による決済、QUICKPay、Mastercardデビット、VISAデビットなども提供しています。

ユーシーカードが提供する「永久不滅ポイント」は、有効期限が設定されておらず、時間がたってもポイントが消滅することがない点が特徴的です。永久不滅ポイントをつかって資産運用ができる仕組みも、今後注目されそうです。

まとめ

今回は、クレジットカード業界の仕組みと、「アクワイアラ」が果たす役割について紹介しました。日本にも「アクワイアラ」が存在し、それぞれに独自のサービスを展開しています。どの国際ブランドと提携しているかも、「アクワイアラ」によって異なります。

トヨタの自動車が好きな人ならトヨタファイナンス株式会社のカードを選び、イオンでよく買い物をする人ならイオンクレジットサービス株式会社を選ぶ、というように、あなたのライフスタイルやよく買い物する店をもとにクレジットカードを選ぶ方法もあります。
万が一、カードのことでトラブルが生じたときは、クレジットカード裏面の左下に記載されている会社に連絡と相談をしましょう。