【決定版】学生クレジットカードの作り方~おいしい話にはウラがある?

tsukurikata_gakusei

「学生がクレジットカードを作るときってどうしたらいいの?」
「どんなカードを選べばいいんだろう?」

クレジットカードを作ったことのない学生さんにとって、クレジットカードはなんとなく申し込みが面倒で、とっつきにくいイメージがあるはず。

この記事では、学生の皆さんに向けてクレジットカードの作り方をイチから解説。いっしょにカードを作っていきましょう!

学生が作れるクレジットカードは3種類!おすすめは?

クレジットカードを持ったことのない学生にとって、初めてのクレジットカード申し込みはなんとなく緊張してしまうものですよね。

「本当に自分でも作れる?」
「審査に落ちることもあるの?」
「親に連絡はいくの?」

このような不安を解決するために、まずは学生が作れるカードの種類について知っておきましょう。


あなたは当てはまる?学生=大学生、専門学生、短大生

ここからお伝えする内容は、学生向けの内容です。
まずは「学生」の定義からおさらいしましょう。

クレジットカードを作るときに言う「学生」とは、「大学生」、「専門学校生」、「短大生」、「大学院生」のことを指します。

たとえ大学で勉強をしていたとしても、一部の科目だけを履修している方は含まれません。また、中高校生や予備校生、フリースクールの生徒なども対象外です。

クレジットカードを作りたい高校生の皆さんは、こちらをご覧ください。

学生が作れるカードは3種類ある

学生が作ることのできるクレジットカードは、全部で3種類あります。それぞれの特徴を見てみましょう。

学生向けカード
学生向けカードは、学生に向けての特典やサービスを充実させたカードです。

「学生しか作れない」という制限を設けることで、メリットを大きくしています。

一般カード
一般的に広く利用されているクレジットカードです。年会費は比較的安め、あるいは無料で、スタンダードなサービスが網羅されていることが多いです。

特に学生に限定した特典はありませんが、自分のライフスタイルに合ったカードを選べば十分お得に利用できるでしょう。

家族カード

家族が持っているカードの「家族会員」という位置づけで作るカードのことです。
家族会員の特徴は次の2つです。

  • 本会員(学生の場合は親)の口座から利用代金が引き落とされる
  • 利用額は本会員と合計して、本会員の限度額の範囲内となる

このような特徴があるため、「クレジットカードの利用代金は自分で支払いたい」という学生や、「カードを何に使ったのか親に知られたくない」という学生の皆さんには不向きです。

では、学生の皆さんに向いているのは3つのうちどのカードなのでしょうか?

次の項目で詳しく解説していきます。


学生におすすめなのは「学生カード」

学生カード、一般カード、家族カードのうち、学生の皆さんにおすすめしたいのは、断然「学生カード」です。

学生カードには、「学生しか申し込めない」という制限がある代わりに、学生に嬉しいさまざまなメリットがあるからです。具体的なサービス内容はクレジットカードによって異なりますが、たとえば次のような特典があります。

【例】学生カードのサービス・特典

  • カードの年会費が無料
  • 海外旅行保険が付帯する
  • 本、CDなどが割引価格で買える
  • 海外で買い物をするとキャッシュバックがある

現金払いからクレジットカード払いに切り替えるだけで、いろんなメリットがあることがわかりますね。年会費無料のカードを選べば、特に損することもありません。

学業やサークル活動、アルバイトなどで充実した生活を送る学生にとって、これらのサービスを受けられることは大きなメリットとなるでしょう。


【決定版】学生におすすめしたいクレジットカード

ここからは、学生カードと言われるクレジットカードを具体的にご紹介。

CREVIEWおすすめの学生カード2枚について、それぞれの特徴をまとめました。

学生専用
ライフカード
  • ポイント還元率:1%~(1000円で1P)
  • 年会費:0円
  • ポイントの種類:LIFEサンクスプレゼント
  • 国際ブランド:Visa / JCB / Mastercard
  • 発行スピード:最短3営業日
  • 年齢制限:満18歳以上満25歳以下(高校生を除く)
 

特徴1 海外旅行でキャッシュバックサービスが受けられる
特徴2 もしものときも安心の海外旅行損害保険付き
特徴3 携帯電話の料金支払いでAmazonギフト券が当たる

「時間に余裕のある学生のうちに、海外旅行を楽しみたい!」

そんな方におすすめなのが、学生専用ライフカード。その名の通り、学生向けのサービスが充実したクレジットカードです。

最大の特徴は、海外でのショッピング利用金額の5%を現金でキャッシュバックしてくれるサービス。海外旅行損害保険も無料で付帯されるので、初めての海外旅行でも頼もしい味方になってくれるでしょう。
さらに、携帯電話料金の支払いにカードを利用することで、毎月10人に1人の割合でAmazonギフト券があたる嬉しいキャンペーンも実施されています。

楽天カードアカデミー
  • ポイント還元率:1%~(100円で1P、1P=1円)
  • 年会費:0円
  • ポイントの種類:楽天スーパーポイント
  • 国際ブランド:Visa / JCB
  • 発行スピード:通常1週間
  • 年齢制限:満18歳以上28歳以下の学生(高校生を除く)
 

特徴1 学生限定!本の購入や高速バス予約でポイントアップ
特徴2 携帯料金などいろんな支払いでポイントがどんどん貯まる
特徴3 貯まったポイントは使い道たくさん

楽天カードアカデミーの特徴は、学生限定のポイントアップサービスが充実しているところ。たとえば、楽天ブックスの利用で初年度ポイント5倍、楽天ダウンロード利用でポイント3倍、楽天トラベルの高速バス予約でポイント3倍になります。

また、毎月の携帯電話料金をはじめ、ゲームなどのアプリの定額料金の支払いもポイント付与対象なので、効率よくポイントを貯められます。貯まったポイントは楽天市場などの関連サービスはもちろん、全国のマクドナルドやプロント、ライトオンなど、普段使いするお店でも利用できますよ。


【簡単3STEP】学生クレジットカードの作り方まとめ

ここでは、実際に学生がクレジットカードを作るときの3つのステップについて説明します。

「クレジットカードの申し込み方法がよくわからない…」という方は、ぜひじっくり確認してくださいね。

STEP.1 申し込みに必要なものを用意する

一般的に、クレジットカードの申し込みに必要なものは次の通りです。

  • 本人確認書類
  • 本人確認書類
  • 学生証
  • 親権者同意書(未成年の場合のみ)
  • 引き落とし銀行口座
  • 引き落とし銀行口座の印鑑

※必要なものはカード会社によって異なります

20歳を超えている学生の場合は、親権者の同意書は不要です。また、学生クレジットカードを申し込む場合は、学生である証明として「学生証」が必要になる点にも注意しましょう。

「引き落とし銀行口座」とは、実際にクレジットカードを利用したときに、利用料金が引き落とされる口座のことです。普段あまり使っていない口座を指定してしまうと、うっかり入金を忘れてしまったり、残高が足りなくなってしまったりする恐れがあるので気をつけてくださいね。
アルバイトをしている方は、バイト代の振込口座を指定しておくと安心です。


STEP.2 申し込みをする

実際の申し込みは、インターネット上から簡単に行うことができます。案内にしたがって、入力フォームを埋めていきましょう。学生クレジットカード特有の入力内容として、申し込み時に「卒業予定年」を聞かれる場合があります。

引き落とし日を選べるカードでは、バイト代の支給日の直後などを選んでおくのがおすすめです。「引き落とし日に口座にお金が入っていない!」なんてことにならないように、引き落とし日はよく考えて決めましょう。手帳やカレンダーアプリに「カード引き落とし日」とメモしておくのもいいですね。

必要な書類の提出方法なども、申し込みの途中で案内が出るので、その通りに処理していけば問題ありません。


STEP.3 カードを受け取る

カード会社にもよりますが、通常申し込んでから1~3週間ほどでクレジットカードが自宅に郵送されます。

このとき、受け取りに身分証が必要となる「本人限定郵便」などを利用して送られることがあるので、夏休みで実家に帰省するタイミングや、長期旅行にでかけるタイミングは避けたほうがよいでしょう。

万一受け取れなかった場合は再配達を依頼して、必ず保管期限内に受け取るようにしましょう。


おいしい話にはウラがある?学生が初めてクレジットカードを作るときの注意点

クレジットカードはとても便利なものですが、カードを作るときに注意すべき点もあります。

ここでは、学生の皆さんに必ず知っておいてほしい2つの注意点をお伝えします。

注意点1.未成年は親権者の同意書が必要

未成年の学生がカードを作る場合は、親権者の同意書が必要です。

あらかじめ用意しておかなければいけないので、親に内緒でクレジットカードを作ることはできません。事前に了承を得ておきましょう。


注意点2.リボ払い専用クレジットカードに注意

「リボ払い」とは、クレジットカードの利用代金を毎月一定額ずつ返済するシステムのことです。リボ払いを利用すると、月の支払額は少なく見えても、結局は多額の利子を支払うことになってしまいます

一般的にクレジットカードを利用すると、とくに手数料が不要な「一括払い・二回払い」や手数料が必要な「分割払い」から支払方法を選ぶことができます。
しかしクレジットカードのなかには、返済方法が基本リボ払いである「リボ払い専用カード」というカードが存在するのです。リボ払い専用カードに申し込むと、店頭での買い物の際「一括払いでで」と伝えても、自動的にリボ払いになってしまい、いつの間にか利子が膨れ上がってしまうのです。

リボ払い専用カードは、カードの基本情報に必ず「お支払い方法:リボ払い」といった記載があります。クレジットカードを作る際にはリボ払いになっていないか必ず確認し、「月々の負担が少ない」「ポイントがたくさん貯まる」といった宣伝文句に惑わされないよう注意しましょう。

リボ払いカードの恐ろしさをまとめた記事はこちら

学生がクレジットカードを利用する場合は、きちんと返済できる範囲内で利用することが大切です。
正しく利用すれば、現金払いにはない快適さを味わえるでしょう。また、収支を管理しながらクレジットカードを使うことは正しい金銭感覚を身につけることにもつながります。

ぜひクレジットカードを活用して、充実した学生生活を送ってくださいね!


まとめ

  • 学生とは、大学生、専門学校生、短大生、大学院生のことを指す
  • 学生カード、一般カード、家族カードのなかでもおすすめは「学生カード」
  • 知らないうちに「リボ払い専用カード」に申し込まないよう注意しよう

関連記事

ゼロからわかる!クレジットカードの作り方ガイド【3STEPで申込】

「クレジットカードってどうやって作るの?」「どんなものを準備すればい…

今すぐ即日発行のクレジットカードが欲しい!!作り方と6つの注意点

「今すぐクレジットカードが欲しい!」「でも、どうやって作ればいいの?…

10秒診断!未成年のクレジットカードの作り方完全マニュアル

「未成年だけどクレジットカードがほしい」「申し込みが面倒くさそう…どう…

無職がクレジットカードを作るには?審査ナシ&自分名義カードの作り方

「クレジットカードが欲しい!でも、無職でも大丈夫かな…」 無職…