無職がクレジットカードを作るには?審査ナシ&自分名義カードの作り方

「クレジットカードが欲しい!でも、無職でも大丈夫かな…」

無職の方にとって、クレジットカードを申し込むハードルは高いもの。実際、無収入である無職の方は、審査に落ちてしまう可能性が高いのが現実です。

しかし、とある方法を使えば無職の方でもクレジットカードとほぼ同機能を持つカードを作ることができます。クレジットカードを諦めている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

無職でもクレジットカードが欲しい!審査不要・自分名義のデビットカードとは?

毎日の生活を便利にしてくれるクレジットカードですが、申込みには一定の条件があります。

そもそもクレジットカードは、カード会社が規定する審査に通過した方にだけ発行されるもの。申し込み時の条件には、とくに「年収いくら以上」と記されてはいないものの、一般的に無職の方がクレジットカードを作るのは難しいと言われています。

「今は定職に就いていないけれど、クレジットカードを作りたい…」

そんな方におすすめしたいのが、デビットカードです。デビットカードであれば、無職であるかどうかに関係なくカードを作ることができるんですよ。

デビットカードとは一体どんなカードなのか、一緒に見ていきましょう。

デビットカードとは?クレジットカードと何が違う?

デビットカードとは、かんたんに言うと即時決済カードです。デビットカードを使って買い物をすると、支払い金額が即時に指定銀行口座から引き落とされます。

クレジットカードと大きく違う点は、利用料金の引き落としのタイミングです。クレジットカードはあとから請求がきますが、デビットカードの利用料金は、銀行の口座残高からその都度引き落とされます。口座にある分の金額しか使えないため、「来月のカードの請求額、いくらだろう?」とおびえる必要もありません。

申し込み時に審査がない、使いすぎる心配がない、審査家計簿代わりとして使えるといった利便性の高さから、発行枚数は増加傾向にあります。

■ クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカード デビットカード
支払い 後払い 利用のたび銀行口座
から引き落とし
審査 あり なし
入会
条件
18歳以上
高校生不可
15歳以上
中学生不可
支払
回数
1回~複数回
リボ払い
1回のみ

デビットカードには、大きくわけて次の2種類があります。

デビットカードの種類

  • 国際ブランドデビット
  • J-Debit(ジェイデビット)

国際ブランドデビット

VISAやJCBといった国際的なクレジットカードブランドが提供しているカード。
国際ブランドのデビットカードは、VISAやJCBのクレジットカードを使えるお店であればどこでも使用できます。インターネットショッピングや海外旅行などの際にも便利です。


J-Debit(ジェイデビット)

日本独自で発展したデビットカード。対応している銀行に口座を持っている方であれば、新たな申し込みをせず既存のキャッシュカードですぐに利用できる点が魅力です。


しかし日本国内の限られた加盟店でしか利用できないことに加え、使える時間帯に制限があります。
また、オンラインショッピングの決済には対応していないことから、国際ブランドのデビットカードに比べると使い勝手は劣ると言えるでしょう。


デビットカードのメリット

デビットカードには、おもに次のようなメリットがあります。

デビットカードを利用するメリット


  • 審査がないため、気軽に申し込める
  • 口座に残高がないと使えないため、使いすぎる心配がない
  • 自分名義のカードを作れる
  • ポイントが貯まったり、キャッシュバック付きのカードもある

大きな特徴は、利用にあたっての審査がないこと。無職の方であっても、銀行口座を持っていればデビットカードを作ることができます。

また、支払い金額が即時に銀行口座から引き落とされるデビットカードは、口座残高がゼロになればそれ以上は使うことができません。クレジットカードと異なり、使い過ぎを防げるのは安心できるポイントですね。

ちなみに、デビットカードのデザインはクレジットカードと大差ありません。「デビットカードって、なんかダサくない…?」と思っている方も、戸惑うことなく使えるはずですよ。


デビットカードの作り方

VISAやJCBなどの国際ブランドのデビットカードは、提携金融機関に申し込みをすることで作ることができます。

すでに口座を持っている場合は、お手持ちのキャッシュカードを、デビット機能付きのものに切り替える手続きが必要です。口座を持っていない場合は、新しく銀行口座を開設する必要があります。

J–Debit(ジェイデビット)の場合、基本的には普通預金等のキャッシュカードに自動的にデビットカードの機能が付与されています。つまり、わざわざカードを作らなくても、手持ちのキャッシュカードをデビットカードとして利用できるのです。


クレジットカードは無職だと作れない?

無職の方にとっては、クレジットカードよりもデビットカードの方が作りやすく、メリットが大きいと言えます。

それでも「やっぱりクレジットカードが欲しいなあ…」と考える方もいるはず。
ここからは、そもそもなぜ無職だとクレジットカードが作ることができないのか解説していきます。

無職がクレジットカードを作ることができない理由は、ずばり定期的な収入、つまり返済能力がないからです。

銀行口座から利用額が即座に引き落とされるデビットカードとは異なり、クレジットカードはあとから請求が来ます。利用者がカード会社にお金を支払うまでの間、利用者は一時的にクレジットカード会社に買い物の支払い代金を立て替えてもらっているのです。

クレジットカード会社は、立て替え代金を回収できなければ損をしてしまいます。損をしないためには、しっかり返済してくれる人だけにクレジットカードを使ってもらうことが大事。しっかり返済してくれる人かどうか、審査で判断しているのです。

もちろん、貯金がたくさんあれば返済には困らないかもしれません。しかし、クレジットカードの審査では定期的な収入がどれくらいあるかが重視されるため、いくら預金があっても、無職である限り審査に通ることは難しいでしょう。

一方で、家族に扶養されている無職の学生・主婦は審査に通る可能性があります。親や配偶者に定期的な収入があれば、そのお金でクレジットカードの使用代金を返済できるからです。

ただし、親や配偶者も無職で収入がない場合はこの限りではありません。返済能力がないと判断されれば、当然審査に通ることはできないと理解しておきましょう。


クレジットカードの審査のしくみ~無職がチェックされるポイントとは

審査のときには信用情機関の情報を見られる

クレジットカードの審査では、信用情報機関に登録されている情報をもれなくチェックされます。

信用情報機関とは?

あなたがお金を借りたときの記録、何らかのローンを申し込んだり、支払ったりしたときの記録などが記された機関のこと。クレジットカード会社は、信用情報機関の情報を見て、「この人にはクレジットカードを発行しても大丈夫かどうか」を確認します。

定期的な収入があったとしても、それ以上に借入金があって返済に追われている状況では、返済が滞る可能性があると判断されてしまいます。そうなると、審査に通らないこともあります。

また、過去に返済が遅れたり、自己破産をしたりしている場合は、その履歴が信用情報に残っています。このような場合も、「きちんと返済してくれない人物だ」と判断され、審査に通らない可能性があります。

ただし、信用情報機関に記録されている情報は、ある程度の年月が経てば削除されます。一度審査に通らなかった場合でも、数年後に再び申し込むと審査に通る可能性はあります。

クレジットカードの簡単な作り方?甘~い言葉にご用心

webサイトのなかには、普通ならカード会社の審査を通らないような状況でもクレジットカードを作れるという、裏技のようなものを紹介しているページがあります。

クレジットカードの審査に通るかどうか不安な方にとっては、このような裏技はとても魅力的ですよね。しかし、裏技を使ってクレジットカードを作ろうとすることは、のちのち大きなトラブルを招きかねません。

冒頭でお伝えした通り、無職の方の場合、審査に通る可能性は極めて低いため、デビットカードを申し込むのが無難な選択。ぜひあなたの収支の範囲内で、カードを活用してくださいね。


まとめ

  • 無職の方は、クレジットカードの審査に通らない可能性が高い
  • 無職の方には、クレジットカードとほぼ同機能を持つデビットカードがおすすめ
  • 無職であっても、15歳以上かつ銀行口座を持っていればデビットカードを作れる

関連記事

ゼロからわかる!クレジットカードの作り方ガイド【3STEPで申込】

「クレジットカードってどうやって作るの?」「どんなものを準備すればい…

今すぐ即日発行のクレジットカードが欲しい!!作り方と6つの注意点

「今すぐクレジットカードが欲しい!」「でも、どうやって作ればいいの?…

10秒診断!未成年のクレジットカードの作り方完全マニュアル

「未成年だけどクレジットカードがほしい」「申し込みが面倒くさそう…どう…

【決定版】学生クレジットカードの作り方~おいしい話にはウラがあ…

「学生がクレジットカードを作るときってどうしたらいいの?」「どんなカ…