海外旅行保険付きのクレジットカードを紹介!補償内容から賢く選ぶ!

更新

「クレジットカードの海外旅行保険って何?」
「万が一の時にもきちんと補償してくれるの?」

旅行中に病気やケガで治療をすると、想像を超えた治療費がかかってしまうことがあります。それを負担してくれるのが海外旅行保険です。

海外旅行保険が付帯しているクレジットカードの中には、「自動付帯」と「利用付帯」があり、カードによって補償範囲や補償額なども異なります。

この記事では、海外旅行保険の基礎知識やカードごとの補償内容、おすすめのクレジットカードを解説していきます。

実際にトラブルにあってから困ることがないよう、どのような特徴があるのか理解しておきましょう。

クレジットカードに付いている海外旅行保険とは?どこまで補償されるの?

海外旅行で起こるトラブルに対して海外旅行保険はどこまで適応されるのでしょうか?

一口に「保険」と言っても補償の範囲や補償額はさまざまなので、補償内容は旅行に行く前に確認しておきたいですよね。そこで、まずはクレジットカードに付帯する「海外旅行保険」の内容について詳しく見ていきましょう。

クレジットカードの海外旅行保険で補償される範囲

クレジットカードの海外旅行保険がカバーできる補償範囲について「海外旅行で起こりうるトラブル」からを確認してみましょう。

盗難・紛失による損害

スリや盗難によって財布やスーツケースを失ってしまった場合に利用できるのが「携行品損害補償」です。

パスポートが盗難されたときの再発行費用にも使えるので、「海外でスリや盗難の被害に遭わないか心配……」という方は「携行品損害補償」が付いている保険を選びましょう。

また、クレジットカードの海外旅行保険では、一定期間内であればクレジットカードを紛失し、不正利用があったとしても補償してくれる「損害補償」が付いています。カードを紛失してしまった際には、すぐに利用停止の手続きをするにこしたことはありませんが、不正利用から守ってくれる補償が付いているのは安心ですね。

旅行中、逆に自分が他者に損害賠償請求をされた場合は「賠償責任」という保険もあります。例えば、同じツアー客の人に誤って怪我をさせてしまった場合や、お土産店の品物を破損してしまった場合、ホテルで過失による水漏れを起こしたなどに保険が適応されます。

怪我や病気にかかる治療費

旅行中の事故による怪我や病気になった場合の治療費は、クレジットカードの海外旅行保険で補償されるカードがあります。例えば、以下のような補償が付いています。

傷害死亡
旅行中の事故による怪我が原因で、一定期間内に死亡してしまったときに保険金が支払われます。クレジットカードに付帯されているケースも多くあります。「海外旅行保険最大2000万円」などと書いてある場合、多くはこの「傷害死亡」に対する補償です。
後遺障害
旅行中の事故による怪我が原因で、一定期間内に後遺障害になったときに保険金が支払われます。こちらも、クレジットカード付帯保険の補償内容としてよく目にするものです。
傷害治療補償
旅行中に負った怪我の治療費用に関する補償です。海外では、病院で治療を受ける際に非常に高額な治療費が必要になるケースも多くあります。万が一のための保険はかけておくべきだと言えるでしょう。クレジットカード会社の付帯保険の場合は傷害治療補償がない場合もあるので、必ず確認しておきましょう。
疾病治療補償
旅行中に病気治療のために病院にかかったときのための補償です。病気で治療を受けた場合も、高額な医療費を請求される可能性があります。傷害治療補償とともに、とても重要な項目と言えるでしょう。かなり高額になる可能性を考慮し、できるだけ手厚い補償が受けられるようにしておくと安心です。クレジットカード付帯の保険では、疾病治療補償が付いていたとしても金額の上限が低めです。

また、日本から家族が看病に来る場合「救援者費用」が補償されます。行方不明になってしまった場合の捜索費や、病院にヘリコプターで緊急搬送された場合のチャーター費用なども含まれます。

旅費のキャンセル料

旅費のキャンセル料は、基本的には補填することができません。一部のゴールドカードやプラチナカードに限られています。

また、航空券などのキャンセルは本人や親族が傷害・病気による入院に基づくキャンセルの場合には補償されますが、病院への通院やインフルエンザといった日常的な病気に関しては補償の対象とはなりませんので注意しましょう。

また、搭乗予定の航空機がキャンセルになった場合も基本的には補填されません。ただし、航空機が遅延した際には「航空便遅延保険」が適応されるカードがあります

「航空便遅延保険」では、搭乗時に預けた荷物がロストバゲージした場合にも適応され、負担した一定の費用を補填することができます。

自動付帯と利用付帯の違いと保険の適用条件

クレジットカードの海外旅行保険には、「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。「持っているだけで保険が自動的に付帯される」のが自動付帯、「クレジットカードで旅費などを支払う」ことで保険が開始されるのが利用付帯です。

自動付帯の場合はクレジットカードの決済有無にかかわらず、補償が受けられます。利用付帯の場合は、以下のような旅行に必要となる費用をカード払いにすることで海外旅行保険を利用できるようになります。

  • 日本出国前に飛行機や電車・バスなどの公共交通の利用代金の支払い
  • 日本出国前に宿泊を伴う旅行代金の支払い
  • 日本出国後に公共交通の利用代金の支払い

複数枚クレジットカードを持てば、補償額は上乗せできるの?

傷害死亡と後遺障害以外は補償額を上乗せすることが可能です。

特に、傷害治療と疾病治療に関しては、高額な補償が必要になる可能性あります。複数のクレジットカードを持つことで補償を充実させ、万が一に備えましょう。

持っているだけで補償を受けられる自動付帯のカードの方が、利用付帯のカードより気軽に利用できるでしょう。おすすめなのが「旅行代金を利用付帯のカードで支払い、自動付帯のカードと重ねがけする」という使い方です。カードを併用することで、複数カードの付帯保険を合算できると良いでしょう。

海外旅行保険付きのおすすめクレジットカードを紹介

ここからは海外旅行保険を付帯している補償の手厚いカードを紹介します。

【自動付帯】エポスカード

エポスカード

エポスカード
年会費 無料
傷害治療 200万円
疾病治療 270万円
携行品損害 20万円
航空便遅延 ×

こんな人におすすめ

  • 年会費無料のカードがいい人
  • 自動付帯のカードがいい人

丸井グループが発行しているエポスカードは、年会費が無料で海外旅行保険が自動で付帯するカードです。国際ブランドは「VISA」に対応しており、発行スピードは最短当日〜約1週間程度となっています。

【利用付帯】楽天カード

楽天カード

楽天カード
年会費 無料
傷害治療 200万円
疾病治療 200万円
携行品損害 20万円
航空便遅延 ×

こんな人におすすめ

  • 年会費無料のカードがいい人
  • 楽天グループのサービスを利用する人

楽天グループが発行している楽天カードは、年会費が無料で海外旅行保険が利用付帯のカードです。国際ブランドは「VISA」「Mastercard」「JCB」「American Express」に対応しており、発行スピードは1週間〜10日程度となっています。

【利用付帯】リクルートカード

リクルートカード

リクルートカード
年会費 無料
傷害治療 100万円
疾病治療 100万円
携行品損害 20万円
航空便遅延 ×

こんな人におすすめ

  • 年会費無料のカードがいい人
  • 還元率を重視する人

リクルートカードは、年会費が無料で海外旅行保険が利用付帯のカードです。エポスカードや楽天カードと違って「後遺障害保険」は付いていませんが、補償期間は180日と長く、長期滞在を検討している方向けです。また、還元率は1.2%と他のカードよりも高くなっています。国際ブランドは「VISA」「Mastercard」「JCB」に対応しています。

【利用付帯】JCB CARD Wカード

JCB CARD W

JCB CARD W
年会費 無料
傷害治療 100万円
疾病治療 100万円
携行品損害 20万円
航空便遅延 ×

こんな人におすすめ

  • 年会費無料のカードがいい人
  • 18歳~39歳の人

JCB CARD Wは、18~39歳の若者限定で年会費無料のカードです。利用付帯で傷害補償は100万円ですが、補償期間は180日となっています。国際ブランドは「JCB」に対応しており、発行スピードは1週間程度となっています。

【利用付帯】VIASOカード

VIASOカード

VIASOカード
年会費 無料
傷害治療 100万円
疾病治療 100万円
携行品損害 20万円
航空便遅延 ×

こんな人におすすめ

  • 発行を急いでいる人
  • セキュリティを重視したい人

VIASOカードは年会費が無料で、海外旅行保険が利用付帯のカードです。傷害補償は100万円で補償期間は90日ですが、カードの発行を急いでいる人にはうれしい最短翌日発行が可能です。国際ブランドは「Mastercard」に対応しています。

【自動付帯】JCBゴールド

JCBゴールド

JCBゴールドの券面画像
年会費 1万円
傷害治療 300万円
疾病治療 300万円
携行品損害 50万円
航空便遅延

こんな人におすすめ

  • 手厚い海外旅行保険を付けたい人
  • 家族と一緒に旅行する人

JCBゴールドは、海外旅行保険が自動付帯のカードです。年会費は1万円ですが、オンラインからの申し込みで初年度無料となります。傷害治療費用は十分な手厚さで、海外・国内共に航空遅延も補償されます。国際ブランドは「JCB」で、最短翌日発行が可能なカードです。

家族と一緒に旅行する場合でも、1名までは年会費無料で家族カードを発行することができますし、「家族特約」が付いているため、補償額は少し下がりますが、同じ補償が家族(生計を共にするご家族で19歳未満の子供)にも適応されます。

海外旅行保険付帯クレジットカードのよくある質問

海外旅行保険が付帯されるクレジットカードについて、よくある質問とその答えをまとめました。こちらで事前に疑問を解消し、安心して海外旅行を楽しみましょう。

Q1:渡航先によっておすすめのクレジットカードってあるの?

A:国際ブランドによっては渡航先で利用できるサービスがあります。

例えば、ハワイに行く場合は国際ブランドを「JCB」にしておくと無料でバスに乗れたり、お店で割引がきいたりします。

Q2:実際に保険を使う時はどんな手順で使えばいいの?

A:現地で立替をし、領収書や診断書を持ち帰り、帰国後に申請を行う。

盗難被害にあった場合は現地の警察へ連絡をしましょう。後日事故証明の書類が必要になるためです。また、帰国後1ヶ月以内には申請を行い、書類はコピーではなく、原本を提出する必要がありますので注意してください。

Q3:「キャッシュレス診療」で保険を使えるカードはあるの?

A:キャッシュレス診療が利用できるのは、ライフカード、エポスカード、JCBカード、セゾンカードなどです。

傷害や疾病の治療にかかった費用の補償は、一度自分で立て替えておいて、後から請求するタイプのものもあります。しかし、数百万円におよぶ可能性がある治療費を一時的にとはいえ立て替えるのは難しいというケースがほとんどでしょう。そういうときに便利なのが、キャッシュレス診療です。これが使える保険が付帯されていれば、窓口で立て替え払いをすることなく、最初から保険適用で治療を受けることができます。

Q4:大学生におすすめのクレジットカードはある?

A:学生専用ライフカードがおすすめです。

学生専用カードは、利用者を学生に限定することでさまざまな特典を用意してくれるというもの。中でも学生専用ライフカードは、海外でのショッピング利用で現金5%がキャッシュバックされるという大きなメリットを持っています。傷害治療補償・疾病治療補償も200万円ずつ付いており、しかも自動付帯なので「実は保険対象外だった」という心配もありません。

Q5:1枚で家族にも適用されるクレジットカードはある?

A:家族にも適用されるクレジットカードは、基本的にゴールドカードとなっています。

ゴールドカードは一般カードに比べて付帯サービスも海外旅行保険の内容も手厚くなっており、家族の補償まで1枚でカバーできるものもあります。一般カードの場合は、残念ながら本人のみの補償というケースがほとんどです。

まとめ

  • クレジットカードの海外旅行保険には、「利用付帯」と「自動付帯」の2種類がある
  • 補償内容や適用条件はそれぞれのカードによって異なるため、自分に合ったものを選ぼう
  • 傷害死亡・後遺障害以外は「重ねがけ」が可能なので、複数枚を利用するのがおすすめ

※価格はすべて税抜です。