ゴールドカードのメリット・デメリットとは? 年会費別おすすめカード紹介

更新

ゴールドカードのメリット

クレジットカードにはグレードがあります。年会費が無料もしくは1000~2000円程度のスタンダードカードも便利なものですが、ひとつ上のグレード、金色に輝く券面のゴールドカードを持ちたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ゴールドカードの高い年会費を支払うことを考慮に入れて、それでも得になるものかどうか、メリットとデメリットを詳しく見ていきます。年会費の高いゴールドカード、どうせ使うなら賢く選んでお得に使いましょう

【年会費別】ゴールドカードのメリット・デメリット

ゴールドカードは年会費が高いというイメージをお持ちの方も多いでしょう。実際、年会費1万円以上のカードが多いのも事実です。

しかし、一口にゴールドカードといってもさまざまな種類があり、最近では年会費が2000円程度の格安ゴールドカードも続々登場し、人気を集めています。
年会費が気になる人は、このクラスからゴールドカードライフを始めてみるのもいいでしょう。ゴールドカードを年会費別に3種類に分けて、それぞれの特徴を見ていきます。

年会費 2000円程度 5000円程度 1万円以上
空港ラウンジ利用
海外旅行傷害保険
家族特約
ゴールド割引特典

※〇…可、△…カードによる、✖…不可

【年会費2000円前後】年会費の元を取りやすい格安ゴールド

年会費2000円程度の格安ゴールドカードなら、サービス・特典によるリターンによってスタンダードカードより得になる可能性が高いです。年会費は安くても、高いサービスを誇るコストパフォーマンスに優れた格安ゴールドカードは数多くあります。

ただしゴールドカードの代表的なサービスのひとつ「空港ラウンジの利用」ができない格安ゴールドカードもあります。空港ラウンジの利用を目当てにゴールドを選びたい場合、この点には気を付けてください。

格安ゴールドの人気カードを1枚ご紹介します。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)
還元率 1.0%
年会費 1986円(税込)
発行スピード 最短8営業日
国際ブランド
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

株式会社オリエントコーポレーションが発行しているOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDは、年会費は1950円(税込)の格安ゴールドカードです。

国際ブランドにMastercardを選択すると、ホテル宿泊やレストランでの優待が受けられる「Mastercard TASTE OF PREMIUM」というプログラムが利用できます。また、このカードにはリロクラブ提供の「Orico Club Off」が付いており、ホテルレストランの10%以上オフ、レンタカーの最大55%オフをはじめ、豊富な優待が受けられます。こちらはJCBブランドでもサービスが受けられます。

オリコの本格ゴールドカード「The Gold」や「Orico Card THE WORLD」にも、Orico Club Offのサービスは付帯していません。Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDだけのサービスなのです。このカードでは空港ラウンジは使えないものの、それ以外では年会費1万円の「The Gold」や「Orico Card THE WORLD」をしのぐサービスが受けられます。

豊富な優待によって、年会費を超える特典を実感できるでしょう。もともとポイント還元率1.0%と優れたカードであることに加え、電子マネーのiDおよびQUICPay利用で0.5%の加算があるのもメリットです。

格安ゴールドカードは、銀行系カードにもあります。例えば、「MUFGカード ゴールド」は年会費1905円でありながら、空港ラウンジを使える優れものです。

【年会費5000円程度】あまり知られていない?実力派ゴールド

ゴールドカードは、年会費1万円台と2000円前後に大きく二極化していますが、その中間である、年会費5000円程度のゴールドカードも存在します。

世間の信用が高い銀行系の本格ゴールドカードと比べると、ステータスについて物足りなく思うことがあるかもしれませんが、空港ラウンジ利用や海外旅行傷害保険の内容など、サービス・特典面で負けていないカードもあります。

このクラスの代表の1枚が、年会費6000円の「セディナゴールドカード」です。

セディナゴールドカード

セディナゴールドカード

セディナゴールドカード
還元率 0.5%※1
年会費 6000円※2
発行スピード 記載なし
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. <わくわくポイント2倍デー>毎月1日と第1日曜日にマルエツ等のご利用でポイント2倍
  2. Webページからの入会で、本人会員・家族会員ともに年会費無料(応募不要)

年間200万円利用すると6000円相当のポイントプレゼントがあるので、実質年会費無料で利用できます。通常のポイント還元率は0.5%ですが、年間200万円使うとポイント還元率が1.6倍の0.8%まで上がります。

優待サービス「プレミアムクラブオフ」でホテル、レストラン、レンタカーなど、10~55%程度の割引優待が受けられます。使い勝手のいいゴールドカードです。

この年会費帯のゴールドカードでは、他に「エポスゴールドカード」や「ジャックスゴールドカード」が年会費5000円です。

【年会費1万円以上】ステータスを味わいたいなら本格ゴールド

最後に、本格ゴールドカードを見てみましょう。
このレベルのゴールドカードには、長年に渡って積み重ねた高い信用があります。スタンダードのクラスのカードと比べたとき、1万円台の年会費を取り返すのは少々難しいかもしれませんが、ゴールドカードのステータス性を重視して持ちたいものです。

本格ゴールドカードのメリットとしては、海外旅行傷害保険の内容が充実していることがあげられます。家族カードの持てない高校生以下の子供にも保険が適用される「家族特約」の付いたカードもあります。家族での海外旅行の際には非常に助かる特典です。

本格ゴールドカードの代表例として、「三井住友VISAゴールドカード」をご紹介します。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード
還元率 0.5%※1
年会費 1万円※2
発行スピード 最短翌営業日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
電子マネー
  • iD
  • WAON
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 【セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでのご利用】ポイント5倍
  2. ネット入会で初年度無料、1回以上の利用+マイ・ペイすリボ登録で年会費半額

申し込みに「満30歳以上」という年齢制限があります。ただし20代の人のためには年会費5000円の「三井住友VISAプライムゴールドカード」が用意されています。このカード持っていると30歳の誕生日以降最初の更新時に、自動で三井住友VISAゴールドカードに変更されます。

三井住友VISAゴールドカードのポイント還元率は低めなので、ポイント派には不満もあるでしょう。しかし、サービス全般はゴールドらしく充実しています。

三井住友VISAゴールドカードには、レストラン、居酒屋が20%オフになるVJ CHECK&CHECK CLUBやカード提示不要でスマートに会計ができるグルメポータルサイト「TableCheck Pay」などが付帯しています。

海外旅行傷害保険はもっとも大事な医療費の上限補償額が300万円(家族特約200万円)救援者費用が500万円(家族特約200万円)など、プラチナカード並みの充実ぶりです。

ゴールドカードの審査は厳しい?

ゴールドカードは、手に入れるのが大変だと思っている方もいるでしょう。しかし、プラチナやブラックカードなど上位グレードのカードが増えてきた昨今は、かつてのゴールドカードとは入手難易度が大きく異なります。

ゴールドカードの審査

実質的にスタンダードカードと審査の差はほとんどないと思っていいでしょう。
安定した収入があり、クレジットカードやローンの滞納もない人なら、年収を問わずゴールドカードの審査に通る可能性が高いです。

ゴールドカードの高い年会費を少しでも下げる方法

ゴールドカードは年会費が高い分、サービス・特典は豊富に用意されています。サービス重視、ステータス重視で持つ方も、高い年会費を少しでも下げられたらうれしいでしょう。以下にゴールドカードの年会費を下げる方法をいくつかご紹介します。

ゴールドのほうがポイントが優遇下位カードの還元率と比較すること
ゴールドカードの年会費を下げる方法 注意事項
初年度年会費無料特典を受ける Web経由での申込が必要
入会時キャンペーンでポイントバック 一定額のカード利用が必要
実質年会費無料特典を受ける カード利用実績が必要
携帯ユーザーへのポイントバック NTTドコモ「dカード GOLD」など

キャンペーンで初年度年会費無料になるカード

初年度年会費の無料になるゴールドカードは多数あります。Web申し込みに限って初年度年会費無料になるカードが多いですが、Web経由での申し込みは現在標準のものなので困ることはないはずです。

三井住友VISAカードやJCBカードなど、ステータス重視の銀行系カードにも初年度の年会費が無料になるカードがあります。また、特別にキャンペーンを行っていて、その期間中に入会することで年会費無料となるケースを含めるとかなりの数のカードが初年度年会費無料となります。

入会後の一定期間内にカードをある程度利用することで、多くのポイントを獲得できるカードも多く存在します。ある程度まとまった額の買い物があるときとキャンペーン期間が重なる時期を狙って入会するといいでしょう。

一例ですが、dカード GOLDは入会ポイントを常時多く付けてくれるカードのひとつです。2019年10月現在では、入会&利用特典として最大1万1000円分がもらえます。これはdポイントではなく、電子マネーiDのキャッシュバックとしてもらえるのでより使いやすくなっています。

実質年会費無料のゴールドカードもある

スタンダードのカードでは、最初から年会費無料のもの以外に「実質年会費無料」カードが増えてきました。カードの利用実績が一度でもあれば、翌年の年会費が無料になるカードです。

さすがにゴールドカードの場合は、一度や二度の利用実績ぐらいで年会費無料になることはありません。ですが、多額のカード利用をすれば年会費の発生しないものはあります

住信SBIネット銀行系の「ミライノ カード GOLD」がその代表例で、年間100万円以上カード利用すると、翌年の年会費3000円が無料となります。

公共料金全ての引き落しをカードにすることで、年間のカード利用を100万円にすることのできる人もいるでしょう。また、ミライノ カード GOLDでは空港ラウンジも使えます。
海外旅行傷害保険の医療費も本人500万円、家族特約250万円とこれ1枚で安心できる内容です。

先にご紹介した「セディナゴールドカード」も、年200万円使えばポイント還元で実質年会費無料になります。
エポスゴールドカードは年会費実質無料のハードルが大変低く、年間50万円以上のカード利用で、年会費永年無料となります。翌年だけでなく永年であるのは特筆すべきものです

年会費を大きく取り返せるゴールドカードもある

NTTドコモのdカード GOLDは、珍しい仕組みで年会費が取り返せるゴールドカードです。

dカード GOLDでは共通ポイントのdポイントが貯まりますが、さらにドコモユーザーに限り、通信料・ドコモ光料金の10%がポイントバックされます。人によっては1万円の年会費を、ポイントで取り返すことができます。

dカード GOLDは、ポイント還元率1.0%と高いので、普段使いにもいいカードです。ただし、携帯本体分割代金などはポイントバックの対象にならない点と、ゴールドらしい優待特典は少ないのでご注意ください。

他にも「au WALLETゴールドカード」などもauユーザー限定のポイントバックがあります。

ポイントが多く付くならゴールドでも得!

年会費無料の一般カードから、ゴールドなど上級クレジットカードに切り替えると、ポイントが大きく貯まると思う方も多いかもしれません。ただ実際は、ポイントプログラムについては、ゴールドカードだからといって大きく優遇されているわけでもありません。ポイント還元だけで年会費が高くなる分を取り返せるかというと、難しいかもしれません。

ですが、中にはスタンダードカードとの年会費差を考慮しても得になる、ポイントプログラムを持っているカードもあるのです。マイルを貯める航空系はこの傾向が大きいですが、それ以外にもこのタイプのカードがあります。

ポイントで得をする代表として、「ジャックスゴールドカード」をご紹介します。

ジャックスゴールドカード

ジャックスカードゴールド

ジャックスカードゴールド
還元率 0.5%
年会費 5000円※1
発行スピード
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 初年度無料

年会費は5000円の信販系ゴールドカードです。ジャックスゴールドカードには、2種類のポイント優遇があります。

  • 年間利用額合計による翌年度のポイント還元率アップ
  • 年間利用額合計による、利用料金充当特典の付与

入会当初のポイント還元率は0.5%からスタートで、これはスタンダードのジャックスカードと同じです。

年間利用額は1月から12月までで計測され、この期間内に200万円カードを使うことで年会費分の負担がなくなるのです。

ポイントアップ特典はスタンダードのジャックスカードにもありますが、ゴールドカードならではの優待が、カード支払額に充当できる特典「Jデポ」です。年間200万円使えば、Jデポを5000円分もらえます。そうすると2年目からは、年会費実質0円、還元率0.95%のカードとして使うことができ、スタンダードのジャックスカードよりも得になります。

ゴールドカードのポイント還元率

クレジットカードの還元率は、カードによってかなり異なります。
還元率が1.0%以上など、ポイント還元率が高いゴールドカードもありますが、ゴールドだからといってスタンダードのカードよりポイント還元率が高いとは限りません。それでも探すと「ジャックスカードゴールド」のように、年会費を考慮しても還元率の優秀なカードもあります。

ゴールドカードのポイント還元率は高いとは限らない

ゴールドカードのポイント還元率を調べる際は、その下位カードのポイント還元率も知っておいたほうがいいでしょう。

スタンダードカードのポイント還元率がすでに高く、しかも年会費無料の場合、ゴールドカードが単純に得とならない場合はよくあります。

ゴールドのプログラムのほうが、年会費を考慮してもなおスタンダードのカードより優れているという場合に初めて、「還元率の高いゴールド」だと言えるわけです。次に具体的な例として、マイル獲得のためのゴールドカードを見てみます。

航空系なら還元率が高いカードもある

マイル獲得のためのクレジットカードは、グレードが高いカードは年会費も高くなりますが、マイル獲得率が変わってきます。また、マイルは大きく貯めることで通常価格の高いビジネスクラス、ファーストクラスへのグレードアップも可能になります。つまり大きく貯めることでそれだけマイルの価値も上昇するので、年会費を多く支払ってもメリットが残ります。

この代表が、JALカードのゴールドカードである、「JAL CLUB-Aゴールドカード」です。
国際ブランドがアメックスを含めた4種類から選べますが、VISA、Mastercard、JCBの場合は年会費は1万6000円です。

JALカード CLUB-Aゴールドカード

CLUB-Aゴールドカード
還元率 1.0%
年会費 1万6000円※1
発行スピード 各提携カードによって異なる
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
電子マネー
  • Suica
  • WAON
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. JALカードSuica、JAL アメリカン・エキスプレス・カードは1万9000円、JALダイナースカードは2万8000円

一般のゴールドカードより高い年会費ですが、その分マイルがよく貯まります。一般の買い物で100円につき1マイルが貯まります。
1マイルが最終的にいくらの価値を持つかは、使い方によってさまざまですが、「1マイル=3円」で計算してみます。

この場合、100円のカード利用につき3円分のマイルが貯まります。
仮に年間60万円カードで買い物をするなら、1万8000円分貯まるので年会費の元が取れます。

ゴールドのほうが得だといえるために、スタンダードカードとも比較してみます。
スタンダードカードの場合、マイル付与率をゴールドと同じ条件にするためには、ショッピングプレミアム年会費3000円に加入する必要があります。スタンダードの年会費は2000円ですが、実質は5000円となります

上記の場合、ゴールドとスタンダートの年会費の差は1万1000円です。
まだ差がありますが、ゴールドの場合、搭乗で次のボーナスマイルももらえます。カッコ内はスタンダードカードのものです。

  • 入会搭乗マイル:5000(1000)
  • 毎年初回搭乗マイル:2000(1000)
  • フライトマイル:25%プラス(10%プラス)

マイルは大きく貯めることで最終的に1マイル10円以上にもなりますので、その場合はもっと簡単に年会費の差を取り戻せるでしょう。

ゴールドカードの年会費は取り返せる?

ゴールドカードの年会費をペイできるか考えている男性

すでに見てきましたように、「ゴールドカードは年会費を考慮したときスタンダードカードよりポイントが得」とは限りません。

それなら、ゴールドを持とうというときは、最初からポイントに期待し過ぎず、サービス内容を重視したほうがいいのではないでしょうか。
ゴールドカードには、空港ラウンジサービスや海外旅行傷害保険以外にも、おおむね次のような付加価値があります。

  • 空港宅配サービス割引
  • ゴールドサポートデスク
  • 国際線クローク(手荷物一時預かり)優待
  • 海外Wi-Fiレンタル優待
  • 海外レンタカー割引
  • 海外レストラン予約
  • 旅行商品、ホテル割引
  • 国内旅行傷害保険
  • 航空機遅延保険
  • グルメ優待
  • ゴールド会員情報誌

これらのサービスは、必ずしも金銭に換算しやすいものではありません。
ゴールドカードで割引になるとはいえ、有料だったらそもそも使わない人も多いという性質のものでもあります。

ですが、こうした部分にこそ、ゴールドカードの価値を感じる人も数多くいるわけです。
空港まで荷物を運んでもらうという快適さ自体に価値を見出す方のほうが、ゴールドの高い年会費に満足しやすいでしょう。

このような、カードの付加価値を求めるユーザーは、さらにグレードの高いプラチナカードを持って、完全に荷物を無料で運んでもらうことに期待するようになるかもしれません。ゴールドでは飲食の数十パーセントの割引であったものが、プラチナだと1名無料になることも多いです。

ゴールドカードの上のクラスはどうなっている?

ゴールドカードを持ってそのサービスに満足したら、さらに上のプラチナカードを目指すのもいいでしょう。ゴールドカードで利用実績を積んでいると、同じカードのプラチナへインビテーション(招待状)が届くこともあります。

プラチナカードは、コンシェルジュサービスが充実していて、カードホルダーのさまざまな要望に応えてくれます。 プラチナカードの年会費はさらに高くなりますが、中には年会費2万円台の格安プラチナカードもあります。 プラチナの上は、通称ブラックカードです。こちらは招待してもらう以外に入手方法がありません。

まとめ

高い年会費が取り返せるかどうかに重点を置き、ゴールドカードの特徴を見てきました。
もちろん、ポイント重視の方針でもいいでしょう。年会費を考慮しても、なお高いリターンを得られるカードもあります

ですがゴールドカードを持つというのなら、全般的にはゴールドらしいサービスを追求していきたいものです。ライフスタイルのほうを、むしろゴールドにふさわしいものに替えていくことで、結果的に年会費の元が取れることも多いのではないでしょうか。