クレジットカードの審査に落ちる理由はこの内のどれか!審査落ちを防ぐ3つのポイント

更新

クレジットカードの審査に落ちる落とし穴

「クレジットカードの審査に落ちる理由がわからない」
「どうしたら一発で審査に通るの?」

クレジットカードの審査に落ちても、カード会社はその理由を教えてくれません。しかし、落ちるからには理由があります。
この記事では、審査に落ちる代表的な理由と、審査に通るための対策をお届けします。

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

クレジットカードの審査に落ちる3つの理由

まずは、審査の大枠を見ていきましょう。

クレジットカードの審査に落ちる理由は、大きく分けると3つしかありません。

  1. 申し込みが不自然な場合
  2. 多重債務等の疑いがある場合
  3. クレジットカードとあなたの相性が悪い場合

ほとんどの場合、上記1や2にあてはまらない限り、何らかのカードの審査に通るケースがほとんどと言われています(18歳未満の方や無収入の方をのぞく)。

早速、それぞれの理由を見ていきましょう。

審査に落ちる理由1.申し込みが不自然な場合

申し込みが不自然な場合とは、次のようなことを指します。

  • 申込書の内容が虚偽申告と疑われるケース
  • 不自然にカードを何枚も申し込んでいるケース

カード会社が不自然なカード申し込みに神経をとがらせているのには理由があります。

以前、反社会的勢力が主導して闇金の被害者等に虚偽名義などのカードを作らせ、資金源にしているという事件がありました。それ以外にも、不正なカード作成や使用による被害が発生しており、カード会社は虚偽申告には厳しく対応しているのです。

また、不自然に複数のカードを申し込むと、申込者が資金繰りに困っている可能性が疑われます。「多くのお金を借りるために、慌ててカードを作ろうとしているのでは」と思われてしまうのです。

逆に、海外旅行に行くなど理由がはっきりしている申し込みであれば大丈夫です。

カード会社は、利用者に対する信用だけでお金を立て替えたり、貸したりしています。そのため、不正確な情報はカード業界にとってたいへん大きな問題とも言えるのです。

審査に落ちる理由2.多重債務等の疑いがある場合

「多重債務等の疑いがある場合」とは、すでに他社から多くの借り入れがあり、今後返済が難しくなる可能性があると思われる場合です。

カード会社には貸金業法や割賦販売法などによって、多重債務防止の努力をすることが定められています。もちろん、カード会社自身も貸し倒れは困るので、多重債務等の疑いがある人にはカード発行を避けます。

審査に落ちる理由3.クレジットカードとあなたの相性が悪い場合

「カードとあなたの相性が悪い場合」とは、カードのポリシーとあなたの状況がマッチしない場合を指します。

たとえばクレジットカードのなかには、パートやアルバイトの申し込みを歓迎するカードと歓迎しないカードがあります。つまり、カード会社によって望む顧客層は違うのです。

もし、審査に落ちる心当たりがないのにカードの審査に落ちたとしたら、カードの基準とあなたの現在の状況がマッチしていない可能性が高いでしょう。

クレジットカード会社が必ずチェックする信用情報とは

クレジットカード会社は、具体的にどのようにして審査を行なっているのでしょうか。ここでは、カード会社の審査事情を紐解いていきます。

信用情報とは何なのか

クレジットカード会社は、次の3つの情報をもとに審査を行ないます。

  • 申込書に書かれた情報
  • 内部信用情報
  • 外部信用情報

内部信用情報とは、そのカード会社でのお客様の利用状況や利用履歴(カードの利用実績と支払い実績)を指します。

外部信用情報は単に「信用情報」とも言われ、カード会社が共通して利用する情報です。信用情報機関で管理されています。申込情報、成約情報(カード発行)、残高情報、延滞情報などカードの取引にまつわる主な情報は、信用情報として登録されています。

カードを作るときは、必ずカード会社は信用情報を参照します
なぜなら法律により義務づけられているからです(割賦販売法・貸金業法)。そのため、申込者は信用情報を見られることに同意しなければカードを作れません。

信用情報はどのような場面で活用されているのか

では、なぜ信用情報の参照が義務付けられているのでしょう。

信用情報の目的は、多重債務の防止です。前提として、法律(割賦販売法・貸金業法)の総量規制によって、すべてのカードの利用額の総額が制限されています。そのため、カード会社は、申込者の他社も含めた利用総額を調査しなければならないのです。

過去に何回も多重債務が社会問題となりました。その度に法律が改正され、信用情報機関も整備され、最新の改正で総量規制が導入されました。

また、審査では利用額のほか、次のようなポイントをチェックし、多重債務の防止を図っています。

  • 申込書の情報は正確か
  • 支払い遅れや貸し倒れの情報はないか
  • カードリボ払いやキャッシングなど、多数のカードやローンを利用していないか
  • 直近で不自然な複数のカードやローンの申し込みはないか

多重債務の防止は、カード会社の貸し倒れにも関わります。カード会社が信用情報を参照するのは、お客様のためでもあり、カード会社のためでもあるのです。

信用情報はどうやって確認できるのか

「自分の情報はどうなっているの?」
ご自身の信用情報が気になる方も多いでしょう。自ら信用情報を確認することはできるのでしょうか。

大丈夫です。信用情報機関に開示請求すれば、自分の情報を確認することができます。

また、確認した結果誤った情報があれば、訂正もできます。ただし、あたり前ですがいくら本人が要求しても、正しい情報を削除したり、都合のいいように変えたりすることはできません。

自分の信用情報を確認しよう!情報の取り寄せ方

ここからは、具体的にどのすれば自分の信用情報を見ることができるのかまとめました。

信用情報は、次のような流れで取り寄せます。

1.どの信用情報に登録されているか確認する

前提として、信用情報機関というのは複数存在します。そのため、ご自身の情報が登録されている情報機関に開示請求する必要があります。

信用情報機関は、大まかに次のように分類されています。

信用情報機関
全銀協 銀行ローンや銀行系クレジットカード
CIC 信販系クレジットカードや個別クレジットやローン
JICC 消費者金融系のクレジットカードやローン

「自分の持っているカードが何系かなんて知らない」という方も多いでしょう。そのような方は、現在お持ちのクレジットカードの申込書、またはカード会社のWebサイトにカード会社が登録している信用情報機関が必ず記載されています。

万一カードの審査に通らなかったときも、カード会社の担当部署に連絡すればどの信用情報を参照したのか教えてくれます。

2.信用情報機関に開示請求する

開示請求する信用情報機関がわかったら、各社のWebサイトに記載された開示請求方法に従って開示請求します。

以下に各社の特徴をまとめてみました。

全銀協

  • 郵送のみ。
  • Webサイトから開示請求申込書をダウンロードし、1000円分のゆうちょ銀行定額小為替と本人確認書類を添えて郵送する。

CIC

  • スマホでの開示請求可。
  • 受付番号を発行するため、カード会社に申し込みした電話番号のスマホから手続きする必要がある。

JICC

  • スマホでの開示請求可。
  • 本人確認書類はスマホで送信する。

※詳しい内容は各社のWebサイトをご覧ください。

ちなみに、もしクレジットカードの審査に通らなかったとしても、必ずしも信用情報が原因だとは限りません。
カード会社は

  • 申込書に書かれた情報
  • 内部信用情報
  • 外部信用情報

の3つを参照して判断しているので、外部信用情報以外のふたつの情報が原因で審査に通らなかったり、各情報の組み合わせで審査に落ちている可能性もあります。

カード会社に「信用情報機関の登録内容が審査に影響したかどうか」を確認してから開示請求するとよいでしょう。

クレジットカード審査の流れ、信用情報機関について詳しく知りたい方はこちら

クレジットカードの審査落ちを防ぐ3つのポイント

それでは、最後にクレジットカードの審査に落ちないためのポイントをまとめます。
審査落ちを防ぐために大事なポイントは、次の3つです。

  1. クレジットカードの申込書は正直に記入する
  2. 多重債務等の疑いがある場合は申し込みを控える
  3. 相性がよさそうなカードに申し込む

1.クレジットカードの申込書は正直に記入する

申し込み内容が不自然にならないようにするには、申込書を正直に書くことが大切です。

利用額の総量規制のことを考えると、つい年収を多めに書きたくなったり、借入額を少なく書きたくなったりするかもしれません。

しかし、なるべく正確に書くように心がけましょう。なぜなら、過去の申し込みや利用実績はすべて信用情報機関に登録されている以上、年収や借入額などの情報も信用情報機関に登録されているからです。カードの申し込み内容の間違いは、審査の過程ですぐにわかってしまいます。

また、本人確認書類や年収証明を出すこともあり、ウソやごまかしはバレてしまいます。すると不自然な申し込みと判断され、審査落ちの原因となります。

ちなみに、意外にも年収は比較的審査に影響しにくいポイントです。
年収はカード限度額への影響はありますが、年収が低くても申し込めるカードはあります。これからお伝えする3つ目のポイントも踏まえて、あなたに合うカードに申し込みましょう。

2.多重債務等の疑いがある場合は申し込みを控える

もし今あなたが、リボ払いやキャッシングなどで多重債務に陥っているのであれば、新たなカードを申し込んで利用枠を増やそうとしないほうがよいでしょう。さらに借入が増えて、状況が悪化するだけです。

消費生活センターなどの信頼できる機関に相談し、収支そのものや、生活の習慣などを見直していくほうが今後のよりよい生活につながります。

3.相性がよさそうなカードに申し込む

カード会社が掲げるポリシーと合わないカードは避けて、自分に合いそうなカードに申し込みましょう。

じっくりカードのパンフレットやWebサイトを見ると、カードの特長や注意点が書いてあるはずです。

たとえばサービス内容が海外にまつわるサービスばかりであれば、海外によく行く人に申し込んでほしいカードなのだな、とわかります。「主婦の方申し込みOK」と書いてあれば、安心して主婦の方も申し込みできます。Q&Aに「パート・アルバイトでも申し込みできますか」「大丈夫です」という項目があれば、パート・アルバイトでも大丈夫です。

無職を除き、多重債務でなければ申し込めるカードはだいてい存在します。

ぜひ自分にあったカードを探してみてくださいね。

クレジットカード審査落ちを防ぐポイントをさらに詳しく知りたい方はこちら

まとめ

  • クレジットカードの審査に落ちる理由は、「申し込みが不自然な場合」「多重債務等の疑いがある場合」「カードとあなたの相性が悪い場合」のいずれかである
  • 審査に落ちないためには、自分と相性のよさそうなカードを選び、申込書を正直に記入すればOK