注意!審査なしのクレジットカードは法的にアウトって本当?

年収や貯金に自信がなかったり、過去に支払い遅れや未入金があったりすると、クレジットカードの審査に通るか不安になりますよね。

この記事をご覧の方は、「審査が不安!審査なしのクレジットカードなんてないのかな?」と探している方ばかりのはず。

実際、そのような都合のいいカードは存在するのでしょうか?

【注意】審査なしと書かれているクレジットカードは絶対にNG

審査なしのクレジットカードは、存在するのか、しないのか。

答えはもちろん、「存在しない」です。

では、なぜ審査なしのクレジットカードは存在しないのでしょうか。理由をみていきましょう。

審査なしのクレジットカードが存在しない理由 その1

まず、審査なしのクレジットカードは法的にあり得ないからです。

クレジットカードを発行するには、割賦販売法及び貸金業法によって登録されている会社である必要があります。

割賦販売法、貸金業法には総量規制など審査に関する決まりが盛り込まれています。つまり、審査なしでカードを発行することは違法行為になってしまうのです。

審査なしのクレジットカードが存在しない理由 その2

審査なしのクレジットカードが存在しないふたつ目の理由は、審査なしのクレジットカードは、論理的にビジネスとしてあり得ないからです。

クレジットカードには、ショッピング機能とキャッシング機能があります。

  • ショッピング
    カード利用者の買い物代金をカード会社が立て替えること。
  • キャッシング
    カード会社がカード利用者にお金を貸すこと。

どちらも無担保・無保証です。もし、カードの利用者が代金を支払わなかった場合、その代金を返してもらう保証がないのです。

ショッピングについて、もう少し説明します。

お店でクレジットカードを使って買い物をすると、決められた支払い期日までにカード会社がお店に買い物代金を支払います。この時、お店側が負担する手数料を差し引いて支払います。

その後、カード決済日(一括払いなら買い物後1~2ヵ月程度後)に利用者の銀行口座から振替えなどでカード会社が代金を受け取ります。カード会社が代金を立て替えているので、もし利用者がカード会社にお金を支払わなくても、お店側は代金を受け取ることができます。

もし仮に、審査のないクレジットカードがあったらどうなるでしょうか。
審査がないと、本来であれば審査に落ちるような、支払う意思がない人もカードを持つことができます。すると、支払う意思のない人がカードを使うだけ使って代金を支払わない、といったことが起きてしまいます。

カード会社はあっと言う間に未回収のお金が増え、たちまち倒産してしまいます。これではカードを発行し続けることができません。

そのため、審査のないクレジットカードはビジネスとしても成り立たず、あり得ないのです。当然、審査なしOKなどというクレジットカードも存在しません。

もし、「審査なしのクレジットカード」とうたった宣伝やWebサイトを見ても、関わらないようにしましょう。そのようなWebサイトからカードを申し込めることはありません。

大抵は興味を引くためのもので、実際は別の話をされることもあります。お金に困っている人を騙して、犯罪に巻き込もうとするなどのトラブルに発展する可能性もあるため、十分に注意しましょう。


デビットカードは審査なしで作れる

「審査なしのカードが存在しないのなら、私は一生カードを作れないかも…」

そんな方には、審査なしでありながらも、クレジットカードとほぼ同じ使い勝手のデビットカードの利用をおすすめします。

一体どんなカードなのか、みていきましょう。

審査なしのデビットカードとは?クレジットカードとどう違う?

デビットカードとは、次のようなカードです。

デビットカードとは
クレジットカードと同じようにキャッシュレスで買い物ができたり、ネット決済ができるカード。
クレジットカードはカード会社が発行するのに対し、デビットカードは銀行が発行している。最大の特長とも言えるのが、デビットカードには審査がないということ。

なぜ、デビットカードは審査がないのでしょうか。カードの特長とともにみていきましょう。

クレジットカードは買い物代金をカード会社が立て替えるのに対し、銀行が発行しているデビットカードは、買い物代金を即座に口座から振替えます。そのため、クレジットカードがその時口座にお金がなくても買い物ができるのに対し、デビットカードは口座にお金が入っていないと買い物できません。また、デビットカードは高速道路料金など、デビットカードに対応していない一部の加盟店では利用できません。

つまり、デビットカードの利用者はすぐに代金を支払うため、誰も立て替える必要がなく、支払い遅れのリスクもないので審査が必要ないのです。

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカード デビットカード
審査あり 審査なし
後払い 即時払い
満18歳以上であれば申し込める 満15歳以上であれば申し込める
分割払い可 分割払い不可
キャッシング可 キャッシング不可

また、クレジットカードが18歳以上でないと申し込めないのに対して、デビットカードは15歳、または16歳から申し込めます。

デビットカードの作り方

デビットカードは振替口座が選べません。

そのため、自分の使っている銀行口座のデビットカードを作るか、デビットカードのために銀行口座を作り、その口座に買い物代金を入金しておく必要があります。

デビットカードは銀行のWebサイトで申し込めます。銀行によっては銀行窓口や、ATMに置いてある申込書の郵送からも申し込めます。申込み方法は銀行により違いますが、口座を開設すれば比較的簡単に手続きできます。

デビットカードもポイントが貯まりますが、相場はクレジットカードが0.5%に対し、デビットカードは0.2%です。ただ、デビットカードでも0.5%を上回るポイントのカードもあります。

「使いすぎる心配がない」

「思った以上に便利」

という声も聞かれるデビットカード。クレジットカードの申し込みをためらっている方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


まとめ

  • 法律などの理由から、審査がないクレジットカードは存在しない
  • 審査に不安がある方は、審査なしで使い勝手もよい「デビットカード」の利用がおすすめ

関連記事

クレジットカードの審査に落ちる理由はこの内のどれか!審査落ちを…

「クレジットカードの審査に落ちる理由がわからない」「どうしたら一発で…

審査が厳しいクレジットカードランキングは存在しないって本当?

「クレジットカードの審査は厳しいってホント?」「できれば審査が厳しい…

審査甘い&即日発行のクレジットカードはどれ?スピード発行のカラクリ

「今すぐクレジットカードが欲しい!」「即日発行できるような、審査が甘…

クレジットカードの審査落ちを防ぐ!必ず見られる3つのポイントと対策

「クレジットカードを作りたいけど、審査に通るか心配」「審査では、何を…

真実!審査に通りやすいクレジットカードのランキングなど存在しない

「クレジットカードの審査に通るか不安だな…」「審査に通りやすいクレジッ…