クレジットカードの審査落ちを防ぐ!必ず見られる3つのポイントと対策

shinsa_top

「クレジットカードを作りたいけど、審査に通るか心配」
「審査では、何をチェックされるんだろう…」

クレジットカードを作る上で避けて通れないのが審査。
審査でチェックされるのは以下の3点です。

  1. 申込みに虚偽はないか
  2. 多重債務の疑いがないか
  3. 求める顧客像とあなたがマッチしているか

この記事では、クレジットカードの審査の流れやポイント、対策に関する情報をお届けします。

クレジットカードの審査とは?概要と流れ

クレジットカードを申し込むと、カード会社は入会審査を行います。

こうした審査を実施する理由は、カード会社が加入者の利用状況を把握せずにカードを発行してしまうと、利用者が多重債務に陥る危険性があるからです。

そのため、割賦販売法・貸金業法などの法律において、信用情報をチェックするなど、加入者のカード利用状況を把握することが義務づけられています

こうしたチェックは多重債務の防止につながり、カード会社の貸し倒れ(貸したお金を回収できない)防止にもつながるので、カード会社にとってもメリットです。

クレジットカードの審査は、以下のような流れで進みます。

クレジットカードの審査の流れ

  1. 社内情報審査
  2. 「個人信用情報機関」に信用情報を照会

1.社内情報審査

クレジットカードの申込時に記載した氏名、住所、勤務先、年収などの情報をそれぞれ得点化して、スコアをつけます。

雇用形態
雇用形態は、公務員や正社員など安定しているほど、スコアが高いです。

会社員の場合は、上場企業や大手企業のほうがより信頼されます。逆に、経営者や自営業、契約社員、パート・アルバイトの方は収入が不安定なので、スコアは低いです。
勤続年数
勤続年数は長いほどスコアが高いです。
年収
年収は金額よりも収入が安定しているかが重要視されます。

同じ年収で大手企業の正社員とフリーランスがいた場合、大手企業の正社員のほうが安定していると見なされます。
居住形態や居住年数
居住形態は賃貸より持ち家の信頼度が高く、居住年数は長いほどスコアが高いです。

持ち家や居住年数が長いと、夜逃げのリスクが少ないと考えられるからです。

こうした申込時の情報のほか、すでに同じカード会社のクレジットカードを利用している場合は、利用や支払いの実績などもチェックされます。


2.「個人信用情報機関」に信用情報を照会

社内審査の次は、外部審査が行われます。

外部審査とは、個人の信用情報の収集と管理を行う機関である「個人信用情報機関」に情報を照会すること

個人信用情報機関が管理している信用情報は、以下の通りです。

  • カードの申込や発行に関する情報
  • クレジットカード
  • リボ払いやキャッシングの借入残高、返済情報
  • 延滞情報や債務整理などの事故情報

上記のうち、事故情報があると、クレジットカードを新規で作成することは難しいです。

信用情報は、クレジットカードの審査に大きな影響があるので、「自分の信用情報が気になるので確かめたい」という方がいるかもしれません。

実は、信用情報機関に開示請求をすれば、信用情報を確認することができます。


信用情報って何?自分の信用情報を調べてみよう

信用情報の開示請求をする手順は、以下の通りです。

1.開示請求する信用情報機関を確認する

信用情報機関には3つの組織があり、クレジットカードの種類によって、参照される信用情報機関が異なります

  • 全国銀行個人信用情報センター
    銀行系のクレジットカードやローン
  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
    信販系クレジットカードや個別クレジットやローン
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
    消費者金融系のクレジットカードやローン

あなたが審査に落ちたカード会社や、申し込みを考えているカード会社が利用している信用情報機関を知りたい場合は、会員規約を確認してみましょう。

どの信用情報機関の情報を照会しているか、会員規約内に記載があります。

たとえば、楽天カードは、株式会社シー・アイ・シー(CIC)と株式会社日本信用情報機構(JICC)を利用しています。


2.信用情報機関に開示請求をする

開示請求をしたい信用情報機関がわかったら、各社の開示請求方法をチェックしましょう。

全国銀行個人信用情報センター

開示請求申込書、手数料1,000円分のゆうちょ銀行定額小為替、本人確認書類を添えて、郵送で開示請求を行います。

書類到着後、1週間~10日ほどで本人が希望する郵送方法(本人限定受取郵便・簡易書留のいずれか)で送られます。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

シー・アイ・シー(CIC)はインターネットでも開示請求ができます。

手順は、クレジット契約で利用した電話番号から電話をかけて受付番号を取得した上で、インターネットで必要情報を入力します。その後、自分の信用情報をダウンロード可能です。

利用手数料は1,000円で、決済方法はクレジットカードです。

※インターネット開示のほか、郵送や窓口での開示請求も可能です。郵送の場合の支払いは1,000円分のゆうちょ銀行定額小為替、窓口の場合は現金500円を支払います。

株式会社日本信用情報機構(JICC)

スマートフォンによる開示申込手続は、スマートフォン開示受付サービスページ内のQRコードやリンクからアプリをダウンロードします。

申込内容を入力し、本人確認書類の撮影と送信を行ったら手続き完了です。開示結果は郵送(簡易書留・転送不要)で届きます。

利用手数料は1,000円で、クレジットカード決済・コンビニ支払い、金融機関のATMやオンラインバンキングでの支払いが選べます。

※上記のスマートフォンによる開示手続きのほか、郵送や窓口での開示請求も可能です。郵送の場合の支払いは1,000円分のゆうちょ銀行定額小為替、窓口の場合は現金500円を支払います。

もし、信用情報を確認した結果、誤った情報があった場合は訂正を依頼することができます。


クレジットカードの審査でチェックされること3つと対策

クレジットカードの審査でチェックされるポイントは、以下の3つです。

それぞれの内容と対策についてお伝えします。

審査でチェックされるポイント

  1. 申込みに不審な点はないか
  2. 多重債務の疑いがないか
  3. 求める顧客像とあなたがマッチしているか

1.申込みに虚偽はないか

不正なカード作成や使用による被害は日々発生しているため、カード会社は個人情報の虚偽申告がないか厳しくチェックしています。

申込み内容を記入する際は、以下の点に注意しましょう。

  • 記載内容は正しい情報を書く

審査に通りやすくなるのではと思い、年収を多く書いたり、借入額を少なく書いたりする人もいるかもしれませんが、必ず正しい情報を記載しましょう。

年収はカードの限度額には影響しますが、カード発行自体には比較的影響しにくいからです。それに、年収証明を出す場合は、すぐに虚偽がわかってしまいます。

また、借入情報は信用情報機関に登録されているので、審査で虚偽がわかります。

こうした虚偽が原因で審査に落ちることもあるので、必ず正しい情報を記載しましょう。

2.多重債務の疑いはないか

カード会社にとって、最大のリスクは貸し倒れ(貸したお金が回収できず、損失となること)です。

そのため、多重債務の疑いがある個人へのカード発行は見送られます。多重債務があると、個人が債務整理などを行い、貸していたお金を回収できなくなる可能性があるからです。

カード会社は、申込者が多重債務を抱えていないかを調査するため、以下のポイントを確認しています。

  1. 包括支払可能見込額
  2. カードの申込履歴
  3. カードの利用実績

詳しく見ていきましょう。

1.包括支払可能見込額

クレジットカードの新規申込があった際、カード会社は、申込者の「包括支払可能見込額」を調査することが義務づけられています。(※2010年「改正割賦販売法」による)

包括支払可能見込額は、以下の式を使って計算します。

支払可能見込額(年収などー生活維持費ークレジット債務)×0.9

計算式にある項目は以下の通りです。

・年収
自己申告に基づいた年収です。

・生活維持費
生活維持費は家庭によって差がありますが、この計算式では居住形態と世帯人数に応じて、一定の金額を適用します。

居住形態 世帯人数
4人以上 3人 2人 1人
持ち家で住宅ローン無/持ち家なしで家賃負担なし 200万円 169万円 136万円 90万円
持ち家で住宅ローンあり/持ち家なしで家賃負担あり 240万円 209万円 177万円 116万円

・クレジット債務
クレジット会社に返済する1年間の支払予定額を指します。

翌月1回払い以外の、支払期間が2ヶ月を超えるショッピングの支払いすべて(リボ払い、ボーナス払い、3回以上の分割払い)が対象です。

【例 Aさんの場合】

  • 年収400万円
  • 賃貸マンションで2人暮らし
  • クレジット債務が30万円

Aさんの支払可能見込み額は
(400万円-177万円-30万円)×0.9=173.7万円です。

もし、申込時点で、Aさんが保有しているカードの限度額が包括支払可能見込額の173.7万円を超えている場合は、新しくカードを作れません。

限度額が173.7万円未満の場合は、包括支払可能見込額の範囲内でクレジットカードの利用限度額が決定します。

2.カードの申込履歴

複数のカードを同時に申し込むと、資金繰りに困っていると疑われる可能性があるので、申し込みは1件に絞りましょう。

また、クレジットカードの申込履歴は信用情報機関に6ヶ月記録されるので、次の申し込みは前回の申し込みから6ヶ月以降にしましょう。

なぜなら、他のカード会社の審査に落ちていることを知ったカード会社が「他社が審査に通さなかった人だからやめておこう」と判断する可能性があるからです。

3.カードの利用実績

「スーパーホワイト」といわれる、一度もクレジットカードやローンの使用実績がない人は、審査で落ちてしまう可能性があります

なぜなら、スーパーホワイトの方の信用情報は、多重債務によって自己破産などの債務整理を過去に行った方と見分けがつかないからです。

というのも、債務整理を行うと5年~10年はクレジットカードを使用できません。そして、5年~10年は事故情報が記録されていますが、その期間を過ぎると事故情報は削除されます。

すると、過去に債務整理をした人の信用情報は、事故情報もクレジットカードの使用実績もなくなります。

このように、スーパーホワイトは過去に債務整理をした人かもしれないと思われ、審査に落とされる可能性があるのです

20代のスーパーホワイトはカードを作ったことがなくても不思議はないので、審査に影響しにくいですが、30代以降の方は審査に影響する可能性が高いです。

もし、あなたが30代以上のスーパーホワイトの場合は、先ほどお話ししたような主婦・パート・アルバイトの方を対象にしているカードに申し込み、カードを利用・返済して実績を重ねていきましょう。

3.カード会社が求めるユーザーとあなたがマッチしているか

クレジットカードには、それぞれ対象とするユーザー像があります。

たとえば、スーパーのカードなら主婦、ゴールドカードなら高所得のビジネスパーソンといった感じです。

こうしたカード会社が想定しているユーザーとマッチしていないことが理由で、カードの審査に落ちることもあります。

想定しているユーザーを知るためには、カード会社のWebページをチェックしてみましょう。

たとえば、よくある質問に「主婦・パート・アルバイトの場合でも、カードを申し込むことはできますか?」などの質問が紹介されていて、「主婦・パート・アルバイトの方でも、カードはお申し込みいただけます。審査の結果、ご希望にそえかねる場合もございます」などの回答があれば、主婦・パート・アルバイトの方でも作成できる可能性が高いです。

逆に、ゴールドカードの場合は少なくとも年収300万円以上、カードによっては年収500万円以上が条件となります。(クレジットカード会社によって基準は異なります)

事故情報や多重債務がなければ、自分に合ったクレジットカードを選べば入会できるケースが多いです。

ここまで、クレジットカードの審査について説明してきました。

ただ、何らかの事情でクレジットカードの作成ができない方もいるかもしれません。

クレジットカードがないと、ネットショッピングの決済で困るなど、不便を感じることも多いですよね。そんなとき、クレジットカードの代わりになる決済方法をお伝えします。


クレジットカードの審査が通らないかも…そんな方にオススメの決済方法

クレジットカードの審査が通らずに困っている方に、オススメの決済方法をお伝えします。

クレジットカードがない場合のおすすめ決済方法

  • バンドルカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード

それぞれの使用方法や、メリット・デメリットを見ていきましょう。

月2万円まで後払いも可能な「バンドルカード」

バンドルカードは、VISAの加盟店で利用できるプリペイドカードの一種で、スマホのアプリを利用して支払いができます。

カードへのチャージは、コンビニ端末やドコモのケータイ払い、ネット銀行などからでき、チャージした分だけ買い物に利用できる仕組みです。

バンドルカードのメリット

  • 審査なしで発行できる
  • VISAの加盟店で利用できる
  • 「ポチっとチャージ」機能を利用すれば、クレジットカードのような後払いが可能。1ヶ月に1回、3,000円から2万円までの即チャージができる

バンドルカードのデメリット

  • 支払いは1回払いのみ
  • VISAの加盟店で利用できる
  • 「ポチっとチャージ」機能を利用すると、金額に応じて以下の手数料が発生する

チャージ1回あたりの手数料
3,000~10,000円 500円
11,000~20,000円 800円

銀行の口座から即時に引き落とされる「デビットカード」

デビットカードは、買い物をした際に、あらかじめ登録した銀行口座からお金が引き落とされる仕組みです。

デビットカードのメリット

  • 基本的に審査なしで発行できる
  • 15歳以上から発行できる(カードにもよる)
  • 銀行の残高が使用限度額なので、使い過ぎて借金が増える心配がない
  • 海外ATMから現地通貨を引き出せる(手数料はかかる)

デビットカードのデメリット

  • 支払いは1回払いのみ
  • 高速道路や一部のお店では利用できない
  • 銀行の残高を超えて使用できる一部のデビットカードは審査が必要
  • カードによって、使用できない時間帯があるので注意

コンビニで入手可能な「プリペイドカード」

プリペイドカードは、使用可能金額をあらかじめ支払ったり、チャージしたりして使用するカードです。最近は、コンビニで多くのプリペイドカードを販売していますよね。

具体的には、以下のような種類があります。

  • 事前にチャージしておくことで、電子マネーとして利用できるSuica、PASMO、Edy
  • 特定の商品にのみ使用できる図書カードや国際テレホンカード
  • 使用するサービスが限定されているApp Store&iTunesギフトカード、Google Playカードなど

プリペイドカードのメリット

  • 先払いなので、使い過ぎる心配がない
  • 審査なしで発行できる
  • 銀行口座がなくても使用できる

プリペイドカードのデメリット

  • 購入したカードやチャージした金額は、基本的に払い戻しができない
  • 追加チャージできないプリペイドカードで、利用可能な商品やサービスが限定されていると使い切れないことがある

クレジットカードの代わりの決済方法として、あなたに合うものを選んでくださいね。


まとめ

  • クレジットカードの審査は虚偽や多重債務がないか、ユーザー像に合っているかがチェックされる
  • 信用情報は、開示請求をすれば確認できる
  • 審査に通らない場合は、ほかの決済手段を検討しよう

関連記事

クレジットカードの審査に落ちる理由はこの内のどれか!審査落ちを…

「クレジットカードの審査に落ちる理由がわからない」「どうしたら一発で…

注意!審査なしのクレジットカードは法的にアウトって本当?

年収や貯金に自信がなかったり、過去に支払い遅れや未入金があったりすると、クレジットカードの審査に…

審査が厳しいクレジットカードランキングは存在しないって本当?

「クレジットカードの審査は厳しいってホント?」「できれば審査が厳しい…

審査甘い&即日発行のクレジットカードはどれ?スピード発行のカラクリ

「今すぐクレジットカードが欲しい!」「即日発行できるような、審査が甘…

真実!審査に通りやすいクレジットカードのランキングなど存在しない

「クレジットカードの審査に通るか不安だな…」「審査に通りやすいクレジッ…