iDとクレジットカードの違いは?使い分けるべきメリットを解説

更新

iDとクレジットカード

電子マネー「iD」の存在をご存知ですか? iDは、クレジットカード決済と使い分けることで、日々の決済がさらに便利になるツールなんです。

「クレジットカードがあれば事足りるのでは?」
「iDって、登録が面倒くさそう」
「使える店舗が少ないんでしょ?」

そんな風に思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。iDの使い勝手の良さはこれらの先入観を覆すほど。

この記事では「iDとは何か?」「iDとクレカの違い」などをわかりやすく解説しています。さらに、iD決済でポイント還元率が上がるおすすめのクレジットカードも紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

iDとは?

iDの存在を知っている方は多いでしょう。しかし、「具体的にどんな仕組みなのか?」「どんな決済方法なのか?」はあまり知らないのではないでしょうか? そこでまずは、「そもそもiDとは何?」という疑問にお答えします。

iDの仕組み

iDには「プリペイド」「ポストペイ」「デビット」という3種類の決済タイプが存在しています。どのタイプのiDを使用するかによって、実際の使い方は大きく変わってきます。iDにおける3種類の決済タイプを表にまとめると、次の通りです。

プリペイド ポストペイ デビット
特徴 前払い
(チャージ式)
後払い
(クレジットカードと同じ仕組み)
即時引き落とし
(現金と同じ感覚)
限度額 事前入金額の範囲内 クレジットカードの限度額に準ずる
※店舗ごとに限度額が設定されている場合あり
銀行口座の残高

ここからは、表の内容をより深く掘り下げてiDの各決済タイプの特徴を見てみましょう。

プリペイド型iD

プリペイド型iDは、前払いの決済方法を採用している電子マネーです。「チャージ」という形で事前に入金を行い、チャージ残高の範囲内で決済可能です。

他社のプリペイド型電子マネーの例としては、suicaなどの交通系電子マネーやWAONなどが挙げられます。プリペイド型のiDは、これらの電子マネーと同じような使用方法だと考えておけば間違いありません。

<Point>

他社のプリペイド型電子マネーの例
⇒suicaやWAONなど

ポストペイ型iD

ポストペイ型iDは、後払い式の電子マネー。後払いということはつまり、「クレジットカードと同じ使用方法」ということになります。

なお、クレジットカードにiD機能が搭載されている場合はこの決済タイプとなります。利用限度額はクレジットカードの限度額に準ずるので、例えばクレジットカードの限度額が100万円の場合はiDの利用限度額も100万円ということになります。

もちろん限度額は合算値で計算され、合計200万円使えるわけではないので注意。例えば、前の月にクレジットカードを50万円分使った場合は、残りの50万円の範囲内でiDを利用可能です。

ただし、店舗ごとに1回の決済には限度額が定められている場合があります。あまりにも高額な支払いの場合は使えないケースもあるので注意。

<Point>

クレジットカードの利用限度額が100万円の場合
⇒iDの利用限度額も100万円

デビット型iD

デビット型iDは、決済即時に銀行口座から利用料金が引き落とされるタイプの電子マネーです。銀行口座の預金残高の範囲内でのみ決済可能なので、使いすぎの心配がありません。デビット型iDの場合、現金のような感覚で使える点は大きなメリットです。

デビット型iDは「SMBCデビット」という三井住友カードが発行するデビットカードにのみ付帯している機能です。こちらのタイプのiDを使用したい場合は、必然的にSMBCデビットを申し込むほか方法はないので注意しましょう。

<Point>

デビット型iDが使えるのは「SMBCデビット」のみ

なお、ここまでに紹介したプリペイド、ポストペイ、デビットのうちもっともスタンダードなのはさまざまなクレジットカードに搭載されているポストペイ型iDです。そのため、今回の記事ではポストペイ型のiDに絞って詳しい情報をまとめていきます。

ドコモ以外でも使える電子マネー

iDはNTTドコモが運営する電子マネーであるため、「ドコモのスマホユーザーでなければ使用できないのでは?」という先入観を持っている方もいるのではないでしょうか? しかし、そんなことはありません。

iDは、ドコモ以外の方でも使える電子マネーです。「ドコモ以外の方だと登録が面倒になる」という心配もありませんので、ご安心ください。

カードまたはスマホで利用可能

iDはクレジットカードを使って決済できるほか、アプリをダウンロードすればお手持ちのスマホでも利用可能です。

スマホでiDを使えるようにしておけば、支払いの際に財布を出す必要すらなくなります。非常にスマートな決済を実現してくれる電子マネー、それがiDなのです。

ただし注意すべきなのは、スマホアプリだけではiD決済ができない点。必ず、事前にiD対応のクレジットカードを発行しておくようにしましょう。

なお、スマホでiDを利用する際には、お使いの機種がスマホ決済に対応しているかどうか確認しましょう。例えばAndroidの場合はOS 5.0以上のおサイフケータイ対応機種のみ利用可能。iPhoneの場合はiPhone7以降の機種で利用可能です。

<iDスマホアプリの対応機種>

Android:OS 5.0以上のおサイフケータイ対応機種
iPhone:iPhone7以降の機種

クレジットカードとiDの違い

こちらでは、クレジットカードとiDの具体的な違いを解説していきます。

iDはカードリーダーに「挿入する」必要がない

店舗でクレジットカード決済をする場合、レジ担当者がカードをスライドさせたり、機器へ挿入したりする場面を見かけますよね? iDの場合、これらの作業は不要です。タッチレスで決済できることは、iDがクレジットカードと異なる大きな違いの1つです。

サイン&暗証番号が必要かどうか

クレジットカード決済の場合、暗証番号の入力またはサインを要する機会が多いです。一方、iDの場合はこれらの処理は基本的に不要です。

決済可能な店舗の違い

クレジットカードとiDでは、対応している店舗が異なります。「クレジットカードは対応しているけどiDは未対応」という店舗があれば、iDだけに対応している店舗もあります。

例えば、大手ドーナツチェーンの「ミスタードーナツ」の場合、iD決済は可能ですがクレジットカード決済は不可となっています。(イオンなどのショッピングモールに入っている店舗の場合は、例外的に使えることもあるようです。)

クレジットカードとiDの違いをまとめると、以下のとおりです。

  • タッチレスかどうか
  • 暗証番号やサインが必要かどうか
  • 決済に対応している店舗が異なる

iDを利用するメリット

クレジットカードとiDの違いを理解したところで、次はiDを利用することで得られる具体的なメリットを紹介していきます。

<iDを利用するメリット>

  • 決済がスピーディー
  • クレジットカードのポイント還元率が上がる
  • チャージ残高を気にせず使える
  • 不正利用への補償がある
  • キャンペーンを利用できることも

ここからは上記のメリットについて、より深く掘り下げて紹介していきます。

クレジットカード決済より早い

iDを使用する1番のメリットはこれ。クレジットカード決済よりもスピーディーである点です。「それだけ?」と感じるかもしれませんね。

しかし、支払いをiDにすることで得られる決済スピードは本当に早くて、まったくストレスがありません。本当に一瞬で決済が完了するので、「レジでちょっと立ち止まっただけ」という感覚です。

最近ではコンビニやスーパーでクレジットカードのサインレス化が進んでいますが、サインレスの店舗であってもiDの方が早いです。忙しくて一分一秒も無駄にしたくない方こそ、iDを利用するべきです。

クレジットカードのポイント還元率が上がる

あまり知られていませんが、一部のクレジットカードには「iD決済で還元率アップ」という付帯サービスが搭載されています。例えば、「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」は、iDで支払うと還元率が1.5倍にアップします。

iD決済に対応している店舗は多いので、日々の支払いをiDに変えるだけでポイントが1.5倍に。これは、iDを利用する上で非常に大きなメリットです。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDについては記事の後半で詳しく解説しているので、待ちきれない方は先にそちらを読んでみてくださいね。

事前チャージの必要がない

ポストペイ型iDの場合は、事前チャージをしなくても決済可能です。限度額はクレジットカードに準ずるので、「チャージ残高が不足して使えない」という煩わしさがありません。

不正利用には補償がある

クレジットカードに搭載されたiDは、万が一不正利用された時にも補償を受けられます。例えば三井住友カードも公式サイトでその旨を記載しているので、「iDの安全性は大丈夫なの?」と心配している方も安心して利用できますね。

iDの不正利用への補償について(三井住友カード)
https://qa.smbc-card.com/mem/detail?site=4H4A00IO&category=13&id=1444

各種キャンペーンでお得

iDは、期間限定でさまざまなキャンペーンを実施しています。例えば2019年8月には大手牛丼チェーンの吉野家とiDがタイアップしてお得なキャンペーンを開催しています。

キャンペーンの内容は「吉野家で累計500円以上iDを利用すると、抽選で1000円がキャッシュバックされる」というもの。日常的に吉野家で食事をする方の場合は、ぜひ利用したいキャンペーンです。

また、クレジットカード会社ごとにお得なキャンペーンを行っていることも。iDユーザーはiD公式サイトのキャンペーン情報をこまめにチェックしたいところです。

iD公式サイト キャンペーン情報
https://id-credit.com/campaign/

iD利用におすすめのクレジットカード

iD利用を検討している方のために、iD対応のおすすめクレジットカードを紹介していきます。中にはiD決済でポイント還元率がアップするクレジットカードもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、比較する際にわかりやすいよう、ポイント還元率は「iTunesギフトへ交換した場合」の数値を記載しております。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)
還元率 1.0%
年会費 1986円(税込)
発行スピード 最短8営業日
国際ブランド
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
ETCカード年会費 無料
家族カード年会費 無料
旅行傷害保険 海外:最高2000万円(自動付帯)
国内:最高1000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
その他特徴 iD・クイックペイ利用で還元率0.5%アップ

iD利用にもっともおすすめなクレジットカードが、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDです。このクレジットカードの最大の特徴は、高いポイント還元率にあります。

このクレジットカードは、還元率が常に1.0%以上。通常のショッピングでも還元率が高い上に、オリコモールというモールサイトを経由するだけで還元率は2.0%以上になります。また、このクレジットカードにはiDまたはクイックペイで支払うと、ポイント還元率が1.5%になるという特徴もあります。

日々の支払いをこのクレジットカードにまとめれば毎月数千ポイントを貯めるのも難しくないので、「とにかくポイント還元率が高いクレジットカードを選びたい」という方には最適です。

なお、iDとクイックペイという2種類の電子マネーが搭載されているのは意外と便利。店舗によってiDとクイックペイを使い分けられるので、電子マネーで決済できる店舗の幅が大きく広がります。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT(Mastercard)

オリコカード
還元率 1.0%~2.0%
年会費 無料
発行スピード 最短8営業日
国際ブランド
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
ETCカード年会費 無料
家族カード年会費 無料
旅行傷害保険 なし
ショッピング保険 なし
その他特徴 iD・クイックペイが利用可能

次に紹介するiD利用におすすめのクレジットカードは、Orico Card THE POINTです。こちらは先ほど紹介したクレジットカードの通常券面にあたり、「年会費が無料のiD対応クレジットカードを選びたい」という方におすすめです。

先ほどのように「iD利用でポイント還元率がアップする」という特典はありませんが、年会費無料でも十分に高いポイント還元率を誇ります。オリコモールを経由するとポイント還元率は1.5%以上になるので、通販用にもおすすめのクレジットカードです。

年間39万円以上をiDで支払うならゴールドの方がお得

Orico Card THE POINTは年会費無料が魅力のクレジットカード。しかし、年間39万円以上をiDで支払う方なら、年会費を払ってでもゴールドの方がお得になります。(ポイント還元が1950円以上になるため)

年間39万円ということは、月々に計算すると3万2500円です。イオン系列のスーパーで買い物をする方なら、家族の食費で毎月3万2500円はほぼ確実に超えますよね。

そのため、家庭のある方はまず間違いなくゴールド券面を選ぶのがおすすめです。

<Point>

iD対応店舗で毎月3万2500円以上使うなら、年会費を払ってでもPREMIUM GOLDの方がお得!

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

三井住友クラシックカード
還元率 0.5%※1
年会費 1250円※2
発行スピード 最短翌営業日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
電子マネー
  • iD
  • WAON
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  • ・新規ご入会&Vpassアプリログインでご利用金額の20%キャッシュバック【最大1万2000円】(2019年9月2日~12月27日)
  • ・タダチャン!~お買物利用が抽選で合計10万本、全額タダ~【上限10万円まで】(2019年9月2日~12月29日)
  1. 【セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでのご利用】ポイント5倍
  2. ネット入会で初年度無料、1回以上の利用+マイ・ペイすリボ登録で年会費無料
ETCカード年会費 500円
家族カード年会費 400円
旅行傷害保険 海外:最高2000万円(利用付帯)
国内:なし
ショッピング保険 年間100万円まで
その他特徴 iDが利用可能

次に紹介するiD対応のおすすめクレジットカードは、三井住友VISAクラシックカードです。テレビCMでも有名な知名度の高いクレジットカードで、世界No.1の対応店舗数を誇るVISAブランドでも発行可能です。

スタンダードで使いやすいクレジットカードであるため「初めてのカード」にもおすすめですが、「iDを利用することでポイント還元率が上がる」などのメリットはないので注意。

dカードGOLD

dカード(GOLD)

dカードゴールド
還元率 1.0%※1
年会費 1万円※2
発行スピード 最短5日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
電子マネー
  • iD
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」ご利用料金の10% ポイント還元
  2. 家族カード1枚目は無料、2枚目以降1000円/枚
ETCカード年会費 無料
家族カード年会費 1枚目:無料
2名目〜:1000円
旅行傷害保険 海外:最高1億円(自動付帯)
国内:最高5000万円(利用付帯)
ショッピング保険 年間300万円まで
その他特徴 iD決済で還元率が最高7%アップ

最後に紹介するiD利用におすすめのクレジットカードは、dカードGOLDです。こちらはiDを運営するNTTドコモが発行するクレジットカードのゴールド券面で、特にドコモユーザーにおすすめのiD対応クレジットカードとなっています。

ドコモユーザーにこのクレジットカードがおすすめな理由は、ドコモの利用料金の10%が還元される仕組みになっているから。スマホ料金の支払いはもちろん、ドコモ光の利用料金もポイント還元の対象となります。

このクレジットカードで貯めたポイントは各店舗で現金の代わりに使用できるほか、ドコモ料金の支払いにも充てられます。このように、ドコモユーザーにとって使い勝手のいいクレジットカードとなっています。

ただし、他社カードのように楽天ポイントやTポイントなどへの移行ができないので、ドコモ以外の方は使いづらいかも。

iD決済で還元率が最高7%アップ

dカードGOLDがiD利用に適している理由は、iD決済により還元率が最高7%アップする「dポイント スーパー還元プログラム」キャンペーンが実施されているからです。

2019年6月10日から実施されているこのキャンペーンは、事前エントリーの上でiD決済を行えば、還元率が最高で7%アップするというもの。ポイントアップにはさまざまな条件があり、条件を満たすごとに還元率が上がっていく仕組みです。

このキャンペーンが将来的にも継続されるかどうかは不明ですが、「iD利用のために新しいクレジットカードを発行する」という方なら検討してみてもいいかもしれませんね。

「dポイント スーパー還元プログラム」キャンペーンページ
https://dpoint.jp/ctrw/cp1/kangen/index.html

電子マネーiDの使い方

こちらの項目では、iDの使用方法を詳しく解説していきます。簡単に導入できるので、面倒くさがりな方でも安心してお読みください。

クレジットカードのiDは登録不要ですぐ使える

「iDに興味はあるけど、登録が面倒くさそう…」と感じてはいませんか? そんなことはありません。クレジットカードにiDのマークがついている場合、一切手続き不要ですぐに利用開始できます。

なおスマホでiDを使いたい方は、iD対応のクレジットカードを用意した上でアプリをダウンロードしましょう。

かざすだけでスマートに会計

iDやWAONなどの電子マネーを使っている方の中には、レジの決済端末へカードを「置く」方もいらっしゃいます。しかし、実際は決済端末の近くへ「かざす」だけでOK。スマートな会計を実現しましょう。

ちなみに、iDはカードやスマホの向きに関わらず決済可能です。例えばカードは横向きに限らず、縦向きでかざしても決済端末が反応します。

レジの決済端末の隣には置き型広告やレシート入れが設置されていることもあり、横向きだとかざしにくいケースも。「iDは縦でも払える」と知っていれば、戸惑うことなくスマートに決済できますね。

iDで決済するための4つのSTEP

お店でiD決済をする際には、次の4つのステップで支払いが完了します。

  1. STEP1 iD対応のクレカやスマホを用意する
  2. 店員さんへ「iDで」と伝える
  3. クレカやスマホを決済端末へかざす
  4. レシートをもらって会計完了

なお、店舗によっては決済端末の「iD」のボタンを自分自身で押して選択しなければならないこともあります。iDのボタンは非常にわかりやすいので、焦ることなく選択しましょう。

iDを使用する時の注意点

次に、iDを使って決済する際の注意点を紹介していきます。

iDで貯まるのはカード会社のポイントのみ!2重取りにはならない

iD利用で注意したいのは、貯められるのはクレジットカード会社のポイントだけという点です。

paypayやnanacoなどの電子マネーには独自ポイントが搭載されているので、クレジットカードからチャージすればポイントの2重取りが可能。一方、iDにはそもそもポイントという概念がなく、2重取りにはならないので注意

ちなみに、iDと比較される機会が多いクイックペイについても、独自のポイントシステムは搭載されていません。ポストペイ型の電子マネーには基本的にポイントシステムが搭載されていないということですね。

不正利用が心配な方はセキュリティ対策を

「iDには不正利用に対する補償がある」とお伝えしましたが、それでも不正利用が心配になってしまう方もいらっしゃるでしょう。もしスマホでiDをお使いの場合は、端末によっておサイフケータイをロックする機能が搭載されていますので、それを使ってみはいかがでしょうか?

おサイフケータイをロックすると、iDによる決済には暗証番号の入力が必要になります。ただしロックをかけることでiDの「決済スピードの早さ」というメリットは減ってしまう点は注意しましょう。

分割払いは不可

最後に紹介するiDの注意点は、分割払いやリボ払いには対応していない点です。分割やリボで払いたい方は、iDではなくクレジットカード決済を選ぶようにしましょう。

iDが使える主な店舗

電子マネー導入の際に気になるのが対応店舗です。「どうせ一部の店舗でしか利用できないんでしょ?」と感じている方は、全国のさまざまな店舗で利用できることに驚くでしょう。代表的なiD対応の店舗を、抜粋して紹介していきます。

《コンビニ》

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ

《スーパー》

  • イオン
  • マックスバリュ
  • 平和堂

《飲食店》

  • かっぱ寿司
  • ガスト
  • バーミヤン
  • CoCo壱番屋
  • マクドナルド
  • ロッテリア
  • モスバーガー
  • ミスタードーナツ
  • すき家
  • 吉野家
  • コメダ珈琲店
  • タリーズ

《ドラッグストア》

  • ウエルシア
  • マツモトキヨシ
  • ココカラファイン
  • スギ薬局

《ネット決済》

  • Amazon

このように大手コンビニは全て対応しているほか、全国チェーンの飲食店やドラッグストアなどでもたいてい利用可能です。

なぜiDの対応店舗がここまで幅広いのかというと、「iDを運営しているのが通信会社であるNTTドコモだから」というのが大きな理由です。

例えばnanacoの場合はセブンイレブンが運営する電子マネーなので、競合であるファミマやローソンでは利用不可です。競合のコンビニでのnanaco決済の実現は、将来的にも難しいでしょう。

一方、NTTドコモの競合はソフトバンクやauなので、コンビニなどの他業種については競合などを気にせず提携できます。これこそ、全国さまざまな店舗でiDを利用できる秘密です。

なお、今回紹介したiDを使えるお店はほんの一部でしかありません。もっと詳しく知りたい方は、iD公式サイトをチェックしてみてくださいね。

iDを使えるお店(公式サイト)
https://id-credit.com/search/

まとめ

今回の記事ではiDとクレジットカードの違いや、使い分けるメリットを解説しました。記事内で紹介した内容を簡単にまとめると、以下の3点です。

  • iDはクレジットカードよりもすばやい決済が可能
  • 全国のさまざまな店舗で使えるため便利
  • iD決済でポイント還元率の上がるクレジットカードがおすすめ

iDを使えば日常的な決済はさらに便利になり、ストレスフリーな支払いを実現可能。全国のさまざまなコンビニやスーパーで使えるので、利便性は◎です。

今回の記事を読んでiDを使いたくなった方は、ぜひ記事内で紹介したiD対応のクレジットカードを作成し、利用をスタートしてみてくださいね。

※価格はすべて税抜です。