【最新版】メルペイはクレジットカードでチャージできる? メルペイの使い方を解説

メルペイを使う男性

「メルペイのチャージには、どんな方法があるの?」
「クレジットカードで、メルペイのチャージってできるかな?」

メルペイは、メルカリの売上金をチャージして日常の買い物に使える、メルカリユーザーなら知っておきたい決済方法です。

しかし、メルペイにはクレジットカードではチャージできないというデメリットも存在します。

そこでこの記事では、メルペイをクレジットカードのように使う方法や、チャージ方法について紹介。あわせてクレカチャージが可能なその他のキャッシュレス決済なども紹介するので、自分にあった決済方法選びの参考にしてみてください。

※価格の表記に関して、特に指定があるもの以外は税抜き表記となっています。

メルペイの基礎知識

メルペイは、株式会社メルカリが運営する決済サービスです。実際に支払う際は、同社のアプリ「メルカリ」内から利用することができます。

メルペイはメルカリの売上金をチャージできるといった特徴があります。チャージした残高は、コンビニなどの実店舗やネットショップの支払いに利用できます。

また、全国のコンビニなどで使えるお得なクーポンが配布されることもあるため、インストールしている方は時々チェックしてみてください。

メルペイの支払い方法

メルペイで使える支払い方法はおもに2つ、コードを表示したり読み取ったりして支払うコード決済と、タッチで支払えるiD決済です。

iDに対応しているスマホ決済は多くはありません。メルペイならアプリを起動することなく、スマホをかざすだけで決済できるため、なるべくお会計の手間を減らしたいという方にも向いています。なお、iDの利用にはあらかじめメルペイアプリ内でiD連携の設定をしておくことが必要です。

iDとクレジットカード

iDについて詳しく知りたい方はこちら
【保存版】iDとクレジットカードの違いとは?iD付きおすすめカードも紹介

メルペイのチャージ方法

メルペイは3パターンのチャージ方法が利用できます。それぞれのチャージ方法について詳しく見ていきましょう。

メルカリの売上金からチャージ

メルペイはメルカリの売上金を使ってチャージできます。事前に銀行口座登録などの本人確認をしておけば売上金が自動でチャージされるほか、本人確認をしていなくても、売上金で支払いに利用できるポイントを購入できます

売上金を銀行口座へ出金にするには時間も手間もかかり、手数料200円も必要でした。それらが不要になる売上金からのチャージ機能は、メルカリユーザーにとってうれしいポイントといえます。

銀行口座からチャージ

メルペイは銀行口座からのチャージにも対応しています。事前にチャージ用の銀行口座を登録しておく必要がありますが、アプリ上で口座番号と暗証番号を入力するだけで簡単に設定できます。

また、銀行口座からメルペイ残高へのチャージには手数料が不要です

セブン銀行ATMからチャージ

セブン銀行のATMから現金でチャージも可能です。原則24時間365日手数料無料で利用できるため、突然のチャージが必要になっても対応できます。なお、利用には本人確認が必要となるので、事前に行っておくといいでしょう。

メルペイにクレジットカードは登録できない

メルカリの売上金からチャージができるほか、iDにも対応と使いやすい機能を持ったメルペイですが、残念ながらクレジットカードからのチャージはできません

しかし、メルペイはクレジットカードこそ紐付けできませんが、クレカのような支払い方法を選ぶことは可能です。以下について、詳しく説明していきます。

スマホに登録できてiD決済ができるクレカを探している方はこちら
Apple Payの複数クレカ使い分け方法!ポイントアップキャンペーンも併せて紹介

【メルペイスマート払い】クレジットカード登録ができなくても後払いは可能

メルペイの支払い方法のひとつ、「メルペイスマート払い」は利用分を後払いできるサービスです。メルペイ残高やポイントがなくても、事前に設定した利用上限額までなら決済できる、クレジットカードのような支払い方法といえます。なお、利用には銀行口座登録や本人確認が必要です。

詳細について、詳しく見ていきましょう。

実店舗でも利用可能

メルペイスマート払いはメルカリのお買い物だけでなく、メルカリ以外のWebサービスや、コンビニなど全国のメルペイが使えるお店での支払いにも利用できます

なお、お店で利用する場合は「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定が必要となるので、事前に行っておきましょう。

精算方法は3種類

メルペイスマート払いは利用額の精算方法をメルペイ残高指定口座からの自動引き落としコンビニやATMからの振り込みの3種類から選べます。支払い期間は購入の翌月1日から末日の間で、自動引き落としの場合は11日、16日、26日のいずれかを引き落とし日に設定可能です。

精算方法にコンビニやATM、口座振替での支払いを選んだ場合や、支払い期限日を過ぎてしまった場合は手数料として300円がかかりますので注意しましょう。

同様なサービスとの比較

同じように後払いが利用できる決済サービスとしては「atone」が挙げられます。こちらも1ヶ月の利用額を翌月の20日にまとめて後払いするサービスです。ただし、こちらはインターネットショッピングでの利用がメインとなっており、対応している実店舗は「セカンドストリート」や「UniCASE」、「とらのあな」などの一部店舗のみと多くありません。

また、PayPayも一部の方に向けて後払いサービスの「PayPayあと払い(一括のみ)」をスタートしましたが、こちらは手数料が毎月300円かかります。

これらと比較すると、基本的に手数料無料で、メルペイが利用できる店舗なら対応しているメルペイスマート払いは魅力的なサービスであるといえます。

その他のおもな決済方法のクレカチャージ対応状況

メルペイのほかにも、いくつかのキャッシュレス決済方法はクレジットカードでのチャージに対応していません。以下で、おもなキャッシュレス決済のチャージ対応状況をまとめましたので、参考にしてみてください。

サービス クレジットカードチャージが可能かどうか
コード決済系 PayPay ○(Yahoo!JAPANカードのみ可)
LINE Pay ×(ただし、Visa LINE Payクレジットカードを使った後払いは可)
楽天ペイ(楽天キャッシュ) ○(楽天カードのみ)
au PAY
d払い ×
交通系 Suica ○(モバイルSuicaまたはクレカ一体型のみ可)
pasmo ○(モバイルpasmoまたはクレカ一体型のみ可)
ICOCA ○(SMART ICOCAのみ可)

PayPayや楽天ペイ(楽天キャッシュ)はクレジットカードによるチャージが可能ですが、対応カードはそれぞれYahoo!JAPANカードと楽天カードのみとなっています。

また、ICOCAはSMART ICOCAのみクレジットカードでのチャージに対応しており、通常のICOCAでは現金のチャージしか行えません。

なお、クレジットカードによってはチャージ利用分がポイント還元の対象とならない場合もあるので、発行の前に確認しておくといいかもしれません。

まとめ

  • メルペイはクレカでのチャージができない
  • チャージ方法は「メルカリの売上金からチャージ」「銀行口座からチャージ」「セブン銀行ATMからチャージ」の3パターン
  • メルペイスマート払い」はクレカのように後払いできる

メルペイにはクレジットカード登録ができません。しかし、メルペイスマート後払いやメルカリの売上金からのチャージなど、デメリットを補う特徴も多くあります。ぜひ使いこなして、便利なキャッシュレスライフを送りましょう。