【2019年最新】ANAアメックスゴールドの入会キャンペーン・特典まとめ

ANAが国際ブランドと提携し発行しているゴールドカードはいくつか種類がありますが、その中でもっとも年会費が高いのがANAアメックスゴールドです。

「あこがれのカードだから作りたいけど、損するかも」
「他のANAカードと比べてどのくらいお得かわからない」

と悩んでいませんか?
結論からいうと、旅行や出張などでANAをよく利用する人は持っておいて損はありません。そして、普段あまり飛行機を利用しない人にとっては効率よくマイルを貯められるカードでもあります。

今回は、求めるサービスは受けられるか、高い年会費をペイできるかという観点から、あなたがANAアメックスゴールドを持つべきか否かを探っていきましょう。

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

ANAアメックスゴールドってどんなカード?

正式名称は、「ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」です。国際ブランドのアメックスと航空会社のANAが提携して発行しているクレジットカードです。

詳しい説明に進むまえに、まずは簡単なスペックをお伝えしておきます。

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
還元率 1.0~2.0%
年会費 3万1000円
発行スピード
国際ブランド
  • American Express
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

年会費は高いけどメリットが豊富!充実のサービス・特典とは?

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費は3万1000円で、年会費の無料特典や割引特典はありません。毎年この維持費がかかってくるので、コストがデメリットと感じてしまう人もいることでしょう。

ですが、やはり年会費が高いだけあって、満足度の高いサービスが付帯しています。

ポイント=マイルが貯まりやすい

ANAをよく利用する人にも陸マイラーにもうれしいのが、マイルが貯まりやすいということ。
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでマイルがザクザク貯まるのは、次のような特徴があるからです。

  • 入会ボーナス・継続ボーナスが各2000マイル
  • 100円=1ポイント=1マイル
  • ポイントの有効期限は無期限、年間移行ポイント数の制限もなし
  • フライトボーナスマイル25%
  • ANAグループでの利用はポイント2倍
  • ANAカードマイルプラス加盟店での利用で100円につき1マイル加算
  • ボーナスポイント・パートナーズの提携店での利用でポイント2倍~10倍
  • ANAグルメマイル参加店での利用で最大100円につき2マイル加算

このように、フライトだけでなく日常のカード利用でも高還元でポイントを獲得でき、ポイント失効を気にすることなく貯め続けられる、使い勝手のよさが魅力のひとつです。

空港ラウンジ利用や手厚い海外旅行保険

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを保有していると、国内28ヵ所海外1ヵ所の空港ラウンジが、本人と同伴者1名まで無料で利用可能です。ゆったりと搭乗を待ちたい人にはうれしいサービスです。

そのほか、ビジネスクラスカウンターで優先的にチェックインできる「優先搭乗サービス」や、キャンセル費用などの損害を年間10万円まで保障してくれる「キャンセル・プロテクション」、最高1億円の「海外旅行傷害保険」付帯など、トラベルサービスが充実しています。

日常利用に対しても複数のプロテクションサービスが用意されており、安心してカードを使うことができます。

スーパーフライヤーズカード(SFC)に切り替え可能

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを保有している場合は、ANA アメリカン・エキスプレス・スーパーフライヤーズ・ゴールド・カードへ無料で切り替えが可能です。年会費も3万1000円 で変わりません。

スーパーフライヤーズカードとは、ANAマイレージクラブのプラチナステイタス以上で申し込むことができる特別なカードです。

飛行機搭乗によって付与される一年間のプレミアムポイント数(マイルとは別に付与されるポイント)で、翌年度のステイタスが決まります。

プラチナステイタス獲得・維持のためには毎年5万プレミアムポイントが必要ですが、「SFC修行」という言葉があるくらい、5万プレミアムポイントの獲得は容易ではありません。

SFC修行
ポイント集めのためにたくさん飛行機に乗ること

しかし、一度スーパーフライヤーズカードに入会できれば、その後は飛行機に乗らなくても、プラチナステイタスとほぼ同等のサービスを利用し続けることができるため、とても価値の高いカードとなっています。

ただし、プライオリティ・パスやコンシェルジュはなし

ゴールドカードと名がついているからには、プライオリティ・パスやコンシェルジュサービスを期待してしまうと思いますが、残念ながらどちらのサービスも付帯していません。

  • プライオリティ・パス:国内外1200ヵ所以上の空港VIPラウンジを利用できるサービス
  • コンシェルジュサービス:相談や依頼に対応してくれるサービス

プライオリティ・パスに関しては、年会費99ドルと1回の利用料27ドルを支払えば誰でも利用可能です。

しかし、お試しで1回利用してみようにも1万3000円程度かかってしまうとなると、少し高い出費といえそうです。

どうしてもプライオリティ・パスをお得に利用したいという場合は、年会費が無料になるアメリカン・エキスプレス・カードや、年会費+年2回までの利用が無料になるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを検討してみましょう。

コンシェルジュサービスは、ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードやプラチナ・カード以上が利用できるサービスとなります。

ただ、コンシェルジュ専用デスクは利用できないものの、渡航先で困ったときに365日24時間、日本語で電話サポートをしてくれる「オーバーシーズ・アシスト」が利用できます

レストランの予約や海外ATMの案内、病院の紹介など、海外情報サービスと緊急支援サービスを受けることができ、コンシェルジュに引けをとりません。海外旅行時にはぜひ活用したいサービスです。

申込基準や審査期間は?

申込基準は、20歳以上の定職がある人です。パートやアルバイトの人は申し込めませんが、年金受給者の場合は申込可能です。

Webから申し込みができ、通常は1~3週間程度でカードが手元に届きます。

ゴールドカードとなると、「申し込みは30歳以上」といったように年齢制限を設けていることも多いのですが、ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード にそのような制限はありません。

つまり、安定継続した収入があり、他のクレジットカードやローンで支払い遅延や滞納がなければ、20代でもANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの審査に通る可能性があるということです。

また、すでにANA アメリカン・エキスプレス・カードを保有し利用実績を積んでいる人には、ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのインビテーション(ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードへの切り替えの案内)が届くこともあります。

普通に申し込むのとは違い、申込日、ANA アメリカン・エキスプレス・カードのカード番号、名前を記入して返送するだけという手軽さなので、インビテーションを待つのも一つの手です。

※インビテーションで申し込んでも、ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードへの切り替えは確約ではありません。

年会費の元が取れる使い方の目安

シンガポールに毎月1回出張(3泊4日)、利用ルートは「東京(羽田or成田)⇔シンガポール」のケースを例にあげてみましょう。

<エコノミーSクラス、往復6万9640円で価格を固定した場合>

a. フライトマイル
フライトマイル:3312×50%(※1)=1656
ボーナスマイル:3312×50%×25%(※2)=414
往復で4140マイル獲得

※1 予約クラスSの区間基本マイルに対する積算率
※2 利用カード別積算率

b. ANA航空券購入
6万9640円×3%=2089マイル獲得

(a+b)×12カ月=7万4748マイル

ANA特典航空券に交換すると、国内線で1.5円~4円程度、国際線では2円~15円以上の価値になることも。

※ANA特典航空券への交換は、行き先、利用クラス、シーズンによって必要マイル数が変動します。

1マイル=2円換算とすると、7万4748マイルで14万9496円相当に値するので、月に1回シンガポールへ出張するような人は10万円以上も得することになります。

もちろん日常利用でもマイルは貯まるので、国内や中国などへの短距離移動がメインの場合でも、十分に元が取れるケースもあります。

また、このケースでANA アメリカン・エキスプレス・カードからの切り替えを考えている場合、年会費の差額分もペイできる計算になります。

ANA アメリカン・エキスプレス・カード ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 差額
年会費 実質1万3000円
(年会費7000円+ポイント移行コース参加費6000円)
3万1000円 1万8000円
獲得マイル
(東京⇔シンガポール)
6万4596マイル
2円換算で12万9192円相当
7万4748マイル
2円換算で14万9496円相当
2万304円

ANA アメリカン・エキスプレス・カードとANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの差は、飛行機を利用する際に大きくなります。

日常のクレカ利用ではあまり差がないので、飛行機に多く乗る人や海外出張など遠距離の移動に利用する人ほど、ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード を選択したほうが効率よくマイルが貯まり、お得です。

紹介・入会・利用キャンペーンで大量のマイルをGET

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの入会時には、マイルが大量に獲得できるキャンペーンが実施されています。

今回ご紹介するキャンペーンをすべて利用すれば、最大7万3000マイルももらえる可能性があります。通常のクレカの利用(100円=1マイル)に置き換えると、730万円分使えばもらえるマイルに値します。利用しない手はありません!

  • マイ友プログラムへの登録で2000マイル
  • 入会特典・利用特典で最大5万マイル
  • ANAの期間限定キャンペーンで最大2万1000マイル

では、キャンペーンの内容やマイルの付与条件など、詳しく見ていきましょう。

マイ友プログラムに登録

マイ友プログラムとは、ANAマイレージクラブ会員から紹介を受けるとボーナスマイルがもらえるキャンペーンです。ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに入会する場合、紹介者と新規入会者の両方に2000マイルをプレゼントしてもらえます。

知り合いに対象のカードを持っている人がいたら、ぜひ紹介してもらいましょう。

<登録方法>

  • 紹介者から「紹介番号」と「登録用URL」を教えてもらう
  • 「登録用URL」にアクセスし、紹介者氏名・紹介番号・申込者氏名・申込者生年月日を登録する

登録手順はたったこれだけなので、とても簡単です。

ただし、どのキャンペーンよりも先にマイ友プログラムに登録すること。 入会手続きが先になってしまうと、マイ友プログラムのマイルがもらえないので注意してください。

入会特典・利用特典

入会や利用でもらえるボーナスは大きいので見逃せません。

入会ボーナス 利用ボーナス1 利用ボーナス2 利用ボーナス3
条件 入会 入会後3ヶ月以内に1万円のカード利用 入会後3ヶ月以内に20万円のカード利用 入会後3ヶ月以内に60万円のカード利用
ボーナスマイル/ポイント 2000 2000 8000 3万2000

上記すべてのポイントを獲得できれば、4万4000ポイントです。
さらに、100円=1ポイント換算の利用ポイントが獲得できるので、60万円なら6000ポイントとなります。入会3ヶ月以内で、合計で最大5万ポイント獲得することが可能です。

3ヶ月で60万円となると、利用するには結構大変な額だと思います。

クレカ決済が可能な支払いを、すべてANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに集約するなども一つの方法でしょう。

とはいえ、ポイントをもらうために自分の支払い能力を超えてカードを使うのはおすすめしません。

支払いが滞ればクレジットヒストリーに傷がつき、限度額が下げられる可能性もあるため、無理のない範囲での利用にとどめることが大切です。

期間限定2019年10月15日までのキャンペーン

こちらはANAの期間限定キャンペーンとなっており、見逃し厳禁です!
入会しただけでなく参加登録も必要なので、忘れずに登録を済ませてくださいね。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/cpn/anacard1907/?cid=amc_guidance_18

上記ページ内の「キャンペーン参加登録」のボタンを押して、登録を済ませてください。

入会対象期間:2019年10月15日(火)Web入会受付分・申込書カード会社到着分まで
参加登録期間:2019年11月15日(金)23:59(日本時間)まで

特典1 特典2 特典3
条件 ANAグループ運航便に1回以上搭乗 クレジット決済利用金額15万円~49万9999円(税込) クレジット決済利用金額50万円(税込)以上 プライム会員(代表者)として「ANAカードファミリーマイル」に参加
対象期間 2019年7月19日(金)~2019年10月31日(木)まで搭乗分 2019年7月19日(金)~2019年11月30日(土)までのクレジット決済データ カード会社到着分 2019年7月19日(金)~2019年11月15日(金)登録完了分
ボーナスマイル 5000 3000 1万5000 1000

ANAカードファミリーマイルとは、家族のマイルを合算して利用できる便利なサービスです。無料なので、生計を同一にしている同居の家族がいる人は登録しておいて損はないでしょう。

このキャンペーンでは、最大2万1000マイル獲得可能です。

どれを選ぶべき?他アメックス&ANAカードと比較!

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを検討していると、他にも気になるカードがたくさんでてきますよね。

ここでは、よく比較検討に上がる、ANA アメリカン・エキスプレス・カード、アメリカン・エキスプレス・カード、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードを取り上げたいと思います。

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード は、1ポイント=1マイルでANAマイルに移行できるため、今回はANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード と同じ条件でANAマイルに移行することを前提に比較を行います。

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ANA アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・カード アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
年会費 3万1000円 7000円 1万2000円 2万9000円 1万円
ANAマイルに1ポイント=1マイルで移行するための費用 無料 ポイント移行コース参加費6000円 ・メンバーシップ・リワード ANAコース参加費5000円
・メンバーシップ・リワード・プラス参加費3000円
・メンバーシップ・リワード ANAコース参加費5000円
・メンバーシップ・リワード・プラス参加費3000円
メンバーシップ・リワード ANAコース参加費5000円
ポイント有効期限 無期限 ポイント移行コースへの登録で無期限 通常最大3年
※一度のアイテム交換で無期限、もしくはメンバーシップ・リワード・プラスへの登録で無期限
通常最大3年 ※一度のアイテム交換で無期限、もしくはメンバーシップ・リワード・プラスへの登録で無期限 無期限
フライトボーナス 25% 10% × ×
ファーストトラベル・ボーナス5000ポイント
入会ボーナス 2000マイル 1000マイル × × 3000ポイント
継続ボーナス 2000マイル 1000マイル × × 1000ポイント
還元率 1%
(100円=1ポイント)
1%
(100円=1ポイント)
1%
(100円=1ポイント)
1%
(100円=1ポイント)
1%
(100円=1ポイント)
ポイント付与率UPの利用方法 ・ANAグループでの利用で通常の2倍
・加盟店での利用で100円=1ポイント加算
・対象提携店舗での利用で最大10倍
・ANAグループでの利用で通常の1.5倍
・加盟店での利用で100円=1ポイント加算
・対象提携店舗での利用で最大10倍
対象提携店舗での利用で最大10倍 対象提携店舗での利用で最大10倍 ・ANA含む27社の航空券購入で通常の3倍
・対象提携店舗での利用で最大10倍
海外旅行傷害保険 最高1億円 最高3000万円 最高5000万円 最高1億円 最高3000万円
空港ラウンジ
プライオリティ・パス × × 年会費(99米ドル)無料 ・年会費(99米ドル)無料
・年2回まで利用料(32米ドル)無料
×
航空便遅延費用保障(海外旅行) × × ×
渡航先での日本語サポート オーバーシーズ・アシスト グローバル・ホットライン グローバル・ホットライン オーバーシーズ・アシスト グローバル・ホットライン
キャンセル・プロテクション 年間最高10万円 × × 年間最高10万円 ×
ショッピング・プロテクション 年間最高500万円 年間最高200万円 年間最高500万円 年間最高500万円 年間最高200万円

※各カードとも、上記以外にも多くのサービスが用意されています。詳細は公式サイトをご確認ください。

比較すると、ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがいかにマイルを貯めやすいカードかお分かりいただけると思います。

また、海外旅行障害保険やプロテクションが手厚いので、より高い安心感を得られるでしょう。

サービスの多さではアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが群を抜いていますが、高レートでANAマイルに移行したいという場合は、年会費はANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを超える実質3万7000円となるので要注意です。

<こんなときは他カードがおすすめ>

  • ANAを利用するが短距離や少回数なら、ANA アメリカン・エキスプレス・カード
  • ANA以外の航空会社もよく使うなら、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
  • プライオリティ・パスをお得に利用したいなら、アメリカン・エキスプレス・カード
  • プライオリティ・パスを含め豊富なサービスを受けたいなら、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

まとめ

さて、ここまでANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴を、利用例や他カードとの比較を交えながらお伝えしてきました。
ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを持つべきか否か、判断することはできたでしょうか。

まとめると、ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードが適しているのは次のようなタイプです。

  • 海外出張などでANAをよく利用する
  • SFCに切り替えを考えている
  • 効率的にマイルを貯めたい
  • 高い安心感がほしい

どのカードにも、必ずメリット・デメリットがあります。
カードを選ぶ際は、年会費をペイできるか、受けたいサービスがあるかの2点から、自分に合ったものを総合的に選びましょう。

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
還元率 1.0~2.0%
年会費 3万1000円
発行スピード
国際ブランド
  • American Express
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード