スカイトラベラーは年会費1万円分の価値はある?他アメックス、SPGとのコスパ比較

更新

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

「出張が多いなら、マイルを貯めやすいカードをもっておくべき?」
「スカイトラベラーは他のアメックスや航空会社系クレカとどう違うの?」

このように悩んでいる方におすすめしたいクレジットカードが、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」です。仕事で飛行機を利用する機会が多い方はもちろんですが、海外旅行が好きな方にとってもメリットが多く人気があります。

今回はスカイ・トラベラー・カードの利用メリット、年会費分の価値があるのか、他の航空系カードとの違いなどにつてい詳しくご紹介しますので、入会を検討している方はぜひチェックしてみてください。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
還元率 1.0%※1
年会費 1万円
発行スピード 通常1~3週間
国際ブランド
  • American Express
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. ボーナスポイント・パートナーズを利用すると還元率が最大10%(100円=10P)

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

スカイトラベラーがマイルを貯める人におすすめの理由

スカイ・トラベラー・カードはアメリカン・エキスプレスが発行している、航空サービスに特化した年会費1万円のクレジットカードです。
「マイル還元率が高い」「海外で困ったときのサポートが手厚い」「ラウンジの利用OK」など、飛行機をよく利用する方にとってはさまざまなメリットがあります。また、ポイントを貯めやすい仕組みが豊富にそろっているため、マイルを貯める「マイラー」から選ばれている人気のカードです。

マイル交換にかかる手数料が無料

スカイ・トラベラー・カードを普段の買い物で利用すると、ポイントがどんどん貯まっていきます。

アメリカン・エキスプレスのポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」では100円の買い物につき1ポイントがもらえます。ポイントはそのまま、「1ポイント=1マイル」で交換可能です。例えば普段のショッピングでスカイ・トラベラー・カードを使い、6000円分を決済すると、「6000×0.01円=60ポイント」が貯まる計算になります。

なお、マイル交換にかかる手数料は無料(ただしJALマイルには交換できません)。交換・移行のたびに5000円程度必要になるケースも多く、手数料がかからないのは大きな魅力といえるでしょう。マイルへの移行は1000ポイント単位で好きなときに交換できます。

入会からさまざまなボーナスポイントがもらえる

スカイ・トラベラー・カードは入会時に特典としてポイントがプレゼントされます。

  1. 入会ボーナスポイント:3000ポイント(3000マイル相当)
  2. ファーストトラベル・ボーナスポイント:5000ポイント(5000マイル相当)
  3. 継続ボーナスポイント:1000ポイント(1000マイル相当)

スカイ・トラベラー・カードに入会すれば、「入会ボーナスポイント」で初年度から国内旅行に行けるほどのマイルがもらえます。「ファーストトラベル・ボーナスポイント」はある一定の条件を満たし、入会後1年以内に対象航空会社の航空券を初めて購入した場合に加算されるもの。「継続ボーナスポイント」は2年目以降も継続した場合の話ですが、入会した年に1回でも「2」をクリアすれば、「1」+「2」で合計8000マイルがプレゼントされます。

ポイントが「3倍」早く貯まるチャンスがある

普段の買い物でも「100円で1ポイント(=1マイル)が貯まる」とお伝えしましたが、飛行機での支払いに使うとさらに大量のマイルがもらえます。

通常の買い物で1%(100円=1ポイント)に設定されている還元率は、以下に記載した対象航空会社でチケットを購入する場合に3倍の3%(100円=3ポイント)までアップ。この対象航空会社には、日本発着便の多い海外の航空会社も含まれています。

アライアンス名 航空会社
スターアライアンス ANA・シンガポール航空・スカンジナビア航空・タイ国際航空
スカイチーム アリタリア-イタリア航空、エールフランス/KLM航空・チャイナエアライン・デルタ航空
ワンワールド カタール航空・キャセイパシフィック航空・フィンランド航空・ブリティッシュ エアウェイズ
その他 ヴァージンアトランティック航空・エティハド航空・エミレーツ航空

ここまで還元率が高いクレジットカードは少なく、還元率が3%を超えるのはスカイ・トラベラー・カードを含めて7種類しかありません。しかも、スカイ・トラベラー・カードに比べるとどれも年会費がかなり高額に設定されているものばかり。このように普段の買い物だけでなく、入会時やチケット購入時などさまざまなタイミングで特典がもらえるコスパのよい点が、マイラーに人気の理由でしょう。

還元率が3%を超えるその他のカード 還元率 年会費
アメックススカイトラベラープレミア 5% 3万5000円
ANA アメックスプレミアム 4.5% 15万円
JAL アメックスプラチナ 4% 3万1000円
JAL JCBプラチナ 4% 3万1000円
ANA ダイナースプレミアム 4% 15万5000円
ANA VISAプラチナ 3.5% 8万円

ただし、1点だけ注意点があります。「ANAマイレージクラブ」でポイントをANAマイルに移行する際、以下のような制約があります。

  • 年間5000円の移行手数料が必要になる
  • 移行ポイントに上限(年間8000ポイント)がある

他のアライアンス先であれば問題ありませんが、ANAマイルに移行する際は気をつけましょう。

日々の支払いでポイントが貯まる

「スカイ・トラベラー・カードの3倍ポイントボーナス」は航空券だけでなく、日本旅行(Webサイトもしくは店舗)で決済した場合にも適用されます。つまり、航空チケットと同じようにポイントが3倍もらえるので、「マイルを陸で貯めて空で使う」という方法も可能なわけです。

また、クレジットカードで貯めたポイントは有効期限が設定されていることが多くありますが、スカイ・トラベラー・カードのポイントには有効期限がありません。そのため、せっかくコツコツ貯めたマイルをスケジュールの関係で使用できず泣く泣く失効、という事態を防げます。無期限でポイントが貯められるのは、スカイ・トラベラー・カードのメリットといえますね。

例えば、ANAマイル・JALマイルの有効期限は3年です。マイルを使って航空券を手に入れたいときまでスカイトラベラーのポイントとしてもっておき、必要になったら交換するようにしましょう。

貯めたポイントにはさまざまな使い道がある

スカイ・トラベラー・カードで貯めたポイントは、15の航空会社のマイルに交換することが可能です。レートは「1ポイント=1マイル」となっており、1000ポイント単位で交換できます。移行ポイントの上限も設けられていないので、好きなときに一気にマイルに交換するのもよいでしょう。

他にも、日本旅行での支払いに使う、アメックスが用意している500種類上のアイテムや商品券と交換するなど、貯まったポイントの使い道は豊富にあります。

スカイ・トラベラー・カードのコスパが知りたい!

いくらマイルを効率よく貯められても、年会費をペイできなければ使うメリットはありません。
ここからは、スカイ・トラベラー・カードの年会費や効果的な活用方法について解説していきます。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
還元率 1.0%※1
年会費 1万円
発行スピード 通常1~3週間
国際ブランド
  • American Express
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. ボーナスポイント・パートナーズを利用すると還元率が最大10%(100円=10P)

スカイ・トラベラー・カードの年会費

まず、スカイ・トラベラー・カードを持つには1万円の年会費が必要です。家族カードの発行の場合は5000円となっています。

先にご紹介した「入会ボーナスあり」「ポイントが3倍早く貯まる(しかも有効期限・移行上限なし)」などの特典は、このスカイ・トラベラー・カードの年会費を払うことで受けられます。年会費1万円は、1日に換算すると30円程度。マイルの高還元率などのメリットを考えると、決して高い金額ではないでしょう。

もちろん、ANAやJALなど航空会社発行のクレジットカードの中にはスカイ・トラベラー・カードより年会費が安いものもあります。しかし、マイルの還元率が低かったり有効期限があったり制約が多かったりもするので、トータルで考えるとスカイトラベラーがおすすめです。

詳しくは後述するアメックススカイ・トラベラー・カードと、他の航空系クレジットカードと比較をご確認ください。スカイ・トラベラー・カードの上級カードであるスカイ・トラベラー・カードプレミアについてもご紹介しています。

カードの損益分岐について

続いて、スカイ・トラベラー・カードの年会費をペイするにはどれくらいの金額を利用すればいいのかをていきましょう。

出張が多いビジネスパーソンの方、海外旅行が好きな方は、「年間で約32万円以上」の対象航空券を購入するとポイントで元が取れます
「約32万円×0.03=1万666ポイント(=マイル)」が貯まる計算ですね。
年間で約32万円は1ヶ月換算で約2万6000円となるので、国内もしくは海外旅行を「月に1~2回以上」する場合はスカイ・トラベラー・カードを利用するメリットがあるといえそうです。

また、スカイ・トラベラー・カードがあると国内外29種類の空港ラウンジを無料で使うことができます。指定のクレジットカードを持っていない場合はラウンジ利用で1000円程度かかるので、普段から空港ラウンジを利用して仕事をしたい方や出発までゆっくり過ごしたい方にはスカイ・トラベラー・カードがおすすめです。
年間で10回以上利用すれば年会費はペイできるので、ラウンジ利用だけでも十分に元は取れるでしょう。

もちろん普段の買い物でもポイントが貯まりますが、この場合は還元率が1%になります。例えば月に10万円分をスカイ・トラベラー・カードで決済すると、1000ポイントが貯まる計算です。普段の買い物で月に10万円ほどクレジットカード決済をする方であれば、スカイ・トラベラー・カードをもつメリットはあるかもしれません。

とはいえ、このクレジットカードは「航空券や旅行商品の購入時にもっともポイントが貯まりやすい」という特徴をもったカードです。自分にとって本当にメリットがあるか、ライフスタイルに合っているかをじっくり考えてみてください。

スカイトラベラーは「空の旅」のサポートが充実

スカイ・トラベラー・カードはマイルがお得に貯まること以外にも、飛行機を利用するうえで便利な特典がいくつかあります。

遅延など、海外旅行や飛行機移動には突然のトラブルがつきものです。ここからはスカイ・トラベラー・カードをもっていると利用できる、「空の旅で困ったときのサービス」についてご紹介します。

航空便遅延費用補償

スカイ・トラベラー・カードでは、航空便の遅延・欠航による「宿泊代や食事代・衣類や生活必需品の購入」まで補償してくれます。ゴールドカードでも珍しい「航空便遅延費用補償」がついているのは、このカードの大きなメリットでしょう。

ただし、スカイ・トラベラー・カードの航空便遅延費用補償は海外旅行のみ対象となっており、国内旅行は対象外ですのでご注意ください。

海外旅行先での日本語サポート

スカイ・トラベラー・カードの会員は、海外旅行先で急なトラブルがあったときに24時間電話によるサポートが受けられます

万が一何かあったときに世界中どこからでも無料で通話できるので、初めて海外に行く方でも安心ですね。

旅行傷害保険が付帯

スカイ・トラベラー・カードは国内・国外の旅行を問わず、保険制度が充実しているのも特徴的です。カード会員および家族カード会員には、傷害死亡・後遺障害保険金で最高3000万円(家族会員は最高1000万円)の保険が付帯されます。

ただし、旅行保険は利用付帯(自動付帯ではない)ので、航空券の購入などをスカイ・トラベラー・カードで決済しないと適用されない点には注意が必要です。

空港ラウンジ利用

スカイ・トラベラー・カードは、国内外29のラウンジを無料で利用することが可能です。会員カードを持っていれば「追加で1名まではラウンジ入場OK」となっているので、夫婦・カップルでの旅行時に、フライトまでの待ち時間を快適に過ごせるでしょう。

ラウンジにはWi-Fiや電源も完備されています。ビジネスパーソンの方であればパソコンを持ち込み、発着までの空いた時間で仕事を終わらせるのも賢い使い方です。

手荷物無料宅配サービス

海外でほしかったものやお土産をたくさん買ってしまうと、荷物が増えすぎて家に帰る際に大変な思いをすることも……。スカイ・トラベラー・カードでは、海外旅行限定で帰国時に空港から自宅まで「スーツケース1個まで」無料で配達してくれるサービスがあります
ショッピングを楽しんで荷物が増えてしまった場合は、手荷物無料宅配サービスを使ってみてください。

この特典は成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港の限定で、羽田空港は対象外なので覚えておきましょう。

「他の航空系カード」や「上位カード」との違いは?

ここまでは主にスカイ・トラベラー・カードのメリットについてご紹介してきましたが、メリットだけでなくデメリットもあります。ここからは、「他のクレジットカードと比べてどのくらい優秀なのか」を見ていきましょう。

航空会社が発行しているカードとのコスパ比較

カード 還元率 年会費
スカイ・トラベラー・カード 3% 1万円
ANAワイドゴールド 2% 9500円
JAL JCBプラチナ 4% 3万3480円
ANA VISAプラチナ 3.5% 8万6400円

スカイ・トラベラー・カードはアメリカン・エキスプレス発行のクレジットカードですが、ANAやJALなどが発行しているクレジットカードもいくつか種類があります。貯めるマイルをANAもしくはJALで決めているという場合は、その航空会社が発行しているクレジットカードを選ぶのもよいでしょう。

例えば、ANA発行のワイドゴールドカードには「通常マイル還元率が1%」「毎年継続で2000マイルがもらえる」「ANA便搭乗ごとにボーナスマイルがもらえる」など、ANAマイルがザクザク貯まる特典が多くあります。年会費もスカイ・トラベラー・カードと同程度で、旅行保険も充実しており、「ゴールドカード」というステータスもあります。

スカイ・トラベラー・カードにはマイル使用期限がないとお伝えしましたが、ANAワイドゴールドカードは6年で設定されています。もしANA便を頻繁に使う方なら、この使用期限をデメリットに感じないかもしれません。それなら、マイルが貯まるカードとして人気がある「ANAワイドゴールドカード」がおすすめです。

ANA・JAL発行のクレジットカードには、年会費が安い一方で魅力もそれなりの普通カード、マイル高還元で特典も多いが年会費も高いANA VISAプラチナやJAL JCBプラチナなど、いくつかの種類があります。ANA・JALを含む航空会社28社のチケット購入でマイル還元が3%と高いのがスカイ・トラベラー・カードの魅力ですが、「利用する機会が多い航空便はどれなのか?」も考慮しながら選んでみるのが賢明です。

アメリカン・エキスプレスの他カードとのコスパ比較

カード 還元率 年会費
スカイ・トラベラー・カード 3% 1万円
ANAアメックス 1% 7000円
ANAアメックスゴールド 2% 3万1000円
スターウッド プリファード ゲスト(SPG)
アメリカン・エキスプレス・カード
3% 3万1000円
スカイ・トラベラー・プレミア・カード 5% 8万6400円
ANAアメックスプレミアム 4.5% 15万円

アメリカン・エキスプレスが発行しているスカイトラベラー以外のクレジットカードは、いくつか種類があります。

ANAワイドゴールドカードと同様にANAマイルを貯めやすいのが、ANA アメリカン・エキスプレス(ANAアメックス)カードです。ANA航空券購入時にプラスでマイルが貯まるなどANAマイラーにとっては特典の多いクレジットカードで、ANAワイドゴールドカードと違ってマイルの有効期限がありません。

スカイ・トラベラー・カードの上級カードであるスカイ・トラベラー・プレミアム・カードは、スカイ・トラベラー・カードよりも年会費は高くなるものの、その分マイル還元率が5%までアップします。アメックス指定の航空会社でチケットを購入すると100円で5ポイントが付与されるため、「180万円×0.05=9万円」で年間180万円以上使う方であればペイできる計算です。

アメリカン・エキスプレス発行のクレジットカードは「空港ラウンジの利用・旅行保険」などサービスはそのまま、入会時・2年目以降の継続・指定航空券の購入でもらえるマイルの量が変わってきます。損益分岐のボーダーラインとなる金額分まで「毎月継続的に飛行機を利用する機会があるか?」を検討したうえで、どれにするか選んでみてください。

もし初めてマイルがお得に貯まるクレジットカードをもつなら、スカイ・トラベラー・カードがおすすめです。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
還元率 1.0%※1
年会費 1万円
発行スピード 通常1~3週間
国際ブランド
  • American Express
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. ボーナスポイント・パートナーズを利用すると還元率が最大10%(100円=10P)

まとめ

  • スカイ・トラベラー・カードは、指定航空会社で航空券を買うときにマイル還元率が3%とかなり優秀なクレジットカード
  • マイル交換にかかる手数料は無料、「1ポイント=1マイル」で交換でき、ポイントには有効期限がない
  • 年間約32万円以上の対象航空券購入で年会費の元が取れ、頻繁にラウンジを利用するならさらにペイしやすい