楽天プレミアムカードのラウンジ特典は業界最高水準のコスパ!他カードと比較

更新

楽天プレミアムカード

「楽天プレミアムカードのプライオリティ・パスってどのくらいお得なの?」
「他カードや楽天カード、楽天ゴールドカードと比べてメリットはある?」

楽天プレミアムカードは、世界148ヵ国の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスが付帯するクレジットカード。それも他のカードと比べて、安価な年会費でプライオリティ・パスを手に入れることができるのです。

この記事では、楽天プレミアムカードに付帯するプライオリティ・パスの魅力や他カードとの違い、また他の楽天カードと比較したときのメリット・デメリットについて解説します。

※価格の表記に関して、特に指定があるもの以外は税抜き表記となっています。

楽天プレミアムカードの特徴

楽天プレミアムカードの最大の特徴は「プライオリティ・パスの付帯」です。プライオリティ・パスを持っていれば世界各国の空港ラウンジを使うことができますし、受けられるサービスにも魅力があります。楽天プレミアムカードに付帯するプライオリティ・パスの魅力は以下のとおりです。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
還元率 1.0%※1
年会費 1万円※2
発行スピード 1週間〜10日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
電子マネー
  • 楽天Edy
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 楽天グループのサービスでの利用で2倍〜最大16倍※SPU(スーパーポイントアッププログラム)により、さまざまな条件あり
  2. 家族カード年会費:500円 / 1枚につき

プライオリティ・パスの会員カード発行が無料

プライオリティ・パスを独自に発行する場合は、最高年間429USドルの発行手数料がかかります。しかし楽天プレミアムカードには、このプライオリティ・パスが無料で付帯。家族カード会員へのプライオリティ・パスの発行はできませんが、同伴者は1回につき1人3000円を支払えば空港ラウンジを利用できます

プライオリティ・パスは会員サイト「楽天e-Navi」にログインして、「楽天プレミアムカード プライオリティ・パス」から申し込むことができます。カード申し込みから到着までは約2週間です。

世界148ヵ国の空港ラウンジが利用可能

プライオリティ・パスを持つことで、世界148ヵ国、1300ヵ所以上の空港VIPラウンジが使い放題になります。
楽天ゴールドカード・プレミアムカードも特典として、羽田空港(東京国際空港)や成田国際空港をはじめ国内のおもな31空港と一部海外のラウンジ利用が可能ですが、プライオリティ・パスはさらにさまざまな国・場所でラウンジが利用できるようになるわけです。

プライオリティ・パスのラウンジで受けられるサービス

空港ラウンジには、今回ご紹介しているプライオリティ・パスのラウンジの他に、「カードラウンジ」と呼ばれるラウンジがあります。

カードラウンジは、クレジットカード会社や空港運営会社が提供するラウンジで、加盟しているクレジットカードと当日の搭乗券があれば利用できます。しかし、カードラウンジがあるのはおもに日本国内の空港のみです。

一方、プライオリティ・パスのラウンジは、世界最大規模のラウンジネットワークをもつ、プライオリティ・パス社が運営する空港ラウンジです。ラウンジでは以下のようなサービスが受けられます。

  • 軽食やアルコール類を含むドリンクの提供
  • TV、新聞、雑誌、機内誌などの閲覧
  • ソファ、仕事机などの利用
  • 無線LAN (Wi-Fi)、電話、FAX・コピー機、プリンタなど電子機器の利用
  • 空港のレストラン、ショップ、スパで利用いただける割引オファー
  • 多言語に対応するスタッフが24時間・年中無休でサポートするヘルプデスク
カードラウンジ プライオリティ・パスラウンジ
使える空港 国内空港ラウンジ(約30ヵ所)や一部の海外空港ラウンジが無料で利用可能 世界148ヵ国、600を超える都市にある1300ヵ所以上の空港で利用可能
海外ラウンジは利用できる場所が少ない
例)ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港 韓国/仁川空港、など
日本国内で利用可能なラウンジがある空港
  • 成田国際空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港
  • 福岡国際空港
サービス・設備 基本的なサービス・設備のみ
例)フライト情報/充電用電源コンセント/無線LAN環境/ソフトドリンク無料、アルコール有料/新聞、雑誌 など
基本的なサービス・設備に加え、追加サービスあり
例)フライト情報/充電用電源コンセント/無線LAN環境/食事(ビュッフェなど)/ソフトドリンク・アルコール無料/新聞、雑誌/シャワールーム/その他空港内での特典あり/など
※空港によってサービスが異なるため、利用前の確認がおすすめ

楽天プレミアムカード付帯のプライオリティ・パスのランク

プライオリティ・パスは、ランクによって受けられるサービスも異なります。その中で、楽天プレミアムカードに付帯するプライオリティ・パスはもっともランクの高い「プレステージ会員」と同等のサービスを受けることができます。プレステージ会員は、何度でもラウンジを無料で利用できるので、海外旅行や海外出張が多い人におすすめです。

プライオリティ・パスのランクごとの各料金を比較すると、以下のようになります。

会員種別 年会費 ラウンジ利用料金 同伴者料金
スタンダード 99USドル 32USドル 32USドル
スタンダード・プラス 299USドル 年10回まで無料(以降32USドル) 32USドル
プレステージ 429USドル 無料 (無制限) 32USドル

プライオリティ・パス付きの他カードとの違いは?

プライオリティ・パス付きのカードは、楽天プレミアムカード以外にもあります。楽天プレミアムカードにはない特典が付帯しているカードがありますので、他のカードとも比較したうえで、申し込むカードを選択しましょう。

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGプラチナ
還元率 0.5%
年会費 2万円※1
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • American Express
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 登録型リボ「楽Pay」による年会費優遇あり

年会費は2万円と、プラチナカードの中では比較的安い方といえます。
大きな特徴は、プライオリティ・パスが本人・家族の2枚分無料で付帯する点でしょう。また、同伴者のラウンジ利用料金は2000円と、楽天プレミアムカードよりもお得です。

その他、搭乗した航空便の遅延、航空便に預けた手荷物の遅延などによって、生じたホテルの客室使用料や衣料購入費などを補償してくれる国内・海外渡航便遅延保険が付帯しています。

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード
還元率 1.0%
年会費 1万2000円
発行スピード 最短2~3週間
国際ブランド
  • American Express
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

アメリカン・エキスプレスのスタンダードカードです。年会費は1万2000円とプライオリティ・パスが付帯するカードの中では、安い分類になります。しかし、プライオリティ・パスには年会費無料で登録できるのですが、会員ランクはスタンダード(99USドル)です。そのため、ラウンジ利用には会員料金32USドルが必要になります。

その他、手荷物無料宅配サービスによりスーツケース1個の無料配送や海外用レンタル携帯電話優待(250円→125円/日)、通話料も通常の10%引き、海外旅行先での24時間サポートを受けられる「グローバル・ホットライン」などの特典があります。

エポスプラチナカード

エポスプラチナカード

還元率 0.5%※1
年会費 3万円(税込)※2
発行スピード 最短即日~約1週間
国際ブランド
  • VISA
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 年4回の優待期間中はマルイやMODIでの利用でポイント最大2倍
  2. 年間100万円以上利用すると実質年会費無料

エポスプラチナカードは通常3万円の年会費がかかりますが、年間100万円以上利用すると実質年会費無料でプラチナカードを持つことができます。プレステージ会員相当のプライオリティ・パスが付帯することはもちろん、カードラウンジにてプラチナカードを提示すると、本人+同伴者1名まで無料で利用できます。

その他の特典として、エポスプラチナカードのエポスポイントには有効期限がありません。また、エポスプラチナカードを持つ本会員の家族は、年会費無料でゴールドカードを持つことができます。
各カードの特典をまとめましたので、以下を参考にしてみてください。

年会費 家族カード会員へのプライオリティ・パスの発行 海外旅行傷害保険 おすすめポイント
楽天プレミアムカード 1万円 最高5000万円 プライオリティ・パスが付帯するクレジットカードの中で年会費が安価
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 2万円 最高1億円 家族カードが1枚無料、家族カード分のプライオリティ・パスが1枚無料で付帯
アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン) 1万2000円 最高5000万円 「手荷物無料宅配サービス」など、トラベル・サービスが充実
エポスプラチナカード 3万円(税込)
招待:2万円(税込)
最高1億円 ポイントの有効期限がない

<プライオリティ・パスが付帯する主要なカードの年会費一覧>
カード名称 年会費 プライオリティ・パスのランク
楽天プレミアムカード 1万円 プレステージ
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 2万円 プレステージ
アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン) 1万2000円 スタンダード
エポスプラチナカード 3万円(税込)
招待:2万円(税込)
プレステージ
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド) 2万9000円 スタンダード
(年間2回まで無料)
JCBゴールド ザ・プレミア ゴールドカードの年会費:1万円+サービス年会費:5000円 プレステージ
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード 2万円 プレステージ
JCBプラチナ 2万5000円 プレステージ
Miles & More MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 2万8000円 プレステージ
JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ 3万1000円 プレステージ
JAL・JCBカード プラチナ 3万1000円 プレステージ
三井住友カード プラチナ 5万円 プレステージ
ANA JCBカード PREMIUM 7万円 プレステージ
ANA VISAプラチナ プレミアムカード 8万円 プレステージ

楽天プレミアムカードの基本情報をチェック

続いて、楽天プレミアムカードについて基本情報をまとめていきます。自分が必要としている目的と合っているか、確認しておきましょう。

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
還元率 1.0%※1
年会費 1万円※2
発行スピード 1週間〜10日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
電子マネー
  • 楽天Edy
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 楽天グループのサービスでの利用で2倍〜最大16倍※SPU(スーパーポイントアッププログラム)により、さまざまな条件あり
  2. 家族カード年会費:500円 / 1枚につき

申し込み対象、カード切り替えと審査について

楽天プレミアムカードは、公式ホームページに「原則として20歳以上の安定収入のある方」を申し込み対象とし、「20歳未満、学生、海外在住の方はカードをお申し込みいただけません」と記載されています。楽天プレミアムカード独自の審査基準がありますが、詳しくは明らかにされていません。上記に当てはまる人は申し込んでみてください。

また、楽天プレミアムカードはインビテーションなしで申し込みができるので、すでに楽天カードや楽天ゴールドカードを持っている方は切り替えが可能です。ただし、カードの切り替えに関しても、新規で申し込むのと同様に所定の審査があります。

年会費はいくら?引き落としはいつ?

本会員は年会費1万円、家族会員は年会費500円で家族カードを持つことができます。

年会費はカード契約月に発生し、その翌々月に引き落とされます。また、年会費支払い後に解約をした場合、年会費の返金はされないので注意してください。

利用可能額(限度額)

利用可能額は最高で300万円です。楽天プレミアムカード独自の審査基準により、利用可能額が決定されます。

また、冠婚葬祭や海外旅行など、限度額を一時的に引き上げたい場合は「楽天e-NAVI」から問い合わせや手続きができます。

優待サービス

楽天e-NAVI登録の際に、好きなコースを以下から1つ選択できます。

A:楽天市場コース
  • 毎週火曜日・木曜日楽天市場で最大+1倍
B:トラベルコース
  • 楽天トラベルオンライン決済で最大+1倍
  • 手荷物宅配サービス
  • 国内宿泊優待サービス
C:エンタメコース
  • 楽天TV利用分ポイント最大+1倍
  • 楽天ブックス利用分ポイント最大+1倍

海外旅行傷害保険も手厚い!付帯保険が充実

楽天プレミアムカードには、以下の保険が付帯します。

  • 海外旅行傷害保険:最高5000万円
  • 国内旅行傷害保険:最高5000万円
  • 動産総合保険:最高300万円

新規入会のキャンペーン

2020年2月8日現在、楽天プレミアムカードに入会すると以下の特典を受けることができるキャンペーンが開催(常時)されています。

  • 【特典1】新規入会特典:2000ポイント
  • 【特典2】カード利用特典:3000ポイント
  • 【特典3】楽天プレミアムカード入会特典:5000ポイント

実施されるキャンペーンは時期によって変わることが多いので、申し込む前に必ず確認しておきましょう。

すでに楽天カードを持っていて、楽天プレミアムカードに切り替えの場合は【特典3】のみが適用されます。

楽天カード・楽天ゴールドカード・楽天プレミアムカードの違い

楽天プレミアムカードとその他のカード(楽天カード、楽天ゴールドカード)の違いをまとめました。各項目について、違いを比較してみてください。

楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
年会費 永年無料 2000円 1万円
ご利用可能額 最高100万円 最高200万円 最高300万円
楽天市場でのポイントアップ(SPU) ポイント+最大2倍 ポイント+最大4倍 ポイント+最大4倍
カード付帯保険 海外旅行傷害保険:
最高2000万円
海外旅行傷害保険:
最高2000万円
海外旅行傷害保険:
最高5000万円
国内旅行傷害保険:
最高5000万円
動産総合保険:
最高300万円
楽天e-NAVI登録でトラベルコースなど優待サービスが選べる 楽天e-NAVI登録の際に好きなコースを以下から1つ選択し、各種特典を受けられる
A:楽天市場コース
B:トラベルコース
C:エンタメコース
旅行デスク 海外トラベルデスク利用可能 海外トラベルデスク利用可能
楽天グループ お誕生月サービス
海外空港ラウンジ ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)、仁川空港(韓国)のラウンジが利用可能 プライオリティ・パス無料
国内空港ラウンジ 主要国内空港ラウンジの利用が年2回(海外も含む)無料 主要国内空港ラウンジの利用が無料

プライオリティ・パス以外のメリットを紹介

プライオリティ・パスが付帯するカードの中でも、特に楽天プレミアムカードはおすすめです。続いて、楽天プレミアムカードならではのメリットを解説します。

  • 国内のラウンジも利用OK
  • 楽天プレミアムトラベルデスクが利用できる
  • 旅行保険にショッピング保険が自動付帯
  • 用途に合わせて特典を追加できる「3つの優待サービス」
  • 楽天プレミアムが1年無料に
  • アメリカン・エキスプレスだけの特典もある

国内のラウンジも利用OK

付帯のプライオリティ・パスで海外ラウンジが利用できるだけでなく、楽天プレミアムカードがあれば国内のラウンジも無料で利用可能です。楽天プレミアムカードと当日の航空券(もしくは半券)を提示することで、国内ラウンジを使うことができます。楽天ゴールドカードでのラウンジ無料利用は年間2回までに限られていますが、楽天プレミアムカードなら制限はありません。

楽天プレミアムトラベルデスクが利用できる

楽天プレミアムカードを持っていれば、ニューヨーク・ホノルル・パリ・ミラノ・上海など、世界38拠点の現地デスクを利用できます。海外旅行や海外出張が多い人にはうれしい以下のサービスが用意されています。

  • パスポートやカードの紛失・盗難、病気やケガなどの緊急時の対応
  • 現地情報の紹介
  • 各種レストラン・オプショナルツアーの予約や手配

旅行保険にショッピング保険が自動付帯

楽天プレミアムカードで購入した商品(1個1組1万円以上)が破損・盗難などの損害にあった際は、購入日から90日間・年間最高300万円まで補償してくれるショッピング保険(動産総合保険)が付帯しています。

また、万が一カードが不正利用された場合も補償対象となります。楽天プレミアムカードであれば、国内・海外のショッピングを問わず補償されるので、安心して買い物ができます。

用途に合わせて特典を追加できる「3つの優待サービス」

楽天プレミアムカードは、ライフスタイルに合わせた3つの優待コースから自分に合ったものを選ぶことができます。そのコースとは以下の3つです。

  • トラベルコース
    以下のようなサービスが受けられるコースで、旅行や出張が多い人におすすめです。
    • 楽天トラベルでオンラインカード決済をするとポイントがさらに1倍
    • 旅行の際に自宅・空港間で手荷物を無料配送
    • 国内宿泊ご優待サービス(24時間対応、年中無休)を受けることができる
  • 楽天市場コース
    毎週火曜日・木曜日のプレミアムカードデーは楽天市場で買い物をするとポイントが1倍加算されます。
  • エンタメコース
    楽天TV、楽天ブックスでポイントが1倍加算されます。

楽天プレミアムが1年無料に

楽天プレミアムは、楽天市場でおもに以下の3つの特典が受けられるサービスです。

  • 送料分相当をポイント還元
  • 楽天トラベル・楽天TV・楽天ブックスでのポイント還元率がアップ
  • 会員限定クーポンを受け取ることができる

1年間の無料期間が終わっても自動更新されないので、引き続き利用したい場合は更新手続きをする必要があります。また、更新後は3900円(税込)の年会費がかかります。

アメリカン・エキスプレスだけの特典もある

楽天プレミアムカードは、国際ブランドをVISA、JCB、マスターカード、アメリカン・エキスプレスから選択することができます。この中でアメリカン・エキスプレスを選択すると、さらに以下のような独自の特典を受け取ることができるのです。

  • 各国から厳選した400以上のレストランで代金20%オフ
  • ショップでの優待特典
  • チケット先行販売や特別なプランをご案内

落ち着いて吟味したい!デメリットも

楽天プレミアムカードを選んで後悔しないため、最後にデメリットを解説します。メリット・デメリットをよく比較検討し、自分に合うカードを選びましょう。

  • ラウンジ利用の際、同伴者は別料金
  • 基本ポイントの還元率が低い
  • 期間限定ポイントに注意
  • 楽天サービスを使わないとメリットが減ることも

ラウンジ利用の際、同伴者は別料金

プライオリティ・パスを使って海外空港ラウンジを利用する際、同伴者には別途3000円の料金がかかります。出張や一人旅などではいいかもしれませんが、家族や友達と利用する場合は注意しましょう。

基本ポイントの還元率、マイルへの交換レートが低い

楽天プレミアムカードの基本還元率は1%。他のプライオリティ・パス付帯のカードと比較して、ポイント還元率はあまり高いとはいえません。しかし、スーパーポイントアッププログラムによってポイント還元率を上げることができます。

ちなみに、楽天プレミアムカードで貯めたポイントはANAマイルに交換することができます。しかし、楽天スーパーポイント2ポイント=ANAマイル1マイルのため、こちらも高レートではありません。

期間限定ポイントに注意

スーパーポイントアッププログラムで得られる楽天スーパーポイントの中には、期間限定ポイントと呼ばれるポイントも含まれることがあります。期間限定ポイントは期限が過ぎると無効になったり、利用先に制限があったりする場合があるので注意が必要です。

楽天サービスを使わないとメリットが減ることも

楽天プレミアムカードは楽天サービスを利用することで、メリットを最大限に活用できるカードということができ、楽天関連サービスを使わない場合、選択するメリットは小さいといえるでしょう。ただ、年会費1万円でプライオリティ・パスとそれなりの付帯保険が利用できると考えると、決して悪くはありません。

まとめ

  • 楽天プレミアムカードには、最高ランクのプライオリティ・パスが付帯する
  • 他のプライオリティ・パス付帯カードに比べてお手軽にプライオリティ・パスが手に入る
  • ショッピング保険が付帯するなどカードの年会費以上のメリットが多い

楽天プレミアムカードは、年会費1万円でプライオリティ・パスを利用できることが最大のメリット。プライオリティ・パスのランクもプレステージ(年会費429USドル)ですので、これだけで年会費の元が取れますね。さらに、付帯保険も充実しているので、海外出張や旅行が多い方におすすめです。

またプライオリティ・パス以外に、楽天プレミアムカード自体にもメリットが多いといえます。他のクレジットカードとの違いをしっかり確認し、納得したうえで、カードを選びましょう。