三越や伊勢丹でお得なエムアイカードは年間いくら以上利用ならお得?

更新

エムアイカード

「エムアイカードを持っておくべきなのはどんな人?」
「年間でどのくらいカード利用をすればお得なのか知りたい」

三越や伊勢丹に行く機会はあるものの、そこまで多くないので「年会費を払ってまでエムアイカードを作るべきか迷う」という方も少なくないでしょう。いくらポイント還元率が高くても、年会費のもとを取れなければもったいないですよね

この記事では、エムアイカードでお得さを感じられるのはどんな人なのか、いくらくらいの利用で年会費を差し引いてプラスになるのかなどについて解説していきます。

エムアイカードの種類一覧

まずは、エムアイカードにどのような種類があるのかをチェックしていきます。それぞれの特徴を比較して、自分に合ったカードを選びましょう。

カード名 年会費 通常ポイント還元率 三越・伊勢丹利用時のポイント還元率 特徴
エムアイカード 初年度無料、2年目以降500円 0.5% 1% ・一定条件を満たせば翌年の年会費が無料になる
エムアイカード プラス 初年度無料、2年目以降2000円 0.5% 5~10% ・一定の金額利用で翌年の三越・伊勢丹利用時還元率が最大10%になる
・年間一定額の利用で、ボーナスポイントが付与される
エムアイカードゴールド 5000円 1% 1% ・提携空港ラウンジが無料で利用可能
・いつでもエムアイカードの2倍ポイントが付与される
エムアイカード プラス ゴールド 1万円 1% 5~10% ・初年度はポイント還元率が8%になる
・一定の金額利用で翌年の三越・伊勢丹利用時還元率が最大10%になる
・年間一定額の利用で、ボーナスポイントが付与される
・毎年4200円相当のクーポン券がもらえる
エムアイカード プラス プラチナ 5万5000円 1% 8~10% ・初年度はポイント還元率が10%になる
・一定の金額利用で翌年の三越・伊勢丹利用時還元率が最大10%になる
・コンシェルジュサービスやプライオリティ・パスの付与など特典あり

エムアイカード(MICARD)

エムアイカード(MICARD)

エムアイカード
還元率 0.5%※1
年会費 500円※2
発行スピード 記載なし
国際ブランド
  • VISA
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 海外での利用で還元率1%
  2. Web明細サービスご登録+年1回以上のカード利用で翌年も年会費無料

エムアイカードの中でもっともベーシックなカードです。通常利用のポイント還元率が0.5%、三越・伊勢丹での利用でポイント還元率は1%となり、3%還元の系列店舗もあります。年会費は初年度無料、2年目以降は500円が発生しますが、「Web明細サービスへの登録と年1回以上のカード利用」で翌年の年会費はかからなくなるので実質無料といえます。

エムアイカード プラス(MICARD+)

エムアイカード プラス

エムアイカード プラス
還元率 0.5%※1
年会費 2000円
発行スピード 最短即日(60分)
国際ブランド
  • VISA
  • American Express
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. ・三越伊勢丹グループ百貨店にて年間100万円以上利用で、翌年10%ポイント ・MIポイントワールド利用で最大30倍

エムアイカード プラスは年会費が2000円と低めで、ポイント還元率が最大10%というバランスがいいカードです。三越や伊勢丹で年間5万5000円以上の買い物をするなら、エムアイカードよりもエムアイカード プラスを選んだ方がお得になります。

さらに、前年の買い物額に応じてポイント付与率がアップする特典も利用できるため、家具やパッケージツアーなど多額の買い物を三越・伊勢丹系列のショップでする際は、エムアイカード プラスを利用するのが得策です。

エムアイカードゴールド(MICARD GOLD)

エムアイカードゴールド

エムアイカードゴールド
還元率 1.0%※1
年会費 5000円
発行スピード 記載なし
国際ブランド
  • VISA
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 海外での利用で還元率1.5%(200円で3P)

エムアイカードゴールドは、年会費5000円で持つことができるリーズナブルなゴールドカードです。年会費を抑えてゴールドカードを持ちたい方や、海外旅行傷害保険、空港ラウンジサービスといったゴールドカードならではの特典を利用したい方におすすめです。

通常利用(三越・伊勢丹系列以外)のポイント還元率も、エムアイカードが0.5%なのに対して1%と2倍。ただし、三越・伊勢丹系列で利用した際の還元率はエムアイカードと同様です。

エムアイカード プラス ゴールド(MICARD+GOLD)

エムアイカード プラス ゴールド

エムアイカード プラス ゴールド
還元率 1.0%※1
年会費 1万円※2
発行スピード 最短即日(60分)
国際ブランド
  • VISA
  • American Express
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 家族会員:2000円(税抜)
  2. ・三越伊勢丹グループ百貨店にて年間100万円以上利用で、翌年10%ポイント ・MIポイントワールド利用で最大30倍

エムアイカード プラス ゴールドは、エムアイカード プラスにゴールドカードのサービスをプラスしたステータスカードです。ポイント付与率が初年度8%となる他、毎年4200円相当のクーポン券配布、空港ラウンジの無料利用、ゴールドカード会員だけのプラスサービスなどを利用できます。

エムアイカード プラス ゴールドの年会費は1万円。エムアイカードゴールドに比べて5000円分高くなりますが、エムアイカードゴールドの三越・伊勢丹系列店舗利用時のポイント還元率が最大3%なのに対し、エムアイカード プラス ゴールドでは10%と、実に7%もの差があります。三越や伊勢丹の買い物利用が多い方は、エムアイカード プラス ゴールドを選ぶのがおすすめです。

東京建物 ブリリア エムアイカード プラス プラチナ

東京建物 ブリリア エムアイカード プラス プラチナ

エムアイカード プラス プラチナ
還元率 1.0%
年会費 5万5000円
発行スピード
国際ブランド
  • VISA
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 三越伊勢丹グループ百貨店にて年間100万円以上利用で、翌年10%ポイント
  2. MIポイントワールド利用で最大30倍

エムアイカード プラス プラチナは、コンシェルジュサービスやレストランの優待サービス、プライオリティ・パスの付与など、さらにラグジュアリーなサービスが付帯されたカードです。ポイント付与率は8%〜10%と設定されており、初年度は10%となっています。

年会費は高額ですが、三越・伊勢丹系列店舗利用時のポイント還元率が初年度10%ということで、これらの店舗の利用頻度が高い場合は十分にお得なカードといえます。ただし、プラチナカードは完全招待制のため、発行したくてもインビテーションが届いていなければ手に入れることができません。

その他のエムアイカード

その他、エムアイカードにはミーツ国分寺、名古屋ラシック、福岡ソフトバンクホークス、レクサス東京、PRALIVA、VIORO、鹿島神宮、北海道コンサドーレ札幌と提携した各種クレジットカードも用意されています。特によく利用する店舗やサービスがある場合は、こうした提携カードを検討してみてもいいでしょう。

一般、ゴールド、プラスゴールドで年会費をペイできるか検証

年会費がかかるカードを作成するときは、「いくらくらい使うと年会費を差し引いても得になるのか」を考慮する必要があります。ここでは、エムアイカード プラス(一般)とエムアイカード プラス(ゴールド)について、三越・伊勢丹グループのショップでどのくらい買い物をすると得なのかをご説明します。

どのくらいの金額を利用すれば年会費よりポイントが貯まる?

年会費が2000円の「エムアイカード プラス(一般)」と年会費1万円の「エムアイカード プラス(ゴールド)」に関して、どれくらい買い物をすればポイント分でペイできるのかをチェックしてみましょう。

エムアイカード プラス(一般)の場合

<結論>

5万5000円以上の買い物を系列店舗でするのなら、「エムアイカード(一般)」より「エムアイカード プラス(一般)」の方がお得

まずは、年会費2000円(初年度無料)のエムアイカード プラス(一般)と年会費が実質無料の「エムアイカード(一般)」を比較してみましょう。
エムアイカード(一般)は三越・伊勢丹でのポイント還元率が1%。エムアイカード プラス(一般)は5%(前年度の利用金額が30万円(税込)未満の場合/1回3000円以上の買い物のみ適用、食品やレストランなど一部除外店舗あり)です。

三越・伊勢丹で年間5万5000円分の買い物をした場合、付与されるポイントは下記のとおりです。

  • エムアイカード(一般)……550ポイント
  • エムアイカード プラス(一般)……2750ポイント

両者には「2750-550=2200ポイント」の差ができます。
年会費は2200円(税込)なので、5万5000円以上の買い物をするのであれば、エムアイカード(一般)よりエムアイカード プラス(一般)の方がお得ということになります。

初年度年会費無料のクレカは「次年度以降も得をできるかどうか判断する期間が設けられている」とも考えられるので、本当に得ができるかどうか不安なら試しに1年間使ってみるのも一つの方法です。年間のお買い物額をチェックすれば、翌年以降の年会費をポイントでペイできるかどうかがわかりますよ。

エムアイカード プラス(ゴールド)の場合

<結論>

年間約9万7000円分以上を系列店舗で使うなら、初年度は「エムアイカード プラス(ゴールド)」に入会するメリットがある

エムアイカード プラス(ゴールド)の年会費は1万円なので、税込で1万1000円ということになります。なお、エムアイカード プラス(ゴールド)の場合は、初年度と2年目以降でポイント還元率が異なります。ここでは、初年度について見てみましょう。

初年度の三越・伊勢丹利用時のポイント還元率は8%で、別途、毎年1回会員専用のクーポン券(4200円相当)がもらえます。「1万1000円-4200円=6800円」ですから、6800円を超えるポイントメリットがあるかどうかを考えればいいということになりますね。

三越・伊勢丹系列の店舗で年間9万7000円分の買い物をした場合の、エムアイカード プラス(ゴールド)とエムアイカード(一般)の付与ポイントの違いは下記のとおりです。

  • エムアイカード(一般)……970ポイント
  • エムアイカード プラス(ゴールド)……7760ポイント

「7760-970=6790ポイント」となるので、年間約9万7000円分以上を系列店舗で使うなら、初年度はエムアイカード プラス(ゴールド)に入会するメリットがあるといえます。

また、エムアイカード プラス(ゴールド)には、海外・国内旅行傷害保険や空港ラウンジ利用といった「ポイント還元では測れないメリット」も複数用意されています。こうしたサービスをどのくらい使うのかもあわせて検討してみましょう。

お得な特典情報

エムアイカードには、それぞれのカードランクに応じた特典が用意されています。

エムアイカード(一般)の特典

Web明細サービス登録と年1回以上の利用で次年度の年会費が無料になります。

エムアイカード プラス(一般/ゴールド)の特典

年間利用金額30万円(税込)以上でポイント還元率が8%、100万円(税込)以上で10%にアップします。また、年間利用金額200万円(税込)以上で1万ポイント、300万円(税込)以上で1万5000ポイント、500万円(税込)以上で2万5000ポイントがプレゼントされます。

エムアイカード以外の百貨店系カードとの比較

その他の百貨店系カードのポイント付与率についてご紹介します。どの百貨店系カードも、系列店舗でのポイント優遇が用意されているため、自分がよく使う百貨店のカードを選ぶのがお得にクレジットカードを利用するためのコツです。

大丸松坂屋カード(一般)

大丸や松坂屋でのショッピングで5%のポイント還元、それ以外の店舗利用で0.5%のポイント還元が受けられるクレジットカードです。利用額に応じたボーナスポイントがあるのが特徴。初年度は年会費無料、2年目から1000円がかかりますが、利用状況により無料になります。

タカシマヤカード

高島屋でお得に買い物ができるクレジットカードです。高島屋での利用でポイント還元が8%となり、それ以外の店舗では0.5%のポイント還元が受けられます。こちらも初年度は年会費無料で、2年目から2000円の年会費がかります。

エムアイカードの特徴について

エムアイカード(MICARD)は、三越伊勢丹グループの店舗・施設でお得にショッピングができるクレジットカードです。こちらでは、エムアイカードを持つメリットとデメリットをご紹介します。

エムアイカード(MICARD)

エムアイカード
還元率 0.5%※1
年会費 500円※2
発行スピード 記載なし
国際ブランド
  • VISA
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 海外での利用で還元率1%
  2. Web明細サービスご登録+年1回以上のカード利用で翌年も年会費無料

エムアイカードを持つメリット

エムアイカードを持つおもなメリットは以下のとおりです。

  • 豊富な種類の中から自分に合ったカードを選べる
  • 三越や伊勢丹などで利用すると高還元率
  • 年間利用額に応じた特典あり
  • 会員限定で利用できるイベントやキャンペーン

豊富な種類の中から自分に合ったカードを選べる

エムアイカードには、「カードランク」や「提携ショップ」が異なるさまざまな種類のカードが用意されています。ライフスタイルに応じて「自分に最適な1枚」を選ぶことができるので、無理なく活用できます。

三越や伊勢丹などで利用すると高還元率

「エムアイカード プラス(MICARD+)」は、三越や伊勢丹などの対象店舗・施設で利用した場合、最大10%のポイント還元が得られます。クレジットカードのポイント還元率は一般的に0.5%から1%程度のものが多いため、最高10%というのは非常に高い数字といえるでしょう。

年間利用額に応じた特典あり

「エムアイカード プラス」を利用している場合、対象店舗での年間利用金額の合計が一定額を超えると、金額に応じて翌年のポイント還元率がアップします。この利用額の合算には本人カードだけでなく家族カードでの買い物も含まれるので、無駄なくポイント率を上げていくことができます。

会員限定で利用できるイベントやキャンペーン

エムアイカードではそのときどきに応じて、会員向けのイベントやキャンペーンを行っています。特定の店舗・用途で利用した際のポイント還元率アップやキャッシュバックといったお得なキャンペーンはもちろん、高級レストランでの会員限定ランチメニューなど、楽しい時間を演出してくれる催しもあるので楽しみながら使えます

エムアイカードを持つデメリット

エムアイカードには上記のようなメリットがある反面、デメリットも存在します。検討するにあたってどんな点に気をつけるべきなのか、確認しておきましょう。

  • 年会費がかかる
  • 三越や伊勢丹以外では還元率があまり高くない

年会費がかかる

三越や伊勢丹で大きなポイント優遇が受けられる「エムアイカード プラス」は、一般会員でも年間2000円の年会費がかかります(初年度と家族会員は無料)。年会費をかけずに利用できる一般カード「エムアイカード(初年度無料、Web明細サービス登録+年1回以上の利用で次年度500円の年会費無料)」もありますが、こちらは三越伊勢丹グループの店舗でのポイント還元率が低くなります。

三越や伊勢丹以外では還元率があまり高くない

三越や伊勢丹など提携店舗以外で「エムアイカード」を利用した場合の基本ポイントは0.5%と、それほど高くありません。年会費が1万円と高い「エムアイカード プラス(ゴールド)」でも1%なので、三越や伊勢丹系列のショップを利用しない方にとってはメリットが少ないといえるでしょう。

エムアイカードを持つことで得られる恩恵

エムアイカードを持っていることで、具体的にどのような恩恵を受けられるのでしょうか? 実際に利用していくうえで「エムアイカードを持っていてよかった!」と思えるのはどんなシーンか見てみましょう。

ポイントを「貯める」シーンについて

「エムアイカード プラス」では、指定店舗での年間利用が一定額を超えると最大10%までポイント還元率がアップします。三越や伊勢丹などのグループ店舗で買い物をすることが多い方は、どんどんポイントを貯めることができるでしょう。

それぞれのカードについて実際にどのくらいポイントが貯まるのか、「三越・伊勢丹で5万円分のショッピングをした場合」について考えてみます。

利用カード 対象店舗でのポイント還元率 5万円の購入で貯まるポイント 備考・条件
一般的なクレジットカード 0.5%の場合 250ポイント
エムアイカード プラス(一般) 5% 2500ポイント 前年度の年間買い物額が30万円(税込)未満の場合は5%
エムアイカード プラス(一般) 10% 5000ポイント 前年度の年間買い物額が100万円(税込)以上の場合は10%

還元率0.5%の一般的なクレジットカードを使うと250ポイントが貯まりますが、エムアイカード プラスで最高還元を受けられる場合には5000ポイントになります。その差は実に4750ポイント。年間利用額がそれほど多くないケースでも2250ポイントの差が出るため、エムアイカード プラスを持っているかいないかでお得度に大きな違いがあることがわかります。

さらに、エムアイカード プラスでは年間一定額のクレジットカード利用で、ボーナスポイントを受け取ることもできます。

条件 ボーナスポイント
年間200万円(税込)以上 1万ポイント
年間300万円(税込)以上 1万5000ポイント
年間500万円(税込)以上 2万5000ポイント

年間利用額が高くなればなるほど多くのポイント還元が受けられるため、カードの恩恵を実感しやすいといえるでしょう。

エムアイカードで貯めたポイントの交換先一覧

エムアイカードで貯まったエムアイポイントは、「1ポイント=1円」として三越や伊勢丹などの買い物で利用できます。オンラインショッピングでも使えるので、店舗で「ポイントを使いたい」と言うのが面倒な方でも損せず使えるでしょう。

さらに、エムアイポイントはJALやANAのマイル、WAONポイント、ビックポイント、スターバックスカードなどに交換することも可能です。

交換できるおもなポイント 交換レート 備考・条件
JALマイル 3000MIポイント=1500マイル 3000ポイント以上、1000ポイント単位で交換可能
ANAマイル 2000MIポイント=500マイル 2000ポイント単位で交換可能
JTB 1000MIポイント=1000トラベルポイント 1口1000ポイント単位で1回あたり5口まで交換可能
WAONポイント 1000MIポイント=1000WAONポイント 1口1000ポイント以上から、1口単位で交換可能
ビックポイント 1000MIポイント=1000ビックポイント 1口1000ポイント以上から、1口単位で交換可能
スターバックスカード 1000MIポイント=1000円分 1回の申請につき10口1万円まで交換可能
ニトリポイント 1000MIポイント=1000ニトリポイント

また、エムアイポイントには「寄付」という非常に魅力的な使い方も用意されています。寄付先は「東京国立博物館」「京都国立博物館」「国立科学博物館」「鎮守の森プロジェクト(東日本大震災などをきっかけに森の防波堤を築くための活動をしている団体)」。日本の文化や芸術、自然を守っていくためのものと考えれば、大変意義のある使い方といえそうです。

その他のシーンについて

クレジットカードを保有することで利用できるサービスは、ポイント還元だけではありません。エムアイカードを持っていることで受けられるその他のサービスについて、以下にまとめました。

海外旅行保険、ラウンジ利用

空港ラウンジ無料利用サービスや手荷物宅配サービス、海外旅行傷害保険付帯(すべてゴールドカードのみ)、レンタルWi-Fiや海外レンタカーの割引サービス、海外キャッシングサービスなどを利用できます。

三越や伊勢丹でのサービス・優待

三越で開催される展覧会への無料入場(同伴者1人まで無料)、三越劇場や三井記念美術館の優待、利用料金に応じた駐車場無料サービス、ブライダル関連商品の値引きが利用できるブライダルクラブへの入会サービスなどが受けられます。

ETCカード

年会費無料でETCカードを作ることができます。高速道路を利用する機会がある方は作っておいても損はありません。

住まいのサポート年3回無料

水漏れ、鍵、ガラス窓などの登録した住まいのトラブルについて、年3回まで出張費と30分以内の作業料が無料になります。

家族カード

年会費無料で家族カードを発行できます(エムアイカード プラス:4名、エムアイカード:1名まで、ゴールドは除く)。エムアイカード プラスであれば、家族カードでのクレジット利用も、年間の利用額に加算されます。先ほど紹介したとおり、エムアイカード プラスは利用額に応じて最大10%のポイント還元が受けられますが、家族カードを活用することで還元率アップの近道となります。なお、家族カードの発行対象となるのは、18歳以上(高校生不可)の生計を同一とする家族(配偶者、親、子)のみです。

まとめ

  • エムアイカードは、三越や伊勢丹系列のショップで買い物をする機会が多い方に適したカード
  • 「エムアイカード プラス」なら、ショッピングでより多くのポイント還元を受けることができる
  • 年会費がかかるカードも、三越伊勢丹の利用が多ければポイントで十分得することが可能

おすすめ記事

カテゴリー一覧