NICOSカードの特徴は? メリット、デメリット、年会費について徹底解説!

更新

NICOS一般カード

三菱UFJニコスが発行するNICOSカードは、日本信販が発行母体であった時代から続く老舗ブランドのクレジットカードです。プロパーカードの他にも豊富な提携カードがあるNICOSカード。

ポイント還元や旅行保険、チケットサービスなどの付帯サービスが用意されていて、その内容はカードによって多彩なため、ニーズに合わせて選ぶことができます。「どんなサービスを利用したいか」を考えて、賢く選びましょう。

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

NICOSカードって何?

「ニコス」の名称は、日本信販株式会社が発行していたカードのブランド名でした。日本信販株式会社は他社との統合を繰り返し、現在は三菱UFJニコス株式会社が日本信販の流れを受け継いでいます。NICOSブランドのカードにどんなメリットがあるのか、ご紹介しましょう。

大手発行会社が発行するカードだから安心感あり

1991年から発行されてきた「NICOSカード」。歴史と実績のある会社が発行母体となっているので、安心して利用することができるでしょう。
NICOSブランドにはプロパーカードと、豊富な提携カードが存在します

NICOSカードの種類

NICOS一般カードは海外旅行が多い人におすすめ

NICOS一般カードの会員は、海外旅行傷害保険サービスや、海外アシスタントサービス「ハローデスク」を利用できます。1250円の年会費がかかりますが、初年度年会費は無料。さらに登録型リボ「楽Pay」を利用することによる年会費優遇もあります。以下に、海外旅行が多い人にうれしい特典やサービスをご紹介します。

NICOS一般カード

NICOS一般カード
還元率 0.5%
年会費 1250円※1
発行スピード 1~2週間
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 初年度年会費無料、登録型リボ「楽Pay」による年会費優遇あり

海外旅行傷害保険

旅行前に海外渡航費用などをNICOS一般カードで支払うと、海外旅行中に病気やケガをした時、携行品が破損した時、損害賠償責任を負った場合などに補償を受けることができます。

ハローデスク

「ハローデスク」は、海外旅行の際に現地スタッフが現地情報などを教えてくれたり、レストランの予約をしてくれたりと、さまざまな要望に応えてくれるサービスです。もちろん日本語に対応しているので、安心して旅をすることができます。

ショッピングパートナー保険サービス

NICOS一般カードには、ショッピング時の保険サービスも付帯されています。これは、NICOS一般カードで購入した商品が購入日から90日以内に破損、盗難などによる損害があった場合、補償が受けられるというものです。海外旅行で購入し、NICOSカードで支払いをした商品は、支払い方法(一括、分割、リボ払いなど)を問わず、すべてがこの保険の対象となります。

年会費無料でポイントが貯まりやすいVIASOカード

三菱UFJニコスが発行するNICOSブランドのプロパーカードには2種類あり、1つがNICOS一般カード、もう1つがVIASOカードです。VIASOカードは、年会費無料でポイントが貯まりやすいことが特徴です。

三菱UFJニコス VIASOカード

還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード 最短翌日発行
国際ブランド
  • Mastercard
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  • 入会日から3ヵ月後末日までに、15万円以上利用で7000円相当のVIASOポイント(2019年4月1日以降に入会された方)
  • 携帯電話(NTTドコモ、ソフトバンク、au、ワイモバイル)料金の支払いで1000円相当のVIASOポイント(入会日から3ヶ月後末日まで)
  1. Rakuten、Yahooショッピングの利用で2.5%

VIASOカードでは、ショッピング1000円ごとに5ポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント1円でオートキャッシュバックされるため、ポイント交換の手続きが必要なく便利でしょう。

さらに、以下のようなポイント還元も受けることができます。

  • 特定加盟店でのカード利用は通常ポイントの2倍
  • VIASO eショップに掲載されている店舗のホームページへアクセスし、VIASOカードで商品を購入すると商品価格の0.5%~10%がポイント還元

最高2000万円まで補償が受けられる海外旅行傷害保険サービスをはじめ、年間限度額100万円までのショッピングパートナー保険サービス(※楽Pay登録期間中のみ自動付帯)、オンライン取引での不正利用があった場合に補償が受けられるNICOSネットセーフティサービスも利用できます。

豊富な提携カード

NICOSブランドのカードは、2種類のプロパーカードの他に、豊富な提携カードが存在します。
クレジットカード一覧はこちらを参考にしてください。
http://www.cr.mufg.jp/apply/card/

<提携カードの例>

カード名 提携会社 年会費 国際ブランド その他
JAカード JAバンク [本人会員]
1250円
[家族会員]
1人につき400円
※初年度年会費無料
※次年度会費無料化条件あり
Mastercard、VISA JAバンクを通して申し込みができます。JA-SS、ホクレンSSでの給油や、JA直売所での買い物が割引になります
JALカード 日本航空 [本会員]
2000円
初年度年会費無料(※)
[家族会員]
1000円
初年度年会費無料(※)
Mastercard、VISA ショッピングでもフライトでもマイルが貯まります
ディノスカード 株式会社ディノス・セシール [本人会員]
1905円
初年度年会費無料
登録型リボ「楽Pay」による年会費優遇あり
[家族会員]
245円
初年度年会費無料
Mastercard、VISA ディノスでの買い物は商品代金から5%引き、さらにポイントが3倍貯まります。商品の基本配送料が無料になります
リクルートカード リクルート [本会員]
永年無料
[家族会員]
永年無料
Mastercard、VISA リクルートカードWebサイトから申し込みます。年会費は永年無料。リクルートの対象サービスを利用するとボーナスポイントがもらえます
リーガロイヤルクラシックカード リーガロイヤルホテルグループ [本人会員]
1500円
初年度年会費無料
登録型リボ「楽Pay」による年会費優遇あり
[家族会員]
650円
初年度年会費無料
VISA リーガロイヤルホテルグループ&アソシエイトホテルズでの宿泊が10%引き、レストランやバーでの利用代金が5%引きといった優待が受けられます

知っておきたいNICOSカードのメリットとデメリット

NICOSブランドのカードには、メリットもあればデメリットもあります。NICOSカードの利用を決める前にぜひ特徴を知っておきしょう。

ポイントが貯まるともらえる「わいわいプレゼント」

NICOSカード保有者は「わいわいプレゼント」というプログラムを利用し、カードの利用金額に応じてさまざまな商品や提携先のサービスに交換することができます。ただし、VIASOカードを持つ人は、ポイントが手続きなしで年に1度、オートキャッシュバックされる仕組みのため、わいわいプレゼントの対象外です。

1ヶ月のショッピング利用金額合計1000円ごとに、基本ポイントが1ポイントもらえます。当年度の利用金額に応じて、翌年度のポイントがさらに加算される「わいわいup」という仕組みもありますので、押さえておきましょう。

当年度の利用金額 翌年度のポイント優遇率
100万円以上 基本ポイントの20%分を加算
50万円以上100万円未満 基本ポイントの10%分を加算

いつも貯めているポイントに交換できる

わいわいプレゼントのポイントはキャッシュバックを受けたり、他のポイントに交換したりすることができます。

<交換レートの例>

交換前 交換後
キャッシュバック 500ポイント 2000円
Pontaポイント 200ポイント 800ポイント
楽天スーパーポイント 200ポイント 800ポイント
Tポイント 200ポイント 800ポイント
nanacoポイント 200ポイント 600ポイント
WAONポイント 200ポイント 600ポイント
JALマイル 200ポイント 400マイル
Dポイント 200ポイント 800ポイント
au WALLETポイント 200ポイント 800ポイント
ベルメゾン・ポイント 200ポイント 2500ポイント
ビックポイント 500ポイント 2500ポイント

チケットサービスも充実

NICOSカード会員は、コンサートやミュージカルなどの各種チケットをWebサイトから申し込むことができる「チケットサービス」を利用することができます。

優待割引公演、特典付公演への申し込みや、一般販売に先駆けて申し込むことができるため、人気公演が比較的当たりやすいでしょう。

年会費がかかるカード、かからないカード

NICOSカードは基本的に年会費がかかります。しかし、年会費無料のカードや、登録型リボ「楽Pay」の利用で年会費が優遇されるカードもあります。

例えば、VIASOカードは年会費が無料です。
三菱UFJニコスが発行する「MUFGカード一般」は年会費がかかりますが、登録型リボ「楽Pay」を利用することによる年会費優遇制度があります。

年会費がかかるカードにも、以下のようなメリットがあります。「年会費がかかる」という理由だけで敬遠していると、かえって損をする可能性もあるのです。

  • 付帯サービスが充実している
  • ポイントが貯まりやすい
  • 当年度の利用金額に応じて翌年度の年会費が優遇される、無料になる

ポイント還元率が高いカードもある

NICOSカードのポイント還元率は条件によって変動します。たとえばVIASOカードは、1000円利用ごとに5ポイントが貯まりますが、「VIASO eショップ」で買い物をすると商品価格の0.5%~10%相当分のポイントがボーナスポイントとして還元されます。

希望に合わせて選べる三菱UFJニコスのカード

三菱UFJニコスが発行するカードには、NICOSブランドだけでなく、MUFGブランドのカードをはじめとして、非常に数多くの種類があります。ニーズに合わせて選ぶことができるので、利用申し込み前にじっくり検討しましょう。

カード名 特徴 年会費
VIASOカード ポイントが貯まりやすくオートキャッシュバックされる 無料
MUFGカードゴールド ボーナスポイントプレゼントや、充実した付帯保険サービス、空港ラウンジサービスが受けられる 1905円
「楽Pay」による年会費優遇あり
Initial 18歳以上29歳以下限定のカード 学生:1250円
※在学中年会費無料
社会人:1250円
※初年度年会費無料

VIASOカードは年会費無料でポイントが貯まりやすくおすすめ

年会費無料のVIASOカードは、ポイントが貯まりやすいことも特徴です。
VIASOカードでのショッピング1000円ごとに5ポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント1円でオートキャッシュバックされます。商品との交換など面倒な手続きは必要ありません。

三菱UFJニコス VIASOカード

還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード 最短翌日発行
国際ブランド
  • Mastercard
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  • 入会日から3ヵ月後末日までに、15万円以上利用で7000円相当のVIASOポイント(2019年4月1日以降に入会された方)
  • 携帯電話(NTTドコモ、ソフトバンク、au、ワイモバイル)料金の支払いで1000円相当のVIASOポイント(入会日から3ヶ月後末日まで)
  1. Rakuten、Yahooショッピングの利用で2.5%

さらに、以下のサービスも付帯します。

  • 特定加盟店でのカード利用は、通常ポイントの2倍
  • VIASO eショップに掲載されている店舗のホームページへアクセスし、VIASOカードで商品を購入すると、商品価格の0.5%~10%がポイント還元
  • 最高2000万円まで補償が受けられる海外旅行傷害保険サービス
  • 年間限度額100万円までのショッピングパートナー保険サービス
  • オンライン取引での不正利用があった場合に補償が受けられるNICOSネットセーフティサービス
海外旅行補償保険 最高2000万円 海外旅行中の病気やケガ、携行品の破損、ホテルのカーペットを汚してしまった場合の損害賠償などに適用される保険です。旅行前に海外旅行代金などをVIASOカード支払うことが保険の適用条件です
ショッピングパートナー保険サービス 年間限度額100万円 カードで購入した商品が購入日から90日以内に破損、盗難などにあった場合に補償が受けられます。登録型リボ払い「楽Pay」に登録している期間中のみ自動付帯されます
NICOSネットセーフティサービス オンライン取引での不正利用による損害を補償するサービスです

質の高いサービスが受けられるMUFGカードゴールド

MUFGカードゴールドは比較的ステータスが高いカードです。
「MUFGカードグローバルポイント」が利用でき、200ポイントから好きな商品と交換できます。

MUFGカード ゴールド

MUFGカード ゴールド
還元率 0.4%※1
年会費 1905円※2
発行スピード 最短翌営業日発行
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. POINT名人.com経由のショッピングで、最大25倍
  2. 登録型リボ「楽Pay」による年会費優遇あり

「プレミアムスタープログラム」では、「年会費の支払い」または「1年間のショッピング利用金額(50万円以上)」に応じて★が貯まります。★を5つ集めると「プレミアムBONUS(ポイント優遇)」のボーナスポイントを受け取ることができるのです。

入会時に指定したアニバーサリー月(記念月)にショッピングを利用すると、その月の獲得ポイントが優遇される「アニバーサリーポイント」や、前年の利用金額に応じて当年のポイントが効率的に貯まる「グローバルPLUS」などもうれしいサービスです。

付帯保険も充実しています。

海外旅行傷害保険 最高2000万円 海外旅行中の事故、病気やケガの治療費、携行品の破損、盗難などの損害への補償が受けられます
国内旅行傷害保険 最高2000万円 国内旅行中の事故によるケガの治療費などの損害への補償が受けられます
ショッピング保険 年間限度額100万円 カードで購入した品物の破損、盗難などの損害を購入日から90日間補償してもらえます
国内渡航便遅延保険 最高2万円 旅行中の航空便もしくは航空便に預けた手荷物の遅延などが理由で負担したホテル代など客室料金や衣料品などの費用を補償してもらえます

18歳以上29歳以下が対象の「Initial」

Initial(イニシャル)カード

還元率 0.4%※1
年会費 無料※2
発行スピード 最短翌営業日発行
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 入会3ヶ月ポイント3倍
  2. 2年目以降は1250円。前年度の年間ショッピングご利用金額が20万円以上など条件により無料

18歳以上29歳以下限定の「Initial」は、以下のようなメリットがあります。

学生:在学中年会費無料
社会人:初年度年会費無料、次年度の年会費は前年度の年間ショッピング利用金額が20万円以上かつWeb明細チェックの登録により無料

初回のカード更新時(原則として5年後)に「MUFGカードゴールド」に切り替えてもらえるのもうれしいところ。Initial カードはステータスの高いカードを持つための準備に最適でしょう。

付帯保険の内容は次の通りです。

海外旅行補償保険 最高2000万円
  • 海外旅行中に事故に遭った場合や、病気やケガをして治療を受けた場合、携行品の破損、盗難で損害をこうむった場合に補償が受けられます
  • 次年度以降の最高補償額は、年間ショッピング利用額に応じて変動します。20万円以上/最高2000万円、20万円未満/最高100万円
ショッピング保険 年間限度額100万円
  • カードで購入した品物の破損、盗難などの損害を購入日から90日間補償してもらえます
  • 日本国内での破損や損失は、リボ・分割払いで利用した場合のみ適用されます
  • 登録型リボ「楽Pay」に登録し、かつそのカードで購入した場合は支払い方法を問わず補償が受けられます

NICOSカードの審査について

NICOSカードの利用申し込みをすると、利用審査が行われます。実際にカードが届くまでの流れと利用審査について確認しましょう。

カードが届くまでの流れ

  1. 入会申し込みをする
    カードの入会申し込み書に記入する、インターネット上の申し込みフォームに記入するなどの方法で、利用申し込みをします。
  2. 利用審査など
    入会申し込み書の内容をもとに、カード発行の可否の審査、本人確認、入会意思確認が行われます。ここで約1~2週間かかります。
  3. カードが届く
    利用審査結果に問題がなければ、クレジットカードが郵送で届きます。カードによっては、手元に届くまで4週間ほどかかるものもあるため、できるだけ早くカードが手元にほしいという方は注意しましょう。

審査状況や審査結果を確認するには

オンライン入会申し込みをした場合、カードが届くまでの審査状況や審査結果について確認する方法があります。

登録したEメールアドレスに「サンキューメール」が届くので、そのメールに記載のURLにアクセスし照会番号と生年月日を入力すれば、審査状況を確認することができます。「審査中」「審査完了」のいずれかが表示されます。

銀行系クレジットカードは審査が厳しいのは本当?

三菱UFJニコス株式会社が発行するカードは、銀行系クレジットカードなので「審査が厳しい」というイメージを持つかもしれません。

銀行の子会社が運営するクレジットカード事業には、積極的に収益を上げるよりも、資金を回収できなくなるリスクを抑えるという運営方針が根強く残っていました。

しかし、クレジットカード業界の再編が進み、銀行、信販系、流通系の会社が業界の垣根を越えて統合されるようになったのです。結果として、銀行系ブランドのカードでも、実質的には信販系や流通系と同様の運営が行われているケースも増えています。

そのため、「銀行系クレジットカードだから審査が厳しい」とは言い切れなくなっているのです。

審査基準は非公開

そもそも、三菱UFJニコスだけでなくほとんどのカード会社は、審査基準を明らかにしていません。「審査が甘い、厳しい」ということはあくまで推測でしかないのです。
NICOSカードも、結局は「申し込んでみないと利用できるかどうかわからない」ということになります。

まとめ

NICOSカードは、日本信販株式会社時代からの流れを受け継ぐ老舗ブランド。現在は三菱UFJニコスが発行母体となり、NICOSブランドのカードを多数提供しています。

年会費がかかるカードが多いですが、中には年会費無料のものや、利用状況によって優遇されるカードなどもあります。特におすすめなのは、ポイント還元率が高く、年会費無料のVIASOカードです。

お得なポイントプログラムや、海外旅行の際にさまざまな補償が受けられる海外旅行傷害保険が充実しているNICOSカード。豊富なカードの中から、ニーズに合うものを選びましょう。

※価格はすべて税抜です。