アメックスゴールドは若者憧れのステータスカード! 特典や年会費も解説

更新

amex_gold

クレジットカードユーザーなら一度は憧れるであろうステータスカード。その中でも有名で、ブランド力も抜群なのがアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。

その高い年会費を払ってこそ得られる価値とは何でしょうか。アメックスがステータスカードと言われる理由や、若者が憧れるアメックスゴールドのおすすめポイントやデメリット、詳細なカードスペックなどについて解説します。

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

アメックスゴールドは若者こそ持つべきステータスカード

アメックスゴールドは審査に通過し、高額な年会費を支払った方しか持つことができないステータスカードです。20代後半から30代で、収入が上がってきたという人は、アメックスゴールドを持つことでさらにステータスを高められるでしょう。まずは、アメックスゴールドの特徴を確認していきます。

アメックスゴールドは真のステータスカード

アメックスゴールドを保有するには、まず審査を通過しなければなりません。また毎年約3万円の会費を支払い続ける経済的余裕も必要です。クレジットカードを保有している人であれば、この条件の厳しさがわかることでしょう。

昨今では、年会費無料の流通系カードなどで、ある程度の金額を利用し続ければゴールドカードに格上げされるものもあります。
しかし、そういったカードとアメックスゴールドのように高額な年会費を支払って保有するカードとは、サービスの手厚さがまったく異なりますし、カードを所有していることで得られる経済的な信用力が違います。そのような背景から、アメックスゴールドは「真のステータスカード」と言えるのです。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

amex_gold
還元率 1.0%※1
年会費 2万9000円
発行スピード 記載なし
国際ブランド
  • American Express
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. ボーナスポイント・パートナーズを利用すると還元率が最大10%(100円=10P)

多くの空港ラウンジが利用できる! 海外シーンで真価を発揮

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの真価は、海外でこそ発揮されます。アメックスゴールドは、海外旅行の際のサポート体制がダントツで良いのです。具体的には、以下のようなサービスを無料で受けることができます。

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインでの予約が優待料金になる

カード会員専用の旅行予約サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」では、ホテルや航空券、レンタカーのオンライン予約が可能です。ここでは優待料金が設定されているものもありますし、ポイントを交換することもできます。

例えば、以下のようなホテル代の割引特典が受けられます。

  • ガイア ハワイ アット アラ モアナ ホテルコンド(ホノルル):
    1泊あたりの平均料金(2名分)17万8022円→5万3406円(12万4616円引き)
  • トランプ インターナショナル ホテル ワイキキ(ホノルル):
    1泊あたりの平均料金(2名分)18万7754円→12万2040円(6万5714円引き)
  • カサブランカ ホテル バイ ライブラリー ホテル コレクション(ニューヨーク):
    1泊あたりの平均料金(2名分)7万8522円→6万6744円(1万1778円引き)

ガイア ハワイ アット アラ モアナ ホテルコンドではなんと2人分で約12万円の値引きが適用されます。割引率が高いものを選んで利用すれば、アメックスゴールドの年会費分は比較的早く元が取れるでしょう。

空港と自宅間をスーツケース1個まで無料配送

海外旅行の往復の自宅から空港までの間、スーツケースを1つ無料で配送するサービスを利用できます。羽田空港の国際線、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港が対象です。

エアポート送迎サービス

海外旅行の出発、帰国時の自宅空港間を割安の定額料金で送迎してもらえます。会員専用にチャーターした車で、快適な移動時間を過ごすことができます。

国内外29ヵ所の空港ラウンジを無料で利用可能

国内外29ヵ所の空港ラウンジを無料で利用できます。同伴者も1名まで無料なので、ぜひパートナーと一緒にラウンジでのひとときを楽しんでください。

オーバーシーズ・アシスト

海外旅行先から、日本語でレストランの予約サービスや緊急時のサポートを受けることができます。世界中のほとんどの国で、24時間無料で利用可能です。

プロテクション・サービスや旅行傷害保険も充実

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ピンチの時のサポート体制も手厚くなっています。かゆいところに手が届くサービスが用意されていますので、トラブルに巻き込まれても安心です。

最高1億円補償の海外旅行傷害保険

アメックスゴールドで国際航空機のチケットやパッケージツアーの決済を行うと、最高1億円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯します。さらに、アメックスゴールドの家族カードの1枚目は、年会費が無料です(2枚目以降は1万2000円がかかります)。家族カードの所有者も通常のカード会員と同じ特典やサービスを受けられますので、とてもお得です。

キャンセル・プロテクション

アメックスゴールドで決済した旅行やコンサートに急病や出張などで行けなくなった際、キャンセル費用を年間10万円まで補償してくれます。

飛行機の遅れによる臨時出費の補償

乗るはずの飛行機が遅延した際に、航空便遅延補償として、ホテルで宿泊したり食事をしたりした分の費用を補償してくれるサービスです。

今こそ持つべき!アメックスゴールドのおすすめポイント

次に、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのおすすめポイントをご紹介します。カード選びの際の参考にしてください。

持っていればモテるかも? ピカイチの信頼性

アメックスゴールドは、世間一般に「かっこいいステータスカード」というイメージが浸透しています。ですからアメックスゴールドで決済すれば、同行者はきっと感心してしまうでしょう。

アメックスゴールドに入会する際には審査が必要ですが、この審査基準は公開されておらず、申し込んだが落ちてしまったという声も聞きます。つまり裏を返せば、アメックスゴールドを持っているということは、ビジネスパーソンとして信頼できるという証と言えるのです。

年会費3万円をかける価値あり! 豊富な特典

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、年会費が約3万円と高額です。しかし各種特典やサービスが充実しているので、それらを上手に活用すれば、年会費分の価値はしっかり得られます。

海外旅行や出張へ頻繁に出かけるのであれば、海外旅行に即したサービスや補償制度だけでも、3万円分の恩恵は受けられるでしょう。例えば、スーツケースの配送料金は国内大手宅配業者の場合、関東各地から成田空港までの片道が約2600円。往復利用すれば、約5200円分のサービスを無料で受けられるのです。

さらにお得なのが、「ゴールド・ダイニング by 招待日和」というサービス。これはアメックスゴールドカード会員の目玉特典のひとつです。このサービスを利用すると、国内外約200店舗のレストランで所定のコースメニューを2名以上で予約した際、1名分の料理代が無料になります。4月1日から9月30日までの1回と、10月1日から3月31日までの1回の合計2回利用できます。

ちなみにこちらのサービスはアメックスゴールドを所有している方は無料で受けることができますが、一般の方は有料で入会しなければ使えないもの。しかも「医師」しか入会できないのです。年会費は一括払いで3万円。つまり招待日和を利用するだけでも、アメックスゴールドの年会費約3万円を支払う価値が十分あるということです。

もし1人当たり2万円のディナーを年4回利用した場合、下記のように年間8万円も差が生まれます。これは非常にお得なサービスですね。

1人当たり2万円のディナーを予約したときの支払額(2人分) 左記のディナーを年間4回利用した場合の総額
アメックスゴールドを持っている場合 2万円×1人分(1人分は無料)=2万円 2万円×4回=8万円
アメックスゴールドを持っていない場合 2万円×2人分=4万円 4万円×4回=16万円

今ならお得な入会特典がもらえる

アメックスゴールドにはお得な入会特典が用意されています。すべての条件をクリアすると、カード利用300万円分に該当する3万ポイントを得られるのです。

特典を受け取る条件(期日) 特典を受け取る条件(決済金額) 受け取れるポイント数
入会後3ヶ月以内 1万円分 1000ポイント
入会後3ヶ月以内 25万円分 4000ポイント
入会後3ヶ月以内 50万円分 2万ポイント
50万円分(通常利用) 5000ポイント
合計 3万ポイント

3万ポイントをそのままカード利用金額の精算に利用すれば1万円に匹敵します。また後述するメンバーシップ・リワード・プラスに加入して、ポイントをANAをマイルに交換すれば、1000マイルに換えられます。

押さえておきたい、アメックスゴールドのデメリット

ここまでアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのメリットを多数ご紹介してきました。しかし実際に利用するうえでは、デメリットもしっかり把握しておかなければなりません。アメックスゴールドのデメリットを2つご説明します。

やっぱり年会費が高い

アメックスゴールドの年会費は約3万円。無料で発行できるものも多数ありますから、クレジットカードを持ちたいというだけなら、他のものを選ぶべきと言えるでしょう。

しかしアメックスゴールドは、年会費が高いからこそステータスカードと言えるのです。約3万円の年会費を高いと感じる方は、まだアメックスゴールドを保有する時期ではないのかもしれません。

ポイントプログラムが複雑

アメックスゴールドのポイント制度は少し複雑です。基本的なポイント制度は「メンバーシップ・リワード」。さらに3000円の年会費を払ってメンバーシップ・リワード・プラスに加入すると交換レートがアップし、さらに無料の「ポイントアップグレードプログラム」に申し込みできるようになります。

例えば、ANAマイルは通常のままだと2000ポイント=1000マイルに換えられるところ、メンバーシップ・リワード・プラスに加入すれば、1000ポイント=1000マイルに交換可能。このように最大限のポイント還元を受けたい場合は、メンバーシップ・リワード・プラスへの申し込みが必要で、年会費がさらにかかるという点は少しわかりづらいかもしれません。

アメックスゴールドのスペック詳細

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの対象者や必要なお金、限度額などのスペックを解説します。

申し込める対象者

アメックスゴールドの公式サイトには、「ご利用いただける方」などの条件は掲載されていません。公式サイトのよくある質問コーナーでは、「年金生活者も申し込み可能」とされており、一定の収入があれば審査を受けることはできるでしょう。

基本的には「20歳以上」で「安定した収入がある方」であれば申し込み可能と考えられますので、同世代よりも収入が多い方は審査を通過できる可能性が高いです。

入会金・年会費

アメックスゴールドの入会金は無料で、年会費は2万9000円です。メンバーシップ・リワード・プラスに登録するとプラス3000円がかかります。

利用限度額

通常のカードは契約時に利用限度額が通知されます。しかし、アメックスゴールドは契約時に利用限度額が設定されていません。アメックスゴールドの利用限度額は、個別の信用力や収入、初回に申告した資産に応じて決められます。

そして初回に決められた限度額は、その利用額や利用頻度に応じて徐々に上がっていきます。他のゴールドカードと比較すると、初回の限度額は低く設定されることもありますが、毎月の利用と支払いを続ければ、どんどん利用限度額が上昇するでしょう。限度額の上限は、300万円から500万円とも言われています。

「じゃあ初期に海外旅行に行くときは、あまり便利ではないの?」と懸念されるかもしれませんが、そんなことはありません。アメックスには「デポジット(事前入金)制度」が用意されています。

デポジット制度とは、あらかじめ現金をアメックスに預けておき、その範囲内であればいくらでも決済できるという制度です。極端な話をすると、1億円入れておけば1億円分の決済が可能ということです。これを裏技として利用するのもいいでしょう。

ポイントプログラム

アメックスゴールドのポイントプログラムは、メンバーシップ・リワードと、メンバーシップ・リワード・プラスの2種類です。メンバーシップ・リワードは会員全員が無料で加入するもので、100円利用につき1ポイントがつきます。

メンバーシップ・リワード・プラスは、年額3000円を支払うことで加入できるポイントプログラム。入会すると、ポイントを交換する際のレートが高くなるというメリットがあります。

さらに、ポイントアップグレードプログラムに無料で申し込みすると、提携店舗での買い物した際に100円で3ポイントがつくようになります。

メンバーシップ・リワード メンバーシップ・リワード・プラス+無料のボーナスポイントプログラム
年会費 無料 年額3000円
レート 100円で1ポイント 提携店舗では100円で3ポイント

次に、アメックスゴールドのポイント還元率を確認してみましょう。アメックスゴールドのポイント還元率は、メンバーシップ・リワード・プラスに加入しているかどうかで異なります。

  • メンバーシップ・リワード・プラスなし:3ポイントで1円 還元率0.3%
  • メンバーシップ・リワード・プラスあり:最大1ポイント1円 還元率1%

メンバーシップ・リワードに登録しない場合は、3ポイントで1円として使うことができます。しかしメンバーシップ・リワード・プラスに登録し、航空会社での決済やアメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインで決済した場合は、1ポイント1円でポイントを利用できます。またヨドバシカメラや高島屋では、2000ポイントで1000円分の商品券に交換可能です。

その他にも特典がたくさん

アメックスゴールドにはこれまでご紹介した以外の特典も存在します。魅力的な特典をざっくり確認してみましょう。

プライオリティ・パス

アメックスゴールド会員は、国内外1200ヵ所以上の空港VIPラウンジを利用可能な「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に無料で登録可能です。通常であれば99ドルかかりますので、これだけで約1万円の価値があるのです。また、1回32ドルの利用料も年間2回まで無料です。

空港パーキング割引サービス

こちらは車で空港に行く方必見のサービス。以下の空港の駐車場料金が割引されます。

  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

例えば成田空港であれば、通常料金より38%オフで駐車でき、さらに機械水洗い洗車が無料になります

無料ポーターサービス

出発時には空港駅の指定場所やバス停からチェックインカウンターまで、また帰国時は到着ロビーから駅改札付近の指定場所やバス停まで、無料で荷物を運んでもらえます。広い空港内を大きな荷物を持たずに移動できるので、とても助かるでしょう。

レンタカー利用料5%オフ

下の国内レンタカー会社の利用料金が5%オフになります。予約の際にアメックスゴールドで決済する旨を伝えるだけで割引が適用されます。

  • オリックスレンタカー
  • トヨタレンタカー
  • 日産レンタカー
  • ニッポンレンタカー
  • タイムズカーレンタル

まとめ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはステータスカードとして名高く、会員向けのサービスが豊富で優秀なカードです。

  • 空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用可能
  • カード会員専用の予約サイト「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」でホテル代や航空券代を割引価格で予約できる
  • 「ゴールド・ダイニング by 招待日和」を利用すれば、ディナー代が1名分無料
  • 今入会すれば、最大でカード利用300万円分に該当する3万ポイントがもらえる
  • メンバーシップ・リワード・プラスを利用すれば、ポイント還元率アップ

さまざまな特典を上手に利用すれば、年会費の価値以上の恩恵を受けることができるでしょう。持っているだけで信頼が増し、周囲にも一目置かれることが多いアメックスゴールド。ぜひ一度申し込んでみてはいかがでしょうか。