【2019最新】イオンカードセレクトなら3つの機能が1枚に?特徴を解説

更新

イオンカードセレクト

「よく行くイオンで、もっとおトクに買い物がしたい」
「入会金・年会費無料で持てる、便利なカードってないの?」

そんな方におすすめのクレジットカードが、「イオンカードセレクト」です。このカードはイオン系列の店舗・サービスでポイントを貯めやすいだけでなく、さまざまな割引サービスが受けられる、銀行取引がおトクになる、といったメリットもあります。

この記事では、そんなイオンカードセレクトの特徴や基本情報などについてご紹介しています。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
ポイント還元率 0.5%~1.0%
200円で1P
年会費 無料

国際ブランド

  • Mastercard
  • JCB

電子マネー

  • iD
  • WAON

こんな人におすすめ!

  • イオングループの店舗が近所にある人
  • イオン系列スーパーでよく買い物をする主婦/主夫

公式サイトはこちら

イオンカードセレクトの特徴

「イオンカードセレクト」は、クレジットカードとキャッシュカード、電子マネーという3つの機能が1枚にまとまった便利なカードです。

イオンカードセレクトには、以下のような特徴があります。

  • 「お客さま感謝デー」は買い物代金が5%OFF
  • イオングループ対象店舗で「ときめきポイント」がいつでも2倍
  • 電子マネーWAONのオートチャージでポイントが貯まる
  • 銀行取引の手数料0円&普通預金金利が優遇
  • ショッピング以外でもWAONポイントが貯まる

「お客さま感謝デー」は買い物代金が5%OFF

「20日・30日は5%OFF」というテレビCMをご存知の方も多いでしょう。イオン系列店では、毎月20日と30日に5%OFFで買い物ができる「お客さま感謝デー」を実施しています。このキャンペーンは、「イオンマークのついたカードや電子マネーWAONで支払いをすること」が割引を受ける条件のひとつになっており、イオンカードセレクトならそのどちらにも対応できます。

衣料品や生活雑貨だけでなく食料品も5%OFFの対象で、「広告の品」など割引率が高い食料品でも適用されます。ほとんどの商品が対象となるため、お住まいの近くにイオンがある方やよくお店に買い物に行く方に関しては、「持っていないと損をするカード」と言ってもいいくらいです。

対象店舗
イオン/イオンスタイル/ダイエー/マックスバリュ/ザ・ビック/イオンスーパーセンター ほか

※まいばすけっとやミニストップなど、サービス対象外の店舗があります。また、上記対象の店舗でも一部実施していない場合があります

イオングループ対象店舗で「ときめきポイント」がいつでも2倍

イオンやイオンモール、ダイエー、マックスバリュなどイオングループの対象店舗で買い物をした際にイオンカードセレクトで支払いをすると、通常は「200円(税込)ごとに1ポイント」付与される「ときめきポイント」が「200円(税込)ごとに2ポイント」貯まります。

対象店舗
イオン/イオンスタイル/イオンモール/ダイエー/グルメシティ/マックスバリュ/イオンスーパーセンター ほか

※一部対象外の店舗があります

注意したいのは、毎月10日の「ときめきWポイントデー」についてです。ときめきWポイントデーは、毎月10日にイオンカードを利用すると、ときめきポイント付与が通常の2倍になるという特典ですが、対象店舗でイオンカードセレクトを使ってもポイント4倍にはなりません。ただし、この日はイオン系列店以外の買い物でもポイントが2倍になります。

電子マネーWAONのオートチャージでポイントが貯まる

イオンカードセレクトには、決済時に「ワオン!」と音が鳴る電子マネーWAONの機能が搭載されています。このWAONのオートチャージを利用すれば、月間オートチャージ利用金額に対して「200円ごとに1ポイント」がもらえます。

オートチャージの設定方法
・新規入会申し込み時に「オートチャージを利用する」を選択する
・入会後にイオン店舗内などにある「WAONステーション」でオートチャージ設定を行う

電子マネーのチャージにクレジットカードを利用できても、「チャージ分にはポイントがつかない」というクレジットカードは少なくありません。その点、イオンカードセレクトなら無駄なくポイント(WAONポイント)を貯められます。

また、WAONで支払いをすると200円ごとに1ポイントが付与されます。オートチャージのポイントとあわせて「ポイントの二重取り」が可能になり、確実にポイントを貯められるでしょう。

銀行取引の手数料0円&普通預金金利が優遇

イオンカードセレクトには、イオン銀行のキャッシュカード機能が搭載されています。このキャッシュカードを利用すると、全国に約5万5000台あるイオン銀行ATMなら24時間365日いつ利用しても手数料がかかりません。また、ゆうちょ銀行やみずほ銀行のATMでも、所定時間内の引き出しや預け入れについては手数料がかからないようになっています。

加えて、イオン銀行口座への振り込みなら振込手数料がいつでも0円。他行の口座でも、最大で月5回まで振込手数料が0円になります。通常1回あたり数百円かかる手数料を「もったいない」と感じる方は多いと思いますが、イオンカードセレクトならこれらの手数料がからないので節約につながります。

さらに、イオン銀行口座を使っていると「イオン銀行Myステージ」のサービスを受けられます。イオン銀行Myステージは利用頻度などに応じてスコアがつけられ、そのスコアに応じたステージごとに特典を受けられる仕組みです。ステージが上がるほど特典は豪華になり、最上段のプラチナステージになると普通預金の金利が最大で年0.15%に引き上げられます。

ショッピング以外でもWAONポイントが貯まる

各種公共料金の支払いにイオン銀行の口座振替を利用すると、1件につき毎月5WAONポイントが付与されます。また、イオン銀行を給与振込口座に設定すると、毎月10WAONポイントが貯まっていきます。WAONポイントを貯めたい方にはうれしい特典ですね。

なお、「給与振込口座に設定する」という条件に関して、入金方法が給与扱いでない場合はポイントの対象にならないのでご注意ください。心配な方は、事前に勤務先へ確認しておきましょう。

イオンカードセレクトのメリット、デメリット

イオンカードセレクトのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

イオンカードセレクトのメリット

イオンカードセレクトには、大きく3つのメリットがあります。

1.イオン系列店のユーザーはポイントを貯めやすい

イオンカードセレクトをイオン系列店で使うと、ときめきポイント(イオンマークのカード利用で貯まるポイント)が200円(税込)ごとに2ポイント分貯まります。ときめきポイントは「1ポイント=1円」で利用できるので、還元率は1%。いつでも1%のキャッシュバックが得られるというのは、イオン系列店をよく利用する方にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

また、毎月10日の「ありが10デー」に対象店舗でイオンカードセレクトを使うと、200円(税込)ごとに5ときめきポイントがゲットできます。1%の還元率が2.5倍になるので、10日に合わせて大きな買い物をするとおトクです。

2. 電子マネーやイオン銀行の活用でもWAONポイントが貯まる

イオンカードセレクトでは、付帯している電子マネーWAONも利用できます。WAONはクレジットカードからオートチャージすることができるので、事前に申請すれば月間オートチャージ利用金額に対して200円(税込)につき1WAONポイントが貯まる仕組みとなっています。WAONでショッピングをすると200円ごとに1 WAONポイントが貯まるので、オートチャージを駆使すれば「2倍おトク」です。

また、各種公共料金をイオン銀行の口座振替で支払うことで、1件につき毎月5WAONポイントが貯まっていきます。仮に電気代・携帯電話代・NHK放送受信料を支払うなら、毎月自動的に15WAONポイントが貯まる計算です。さらに、イオン銀行を給与振込口座に設定すれば、プラスで毎月10WAONポイントが付与されます。イオンカードセレクトにはイオン銀行のキャッシュカード機能が搭載されているため、イオン銀行を活用することでもWAONポイントを貯められるのです。

なお、毎月5のつく日(5日・15日・25日)は「お客さまわくわくデー」にあたり、還元されるWAONポイントが2倍(200円ごとに2ポイント)になります。

3.ゴールドカードが年会費無料で手に入ることも

イオンカードセレクトをはじめ各種イオンカードを持っていると、年間の利用額に応じてゴールドカードの招待状が届くことがあります。このゴールドカードは、招待状がないと申し込めないレアなカードです。「直近の年間利用額100万円以上」という基準を満たす必要がありますが、ゴールドカードの年会費は無料です。特典が豊富なゴールドカードを負担なく持つことができるのは魅力的ですね。

全国のイオンにある「イオンラウンジ」を利用できるのは、株主やゴールドカードの所有者だけ。お買い物中にちょっと休憩したいとき、無料でお茶を飲めるラウンジを利用できるメリットは小さくないでしょう。もちろん、他のゴールドカードと同じように海外旅行保険やショッピング補償なども充実しています。

イオンカードセレクトのデメリット

イオンカードセレクトのデメリットを挙げるとすれば、以下の2点になるでしょう。

1.イオン銀行を引き落とし口座にしなければならない

イオンカードセレクトには、「利用料の支払い口座をイオン銀行にしなければならない」という条件があります。

給与が振り込まれる銀行口座を引き落とし口座にしたいという方は多いと思われるので、わざわざ利用する分だけイオン銀行に入金しておく必要があるという点はデメリットと言えます。ただし、イオンカードセレクトを作りたいという方は日常的にイオンに足を運んでいるでしょうし、イオン銀行ATMは手数料無料で利用できるため、それほど大きなデメリットではないかもしれません。

2.「5%OFF日」以外の利用なら、他のカードのほうが還元率は高い

5%OFFが適用される日以外でイオンカードセレクトを利用する場合は還元率が1%となりますが、「セディナカードクラシック」の場合はイオンで利用するといつでもポイントが3倍になるという特典があります。この特典を利用すると200円(税込)で3ポイントが貯まるので、実質的な還元率は1.5%。つまり、5%OFFの日以外では「セディナカードクラシックを使うほうがうま味は大きい」ということになります。

とはいえ、年間利用額によってゴールドカードの招待状が届くことを考えれば、多少の還元率には目をつぶり、イオンカードセレクトを利用してゴールドカードを手に入れることを目的としてもいいかもしれません。

イオンカードセレクトの種類、一覧

イオンカードセレクトにはどんな種類があるのでしょうか。こちらではイオンカードセレクトと、似た特徴を持ったカードについてご紹介します。

イオンカードセレクト

「イオンカードセレクト」は、クレジットカード、電子マネーWAON、キャッシュカード(イオン銀行)の3機能が1枚に集約されたクレジットカードです。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
ポイント還元率 0.5%~1.0%
200円で1P
年会費 無料

国際ブランド

  • Mastercard
  • JCB

電子マネー

  • iD
  • WAON

こんな人におすすめ!

  • イオングループの店舗が近所にある人
  • イオン系列スーパーでよく買い物をする主婦/主夫

公式サイトはこちら

1枚に3つの機能がついているため、それぞれのサービスや特典もこのカード1枚で全て受けることが可能です。例えば、電子マネーWAONを利用すればWAONポイントが貯まり、イオン銀行でお金を引き落とせば利用手数料がいつでも無料になります。

イオン銀行については、普通預金の金利が最大で年0.15%になる「イオン銀行Myステージ」のサービスを受けられるだけではありません。口座振替で毎月の公共料金を支払えば、1件ごとに5WAONポイントが貯まります。さらに、イオン銀行を給与振り込み口座に指定すると毎月10WAONポイントが貯まるため非常におトクです。

イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)

イオンカードセレクトでは、ディズニー・デザインのカードを選ぶことができます。

基本的な機能は通常のイオンカードセレクトと変わりませんが、国際ブランドを選べない点には注意が必要です。イオンカードセレクトではVISA、Mastercard、JCBと3種類の国際ブランドを選べますが、ディズニー・デザインはJCBのみ。JCBは日本のカードブランドのため、日本人があまり行かない場所への海外旅行を頻繁にするような方の場合は、クレジットカードが利用できないケースがあるかもしれません。

イオンカードセレクト(ミニオンズ)

イオンカードセレクトでは、ミニオンズのカードデザインを選ぶこともできます。

こちらの場合は、選択できる国際ブランドがMastercardのみになっています。国際ブランドを選べないという点以外では、こちらのカードも基本的な機能は通常のイオンカードセレクトと同様です。

似た特徴を持ったカードとの比較

イオンカードセレクトと似た特徴を持つカードとしては、店舗・サービスに特化し、ポイント還元率も高い「楽天カード」や「リクルートカード」が挙げられます。

楽天カード

楽天カードは、楽天市場などの楽天サービスを利用する際に大きなポイント還元を得られるクレジットカードです。

楽天カード

楽天カード
ポイント還元率 1.0%~3.0%
100円で1P 1P=1円
年会費 無料

国際ブランド

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express

電子マネー

  • 楽天Edy

こんな人におすすめ!

  • 楽天市場や楽天サービスをよく利用する人
  • 楽天Edyを使って実店舗でもポイントを貯めたい人
  • ハワイ旅行に行く予定のある人
  • 入会特典でポイント獲得したい人

公式サイトはこちら

年会費無料はもちろんのこと、楽天市場では最大3倍のポイントがゲットでき、毎月「5」と「0」がつく日にエントリーをするとポイントが5倍になります。「お買いものパンダ」などカードデザインを選ぶことができる点も、イオンカードセレクトと似ています。

リクルートカード

リクルートカードは、常にポイント還元率が1.2%のクレジットカードです。

リクルートカード

リクルートカード
ポイント還元率 1.2%
100円で1.2P 1P=1円
年会費 無料

国際ブランド

  • Mastercard
  • JCB

電子マネー

こんな人におすすめ!

  • 高還元率カードを求めている人
  • 年会費永年無料カードが良い人

公式サイトはこちら

還元されるポイントは「リクルートポイント」ですが、リクルートポイント参加店で利用した場合はポイント還元率が最大4.2%になります。リクルートポイントが使えるのは、「じゃらん」や「HOT PEPPER Beauty」などのオンラインサービス。これらを頻繁に利用する方の場合は、リクルートカードがおすすめです。

イオンカードセレクトの申し込み方法、審査基準

イオンカードセレクトを作ろうと思ったら、気になるのが「どうやったら申し込めるのか」ということ。また、申し込んでも「審査に落ちてカードを発行してもらえないのでは…」と不安な方もいるかもしれません。

イオンカードセレクトの申し込み方法や審査基準などについて、以下でご説明します。

申し込み方法

イオンカードセレクトの申し込み方法は、「店頭」「インターネット」「申込書に必要事項を記載して郵送」という3パターンです。

この中で特におすすめなのは、店頭で実施されているキャンペーンを利用する方法。キャンペーンではディズニー・デザインなどをモチーフにしたノベルティグッズがもらえるなど、入会の特典が豊富だからです。さらに、即日発行している場合にはその場で「仮カード」が発行されるので、入会当日でも割引の適用を受けられます。

インターネット申し込みの場合も、365日好きなときに申し込み可能。もっとも有利だと思うキャンペーンの期間中に申し込みましょう。さらに、カード店頭受取サービスを利用すれば、「20日・30日のお客さま感謝デー」でもきちんと割引が受けられる仮カードを発行してもらえます。

審査基準

イオンカードセレクトの審査申請基準は、「18歳以上で電話連絡が可能な方」。イオンカードセレクトを作る場合はイオン銀行口座が必要になります。

未成年は、親権者の同意が必要とされています。これ以外の条件、例えば勤務先の規模や年収、職種、家族構成などについては公開されていません。

ただし、「クレジットカードやローンの支払いを延滞したことがある」など信用情報に傷がついている場合は、審査に通らない可能性があるので覚えておきましょう。

イオンカードセレクトの基本情報

イオンカードセレクトの申し込みを急ぐ前に、イオンカードセレクトの基本情報を押さえておきましょう。「自分にとって本当にピッタリなカードか?」という観点で、チェックしてみてください。

年会費

イオンカードセレクトは年会費がかかりません。これは通常のイオンカードセレクトの他、ディズニー・デザインやミニオンズのデザインカードでも同様です。年会費を無料にするための条件はないので、「とりあえず申し込んでみる」「試しに使ってみたい」という方でも年会費が無駄になったり負担になったりすることはありません。「これまであまりクレカを使って来なかったけど、20日・30日にイオンで割引を受けたい」という理由で、このカードを申し込む方も少なくないようです。

イオンカードセレクトを年間100万円分以上利用すると招待状が届く「イオンゴールドカード」も、年会費は無料。ゴールドカードの充実した特典を無料で受けられるのは、イオンカードセレクトを日頃よく利用してくれている顧客への「サービスの一環」と言えるかもしれません。クレジットカードのオプションとして選択できるETCカードについても、年会費は無料です。

カードの種類 年会費
イオンカードセレクト
イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)
イオンカードセレクト(ミニオンズ)
0円
イオンゴールドカード 0円
ETCカード 0円

ポイント還元率

イオンカードセレクトのポイント還元率は、0.5%から1%です。20日・30日の「お客さま感謝デー」には5%OFFが適用されるだけでなく、支払った分のポイントも貯まります。イオン、イオンモール、マックスバリュ、ダイエー、マルエツなどのイオン系列では常に1%の還元率でショッピングすることが可能です。

イオン系列店以外でカードを使った場合の還元率は0.5%ですが、毎月10日の「ときめきWポイントデー」にはポイントが2倍になり、実質1%の還元率になっています。

店舗 ポイント還元率
イオン系列店 1%
20日30日は5%OFF+支払い金額の1%
その他 0.5%
毎月10日はポイント2倍となるので実質1%

ポイント還元を最大化したいなら、「ときめきポイントTOWN」を活用しましょう。ときめきポイントTOWNは、会員専用のポイントモールです。ショッピング時に期間限定のキャンペーンや対象ショップなどをうまく使うことで、もらえるときめきポイントが最大21倍になります。ときめきポイントTOWNを経由せずにショップのWebサイトへアクセスすると、ポイントが付与されないのでご注意ください。

<ときめきポイントTOWNの利用方法>

https://www.aeon.co.jp/tpt/guide/index.html

キャンペーン情報

ノベルティなどがもらえる抽選会や割引券や入会ポイントがつくキャンペーンなど、店頭ではさまざまなキャンペーンを実施しています。実際にお店に行ってみないとどんな内容かわからないため、イオンで買い物をする際にはチェックしてみることをおすすめします。

2019年6月1日から30日まで実施しているインターネット申し込みのキャンペーンでは、入会して各対象条件を満たした場合、最大で6000円相当分のときめきポイントがもらえます。

<新規入会・利用特典>

  • 新規入会するだけで500円分のときめきポイント
  • イオンカード公式アプリAEON WALLETの登録で500円分のときめきポイント
  • クレジットカード利用(2019年8月10日まで)
    2万円以上のカード利用で2000円分のときめきポイント
    5万円以上のカード利用で5000円分のときめきポイント

1ときめきポイントは1 WAONポイントに交換可能。6000ときめきポイントは6000WAONポイントに交換でき、6000円分の電子マネーとしてWAONで利用できます。

付帯保険(国内・海外)

イオンカードセレクトに、国内旅行保険や海外旅行保険は付帯していません。必要に応じて別途旅行会社や保険会社の旅行保険を申し込みましょう。

イオンゴールドカードの場合は、海外旅行保険最高5000万円、国内旅行保険は最高3000万円の旅行保険がついています。ただしこの保険は、イオンゴールドカードで旅行代金などの支払いをすることが条件となっています(利用付帯)。そのため、クレジットカードが利用できない旅行会社を選んだり、家族や友人が代表して旅行代金を支払ったりした場合は、イオンゴールドカードを持っていたとしても保険が適用されません。

カードの種類 保険
イオンカードセレクト なし
イオンゴールドカードセレクト 海外旅行保険:利用付帯
国内旅行保険:利用付帯

※利用付帯とは、旅行代金をそのクレジットカードで支払ったことを条件に補償の対象になる仕組み

支払い方法(一括・分割・ボーナス・リボ)

イオンカードセレクトは、経済状況に応じて複数の支払い方法から選ぶことができます。1回払い、2回払い、ボーナス一括払いは手数料がかかりません。ボーナス2回払い、リボ払い、分割払いは各支払い方法によって手数料がかかるので、選択の際は注意が必要です。

支払い方法 手数料など
1回払い 0円
2回払い 0円
1万円以上の利用から
ボーナス一括払い 0円
1万円以上の利用から
ボーナス2回払い 3%の手数料
5万円以上の利用から
リボ払い 実質年率15%
分割払い
3回(3ヶ月)・5回(5ヶ月)・6回(6ヶ月)・10回(10ヶ月)・12回(12ヶ月)・15回(15ヶ月)・18回(18ヶ月)・20回(20ヶ月)・24回(24ヶ月)・30回(30ヶ月)・36回(36ヶ月)・42回(42ヶ月)・48回(48ヶ月)・60回(60ヶ月)
実質年率10.05%~12.42%
1万円以上の利用で、分割支払金が3000円以上の場合

締め日・引き落とし日

イオンカードセレクトは、毎月10日に利用代金を締め切り、翌月2日にイオン銀行の口座から引き落とされるようになっています。イオンのレジなどに「今日利用は〇月△日引き落とし」などの表示がありますので、参考にしてください。

なお、イオン銀行が引き落とし口座に設定されている場合、平日の3日から5日に再振り替えがされるようになっています。万が一イオン銀行の口座が残高不足になっており、2日に引き落としができなかった場合でも、3日から5日の間にきちんと入金しておけば遅延を免れることができます。

引き落としが間に合わないと信用情報機関の情報に登録されてしまい、他のクレジットカードを申し込んだ際に発行されないおそれがあります。その点で、こういった再振替制度はうれしい仕組みと言えるでしょう。

締め日 毎月10日
11日から翌月10日までの利用分
※5月11日から6月10日分の利用など
引き落とし日 毎月2日
※5月11日から6月10日分の利用は7月2日引き落としに

キャッシング利用

イオンカードセレクトはキャッシングサービスも利用可能です。限度額はWebサイトで「1000円から300万円」と記載されていますが、発行時の審査で設定された利用可能額がそのまま限度額となります。

キャッシングは、イオン銀行ATMでは1000円単位、その他のATMでは1万円単位で利用することができます。

限度額

イオンカードセレクトの限度額は、収入や借り入れの状況などによって異なります。

なお、通常のイオンカード(WAON一体型)におけるショッピング限度額は10万円から100万円の範囲で、審査によって個別に設定されます。キャッシング限度額は50万円までの範囲で個別に設定されます。いずれも、限度額を決定するのはカード会社です。

限度額はずっと同じではなく、使い続けていくと増やされる場合もあります。

ショッピング限度額 10万円~100万円
キャッシング限度額 0~50万円

ETC利用

ETCカードは、有料道路で料金を手間なく支払えるシステムです。イオンカードセレクトでも、ETCカードを作ることができます。ETCカードを作るにあたって、発行手数料や年会費はかかりません。

「1年間に1回でも利用すれば年会費無料」という条件をつけているETCカードが多い中、イオンカードセレクトのETCカードは1回も使わなくても年会費が請求されることはありませんのでご安心ください。

イオンカードセレクトの利用方法

申し込みをしたイオンカードセレクトが手元に届いたら、まずは会員専用サイトにログインしてみましょう。ログイン方法やクレジットカードに関する問い合わせ方法は、以下のとおりです。

会員専用サイトとログイン方法

イオンカードセレクトの会員専用サイト「MyPage」は、イオンスクエアメンバーに登録することで利用できるようになります。イオンスクエアメンバーはイオンが提供している各種オンラインサービスを便利に使える会員のこと。「MyPage」にログインすると、以下のようなサービスを利用できます。

  • 利用明細の照会
  • カード登録内容の変更
  • Web明細
  • ポイント確認
  • キャッシング利用
  • リボ変更サービス

新規登録の手続きが必要になるので、カードが届いたら忘れずに登録しましょう。

ログイン時には、イオンスクエアメンバーのIDとパスワードを入力してください。このIDとパスワードは、自身で設定できます。

問い合わせ方法

クレジットカードに関する問い合わせは、電話で行うことができます。また、会員専用サイト「MyPage」へのログインについてはチャット受付サービスでも問い合わせ可能です。

その他にも自動チャットサービスがあるため、よくわからないことがあった場合は気軽に不明点を解決できるでしょう。

<お問い合わせに関する情報>

http://www.aeon.co.jp/inquiry/
電話 ・イオンカードコールセンター
年中無休/9時~18時(有料)
・カード紛失・盗難
年中無休/24時間(有料)
・テレホンアンサー
年中無休/24時間(固定電話からは無料、携帯電話スマートフォンは有料)
・リボ専用ダイヤル
年中無休/24時間(無料)
・イオン銀行コールセンター
年中無休/9時~18時(無料)
・イオン保険サービスコールセンター
年中無休/9時~18時(無料)
チャット受付サービス 平日9時~18時
自動チャットサービス 公式サイトから

口座変更

イオンカードセレクトにはイオン銀行のキャッシュカード機能がついており、引き落とし口座は「イオン銀行のみ」になっているので口座を変更することはできません。

各種イオンカードに関してクレジットカードの引き落とし銀行口座を変更する場合は、「MyPage」やテレホンアンサーから資料を請求し、申込書に必要事項を記入して送付する必要があります。一部の銀行では、インターネット上で口座振替変更をすることができます。

利用明細の確認方法

イオンカードセレクトの利用明細は、会員専用サイト「MyPage」で確認できます。ただし、確認できるのは直近3ヶ月分まで。その他は、郵送された明細書を確認することになります。

なお、Web明細の利用に際して「環境宣言」サービスへ登録すると、エコロジーの観点から紙の明細書が発行されなくなります。その場合は、インターネット上で直近24ヶ月分の明細を確認できるようになります。

また、スマートフォンを持っている場合はイオンカード公式アプリ「イオンウォレット」でも確認できます。スマホにアプリをダウンロードし、イオンスクエアメンバーのIDとパスワードでログインするだけ。他の手続きは不要なので便利です。

紛失・盗難・不正利用時の対応

カードを紛失したり盗難に遭ったりした際には、以下の専用ダイヤルに連絡しましょう。クレジットカードの不正利用ができなくなるよう、手配することができます。

<イオンクレジットサービス 紛失・盗難専用ダイヤル>

http://www.aeon.co.jp/smartphone/creditcard/member/lost.html

ナビダイヤル/有料

問い合わせは24時間年中無休で受け付けているので、「夜中に財布を落とした」といった場合も安心です。なお、海外でカードの紛失・盗難があった場合もフリーダイヤルで24時間電話することができます。ただし渡航先によって電話番号が異なるので、海外旅行をする際には問い合わせる電話番号をあらかじめメモしておくようにしましょう。

不正利用をされた場合は、イオン銀行がイオンカードセレクトの紛失届を受理した日を含めて61日前までさかのぼり、発生した損害額を補填してくれます。

解約方法

イオンカードセレクトを解約する際は、イオン銀行コールセンターまで電話で連絡する必要があります。別のイオンカードではインターネット上で解約手続きができるケースもありますが、イオンカードセレクトの場合はできません。

コールセンターで解約の旨を伝え、手続きについて確認しましょう。イオン銀行のキャッシュカードも兼ねているため、そちらに関する手続きも必要になります。

まとめ

  • イオンカードセレクトは、「クレジットカード」「電子マネーWAON」「キャッシュカード(イオン銀行)」の3つの機能が1枚になった便利なクレジットカード!
  • イオンカードセレクトは、イオン系列店をよく利用し、とことんおトクに買い物をしたい方にピッタリです

※価格はすべて税抜です。