Amazon Mastercardの年会費・還元率は?知っておきたい特徴を解説

更新

Amazon Mastercardクラシック

「Amazon Mastercardにはどんなメリットがあるの?」
「Amazonで使えば今よりもっとオトクになる?」

多くの方が一度は使ったことがあるであろうAmazon。そんなAmazon利用者におすすめしたいクレジットカードが「Amazon Mastercard」です。

Amazon Mastercardクラシックは、年1回の利用で翌年度の年会費が無料。Amazonの利用で最大2%、Amazon以外での買い物でも1%という高いポイント還元率が魅力です。今回は、Amazon Mastercardのメリット・デメリット、申し込み方法や利用方法についてご紹介していきます。

Amazon Mastercardクラシック

Amazon Mastercardクラシック
ポイント還元率 1.0%
100円で1P、1P=1円
年会費 無料
※条件あり

国際ブランド

  • Mastercard

電子マネー

  • iD

こんな人におすすめ!

  • Amazonでの買い物が年40万円以下の方
  • 貯めたポイントをAmazonで使いたい方
  • 電子マネーのiDをよく利用する方

公式サイトはこちら

Amazon Mastercardの特徴

Amazon Mastercardは、三井住友カード株式会社がAmazonと提携して発行しているクレジットカードです。カードの利用によってAmazonポイントが貯まり、Amazon.co.jpにおいて「1ポイント=1円」で利用することができます。

Amazon Mastercard の主な特徴は以下の通りです。

  • Amazon利用で1.5%、プライム会員なら2%のポイント還元
  • Amazon以外で利用しても1%のポイント還元
  • ゴールドカードならプライム会員特典が使い放題
  • 初年度の年会費が無料、年1回の利用で翌年度の年会費も無料に
  • 「即時審査サービス」により、申し込み当日の買い物から利用可
  • ポイント有効期限は通常1年だが、買い物をすることで延長される
  • ポイントはアカウントに自動で加算され、交換手続きは一切不要

中でも特に魅力的と言えるのが「ポイント高還元」「Amazonプライム特典の使い放題」です。

それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

Amazon利用で1.5%、プライム会員なら2%のポイント還元

Amazon Mastercardクラシックは、Amazonで買い物をすると最大2%のポイントが貯まります。

ポイント還元率は「Amazonプライム会員かどうか」によって異なり、プライム会員の場合は2%(100円で2ポイント)。そうでない場合は1.5%(100円で1.5ポイント)です。

Amazon Mastercardクラシックのポイント還元率

条件 ポイント還元率
プライム会員 2%
プライム会員でない場合 1.5%

この数字を見て「そんなにメリットがないのでは?」と思う方がいるかもしれませんが、Amazonポイントは本来「対象商品を購入した際に貯まるポイント」です。

よって、Amazonで買い物をしたからといって必ず貯まるとは限りません。それが、Amazon Mastercardを使えばどんな買い物でも1.5~2%のポイントが貯まっていきます。この点はかなり大きな違いと言えるでしょう。

また、Amazon Mastercardを使うとAmazon以外の買い物でも1%のポイントが貯まります。たとえば公共料金の支払いや食事などです。

そのため、「Amazonはたまにしか利用しない」という方でもポイントを貯めやすいのが特徴です。貯まったポイントはAmazonのアカウントに自動で加算されるため交換の手間がなく、「期限までに交換するのを忘れた……」という失敗もありません。

ゴールドカードならプライム特典が使い放題

Amazon Mastercardの上位カードであるAmazon Mastercardゴールドなら、Amazonプライム会員の特典が無料で使い放題になります。

Amazonプライムは、年間プラン4900円(税込)もしくは月間プラン500円(税込)の契約で、さまざまなサービスが利用できるようになるプログラムです。

Amazonプライム会員になると…

  • Amazonで購入した商品が最短で翌日、無料で届く
  • 映画やドラマ、アニメ作品を視聴できる
  • 100万曲以上の音楽が聴き放題
  • 小説、マンガ、雑誌などが読み放題

Amazon Mastercardゴールドになると1万800円(税込)の年会費が発生しますが、プライム会員特典が使い放題となるうえ、利用状況によっては年会費が最大6480円(税込)も割引になる可能性も。

Amazonの便利なサービスを追加料金なしで楽しめるなら、十分検討に値するでしょう。

Amazon Mastercardのメリット、デメリット

Amazon Mastercardは、Amazonユーザーにとってかなりオトクなカードと言えます。

しかしその反面、ポイントの使い道が限られていたり、ショッピング保険しか付帯していなかったりといった“弱点”も…。

ここでは、Amazon Mastercardのメリット・デメリットについて確認していきます。

Amazon Mastercardのメリット

Amazon Mastercardがもたらす最大のメリットは、やはりAmazonプライム会員およびAmazonユーザーにとってポイントが貯まりやすい点です。

通常は対象商品を購入しなければゲットできないAmazonポイントが、対象外の商品を含むすべての買い物で貯まります。しかもポイント還元率は、プライム会員で2%。プライム会員でない場合でも1.5%が還元されます。平均的なポイント還元率は0.5%程度、一般的に1%なら「還元率の高い優秀なクレジットカード」と言われているので、かなりオトクだと言えるでしょう。

さらに、Amazon MastercardはAmazon以外の利用でも1%のポイント還元が得られます。つまり、カードを使えば使うほどAmazonでの買い物がオトクになるということ。ゴールドカードであればAmazonプライム会員の特典まで使い放題になるので、まさに「Amazonユーザーのためのクレジットカード」と言っても過言ではありません。

Amazon Mastercardのデメリット

続いて、デメリットを見ていきましょう。

ポイントの使い道が少ない

Amazonにおけるポイント還元率の高さが魅力のAmazon Mastercard。しかし、貯まったポイントはAmazonの買い物でしか利用できません

一般的なクレジットカードの場合、「提携ポイントへの移行・交換」や「キャッシュバック」といったさまざまな使い道を選べますが、Amazon Mastercardにそういった選択肢はありません。そのため、あまりAmazonでショッピングをしない方にとっては使いにくいポイントと言えそうです。

1年以内にAmazonで買い物をすればポイントの有効期限は延長されますが、それでも「ポイントを使い切るのが難しい」という方もいるかもしれません。

旅行傷害保険が付帯しない

Amazon Mastercardには年間100万円のショッピング保険が付帯しているものの、旅行傷害保険は付帯していません。旅行損害保険を付帯させたい場合はワンランク上のゴールドカードを申し込む必要があり、結果として1万円の年会費が発生してしまいます。

場合によっては、年会費無料で旅行損害保険が付帯している別のクレジットカードを選んだほうがオトクかもしれません。

Amazon Mastercardの種類、一覧

Amazon Mastercardには「クラシック」と「ゴールド」の2種類があり、それぞれ年会費やポイント還元率、適用される補償内容などが異なります。

プライム会員特典の有無もあるので、特徴を比較しながら自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶようにしましょう。

Amazon Mastercardクラシック

Amazon Mastercardクラシックは、年会費が実質無料のスタンダードカードです。

Amazon Mastercardクラシック

Amazon Mastercardクラシック
ポイント還元率 1.0%
100円で1P、1P=1円
年会費 無料
※条件あり

国際ブランド

  • Mastercard

電子マネー

  • iD

こんな人におすすめ!

  • Amazonでの買い物が年40万円以下の方
  • 貯めたポイントをAmazonで使いたい方
  • 電子マネーのiDをよく利用する方

公式サイトはこちら

Amazon Mastercardクラシックの年会費は初年度無料、2年目以降は1250円ですが、前年に1回でもカードを利用していれば翌年度の年会費は無料になります。つまり、「たまに」でもAmazonを利用するユーザーなら年会費は「実質無料」と言えるでしょう。

また、Amazon利用時には1.5%、プライム会員なら2%の1.5%のポイント還元がもらえるので、効率的にAmazonポイントを貯めることができます。Amazon以外で買い物をしても1%のポイントが貯まるので、「とりあえず持っておく」「実際に少し使ってみて検討する」という考え方でも損はなさそうです。

Amazon Mastercardゴールド

Amazon Mastercardゴールドは、Amazonプライム会員の特典が使い放題になるワンランク上のクレジットカードです。

Amazon Mastercardゴールド

Amazon Mastercard ゴールド
ポイント還元率 1.0%
100円で1P、1P=1円
年会費 1万円

国際ブランド

  • Mastercard

電子マネー

  • iD

こんな人におすすめ!

  • Amazonでよく買い物をする方
  • Amazonプライムに加入している方
  • 全国の主要空港ラウンジを利用したい方

公式サイトはこちら

年会費こそ1万円とやや高めではあるものの、ポイントが高還元かつプライム会員特典を無料で利用できるという、Amazonヘビーユーザー向けのクレジットカードです。

事前に設定した毎月の支払い金額を超えた分が自動でリボ払いになる「マイ・ペイすリボ」を申し込み時に選択すれば、年会費が半額の5000円に。翌年度以降も「マイ・ペイすリボ」の利用で5000円となり、さらに「Web明細書」を利用すると4000円まで年会費が割引になります。もちろん、割引になってもプライム会員特典は使い放題。ただし、リボ払いには注意する必要があります。

また、Amazon Mastercardゴールドには最高5000万円の旅行損害保険(国内外)が付帯しています。旅行で「万が一」があった際の補償を手厚くしたい方にもおすすめです。

似た特徴を持ったカードとの比較

Amazon Mastercardはポイント還元率が高く、特定のサービスを利用することでさらに還元率が上がるクレジットカードです。似た特徴を持つカードとしては「楽天カード」「JCB CARD W」「Yahoo!カード」があります。

Amazonをあまり利用しない方、年会費無料で補償もつけたいという方は、これらのクレジットカードを検討してみてもよいかもしれません。

楽天カード JCB CARD W Yahoo!カード
年会費 無料 無料 無料
ポイント還元率 通常:1%
楽天市場:3.0%
通常:1%
加盟店:3.5%
通常:1%
加盟店:3%
ブランド VISA、Mastercard、JCB、American Express JCB VISA、Mastercard、JCB
申し込み条件 18歳以上の方(高校生は除く) 18歳以上39歳以下で、安定継続収入のある方 18歳以上で、安定継続収入のある方
旅行損害保険 海外:最高2000万円 海外:最高2000万円 有料で付加可能
ポイント 楽天スーパーポイント Oki Dokiポイント Tポイント
電子マネー 楽天Edy QUICPay -
会員専用サイト 楽天e-NAVI MyJCB Yahoo!JAPAN

これらのカードは特定サービスを利用することでポイント還元率が3%以上になるほか、貯まったポイントを提携先ポイントに交換できたり、キャッシュバックできたりします。

この点においては、Amazon Mastercardよりも使い勝手がいいですね。

Amazon Mastercardの申し込み方法、審査基準

Amazon Mastercardは、インターネット上から簡単に申し込みできます。ここでは、Amazon Mastercardの申し込み方法や審査方法についてご説明します。

申し込み方法

Amazon Mastercardの申し込みは、「Amazon.co.jp」のアカウントを持っている方が対象となります。「アカウントを持っていない」という方は、まずアカウントを作成する必要があります。

すでにアカウントがある場合は、Amazonの公式サイトから申し込みを進めましょう。

<申し込み手順>

  1. カードの商品詳細ページから「今すぐ申し込むを」クリックする
  2. 三井住友カードのWebサイトへ移動したら、「通常」もしくは「即時審査」を選択する
  3. Webサイトの指示に従い、申し込みに必要な情報を入力する
  4. 申し込みが完了

「即時審査」を選択した場合は、申し込み後3分ほどで審査結果が出ます。

審査基準

Amazon Mastercardには「通常審査」と「即時審査」の2種類がありますが、いずれの場合も申し込み条件は同じです。

<申し込み条件>

  • クラシック・・・満18歳以上の方(高校生は除く)/未成年の場合は親権者の同意が必要
  • ゴールド・・・原則満20歳以上で、安定継続収入がある方

通常審査で申し込みを行う場合は、最短3営業日から3週間程度の審査期間が必要です。一方、即時審査で申し込みを行う場合は必要事項を入力してから最短3分程度で、上限3万円のテンポラリーカードの番号が発行されます。この番号があればその日からすぐに利用することができます。

ただし、即時審査だからといって審査基準が緩くなるわけではありません。
また、即時審査には以下の条件があります。

<即時審査サービス>

  • 9:00~19:00の間に申し込みをすること
  • 満20歳以上であること
  • 指定金融機関の口座を支払い口座に指定すること


対象金融機関

https://www.smbc-card.com/nyukai/pop/ol-amazon.html

この条件に当てはまらない場合は、通常審査での申し込みとなります。

Amazon Mastercardの基本情報

ここからは、Amazon Mastercardの基本的なスペックについてさまざまな角度からご紹介します。「自分にとって本当にオトクなカードなのか」と考えながらチェックしてみてください。

年会費

Amazon Mastercardの年会費は、カードの種類によって異なります。

カード 年会費
Amazon Mastercardクラシック 1250円
Amazon Mastercardゴールド 1万円

Amazon Mastercardクラシックは、初年度の年会費が無料。さらに、その年に1回でもカードを利用していれば翌年度の年会費が無料になります。「年1回以上の利用」はさほどハードルが高くないので、「実質無料」と言っていいでしょう。

Amazon Mastercardゴールドについても、申し込み時に「マイ・ペイすリボ」を選択すれば5000円に、さらに翌年度以降も「マイ・ペイすリボ」+「WEB明細書」を利用することで4000円まで割引になります。つまり、年会費が最大で6000円も割引になる可能性があるのです。

ポイント還元率

Amazon Mastercardのポイント還元率は基本1%ですが、Amazon利用時はさらに還元率がアップします。

カード Amazon利用時のポイント還元率
Amazon Mastercardクラシック プライム会員:2%
プライム会員以外:1.5%
Amazon Mastercardゴールド プライム会員に関係なく:2.5%

Amazon Mastercardクラシックでは「プライム会員かどうか」によってポイント還元率が変わりますが、Amazon Mastercardゴールドなら一律で2.5%のポイントが還元されます。また、貯まったポイントは「1ポイント=1円分」としてAmazonで利用可能です。

キャンペーン情報

2019年6月現在、Amazon Mastercardの入会キャンペーンは特に行われていません。

ただし、新規入会でポイントがもらえるキャンペーンを実施していることがあるので、急ぎでなければオトクなキャンペーン時期を狙って申し込みをするのも手です。

付帯保険(国内・海外)

Amazon Mastercardの付帯保険は、年間100万円までが補償される「お買い物安心保険」のみ。旅行損害保険のついたAmazon Mastercardを利用したいなら、Amazon Mastercardゴールドの申し込みが必要になります。

ちなみに、それぞれのカードに付帯している保険は以下の通りです。

カード お買い物安心保険 旅行損害保険
Amazon Mastercardクラシック 年間最大100万円 -
Amazon Mastercardゴールド 年間最大300万円 最高5000万円(国内・海外)

支払い方法(一括・分割・ボーナス・リボ)

Amazon Mastercardの支払い方法は、以下の中から選択することができます。

<支払い方法>

  • 1回払い
  • 2回払い
  • ボーナス一括払い
    夏:12月16日~6月15日の利用金額を8月に支払う
    冬:7月16日~11月15日の利用金額を翌年1月に支払う
  • リボ払い・・・実質年率15.0%(カードの種類によって異なる)
  • 分割払い・・・3回・5回・6回・10回・12回・15回・18回・20回・24回

分割払いでは、選ぶ回数によって手数料が異なります。手数料を考慮したうえで回数を設定するようにしましょう。

<分割払い:利用代金100円あたりの分割手数料(円)>

3回 5回 6回 10回 12回
2.01 3.35 4.02 6.70 8.04
15回 18回 20回 24回
10.05 12.06 13.40 16.08

締め日・引き落とし日

Amazon Mastercardでは月末締め、翌月26日払いが原則です。

ただし、26日が土・日・祝日の場合は、翌営業日に引き落としがなされます。

<支払いの期日>

締め日……毎月月末
引き落とし日……翌月26日(土・日・祝日の場合は翌営業日)

キャッシング利用

Amazon Mastercardでは、キャッシング利用枠の範囲内で「キャッシングリボ」や「海外キャッシュサービス」を利用することが可能です。

カード キャッシング総利用枠
Amazon Mastercardクラシック 0~50万円
Amazon Mastercardゴールド

海外キャッシュサービスについては、会員ページで自身の年収を登録している方のみ利用できます。年収ゼロの方や学生の方、世帯年収でカードを申し込んだ専業主婦の方などは利用することができないので注意しましょう。

つまり、キャッシングを利用するには自身に何らかの収入がないといけないということです。

限度額

Amazon Mastercardの利用限度額は、収入や借り入れ状況などによって異なります。基本的には以下の金額となりますが、場合によってはそれ以上の金額が設定されるケースもあります。

カード 総利用枠 ショッピング リボ・分割
Amazon Mastercardクラシック 10~80万円 10~80万円 0~80万円
Amazon Mastercardゴールド 50~200万円 50~200万円 0~200万円

ETC利用

Amazon MastercardのETCカードを利用する場合は、年会費500円が必要です。

ですが、ETCカードについてもクレジットカードと同じく初年度は年会費無料、さらに前年度に1回以上利用することで翌年度の年会費も無料になります。帰省のタイミングなどで高速道路を利用する機会が年1回以上ある方にとっては、「実質無料」と言ってよさそうです。

Amazon Mastercardの利用方法

ここまで、Amazon Mastercardを検討している方のためにカードの詳細な特徴を紹介してきました。ここからは、実際にカードを申し込んだ方が知っておくとためになる利用方法についてお伝えします。

各種手続きや問い合わせ方法、盗難・紛失時の対応など、ぜひ参考にしてみてください。

会員専用サイトとログイン方法

Amazon Mastercardは三井住友カードと提携しているクレジットカードなので、会員専用サイトは三井住友カードと同じく「Vpass(ブイパス)」になります。明細の確認や各種手続きなどはすべてVpassから行えますので、クレジットカードが手元に届いたらまずVpassの登録を行いましょう。

<Vpassの登録方法>

  1. Vpassの公式サイトから「Vpassにご登録(無料)」を選択する
  2. ページの各入力項目に必要情報を入力する
    ー登録するカードの情報(会員番号・有効期限・裏面の3桁の番号)
    ー生年月日
    ー 電話番号
    ーメールアドレス
    ーハンドルネーム
    ーパスワード
    ーお支払い口座の口座番号下4桁
  3. 登録完了

問い合わせ方法

クレジットカードに関する不明点や困ったことなどがあった場合は、専用窓口に問い合わせをしましょう。

問い合わせ方法は「チャットボット」「電話」「お問い合わせフォーム」の3つから選択でき、電話意外は24時間いつでも利用することが可能です。

口座変更

利用料金の引き落とし口座を変更する場合は、Vpass上から手続きが可能です。ただし、設定する口座はカード名義と同一名義に限られるので注意しましょう。

<口座変更の手順>

  1. Vpassにログインする
  2. 「各種変更・お手続き」から「お支払口座の変更」を選択する
  3. 新たに登録したい銀行名、支店名、預金科目、口座番号を入力する
  4. 金融機関サイトへ情報送信されるので、そこで必要項目を入力する
  5. 変更完了

金融機関によってはインターネット上で設定できない場合もあります。その場合は「変更届(個人用)」を請求し、郵送で登録口座の変更を行いましょう。

利用明細の確認方法

Amazon Mastercardでは、毎月の利用明細もVpass上で確認することができます。

<明細の確認方法>

  1. Vpassにログイン
  2. 「ご利用明細を確認する」をクリックする
  3. 「お支払月」を選択すると、その月の利用明細が表示される

Web明細書では最大過去15ヶ月分の明細を見ることが可能です。金額だけであれば電話(スマートダイヤル24)でも確認が取れますので、状況に応じて使い分けましょう。

紛失・盗難・不正利用時の対応

手持ちのAmazon Mastercardが紛失したり盗難に遭ったりした場合、三井住友カード会員保障制度としての特別なケースを除き、紛失・盗難の届け出をした日の60日前から期限なしで損害を補償してくれます。

紛失や盗難に遭った際、あるいは不正利用に気づいた際は、できるだけ早急に専用窓口へ連絡するようにしましょう。

<三井住友カード紛失・盗難受付デスク>

https://www.smbc-card.com/mem/goriyo/lost.jsp
24時間・年中無休

解約方法

Amazon Mastercardの解約は、Vpassではなく電話のみの受付となります。とはいえ面倒な手間はなく、音声ガイダンスだけで簡単に解約することが可能です。

クレジットカードを解約してもAmazonポイントはしっかりと残りますので、ご安心ください。

<Amazon Mastercard専用デスク>

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=202015080
9:00~17:00/年中無休
※12月30日から1月3日は休業

まとめ

  • Amazon Mastercardは年会費が実質無料で、Amazon以外の買い物でもポイント還元率が高いクレジットカード
  • Amazon利用で還元率アップも、貯まったポイントはAmazonでしか利用できないので、Amazonをよく利用する方にピッタリ

※価格はすべて税抜です。