【調査】JCBカードってぶっちゃけどう?メリット&デメリット、特徴を比較

JCB CARD EXTAGEの券面画像

「国際ブランドのJCBとJCBカードって何が違うの?」
「JCBは海外で使えないってよく聞くけど、実際どうなんだろう?」

VISAやMastercard、American Expressなどと並び、クレジットカードの国際ブランドとして確固たる地位を築くJCB。テレビCMでもおなじみですよね。

JCBが発行しているJCBカードと、国際ブランドとしての「JCB」の違いはいったい何なのでしょうか?

この記事ではJCBカードにまつわる基礎知識の他、JCBが発行するカードの特徴やメリット・デメリットをわかりやすく解説していきます

ぜひお気に入りのJCBカードを見つけてくださいね。

【独自調査】JCBカードについてアンケートで聞いてみた

JCBカードといえば、「日本のブランド」「大手」などいろんなイメージがありますよね。

まずはJCBカードを持っている50名の方に、JCBカードにどのようなイメージを抱いているのか尋ねてみました。

JCBカードってどんなイメージですか?

現在JCBカードを利用中の50名に、もともとJCBカードに対してどんなイメージを持っていたか聞いてみたところ、次のような結果になりました。

日本唯一の国際ブランドということもあり、もっとも多かったのは「日本で使いやすそう(使える店舗数が多い、国内での信頼が厚い、使い勝手がいい)」という声。

続いて、JCBは大手というイメージから「セキュリティ対策がしっかりしていそう」「トラブルに対するサポートが万全」というセキュリティに対する信頼感や、「老舗で洗練されている」「大人向けで高級感がある」といった回答が目立ちました。

興味深いのが、「海外では使いづらい」と「世界中で使える」という真逆の回答が同数集まったこと。はたして実際のところどうなのでしょうか?

続いて、アンケート結果から見るJCBカードのメリットやデメリットをご紹介します。

アンケートから見るJCBのメリットとデメリット

続いて、JCBカードの利用者50名に「実際にJCBカードを利用してメリットに感じること」や「デメリットに感じること」を回答してもらいました。

アンケートの結果、特に多かったものを実際の声とともにご紹介します。

JCBを選ぶ3つのメリット

まずは、JCBを選んで感じたメリットについて、ご紹介します。

(1)セキュリティサポートやトラブル時の対応がしっかりしている

(2)独自のサービス・特典が充実している

(3)とにかく日本で使いやすい

(1)セキュリティサポートやトラブル時の対応がしっかりしている

アンケートの結果、もっとも多かったのがセキュリティ面でのサポートやトラブル時の対応が素晴らしいという声でした。

とにかくきちんとした会社。カードに一番大切なのは安全性。セキュリティやトラブル時の対応がしっかりしているところがJCBの魅力だと思う。

(30代・女性・主婦)

電話がつながりやすく、対応も誠実で的確なところ。
自動アナウンスでたらい回しにされたり、そもそも電話が何時間も繋がらないカード会社も意外と多いので、ありがたいなと思います。

(20代・女性・主婦)

JCBのイメージアンケートでも、「セキュリティ対策がしっかりしているイメージ」という意見が目立っていましたが、実際、カード紛失時や盗難時のセキュリティサポートや、電話でのトラブル対応には定評があるようです。

特に急なトラブルにおいて、「電話のつながりやすさ」は重要なポイントです。万が一のときも安心ですね。

(2)独自のサービス・特典が充実している

イメージアンケートには特に票が入らなかった「独自サービスの充実」ですが、実際にカードを使ってみて実感する方が多いようです。

毎月さまざまなキャンペーンがあって、今までに3度ほど当選しています。そういった企画が多いところは気に入っています。

(40代・女性・会社員)

海外旅行に行ったときに、現地での日本語サポートなど、サービス特典がいろいろ受けられた。

(40代・男性・自営業)

家族でハワイ旅行に行ったときに、トロリーバスに無料で乗れた。

(30代・男性・会社員)

JCBカードを持っているだけで受けられるサービスがたくさんあります。

たとえば、海外の街中にある「JCBプラザラウンジ」を利用できるというサービス。ハワイや韓国、台湾など日本人に人気の観光地にあるラウンジで、日本語スタッフが旅の相談にのってくれます

また、ハワイではトロリーバスに無料で乗れたり、ディズニー関連の特典があったりと、JCB独自のサービスが人気です。

(3)とにかく日本で使いやすい

イメージアンケートでも圧倒的に多かった「日本で使いやすそう」という意見。実際に日本での使いやすさを感じる人が多数でした。

日本発のカード会社である安心感。日本国内で使うのであれば、知名度、利便性ともに言うことなし!

(40代・女性・主婦)

JCBカードを使えるお店が非常に多いため、「そのカードは使えません」と言われることなくどこでも利用できるのが一番のメリットに感じています。

(20代・男性・会社員)

日本においては、使えなくて困ることはほぼないと言えるでしょう。

知名度があるのはもちろんのこと、国内の加盟店舗数が圧倒的に多いので安心して使えます

JCBカードの2つのデメリット

一方で、JCBカードにはデメリットもあります。

(1)海外では一部使えない地域・店舗がある

(2)ベースの還元率がやや低い

(1)海外では一部使えない地域・店舗がある

もっとも多かったのはやはり、「海外では使えないところがある」という声。実際にJCBを使えない国や地域も一部紹介します。

香港でショッピングをしたときに、VISAとMasterしか使えなくて困ったことがあります。

(40代・男性・会社員)

タイやバリ島は、観光ホテルでも使えないところが多かった。

(30代・女性・主婦)

マレーシア・マラッカの土産物屋はJCBに対応していなかった。

(30代・男性・自営業)

JCBは世界シェア第5位ということもあり、一部では使えない国や地域もあるもよう。

「JCBが使えなかった」という回答が多かったのは、東南アジア、北米、ヨーロッパ(イタリア)。

また、小さいお土産屋さんや屋台のご飯処など、規模が小さいお店はJCBに対応していないことがあるようです。

(2)ベースの還元率がやや低い

「カードを作るときには還元率をあまり気にしていなかったけれど、実際に使ってみるとポイントを貯めるのが大変」という声がちらほらありました。

JCB CARD W以外は還元率が0.5%なので、ふつうに使っているぶんにはポイントが貯まっている実感があまりない。

(20代・男性・会社員)

通常のポイント還元率があまり高くない。ポイントを貯めよう!と意識して買い物をしないとなかなか貯まらない。

(30代・女性・主婦)

ベースのポイント還元率が0.5~1%のJCBカード。楽天カードやYahoo!JAPANカードなど、還元率1%以上の高還元率カードが主流になりつつある中では、少し物足りなさを感じるかもしれません。

ですが、貯め方によってはポイントを何倍にもできますし、賢く貯める方法はたくさんあります。このあとご紹介する「JCBカードのポイントプログラム」も参考にしてみてくださいね。

今さら聞けない!JCBにまつわる基礎知識まとめ

ここからは、今さら周りの人に聞きづらい、JCBカードや国際ブランドにまつわる基礎知識を解説していきます。

JCBってなんだ?

JCBとは国際ブランドのひとつであり、日本のクレジットカード発行会社です。

国際ブランドとしてのJCBと、クレジットカードのJCBカード、それぞれについて見ていきましょう。

VISAやMastercardとのちがい

まず、国際ブランドとしてのJCBについて見ていきます。

クレジットカードの主な国際ブランドは、以下のとおりです。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • ダイナースクラブ

これらは、ほとんどがアメリカ企業です。

JCBは日本で生まれた唯一の国際ブランドで、今やVISAやMastercardと並んで世界7大国際ブランドと言われるようになりました。

これらの国際ブランドのなかでのJCBの強みは、なんといっても日本国内における圧倒的な加盟店数の多さ。国内加盟店数は約1000万件以上で、国内NO.1と言われています。

ただし、世界でのシェアはVISA、Mastercardに圧倒的な差をつけられているのも事実。

利用可能な国が増えつつあるものの、もし海外旅行に行く場合は、JCBにプラスしてVISAまたはMastercardのクレジットカードを持っていくとより安心でしょう。

「JCBプロパーカード」と「国際ブランドがJCBのカード」のちがい

JCBマークがついたクレジットカードは数多く存在しますが、大きく分けると2種類あります。それが、プロパーカードと提携カードと呼ばれるものです。

JCB自体が発行しているクレジットカードをプロパーカードと呼びます。

一方で、国際ブランドが他のカード発行会社にライセンスを付与して発行しているクレジットカードを提携カードといいます。

例えば、楽天JCBカードは楽天カードがJCBから国際ブランドのライセンスを付与してもらっているため、提携カードです。

プロパーカードはJCB独自の特典やサービスが、提携カードは提携先のカードのサービスが適用されます。

JCBカードのポイントプログラム

クレジットカードを利用する楽しみのひとつは、ポイントを貯めることですよね。

JCBカードも、ショッピング時の利用金額に応じてOki Dokiポイントが貯まります。

カードによって異なりますが、通常1000円で1P(還元率0.5~1%)貯まります。特約店である「JCB ORIGINAL SERIES パートナー」の店舗や、ポイント優待サイトの「Oki Dokiランド」を経由して買い物をすると、さらに還元率を上げることができます。

「JCB ORIGINAL SERIES パートナー」や「Oki Dokiランド」を利用すると、どれくらいポイントが貯まるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

JCB ORIGINAL SERIES パートナーとは?

JCB ORIGINAL SERIES パートナーとは、いわゆる特約店のこと。JCBカードを使って特約店で買い物をすると、通常よりもポイントが貯まりやすくなります

利用するだけでポイントが貯まる店舗もあれば、事前にキャンペーン登録をしなければポイントが貯まらない店舗もあるので、注意が必要です。

ポイントUPの条件例

  • スターバックス
    スターバックス カードへのオンライン入金・オートチャージをするとポイントが10倍
    ※事前にキャンペーン登録が必要
  • セブン-イレブン
    店頭でJCBカードを使って支払いをするだけでポイント3倍
    ※キャンペーン登録は必要なし

事前のキャンペーン登録がある場合は少し手間に感じてしまうかもしれませんが、登録は最初の一度だけでOKな店舗がほとんどです。

よく利用する店舗があれば、最初にまとめてキャンペーン登録してしまいましょう。

ネットショッピングがお得になるOki Dokiランド

Oki Dokiランドとは、JCBが運営しているオンラインポイント優待サイトのことです。Oki Dokiランドを経由して買い物をすることで、通常の2~20倍のポイントを貯めることができます

たとえば、ネットショッピングでおなじみのAmazonや楽天市場も、Oki Dokiランドを経由してからJCBカードで支払いをすると、通常の2倍のポイントがもらえます。(2019年5月時点)

ポイントアップ率は店舗や時期によって変動するので、こまめにチェックするとよいでしょう。

Oki Dokiランドと提携している店舗の一例はこちらです。

Oki Dokiランドの提携店舗例

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング
  • じゃらん
  • JTB
  • ビックカメラ.com
  • チケットぴあ etc.

※具体的なポイントアップ率は、Oki Dokiランドをご覧ください。

Oki Dokiランドを経由して、その後はお目当てのショッピングサイトでいつも通り買い物をするだけなので、複雑な操作は一切必要ありません

おなじみのオンラインモールから、旅行、レストラン予約まで幅広い店舗と提携しているので、ポイントアップのチャンスがたくさんありますよ。

ディズニー好きにはたまらない特典がいっぱい

ディズニーファンであればご存知の方が多いかもしれませんが、JCBは東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーです。

JCBカードはディズニーのオフィシャルカードなので、ディズニー関連の特典がたくさん用意されています

特典の一例をカード別にご紹介します。

カード名 年会費 ディズニーでの特典
JCB CARD W
JCB CARD W plus L
無料 ・JCBマジカルへの抽選に参加可能
・貯めたポイントをパークチケットに交換可能
JCB THE CLASS 5万円 ・東京ディズニーリゾートへの旅 トラベル特典
(旅費をカード決済するとポイント5倍)
・東京ディズニーリゾートギフトカード(1万円分)とパークチケット(2枚組)プレゼント
・ディズニーホテルのスイートルーム優待プラン
・パーク内ラウンジ利用可能
・アトラクションのVIP待遇 など
ディズニー★JCB 初年度無料
2年目以降2000円
・Thanksギフトプレゼント
・キャラクターグリーティング
・ディズニーキッズポイントカードが発行可能
(発行手数料1000円)
・ミッキーデザインのキーチェーン型QUICPay
・通常ポイントと別にディズニーポイントが貯まる

年会費5万円のJCB THE CLASSともなると、通常では受けられないプレミアムな特典ばかり。年会費が高額ではあるものの、トータルで見るとおいしいカードです。

ディズニー★JCBはディズニーに特化したカードならではのサービスがついています。

年会費無料のJCB CARD Wでも、ホテル招待券やグッズなどが当たるJCBマジカルに参加できたり、ポイントをパークチケットに交換できるので、「頻度は少ないけれど、たまにディズニーに行く」という方におすすめです。

JCBカードを持っていれば、ディズニーでの楽しみ方がぐっと広がるでしょう。

口コミあり│安定と信頼のJCBプロパーカード徹底比較

ここからは、JCBが自社で発行しているCREVIEWおすすめのプロパーカードと、その特徴を紹介していきます。

実際の利用者の口コミもぜひ参考にしてみてくださいね。

JCBプロパーカードの特徴

JCBのプロパーカードは、JCB ORIGINAL SERIESと呼ばれています。

カードによって特典やサービスは異なりますが、共通する特徴は以下の3つです。

  • Oki Doki ランド(JCBのオンラインモール) を利用するとポイント最大20倍
  • セブン-イレブンなどの店舗利用で、ポイント3倍
  • 利用実績を積むことで、ワンランク上のカードにグレードアップできるチャンスあり

ベースの還元率はそこまで高くないJCBカードですが、ポイントUPできるオンラインモールや店舗を利用すれば、ポイントをざくざく貯めることができます。

また、プロパーカードは使えば使うほどJCBとの信頼関係が構築され、ワンランク上のカードにグレードアップできるチャンスがあります

ランク別におすすめのJCBカードを紹介するので、自分にあったJCBカードを見つけてくださいね。

スタンダードカード

年会費が無料~1250円のスタンダードなカードです。

学生や若手社会人でも作りやすく、ポイント還元率も比較的高いラインナップになっています。

カード名 JCB CARD W JCB CARD W plus L JCB一般カード JCB CARD EXTAGE
年会費 無料 無料 1250円(初年度無料) 無料
ポイント還元率 1% 1% 0.5% 0.5%
特徴 Web入会限定&39歳以下向けの高還元率カード JCB CARD Wに女性保険が追加できるカード Web入会で初年度無料のスタンダードカード 学生や新社会人向けのスペシャルカード

JCB CARD W / plus L

JCB CARD W ポイント還元率
1%(1000円=2P)
年会費
無料
国際ブランド
JCB
貯まるポイント
Oki Dokiポイント
  • 入会3ヶ月間はポイント4倍となり、還元率2%
  • JCB ORIGINAL SERIESという優待店を利用するとポイントが10倍になることも
  • インターネットからの新規入会でもれなく2000円分のJCBギフトカードプレゼント
ポイント還元率
1%(1000円=2P)
年会費
無料
国際ブランド
JCB
貯まるポイント
Oki Dokiポイント
  • 入会3ヶ月間はポイント4倍となり、還元率2%
  • 女性特有の疾病を手厚くサポートしてくれる保険や、キレイを叶えるプレゼントチャンスがいっぱい
  • インターネットからの新規入会でもれなく2000円分のJCBギフトカードプレゼント

JCBきっての高還元率カードがこのJCB CARD WとJCB CARD W plus L。39歳以下&ネット申込限定で、いつでもポイント2倍です。

Amazonやセブン-イレブンなどでもポイント3倍。安心感と高還元率、どちらも譲れないという方におすすめのカードです。

39歳以下でないと作れないので40歳になる前に作るべきだと思い作りました。Amazonをよく利用するのでポイントが貯まりやすく、貯まったポイントをまたAmazonで1P=3円として使えるので便利です。

(40代・自営業・男性)

還元率が高く、年会費が無料なのがいいです。デザインもシンプルで気に入っています。

(20代・会社員・女性)

JCB一般カード

JCB一般カード ポイント還元率
0.5%
年会費
(ネット申し込みで)初年度無料
国際ブランド
JCB
電子マネー
QUICPay
  • インターネットからの新規入会でもれなく2000円分のJCBギフトカードプレゼント
  • 国内外どちらも旅行傷害保険付きで最大3000万円補償
  • 海外の店舗(ネットショッピング含む)利用分はポイント2倍!

20代から50代以上まで幅広く愛用されているJCB ORIGINAL SERIESのスタンダードカード。

知名度も高く、持っていて間違いのない1枚です。

年会費がかかりすぎない範囲で、人前で出しても恥ずかしくないカード。一般とはいえやっぱりゴチャゴチャしてない大人のカードはいいものです。ちょっとした見栄ですね。

(40代・自営業・男性)

海外旅行保険の内容が充実しているし、カードのデザインがシンプルでいい。

(20代・会社員・女性)

JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGEの券面画像 ポイント還元率
0.5%
年会費
無料
国際ブランド
JCB
電子マネー
QUICPay
  • 入会後3ヶ月はポイント3倍(還元率1.5%)
  • 18歳以上29歳以下の学生や若手社会人のためのスペシャルカード
  • 入会後4か月以降はポイントが1.5倍

29歳以下の若者向けのJCBカードです。年会費無料のカードなので、「年会費がかかる一般カードはちょっとハードルが高いな…」という学生さんや新社会人の方におすすめ。

デザインは一般カード同様にシンプルで洗練されていて、周りと一歩差を付けられるかもしれませんよ。

年会費が無料だし、Apple Payに対応していてとても便利。

(20代・会社員・男性)

JCBゴールドカード

申し込みが可能なJCBのゴールドカードは2種類です。

カード名 JCBゴールド JCB GOLD EXTAGE
年会費 1万円
(初年度無料)
3000円
ポイント還元率 0.5% 0.5%
申込対象 20歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方(学生除く) 20歳以上29歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある方
特徴 スタンダードなゴールドカード 入会後3ヶ月はポイント3倍になる若者向けゴールドカード

JCBゴールド

JCBゴールドの券面画像 ポイント還元率
0.5%
年会費
初年度無料(2年目以降1万円)
国際ブランド
JCB
電子マネー
QUICPay
  • ゴールドカードなのに最短即日発行
  • 全国主要都市の空港ラウンジやグルメ優待サービスなど特典いっぱい
  • 使い続ければさらにワンランク上の「JCBゴールド ザ・プレミア」にグレードアップできるチャンス
  • インターネットからの新規入会で、もれなく2000円分のJCBギフトカードプレゼント

JCB ORIGINAL SERIESのゴールドカード。海外利用分はポイント2倍に。

将来的にさらにワンランク上の「JCBゴールド ザ・プレミア」を持ちたいという方は、このJCBゴールドで利用実績を積んで、スムーズにグレードアップしましょう。

トラブル時の対応が早くて的確。JCBゴールドカードに付帯サービスのTHE PREMIERを付けているため、ポイントの有効期限が長く、還元率も比較的良い。

(30代・女性・主婦)

ステータス感があるのと、豊富な付帯サービスが付いているのでとてもいい。海外旅行傷害保険が付いているので、海外旅行に行く時に、別途保険に加入する必要がないのは大きなメリットだと実感しています。

(50代・男性・自営業)

JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGEの券面画像 ポイント還元率
0.5%
年会費
初年度無料(2年目以降3000円)
国際ブランド
JCB
電子マネー
QUICPay
  • 29歳以下限定のゴールドカード
  • 入会後3ヶ月はポイント3倍、入会後4ヶ月目以降は1.5倍に!
  • JCBゴールドと同様に、空港ラウンジが利用できる

30歳になると自動的にJCBゴールドへとグレードアップされる、若者向けゴールドカードです。

JCBゴールドとの主な違いは「旅行傷害保険の補償金額」、「グルメ優待、ゴルフ、人間ドックサービス」、「JCBザ・プレミアへの招待」の3つがないこと。

空港ラウンジはJCBゴールドと同様に使えるので、初めてゴールドカードを作るという方におすすめです。

出張が増えたので、JCBゴールドよりも安い年会費で空港ラウンジを利用できるのはとてもお得な気分。

(20代・男性・会社員)

JCBプレミアムカード

数あるJCBカードのなかでも最上級のサービスを提供してくれるハイステータスカード。

特にJCB THE CLASSは、インビテーションを受けなければ作ることができない、超プレミアムな招待制カードです。

カード名 JCBプラチナ JCB THE CLASS
年会費 2万7000円(初年度無料) 5万円
ポイント還元率 0.5% 0.5%
申込対象 25歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方 非公開
特徴 豪華特典が詰まったコスパの良いプラチナカード 招待された人だけが持てる最上級のステータスカード

JCBプラチナ

JCBプラチナの券面画像 ポイント還元率
0.5%
年会費
2万5000円
国際ブランド
JCB
電子マネー
QUICPay
  • 24時間365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」で旅行やレストランの予約、手配が簡単に
  • 有名レストランで1名分が無料になる優待サービスや、世界中のラウンジを無料で楽しめるプライオリティ・パス付き
  • JCBゴールドのサービスも利用できる
  • インターネットからの新規入会でJCBギフトカード5000円分プレゼント

多くのプラチナカードが招待制のなか、25歳以上で安定した継続収入のある方であれば申し込むことができるJCBプラチナ。

豪華特典が付いているのはもちろんのこと、ポイントの有効期限が5年と長いのも特徴です。

プラチナクラスのカードが2万円台で持てるのがまず驚きでした。サービスは申し分ないし、かなりコスパのいいプラチナカードだと思います。

(40代・男性・会社員)

番外編:JCB THE CLASS

JCB THE CLASSの券面画像 ポイント還元率
0.5%
年会費
5万円
国際ブランド
JCB
電子マネー
QUICPay
  • インビテーションでしか手に入らない最上級のステータスカード
  • ハイクオリティなザ・クラス・コンシェルジュデスクが24時間365日利用可能

最後に番外編として、なかなか手に入らないと噂のJCB THE CLASSをご紹介。

秘書がいるような感覚で、旅行の手配やシチュエーションにあわせたレストランの予約など、さまざまな相談をすることが可能です。

他にも2名以上のコース料理の予約で1名分無料になる「グルメ・ベネフィット」や、年に1回好きな商品を選べる「ザ・クラス メンバーズ・セレクション」など、とにかくプレミアムなサービスがたくさん用意されています。

お得な特典がいっぱい!JCBの提携カード

続いて、国際ブランドでJCBが選べるお得な提携カードを紹介していきます。

JCBブランドで作れるおすすめの提携カード

提携カードの場合、国際ブランドを「JCB」と選択することで、JCBが利用できる店舗でのみ利用が可能になります。

通常、提携カードは特定の店舗や発行会社のサービスでよりお得になるように設計されています。

そのため、もしよく利用する店舗やオンラインショッピングでポイントが貯まりやすいカードがあれば、サブカードとして持つのもおすすめです。

楽天カード

ポイント還元率
1%(100円=1P、1P=1円)
年会費
無料
国際ブランド
Visa / JCB / Mastercard / American Express
貯まるポイント
楽天スーパーポイント
  • 楽天市場での買い物はいつでもポイント還元率3%
  • 楽天トラベルや楽天ブックスなど、関連サービスの利用で最大ポイント15倍

高還元率カードとして王道の楽天カード。よく楽天市場や楽天サービスを利用する方、ポイントをざくざく貯めたい方にはおすすめです。

ちなみにJCBにすると、可愛いディズニーデザインが選べますよ。

Orico Card THE POINT

ポイント還元率
1%(100円=1P、1P=1円)
年会費
無料
国際ブランド
JCB / Mastercard
電子マネー
iD / QUICPay
  • 入会後6ヶ月間はポイント還元率2%
  • 100円で1P貯まるので、コンビニなどの少額決済でもざくざく貯まる
  • 1P=1円で、ギフト券への交換・他社ポイントへの移行が可能

Orico Card THE POINTも還元率1%で、ポイントがざくざく貯まるお得なカードです。

ポイントUPできるオリコモールを経由するだけで、ポイントが最大15倍になるチャンスも。

年会費無料なのに、モノトーンのスマートなデザインが魅力的な1枚です。

イオンカードセレクト

ポイント還元率
0.5%(200円=1P)
年会費
無料
国際ブランド
Visa / JCB / Mastercard
電子マネー
WAON、イオンiD
  • 公共料金を支払うと、支払い1件につき毎月5ポイントのWAONポイントがもらえる(還元率1.5%)
  • 通常のときめきポイントも同時に貯まる
  • イオングループで買い物すれば、ポイント還元率はいつでも1%

イオングループでよく買い物をする方なら、迷わずイオンカード。

公共料金の支払いをすると、カードのポイントのほかに、1件につき5ポイントのWAONポイントがもらえます。

こちらも、JCBにするとディズニーデザインが選べます。

JCBカードの申し込み方法や審査基準は?

クレジットカードの審査に怯える学生

ここからは、実際にJCBカードを作るにはどうしたらいいのか解説していきます。

気になる審査基準についてもあわせて見ていきましょう。

JCBカードの申し込み方法

クレジットカードの申し込み方法は、3通りあります。

  1. Web
  2. 店頭
  3. 郵送

どの方法でも構いませんが、最近ではいつでも手軽に申し込めるWeb申し込みが主流です

また、JCBカードの中にはJCB CARD W / JCB CARD W plus Lのように、Web申込限定のカードもありますので、事前に確認しましょう。

一般的な申し込み手順は、次の通りです。

カードによって微妙に異なるため、参考程度にご覧ください。

  1. 公式サイトまたは紙の申込書を記入して申し込む
  2. 銀行口座の設定
  3. 入会審査
  4. カード発行・受け取り

カードによっては、2の銀行口座設定をWeb上で済ませられるものもあります。

ただし、未成年の場合は、申し込み後に親権者の同意書や本人確認書類と一緒に口座設定書類が郵送で送られてくるため、必要事項を記入し、返送する必要があります。

詳しいカード申し込み手順に関しては、各カードの公式Webサイトをご覧ください。

JCBカードの審査基準

JCBカードは、それぞれのカードによって申し込みができる対象者が決まっています。

カード名 申込対象
JCB CARD W
JCB CARD W plus L
満18歳以上39歳以下
JCB CARD EXTAGE 満18歳以上29歳以下
JCBゴールド 20歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方(学生除く)
JCB GOLD EXTAGE 20歳以上29歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある方
JCBプラチナ 25歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方

対象外の方は、申し込んだとしても必然的に審査に落ちてしまうので注意しましょう。

なお、審査に通過するための具体的な年収の額や、他社の借り入れ状況といった数値面は非公開となっています。これは、どのクレジットカード会社でも同じです。

その他、審査で必ず見られる項目は決まっているので、事前に確認しておきましょう。

クレジットカードの審査落ちを防ぐ!必ず見られる3つのポイントと対策の記事はこちら

JCBカードを利用するうえで知っておきたい7つのこと

(1)締め日と支払日

JCBカードの締め日は毎月15日で、支払い日は翌月10日です。

支払い日が土・日・祝日の場合は、次の営業日が支払い日となります。

なお、この日程は変更できません。口座残高が足りないと引き落としができず、未払いになってしまうので注意しましょう。

引き落とし口座は、三井住友銀行やみずほ銀行、ゆうちょ銀行などのメガバンクのほか、ネット銀行も利用できます。ご自身の都合にあわせて設定しましょう。

(2)会員専用サイトとログイン方法

JCBカードには、会員専用サイト「MyJCB」があります。

これまでに使ったクレジットカードの金額や現時点で利用できる金額、ポイント残高などの確認、ポイントの交換、支払い方法の変更など、さまざまなサービスを利用できます。

なお、「MyJCB」は、JCBカードと支払い口座情報があればインターネット上からすぐに設定できます

アプリ版のMyJCBでは、オートログインや指紋・顔認証を使うことでIDやパスワードの入力なしで情報を確認できます。移動時間やすき間の時間にスマホで手軽に確認できるので、おすすめですよ。

(3)問い合わせ方法

JCBカードに関する質問は、JCBカードの問い合わせ窓口で尋ねましょう

  • 電話
  • インターネット(メール)
  • MyJCBのメッセージボックス

上記3つから問い合わせ方法を選べますが、メールでの問い合わせの場合、個人情報の照会が必要な内容は回答してもらえない可能性があります。

電話の場合は、各カードによって問い合わせ先が異なるので、公式サイトをチェックしましょう。

電話は混み合うことが多いので、カードの紛失や盗難といった緊急性が高い内容以外は、メールやメッセージボックスを利用するのが効率的です。

(4)口座変更

支払い口座の変更は、会員専用ページであるMyJCB上から手続きができます

MyJCBから20日までに支払い口座変更手続きをすると、翌月から変更した口座での引き落としになります。

MyJCBに登録していない場合は、書面で支払い口座変更手続きをすることも可能です。

書面での手続きの場合、10日までに書類が到着すれば翌月から、それ以降は翌々月からの変更となり、時間がかかってしまいます。

急ぎで口座変更をしたいという方には、MyJCBからの変更がおすすめです。

(5)利用明細の確認方法

利用明細もMyJCBから確認できます。支払い金額と利用可能額、利用残高については専用ダイヤルの自動音声で案内を聞くことも可能です。

ただし、電話では細かい明細の内容まで調べられないので、具体的な利用内容が知りたい場合はMyJCBにアクセスしましょう。

(6)紛失、盗難、不正利用時の対応

万が一、カードの紛失や盗難に遭ってしまったときは、すぐに24時間対応のJCB紛失盗難受付デスクに電話をしましょう。紛失・盗難に気が付いたらできるだけ早く電話をかけることが大切です。

海外で紛失や盗難にあった場合も同様です。電話は日本語で対応してくれるので、安心して連絡してください。

「JCBプラザ ラウンジ」や「JCBプラザ」では希望者にカードを緊急再発行してくれるので、引き続きカードを使いたい場合は連絡をしましょう。

また、セキュリティに定評のあるJCBカードでは、24時間不正検知システムで利用状況に異常がないか確認しています。それでも不正使用されてしまった場合は、すみやかにカード会社へ連絡しましょう。

なお、紛失や盗難に付随する不正利用や、「カードは手元にあるけど使った覚えがない請求が来た」というときは、届け出をした日から60日前まで遡って損害額を補償してもらえるので安心です。

(7)解約方法

解約手続きは、MyJCBのお客様情報の照会・変更から行うことができます。「お客様情報の照会・変更>お客様情報の変更>JCBカードの退会手続き」の順に進み、画面に従って手続きをしてください。

電話での解約を希望する場合は、JCBインフォメーションセンターに電話をして自動音声案内の「カードの退会」を選択すれば、解約の手続きが可能です。

まとめ

JCBカードにまつわる疑問は解消したでしょうか?

「海外では一部使えない地域・店舗がある」といったデメリットはあるものの、日本生まれの国際ブランドならではのきめ細やかなサービスや、充実した特典があるのもたしか

他の国際ブランドと組み合わせれば、海外旅行も快適に過ごせるでしょう。ぜひ検討してみてくださいね。

  • JCBカードは日本で使いやすく、セキュリティサポートも万全
  • JCB ORIGINAL SERIESやOki Dokiランドを使えばポイント倍増
  • 申し込む際には申込対象者を事前にチェック

※金額はすべて税抜表記です。