【JCB LINDA】女性向けの特典満載! 特徴や注意点を解説

JCB-LINDAの券面

「JCB LINDAカードを選ぶのはどんな人?」
「どうせ持つならデザインの可愛いカードがいい」

JCB LINDAはコスメやファッションに関する優待など、女性にうれしい特典が盛りだくさんのクレジットカードです。

この記事では女性におすすめのカードを探しているという方向けに、JCB LINDAのメリットやデメリットについて解説していきます。

JCB LINDA

JCB LINDA
還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

※価格の表記に関して、特に指定があるもの以外は税抜き表記となっています。

カードも暮らしもおしゃれにしたいというニーズにぴったり

JCB LINDAは「おしゃれなカードが欲しい」というニーズにぴったりの一枚です。デザインを8種類の中から選べるほか、美容やエンタメなど女性にうれしい特典もあり、生活をより素敵にしたいという方におすすめのカードといえます。

こんな人には向いていないかも……

一方で以下のような方にとってはJCB LINDAは魅力の低いカードとなってしまうかもしれません。その場合は、あわせて紹介するカードも検討してみてください。

旅行保険の手厚いカードを探している方

JCB LINDAカードには海外旅行保険が付帯しないので、旅行用のクレジットカードを探している方には向いていないかもしれません。

海外旅行保険のしっかりしたカードを探している方は「三井住友カード アミティエ」がおすすめです。国内、海外ともに傷害死亡・後遺障害が自動で最高300万円まで、旅費などを事前にカードで支払うと最高2000万円まで補償されます。

また、カードで購入した商品の破損や盗難といった損害も200日まで最高100万円補償されるので、旅行やショッピングが好きな方におすすめです。他にも、Web明細サービスに登録することで携帯料金の支払いでもらえるポイントが2倍になるなど、メリットが豊富なカードです。

三井住友カード アミティエ

三井住友カード アミティエ
還元率 0.5%※1
年会費 1250円※2、※3
発行スピード 最短翌営業日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
電子マネー
  • iD
  • WAON
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  1. インターネット入会で初年度年会費無料
  2. 新規ご入会&Vpassアプリログインで利用金額の20%キャッシュバック【最大8000円】
  1. 【ケータイ利用料限定】ご利用金額1000円(含む消費税等)につき2ポイント
  2. ネット入会で初年度無料、マイ・ペイすリボ登録+1回以上の利用で翌年度年会費無料
  3. (2021年2月分のお支払いから「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料の支払いに条件が変更となります)
  4. 学生は在学中年会費無料

カードの利用頻度が低い方

JCB LINDAカードは年会費無料ですが、毎月100円のデータ維持料が発生し、年に2回、2月と8月にカード利用代金と合わせて引き落とされます。入会した月や学生の方はデータ維持料が免除されますが、カードをあまり使わない方にとっては負担といえるかもしれません。

常に年会費無料のカードがほしい方は「JCB CARD W plus L」がおすすめです。
こちらのカードは年会費無料で作ることができる女性向けのカードとなっています。18~39歳までという入会の年齢制限はありますが、JCB LINDAと同様、美容やエンタメに関する特典が豊富です。また、18~69歳の女性を対象とした保険にも加入できるため、いざというときの備えを充実させたいという方は検討してみるといいでしょう。

JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus Lの券面
還元率 1.0%※1
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  • 入会後3ヶ月間のご利用はポイント4倍(~2020年5月31日)
  • Apple Pay, Google Pay利用で20%(最大5000円)キャッシュバック(~2020年5月31日)
  1. 優待店でポイント還元率アップ。Amazon2倍、スターバックス5.5倍、セブン‐イレブン2倍

JCB LINDAはこんなカード

JCB LINDAはJCBの発行するプロパーカードです。JCB LINDA独自の特典の他、ETCやQUICPay、家族カードといった追加カードや「JCB プラザ」をはじめとしたJCBカード共通のサービスも利用可能です。ここからはJCB LINDAの基本情報やメリットについて紹介していきます。

選べる8種類のデザイン

JCB LINDAはデザインを以下の8種類の中から選ぶことができます。

←←←(スマホのみ)横スクロールで表示→→→
デザイン名 M / mika ninagawa オマモリコトリ ライズハート Jモチーフ
カードデザイン JCB-LINDAの券面 オマモリコトリ ライズハート Jモチーフ
特徴 写真家であり映画監督でもある蜷川実花さんのディレクションするブランド「M / mika ninagawa」とのコラボデザインです。(オンライン入会限定) ハート、星、月、しずく、雲、小鳥といったモチーフをカラフルな色彩で描いたデザインです。 筆記体で綴られた「LINDA」の文字と色鮮やかなハートのパターンが特徴の、跳躍感溢れるデザインです。 日本の伝統衣装である「キモノ」の古典柄から生まれたデザインです。なかでも代表的な“花モチーフ”と“雲モチーフ”をポップなLINDA風にアレンジしています。
デザイン名 チェルシーボーダー ストライプ イマージュ ポニーテール
カードデザイン チェルシーボーダー ストライプ イマージュ ポニーテール
特徴 「遊びごころ」をテーマにしたこちらのデザインは、ロンドンにおけるトレンド最先端の街”チェルシー”をイメージして作られました。 カラフルなストライプの中にファスナーが描かれているデザインです。独特なデザインは持つ人の「個性」を表現しています。 イマージュは「変わりゆくあなた自身」を表現しています。アートな色づかいで表現された女性が黒い背景に美しく浮かび上がるデザインとなっています。 「春」をテーマに油絵をシルエットに、元気でポジティブと言った印象の、ポニーテールの女の子が描かれたデザインです。

なお、一度申し込んだデザインは他のデザインへ変更できない点、家族カードを作る場合はデザインが一緒になる点に注意しましょう。

カード利用額に応じてポイント還元率が最大3倍

JCB LINDAで貯まるポイントは一般的なJCBカードと同様「Oki Dokiポイント」となっています。基本的なポイント還元率は0.5%となっており、1000円(税込)の利用で1ポイント貯まります。

また、JCB LINDAカード特有のポイント制度として「LINDAボーナス制度」があります。年間のカード利用金額の通算が50万円(税込)に達するとその翌月から獲得ポイントが2倍に、100万円(税込)に達した場合は3倍になるので、カードをよく利用する方にとっては大変おトクな制度といえます。

女性向けの優待やプレゼントなど特典がいっぱいの「LINDAリーグ」

JCB LINDA会員になると「LINDAリーグ」に加入している企業から割引や優待などの特典を受けることができます。LINDAリーグとは女性のキレイを応援する企業群のことで、おもにブティックやコスメショップ、グルメ関連の企業が加入しており、定期的に旅行券やコスメ賞品の当たるキャンペーンなども実施しています。おもな優待の例は以下のとおりです。

  • スターバックス:スターバックス カードへのオンライン入金でOki Doki ポイントが10倍
  • プリンスホテル:ビュッフェの優待や会員限定の宿泊プラン
  • MILLEPORTE:お買い物で使える10%引きクーポン
  • JCBトラベル:旅行の申し込みで獲得Oki Doki ポイントが2倍

またJCB LINDA会員には毎月「Monthly LINDA」が届きます。Monthly LINDAはさまざまな企業やブランドの情報、読者プレゼント企画などが掲載された、おトク情報満載の月刊の会報誌です。「MyJチェック」に登録していて利用明細書の送付を中止している場合は、「MyJCB」よりWeb上でMonthly LINDAを楽しむことができます。

他にも、おすすめ映画情報や映画鑑賞ペアチケットが当たる「cinema LINDA」も魅力のひとつです。

なお、各種特典は時期によって変化する場合あるので注意しましょう。

お手頃価格で加入できる女性にうれしい保険

JCB LINDA会員は月額30円からという格安の掛け金で加入できる女性向けの保険「お守リンダ」に加入できます。保険の種類は以下の4つから選ぶことができます。

プラン 補償 補償内容
プランA 女性特定がん 女性特定がん限定手術保険金(50万円)
プランB 天災限定傷害 入院保険金:5000円/日(最長180日)
手術保険金:5・10・20万円(種類による)
プランC 犯罪被害補償 ひったくり損害保険金(最高50万円)
鍵取替え費用保険金(最高3万円)
ストーカー行為等対策費用保険金(最高50万円)
プランD 傷害入院補償 入院保険金:5000円/日(最長180日)

例えばプランAでは乳がんや子宮がん、卵巣がんなど女性特有のがんの手術を受けた場合に保険金が支払われます。

また、月額100円で加入できるプランCではひったくりによる被害を始め、鍵の交換費用やストーカー対策のための防犯グッズ購入費などが最高50万円まで補償されるなど、おトクなプランがそろっています。

JCBのサービスも利用可能

JCB LINDAカードはJCBの発行するプロパーカードなのでJCBカードに共通するサービスを利用することもできます。おもなサービスは以下のとおりです。

  • ネットショッピングの際に経由することで獲得ポイントの増加する「Oki Doki ランド
  • コンサートやミュージカルのチケット優待を受けられる「チケットJCB
  • 海外旅行をサポートしてくれる「JCBプラザ」「JCBプラザ ラウンジ
  • 24時間365日体制のセキュリティサポート
  • 最高100万円のショッピングガード保険(海外のみ)
  • 国内外の優待店で利用できる割引やサービスなど

本会員も家族カードも年会費無料

JCB LINDAは年会費無料で作ることができます。家族カードやETCカードについても同様に、無料で追加可能です。JCBのカードの中には年会費のかかる種類が多いので、年会費が無料な点は大きな魅力といえます。

ただし、前述のとおりデータ維持料がかかることに注意です。

JCB LINDA

JCB LINDA
還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

JCB LINDAには欠点も

ここまでJCB LINDAの特徴や魅力を紹介してきましたが、JCB LINDAにはデメリットもいくつかあります。こちらもあわせて確認しておきましょう。

旅行傷害保険が付帯していない

JCB LINDAカードには旅行傷害保険が付帯していません。年会費無料のカードでも保険が付帯しているカードが多いので気にならない方もいるかもしれませんが、治療費用や賠償責任、携行品損害の補償額などは複数のカードで合算されるので、やはり保険はあった方がいいといえるでしょう。

LINDAボーナス制度の有効期限が短い

LINDAボーナス制度は利用額に応じて翌月以降のポイント付与率がアップするおトクな制度ですが、期間が1年単位というデメリットもあります。毎年の更新月を迎えると付与率も利用額の集計もリセットされてしまいます

例えば8月が更新月の方が7月に利用額100万円を達成したとしてもポイント付与率はあがることなく、利用額の集計もまた0からのスタートとなってしまいます。JCB LINDAを利用する際はその点にも注意しましょう。

月に100円のデータ維持料がかかる

JCB LINDAの年会費は基本無料ですが、入会初月や学生以外はデータ維持料が別途で月100円かかってしまいます。データ維持料は家族会員についても同じく発生します。少額なので気にならない方も多いかもしれませんが、次に紹介する2つの方法で無料にすることも可能です。

  • 携帯料金の支払いをJCB LINDAで行う
  • 月に1万円以上カードを利用する

どれもクリアしやすい条件といえるので、少しでもコストを減らしたいとお考えの方は積極的に活用していきましょう。

スマホ決済との相性

JCB LINDAはApple Pay、Google Payに登録することができ、QUICPayマークのあるお店で支払いが行えます。iPhoneのWalletアプリにSuicaと一緒に追加するとiPhone上でチャージすることもできます。

1分でわかるJCB LINDAの作り方

JCB LINDAはインターネットによる申し込みと、入会申込書による申し込みの2種類の方法で作ることができます。申し込みには支払い口座の通帳やキャッシュカード、もしくは運転免許証などの本人確認ができる書類が必要となります。

申し込み方法

<インターネットでの申し込み方法>

  1. JCBの公式サイトから申し込み画面へアクセス
  2. 名前や生年月日、住所など必要事項を記入
  3. 本人確認方法の設定
  4. 入会審査・カード発行
  5. カードを受け取る

3の本人確認方法はオンライン口座の設定や運転免許証番号の入力、本人確認書類の画像データのアップロード、郵送の4種類から選択できます。また、カードの発行には1週間程度かかります。

書類での入会方法についても簡単にまとめましたので参考にしてみてください。

<入会申込書による申し込み方法>

  1. インターネットにて資料請求
  2. 届いた資料の中の申込書に必要事項を記入し、本人確認書類とあわせて返送
  3. カード発行

こちらの場合は発行までおよそ4週間かかります。

審査

JCB LINDAも他のカードと同様、詳細な審査内容については公表されていません。申し込み対象は原則として以下のとおりとなっています。

  • 18歳以上
  • 本人または配偶者に安定継続の収入のある方
  • 高校生を除く18歳以上で学生の方

また、JCB LINDAカードは男性でも申し込みが可能となっています。

合わせて検討したいおすすめカード

JCB LINDAのような女性向けカードを探している方は、「楽天PINKカード」も検討してみるといいでしょう。

こちらのカードは年会費が無料なうえ、「楽天市場」など楽天グループで割引サービスを受けられる「楽天グループ優待サービス」や、飲食店や映画館などをはじめとする11万以上の対象店舗で優待特典を利用できる「RAKUTEN PINKY LIFE」をそれぞれ月額300円で付帯できます。

女性特有の疾病を対象とした保険に月額40円から加入できる補償プラン「楽天PINKサポート」もあるなど、女性にうれしい特典が豊富なカードです。男性も申し込み可能なため、各種優待サービスに興味のある方は選んでみてもいいでしょう。

JCB LINDAの基本情報

それではここでJCB LINDAの基本情報をまとめてみましょう。

年会費 無料※1※2
ポイント還元率 0.5%
付帯保険(国内、海外) -
支払い方法(一括、分割、ボーナス、リボ) ショッピング1回払い、ショッピング2回払い(国内のみ)、JCBボーナス1回払い(国内のみ)、ショッピングリボ払い、ショッピング分割払い、ショッピングスキップ払い
締め日・引き落とし日 締め日:当月15日、引き落とし日:翌月10日
キャッシング利用 1~100万円
限度額 個別対応
ETC利用 年会費、新規発行手数料ともに無料

※1 データ維持料100円/月
※2 入会初月、学生会員、月1万円以上の利用、携帯料金の支払いで無料

JCB LINDAの利用方法

最後にJCB LINDAの利用方法について紹介しますので、今から作る方も既に作った方もあわせてご覧ください。

会員専用サイトとログイン方法

JCB LINDA会員は「MyJCB」と「LINDAサイト」の2つの会員専用サイトを利用できます。MyJCBに登録すると、Webサイト上で利用明細や限度額、ポイント残高の確認などが行えます。LINDAサイトでは会員限定の優待情報や星占い、キャンペーンの参加登録などが可能です。

<LINDAサイトへのログイン方法>

  1. 公式サイト上部よりLINDAサイトログインページへ移動
  2. MyJCBのログインID、パスワードを入力(持っていない方はMyJCBに新規登録が必要)

<MyJCBの登録方法>

  1. 公式サイトのトップページ上部「カード会員の方(MyJCB)」から「新規登録/ID確認」ボタンを選択して登録画面へ
  2. 登録画面にカード番号や有効期限などの必要事項を入力
  3. 登録が完了するとMyJCB IDが表示されるので、IDとパスワードを入力してログイン

問い合わせ方法

利用明細や限度額、ポイントの確認などはMyJCBより行うことができます。また、その他の問い合わせは電話や自動音声による対応、もしくは公式サイトで行うことができます。公式サイトでは画面上部の「お問い合わせ」より各種お問い合わせについての情報を参照できます。

口座変更

支払い口座の設定や変更はインターネットか書類で行うことができます。

インターネットの場合はMyJCBより手続き可能です。

<MyJCBでの口座変更手順>

  1. MyJCBにログイン
  2. トップ画面から「お客様情報の照会・変更」を選択
  3. メニューの「お支払い口座」を選択

一部金融機関ではインターネット手続きを行えない場合もあるので注意しましょう。

また、書面で手続きを行う場合はJCBの資料請求サービスより「諸変更届」を請求します。

<諸変更届の請求方法>

  1. 公式サイト上部の「お手続き」から「資料請求」へアクセス
  2. 「コードナンバーでのご請求はこちら」を選択
  3. 「JCBカード番号でご請求」を選択してカード番号を入力
  4. 「送信」を選択
  5. 希望の資料コードナンバーを入力し「次へ」を選択
  6. 「申し込む」を選択

利用明細の確認方法

カード利用明細の確認方法は、郵送で明細書を受け取る方法とMyJCBから確認する方法の2つがあります。MyJCBからはMyJCBトップ画面、「カードご利用状況」内、「カードご利用代金明細照会」より明細を確認できます。また「MyJチェック」に登録することで明細書の郵送を止めるかわりに、毎月メールで受け取れるようになります。

<MyJチェックへの登録方法>

  1. MyJCBにログイン
  2. 「お客様情報の照会・変更」メニューより「WEB明細の設定(MyJチェック)」を選択
  3. 「利用者規定に同意して確認画面へ」を選択
  4. 確認画面に移動するので、登録内容を確認のうえ「登録する」を選択

なお、利用明細の郵送は2020年8月より有料となってしまいますので注意しましょう。

紛失、盗難、不正利用時の対応

紛失や盗難被害があった場合は、24時間年中無休の「JCB紛失盗難受付デスク」に連絡しましょう。

<JCB紛失盗難受付デスク>

0120-794-082(24時間・年中無休)

また、MyJCBに登録している場合はWeb上からも連絡ができます。その際はMyJCBにログイン後、画面上部の「カードの紛失・盗難」から手続きが可能です。

海外でトラブルに見舞われた場合は、最寄りのJCBプラザもサポートしてくれるので、可能な限り活用しましょう。JCB紛失盗難受付デスクも利用可能ですが、海外では国によって電話番号が違う点に注意が必要です。ハワイや香港など一部の国では「海外専用緊急再発行カード」を受け取ることも可能です。希望する場合は、JCB紛失盗難受付デスクへその旨を伝えましょう。

不正利用が発覚した場合も「JCBでe安心」という補償制度があるため、JCBへの届出日から遡って60日前までの損害を補償してくれます。

解約方法

JCB一般カードの解約手続きはMyJCBまたは自動音声でできます。一部のカードはこれらの手段で解約できない場合もあるので、その際はカード裏面に記載のカード発行会社まで問い合わせる必要があります。

JCB LINDA

JCB LINDA
還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

まとめ

  • カードデザインを8種類から選べる
  • ポイント還元率がカード利用額50万円(税込)以上で2倍、100万円(税込)以上で3倍
  • コスメやファッションなど女性向けの特典が豊富
  • 「お守リンダ」で保険も格安で加入できる

JCB LINDAはそのままでも魅力的な特典が豊富なカードとなっています。「それでももっとおトクに使いたい」という方はLINDAボーナス制度をうまく活用しましょう。

例えば、カード更新月に大きな買い物をまとめて年間利用額を稼ぐことで、ポイントがおトクに貯まる期間を長くすることができます。カードを使うタイミングを一工夫することで、さらにJCB LINDAの魅力が増すことでしょう。