【JCB一般カード】使えば使うほどおトク! カードの魅力を徹底解説

更新

JCB一般カードの券面

「JCB一般カードと他のJCBカードの違いって何?」
「おトクに使えるJCBのプロパーカードはないのかな」

「JCB一般カード」はJCBの発行するプロパーカードシリーズ「JCB ORIGINAL SERIES」の中でもスタンダードな位置づけの一枚です。JCBカードの基本的な特典をカバーしているほか、最短即日発行ができるところも大きな魅力です。

この記事では初めてJCBのカードを検討している方のために、JCB一般カードの特徴や発行前に確認したい注意点などについて解説していきます。

JCB一般カード

JCB一般カード
還元率 0.5%※1
年会費 1250円※2
発行スピード 平日11時までのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. マイルの還元は全てのマイルにおいて、500ポイント以上1ポイント単位から交換
  2. オンライン入会のみ初年度無料。MyJチェック登録、年間50万円(税込)以上ショッピング利用で2年目以降無料

※価格の表記に関して、特に指定があるもの以外は税抜き表記となっています。

あらゆる場面で使うメインカードが欲しいというニーズにぴったり

「マルチに幅広く使えるJCBブランドのカードが欲しい」という方にぴったりのカードがJCB一般カードです。

年会費は1250円と他の国際ブランドのプロパーカードと比較してもお手頃なうえ、会員特典も一般的なカードとしては申し分のないオールラウンダーな一枚といえます。また、使えば使うほどポイントが貯まりやすくなるという特徴があるため、さまざまな支払いをまとめるメインカードを探している方にもおすすめです。

こんな人には向いていないかも……

一方で、以下のような方には向いていないかもしれません。そのような方におすすめできるカードも紹介していますので、あわせて検討してみてください。

あまりクレジットカードを使わない方

JCB一般カードの年会費無料やポイント付与率アップといった特典を得るためには一定額以上のカード利用が必要となります。カードを頻繁に利用しない方には魅力の低いカードといえるでしょう。

持っているだけでおトクなカードが欲しいという方は、「MUJI Card」や「エポスカード」を検討してみるとよいでしょう。

MUJI Cardはクレディセゾンが発行しているクレジットカードで、名前のとおり無印良品と提携しています。カードの利用がなくても、無印良品で使える1000円分のポイントが毎年もらえるのでおトクです。

エポスカードは年会費が無料なうえ、海外旅行保険が自動で付帯されているという特徴があります。海外旅行に持って行くだけで万が一のときに補償が受けられるので、メインカードとは別にサブカードとして1枚持っておいても損はないでしょう。

また、カードの使用が「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」といったネットショッピングなどに限られる場合は、それぞれのECサイトでの使用で獲得ポイントが倍増する「楽天カード」や「Yahoo! JAPANカード」などもおすすめです。

楽天カード

楽天カード
還元率 1.0%※1
年会費 無料※2
発行スピード 1週間〜10日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
電子マネー
  • 楽天Edy
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  1. 入会と「楽天e-NAVI」への登録で、2000ポイントプレゼント
  2. カード申込翌月末までにカードショッピング1回以上の利用で、3000ポイント(期間限定ポイント)プレゼント
  1. 楽天グループのサービスでの利用で2倍〜最大16倍※SPU(スーパーポイントアッププログラム)により、さまざまな条件あり
  2. 家族カード年会費:無料

Yahoo! JAPANカード

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)
還元率 1.0%※1
年会費 無料※2
発行スピード 1週間〜10日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • nanaco
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. Yahoo!ショッピングとLOHACOでのご利用時、Tポイント(PayPayボーナスライトも含む)が毎日合計3倍
  2. 家族カード:年会費無料

還元率の高いカードを探している方

JCB一般カードの基本的なポイント還元率は0.5%と、年会費無料で還元率が1%のカードが多い中決して高い方ではありません。

いつでも還元率を実現したいという方は「REX CARD」がおすすめです。こちらのカードは年会費無料で還元率は常時1.25%と、JCB一般カードの2.5倍となっています。

REX CARD

REX CARD
還元率 1.25%
年会費 無料
発行スピード 1~2週間
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

JCB一般カードはこんなカード

JCB一般カードはポイント還元率アップのチャンスも多く、ポイントの二重取りも可能であるなど使い方次第では大変おトクになるカードです。また、国際ブランドであるJCBは23の国と地域で約3000万の加盟店数があります。国内はもちろんのこと、ハワイやグアムといった主要な観光地でも使える点も魅力の一つでしょう。

以下では、JCB一般カードの特徴やメリットについて詳しく説明していきますので、カードをきちんと理解しておトクに使いこなしましょう。

年会費は1250円、条件次第で無料にも

JCB一般カードの年会費は1250円家族会員は400円とプロパーカードの中でも比較的リーズナブルな価格となっています。

初年度の年会費はインターネットで入会した場合は無料に、次年度以降の年会費もWEB明細サービスである「MyJチェック」への登録や年間50万円以上の利用など条件付きではありますが無料にすることが可能です。

ポイントは1000円=1ポイント

JCB一般カードでは「Oki Doki ポイント」が1000円(税込)の利用で1ポイント貯まります。1ポイントあたり最大で5円の価値があるので、実質的なポイント還元率は約0.5%となっています。

貯まったポイントはキャッシュバックやAmazonでのお買い物に利用できます。また、旅行券をはじめとした豊富な商品やnanacoポイントといった各種ポイントと交換することも可能です。おもなポイント交換レートは以下のとおりとなっています。

  • キャッシュバック:1ポイント=3円
  • Amazon:1ポイント=3.5円
  • nanacoポイント:1ポイント=5nanacoポイント
  • スターバックス カードへのチャージ:1ポイント=4円(200ポイント以上の場合)

カードの使い方で獲得ポイントアップ

JCB ORIGINAL SERIESパートナー」と呼ばれる優待店での利用では、獲得ポイントが数倍になります。

例えばAmazonでのお買い物ではポイントが通常の2倍貯まるほか、スターバックスではキャンペーンに登録した後、スターバックス カードにオンライン入金をすることでポイントが10倍になります。

また楽天市場やYahoo!ショッピングなどのネットショッピングを利用する際にポイント優待サイト「Oki doki ランド」を経由すると、獲得できるポイントが最大20倍になるのでおトクです。

使えば使うほどおトクになるJCB STAR MEMBERS

JCB一般カードには「JCB STAR MEMBERS」という年間のカード利用額に応じて翌年のポイント還元率が増加する特典があります。JCB STAR MEMBERSにはランクがあり、JCB一般カードの場合の条件と特典はそれぞれ以下のとおりです。

  • 年間30万円以上の利用:スターePLUS=1.1倍
  • 年間50万円以上の利用:スターβPLUS=1.2倍
  • 年間100万円以上の利用:スターαPLUS=1.5倍

また、ランクによってJCBが指定するキャンペーンの抽選口数が通常より2~4倍にアップする点もメリットの1つです。

年間利用額50万円以上は一見多く感じられるかもしれませんが、月換算すると4万2000円程度なためそれほど難しい条件ではありません。

例えば、家賃や光熱費といった固定費の支払いをJCB一般カードに設定するなど、工夫次第では無理なく100万円を達成することも可能でしょう。年会費が無料になる点も踏まえると、積極的に利用していきたいところです。

最短即日発行、翌日お届けが可能

JCB一般カードは最短で当日発行、翌日お届けが可能です。ただし、以下の条件を満たす必要があります。

  • 平日の午前11時までに申し込みする
  • オンライン口座を指定する
  • キャッシング枠の利用可能額を設定する(学生を除く)

一刻も早くJCBのカードが欲しいという方にはうれしいメリットといえますが、一方で選べるデザインが通常バージョンとWEB限定デザインの2種類だけというデメリットがあります。ディズニーデザインは当日発行ができないので、そちらのデザインが欲しい方は余裕を持って申し込みましょう。

QUICPay(nanaco)でnanacoポイント二重取り

nanacoにQUICPayを搭載した「QUICPay(nanaco)」の支払いをJCB一般カードに設定すると、セブン-イレブンでの利用でOki Doki ポイントとnanacoポイントを二重取りすることができます

セブンーイレブンはJCB ORIGINAL SERIESパートナーに加盟しているので通常の3倍のOki Doki ポイントを獲得できます。さらに200円(税込)の利用につきnanacoポイントが1ポイント貯まるので、例えば1000円(税込)のお買い物で最大20円分のポイントをゲットできます。ポイント還元率にすると約2%と、高還元率を実現可能です。(2020年3月現在)

nanacoにQUICPayを登録するには専用Webサイトと入会申込書の2種類の方法で可能です。ここでは便利な専用Webサイトから申し込み方法を紹介します。

<Webサイトからの申し込み方法>

  1. 裏面にQUICPayと記載されたnanacoカードと、JCB一般カードを用意
  2. 公式サイト「QUICPay(クイックペイ)TMの申し込み方法[QUICPay(nanaco)]」より「申し込みはこちら」を選択
  3. 必要事項を記入
  4. 約2~3週間でJCBカードに登録した住所に「QUICPay(nanaco)ご利用登録完了のご案内」が届く
  5. QUICPay(nanaco)利用開始

なお、nanacoポイントとの2重取りはほとんど全てのJCBカードでも可能となっています。

JCB一般カードには欠点も

豊富なメリットのあるJCB一般カードですが、入会前に注意しておきたい点もいくつかあります。

ポイント還元率アップは条件付き

基本的なポイント還元率は0.5%と決して高くありません。しかしポイント還元率の高い優待店が多数あることや、年間50万円以上で翌年の獲得ポイントに20%のボーナスがつく点も踏まえると、使い方次第ではカバーできるデメリットといえそうです。

ポイントの有効期限が2年

JCB一般カードで貯まるポイントは付与されてから2年で失効してしまいます。豪華賞品をめざしているうちにいつの間にかポイントの有効期限が切れていた、ということも考えられますので、利用の際は注意しましょう。

海外では利用できないことも

VISAやMastercardと比べるとJCBの普及率は高くなく、一部海外では利用できないケースもあるようです。ハワイのような主要観光地では問題なく使えるようですが、海外旅行に行く際はJCB以外の国際ブランドカードも一緒に持って行った方が安心でしょう。

スマホ決済との相性

JCB一般カードはQUICPayに対応しており、QUICPay搭載型のカードを作ることも可能です。ただし、その場合はカードのお届けに2週間ほどかかることや、ディズニーデザインを選ぶことができないことに注意しましょう。

また、JCB一般カードはApple Pay、Google Payの両方に登録できます。スマホ決済を利用しても変わらずポイントを貯めることができるので、日々の支払いを便利にしたいと考えている方は導入してみるといいでしょう。

なお、「QUICPay+」マークのあるお店以外では利用上限額が2万円(税込)となっていることに注意が必要です。

1分でわかるJCB一般カードの作り方

JCB一般カードの申し込みにはインターネットと入会申込書の2つの方法が利用可能ですが、初年度の年会費が無料になり、即日発行も可能なインターネット手続きがおすすめです。

申し込みの際に支払い口座を設定する場合は、その口座の通帳やキャッシュカードを用意しておきましょう。アプリを利用している方はログインパスワードでも口座設定ができます。口座手続きを後から行う場合は運転免許証など、本人確認ができる書類を準備しておきましょう。

申し込み方法

インターネットによる申し込みの流れは以下のとおりです。

  1. JCBの公式サイトから申し込み画面へアクセス
  2. 名前や生年月日、住所など必要事項を記入
  3. 本人確認方法の設定
  4. 入会審査・カード発行
  5. カードを受け取る

3.の本人確認方法はオンライン口座の設定や運転免許証番号の入力、本人確認書類の画像データのアップロード、郵送の4種類から選択できます。即日発行が可能なのはオンライン口座の設定をした場合のみとなります。

審査

一般的なカードと同じくJCB一般カードについても、詳細な審査方法については明かされていません。ただし本会員、家族会員ともに入会には以下のような最低条件があります。

  • 18歳以上
  • 本人または配偶者に安定した収入がある
  • 高校生でないこと

審査完了から発行までの所要日数はインターネットでの申し込みで1週間程度、郵送での申し込みで2~4週間程度かかります。

合わせて検討したいおすすめカード

JCB一般カードのようにコストをかけずにJCBのプロパーカードが欲しいと考えている方は、「JCB CARD W」も同時に検討してみるといいでしょう。JCB CARD Wは18~39歳の方限定で入会できるカードです。年会費が無料でポイントも通常の2倍貯まるなど、年齢制限がある分おトクなメリットが目白押しの1枚です。

JCB CARD W

JCB CARD W
還元率 1.0%
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  1. 入会後3ヶ月はポイント4倍(2020年9月30日まで)
  2. Amazon.co.jpの利用でポイントが10倍(2020年8月31日まで)
  3. インターネット新規入会で最大11,500円分プレゼント!(2020年9月30日まで)

JCB以外のプロパーカードも検討しているという方は、価格帯も近い「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」も選択肢の一つとしてあげられます。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

還元率 0.5%※1
年会費 1000円※2
発行スピード 最短即日発行
国際ブランド
  • American Express
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. カードショッピング1回以上利用で次年度の年会費無料
  2. 全国のダイエー、イオン、セブン-イレブンで毎日ポイント3倍

厳密にはアメックスのプロパーカードではありませんが、「アメリカン・エキスプレス・コネクト」というアメックスカード独自の優待サービスを受けることができます。初年度の年会費は無料となっており、2年度以降の年会費についても年間1回以上のカード利用という、JCB一般カードよりもクリアしやすい条件で無料にすることができます。

JCB一般カードの基本情報

ここまで、具体的なJCB一般カードの特徴について紹介していきました。一旦、カードの基本情報についておさらいしておきましょう。

年会費 本会員1250円※1
家族会員400円※2
ポイント還元率 0.5%
付帯保険(国内、海外) 海外・国内旅行傷害保険:最高3000万円
限度額 個別対応
ETC利用 年会費、新規発行手数料ともに無料

※1 インターネットからの入会で初年度無料、MyJチェック登録かつ年間50万円以上の利用で翌年度無料
※2 本会員が年会費無料の場合、無料

会員専用サイトとログイン方法

会員専用WEBサービス「MyJCB」に登録するとWebサイト上で利用明細や限度額、ポイント残高の確認などが行えます。

<MyJCBの登録方法>

  1. 公式サイトのトップページ上部の「カード会員の方(MyJCB)」から「新規登録/ID確認」ボタンを選択して登録画面へ
  2. 登録画面にカード番号や有効期限などの必要事項を入力
  3. 登録が完了するとMyJCB IDが表示されるので、IDとパスワードを入力してログイン

問い合わせ方法

登録情報やカードの利用についての問い合わせは電話や自動音声による対応、もしくは公式サイトで行うことができます。公式サイトについては画面上部の「お問い合わせ」より各種お問い合わせを行うことができます。

口座変更

支払い口座の設定や変更はインターネットまたは書面で行えます。

インターネットの場合はMyJCBから手続きができます。ただし、Webで変更できない金融機関もあるので注意が必要です。

<MyJCBでの口座変更手順>

  1. MyJCBにログイン
  2. トップ画面から「お客様情報の照会・変更」を選択
  3. メニューの「お支払い口座」を選択

書面の場合はJCBの資料請求サービスより「諸変更届」を請求できるので、届いた書面に記入してJCBへ送ります。

<諸変更届の請求方法>

  1. 「JCBカードの資料請求サービス」へアクセス
  2. 「コードナンバーでのご請求はこちら」を選択
  3. 「JCBカード番号でご請求」を選択してカード番号を入力
  4. 「送信」を選択
  5. 希望の資料コードナンバーを入力し「次へ」を選択
  6. 「申し込む」を選択

利用明細の確認方法

カード利用明細の確認方法は、郵送で明細書を受け取る方法とMyJCBから確認する方法の2つがあります。なお、郵送の明細書は2020年8月から有料となってしまうので注意しましょう。

MyJCBからの確認方法は以下のとおりです。

<MyJCBからの利用明細確認方法>

  1. MyJCBトップ画面より「カードご利用状況」を選択
  2. 「カードご利用代金明細照会」を選択して明細を確認

また「MyJチェック」に登録することで明細書の郵送を止めるかわりに、毎月メールで受け取れるようになります。

<MyJチェックへの登録方法>

  1. MyJCBにログイン
  2. 「お客様情報の照会・変更」メニューより「WEB明細の設定(MyJチェック)」を選択
  3. 「利用者規定に同意して確認画面へ」を選択
  4. 確認画面に移動するので、登録内容を確認のうえ「登録する」を選択

紛失、盗難、不正利用時の対応

紛失や盗難の場合は24時間年中無休の「JCB紛失盗難受付デスク」が対応してくれます。海外でカードの紛失や盗難があった場合は、最寄りのJCBプラザもサポートしてくれます。

<JCB紛失盗難受付デスク>

0120-794-082(24時間・年中無休)

また、不正利用があった場合も「JCBでe安心」という補償制度があるため、JCBへの届出日から遡って60日前までの損害を補償してくれます。

解約方法

JCB一般カードの解約手続きはMyJCBまたは自動音声でできます。ただし、JCB STAR MEMBERS適用中の場合はカード裏面に記載のカード発行会社に問い合わせる必要があります。

まとめ

  • JCB一般カードはJCBのプロパーカードの中でもスタンダードな1枚
  • 1000円=1ポイントが貯まる
  • ポイント還元率は0.5%
  • 条件次第では年会費が無料
  • Apple PayやGoogle Payにも対応

JCB一般カードを賢く使うには、公共料金など固定費の支払いをJCB一般カードで行うことをおすすめします。年間100万円の利用でなれるスターαPLUSも、毎月10万円以上の利用があるならば現実的といえます。年会費も無料になるうえ獲得ポイントも1.5倍となるので大変おトクといえます。