R-styleカードはリボ払い専用カード! メリットやデメリットについて解説

R-styleカード

「リボ払い専用のR-style(アールスタイル)カードってどんなメリットがあるの?」
「R-styleカードを使ったらどうやって返済していくの?」

クレジットカードは一括払いや分割払い、ボーナス払いなどから支払方法を選ぶことができるものが多いですが、中にはリボ払い専用カードというものもあります。

今回はリボ払い専用カードであるR-styleカードについて、メリット・デメリットや基本情報をまとめて紹介します。リボ払い専用カードを必要としている人は、ぜひ参考にしてください。

R-styleカード

R-styleカード
還元率 1.0%~1.5%
年会費 1,250円※1
発行スピード
国際ブランド
  • VISA
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

特徴

  • ショッピングリボ払い手数料が安い
  • 常時ポイント2倍&12月は5倍
  1. 初年度は無料。当年度に1件以上カードのご利用がある場合、次年度は無料

R-styleカードってどんなカード?

R-styleカードは、クレジットカード会社であるジャックスが提供している、リボ払い専用のクレジットカードで、黒を基調としたシックなカードデザインが特徴です。

R-styleカードはリボ払い専用であることの他にも、ポイントが貯めやすい、海外保険などの付帯サービスが付いているといった特徴があります。

リボ払い専用カードとは何か

リボ専用カードの選び方

リボ払い専用カードとは、支払方法が自動的にリボ払いになるクレジットカードです。

リボ払いはカード利用分について、カードを利用している契約者が決めた金額で返済していく方法です。

例えば、カード申込時にリボ払いを選び、毎回の支払いを4000円に設定した場合、毎月4000円+手数料を返済することになります。

R-styleカードは、このリボ払い専用のカードとなります。

リボ払い専用カードについて、さらに詳しく知りたい人は、「リボ専用カードのメリットデメリット、損しないための注意点と選び方」の記事も参考にしてください。

限度額はいくら?

R-styleカードでは、リボ払いの利用限度額がいくらかになるかは、公式ホームページには記載されていません

しかし、一般的には申込時に記入した年収や雇用形態、これまでのクレジットカードの利用履歴などで審査が行われ、利用限度額が決定します。

そのため、自分が希望している利用限度額にならない場合もあります。

クレジットカードの利用限度額については「クレジットカードの限度額に注意!回復のタイミングや増額方法を解説」の記事で詳しく解説しています。

他でリボ払いをしていても審査に通る?

ジャックスが提供するR-styleカードの審査基準は公開されていません

なお、一般的なクレジットカードでは、審査に落ちる原因として、申込内容に虚偽の申告をした、そもそも消費者金融からの借り入れが多く多重債務の疑いがあるといったことが、審査に落ちるおもな原因といわれています。

クレジットカードを申し込むときは、こういったポイントに自分が当てはまらないよう注意する必要があります。

その他にも審査に通るための確認事項がありますので、以下の「クレジットカードの審査落ちを防ぐには?審査で見られるポイントから通りやすくなるコツまで徹底解説!」の記事を確認してみてください。

「R-styleカード」を選ぶメリット

R-styleカードのおもなメリットとして、次の7つが挙げられます。

  1. リボ払い専用のため自動的にリボ払いになる
  2. 毎月の支払いを忘れずに済む
  3. リボ払いの手数料がお得
  4. 年1回以上の利用で年会費を無料にできる
  5. ポイント還元率が高い
  6. ファーストプレゼントでJデポポイントがもらえる
  7. 海外旅行の保険が付帯している

リボ払い専用だから自動的にリボ払いになる

R-styleカードは、リボ払い専用のクレジットカードです。リボ払いとはクレジットカードの支払方法の1つで、毎月一定の額を支払額として返済するしくみです。

例えば、月に1万円利用した場合、一括払いなら翌月の支払日に1万円が口座から引き落とされます。しかし、リボ払いで毎月の支払額を「5000円」に設定しておくと、翌月の支払日には5000円が引き落とされます。

また、一般的なクレジットカードなら、毎回の買い物をしたときに支払方法を指定する必要がありますが、R-styleカードであれば自動的にリボ払いになるという特徴があります。お店で「一括払い」や「分割払い」などリボ払い以外の支払方法を指定しても、支払方法は「リボ払い」になるのです。

リボ払い専用カードについてさらに詳しく知りたい人は、こちらの記事で確認してみてください。

毎月の支払額を忘れなくて済む

リボ払い専用カードは、最初に設定したコースによって毎月の支払額が決まります。毎月引き落とされる額を把握しやすいので、お金を準備できず支払えなかったというリスクを減らすことができます。また、支払額が低額で決まっていますから、毎月のマネープランを立てやすくなることもポイントです。

リボ払いの手数料がお得

リボ払いを利用する際に注意するポイントは、毎月の支払いが一定になり管理しやすくなる一方で、手数料がかかることです。

しかし、一般的なリボ払い専用カードが年率15.0%前後であるのに対して、R-styleカードは年率9.90%と低めに設定されています。その分、他のクレジットカードのリボ払いよりも手数料を抑えることができるでしょう。ちなみに、他のジャックスカードでリボ払いを利用したときと比較しても、R-styleカードは年率5.10%程度低く設定されています。

年1回以上の利用で年会費を無料にできる

クレジットカードを利用するときに気になるポイントの1つが、年会費ではないでしょうか。R-styleカードは初年度の年会費が無料ですが、次年度からは1250円がかかります。

しかし、前年に1回以上カードの利用があれば年会費を無料にすることができます。

ポイント還元率が高い

R-styleカードの特徴のひとつとして、ポイント還元率が高いことが挙げられます。

通常のジャックスカードなら通常200円の利用ごとに1ラブリィポイントが貯まりますが、R-styleカードを利用すると、200円の利用ごとに2ラブリィポイントが貯まります。ラブリィポイントは、1ポイント1円で使うことができるので、還元率は1.0%となります。

また、毎年12月はポイントが5倍になるサービスがあるので、出費が多い年末の時期でもお得にポイントを貯めることができます。

R-styleカード以外でポイント還元率が高いカードについて知りたいという人は、こちらの記事を参考にしてください。

ファーストプレゼントでJデポポイントがもらえる

R-styleカードに申し込み後、カードが到着して3ヶ月以内のカードショッピングの利用額などに応じて、カード値引き枠「Jデポ」のポイントをもらうことができます。

「Jデポ」とは、ショッピング利用金額からJデポ金額分を値引きしてもらえるサービスです。
利用金額によってもらえるJデポポイントを以下にまとめました。

<利用額別にもらえるJデポ>
5万円以上 2000円分
7万円以上 3000円分
10万円以上 5000円分

海外旅行の保険も付帯している

海外旅行にクレカを携行する女性

R-styleカードはリボ払い専用カードですが、保険もしっかり付帯しています。

R-styleカードの付帯保険は海外旅行傷害保険となります。1回の旅行(日本出発から帰国まで)につき最長90日間、海外での病気、ケガ、盗難などの補償が受けることができます。

万が一病気やケガをして高額な医療費がかかってしまったときなどに、強い味方となってくれるでしょう。

また、異なるカード会社が発行する海外旅行保険付きクレジットカードをすでに所有している人もいるかもしれません。クレジットカードが複数ある場合は、死亡・後遺障害以外の保険金補償額は合算して扱われます。そのため、さらに補償を充実させるためのサブカードとしてR-styleカードを持つのも1つの手です。

さらに、R-styleカードの海外傷害保険は自動付帯です。その名前のとおり、クレジットカードさえ持っていれば自動的に保険適用となるため、特別な手続きはいりません。

<付帯保険の内容>
保険の種類 最高保険金額
死亡・後遺障害 最高1000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高200万円
携行品損害(免責3000円) 最高20万円(1旅行かつ1年間の限度額)
救援者費用 最高200万円(1年間の限度額)

「R-styleカード」を利用するデメリット

R-styleカードを利用する際は、そのデメリットも知っておくと安心です。

R-styleカードはリボ払い専用カードであるため、必ずリボ払い手数料が発生してしまいます。R-styleカードのリボ払い手数料は比較的低く設定されていますが、返済期間が長くなるほど手数料などを含めた支払総額が増えてしまうことや、完済までに時間がかかってしまうことがあります。

R-styleカードでは任意の追加払いを利用することができます。少しでも返済期間を短くし、リボ払い手数料を抑えたいのであれば、お金にゆとりがあるときにできるだけ追加で返済していきましょう。

また、付帯保険のデメリットとして、海外旅行傷害保険とカード盗難保険しか利用できないという点が挙げられます。一般的なクレジットカードに付帯している国内旅行傷害保険や、ショッピング保険は付いていません。

「R-styleカード」を損せず使うための事前知識と活用法

このようなメリットとデメリットを踏まえて、R-styleカードを利用したいと考えている人は、「返済方法」「ポイント」の2つについてもしくみを知っておきましょう。

自分に合った返済コースを選ぶ

R-styleカードを使って買い物をした場合、支払方法は残高スライド元利定額リボルビング払いとなります。残高スライド元利定額リボルビング払いとは、毎月の利用金額に応じて返済額が決まる方式です。毎月最低どれくらいの額を返済するかについては、自身でコースを選ぶことになります。

選ぶことができるコースは、5000円コースから3万円コースまでの6コースです。

<5000円コース>
利用残高 返済額
20万円以下 5000円
20万円超
40万円以下
1万円
40万円超
60万円以下
1万5000円
60万円超
80万円以下
2万円
80万円超
100万円以下
2万5000円
<1万円コース>
利用残高 返済額
20万円以下 1万円
20万円超
40万円以下
1万5000円
40万円超
60万円以下
2万円
60万円超
80万円以下
2万5000円
80万円超
100万円以下
3万円
<1万5000円コース>
利用残高 返済額
20万円以下 1万5000円
20万円超
40万円以下
2万円
40万円超
60万円以下
2万5000円
60万円超
80万円以下
3万円
80万円超
100万円以下
3万5000円
<2万円コース>
利用残高 返済額
20万円以下 2万円
20万円超
40万円以下
2万5000円
40万円超
60万円以下
3万円
60万円超
80万円以下
3万5000円
80万円超
100万円以下
4万円
<2万5000円コース>
利用残高 返済額
20万円以下 2万5000円
20万円超
40万円以下
3万円
40万円超
60万円以下
3万5000円
60万円超
80万円以下
4万円
80万円超
100万円以下
4万5000円
<3万円コース>
利用残高 返済額
20万円以下 3万円
20万円超
40万円以下
3万5000円
40万円超
60万円以下
4万円
60万円超
80万円以下
4万5000円
80万円超
100万円以下
5万円

毎月返済する金額が増えれば、その分返済までの期間を短くして返済総額を抑えることができます。ただし、返済を早めるために無理な返済額に設定してしまうと、家計が苦しくなることもありえますので、無理のない範囲で設定するようにしましょう。

活用方法

R-styleカードをお得に利用したいのであれば、ポイントも上手に貯めて活用するようにしましょう。R-styleカードを利用して貯めることができるラブリィポイントには、年間の利用金額に応じて翌年度のポイント還元率は増加する「ラブリィ・アップステージ」というサービスがあります。

このサービスでは、1月1日~12月31日のカードショッピングの利用合計金額に応じて、翌年のポイントアップ率が決まります。R-styleカードの年間利用金額が大きければ大きいほど高還元率になるということです。

年間利用額 ポイントアップ率 還元率
年間50万円未満 変化なし 1.00%
年間50万円以上 50%増 1.25%
年間100万円以上 70%増 1.35%
年間150万円未満 80%増 1.40%
年間200万円以上 90%増 1.45%
年間300万円以上 100%増 1.50%

年間300万円以上利用することができれば、還元率は1.50%となります。
しかし、この金額を達成するのはなかなか難しいですし、その分リボ払いの手数料も多くかかってしまいます。高額を利用するのであれば、リボ払い以外も選択でき、ポイントが貯まるクレジットカードを選ぶ方が良いかもしれません。

その他のポイントアップの方法として、ジャックスが運営しているポイントサイト「JACCSモール」でネット通販などを利用すると、さらにラブリィポイントを貯めることができます

利用可能なショップには、楽天市場やAmazon.co.jp、Yahoo!ショッピングなどがあります。お得にR-styleカードを使いたいなら、自身が普段よく使うショップなどがないか調べてみましょう。

貯めたポイントは、さまざまなカタログギフトや他社のポイントと交換することができます。そのほか「Jデポ」との交換も可能で、ラブリィポイント1000ポイントで1050円分のJデポと交換できます。この方法により、クレジットカードの請求金額から1050円を値引きすることができるので、支払金額を抑えることができます。

リボ払い専用カード「R-styleカード」の基礎情報

ここまでの情報を踏まえ、R-styleカードの基本情報をまとめておきます。改めて以下の項目を確認し、R-styleカードを利用したいかどうかを検討してみてください。

<R-styleカードの基本情報>
年会費 初年度無料/次年度以降条件付無料
※当年度に1回以上カードの利用がある場合、次年度は無料
カードの利用がない場合は、次年度年会費として1250円がかかる
申込条件 日本国に在住の18歳以上(除く高校生) で電話連絡が可能な人
※未成年が申し込む場合には親権者の同意が必要
支払方法 リボ払い(残高スライド元利定額リボルビング払い)
リボ払い手数料 実質年率9.90%
支払日 末日締め/翌月27日払い
家族カード なし
ETCカード あり
海外旅行傷害保険 死亡・後遺障害:最高1000万円
国内旅行傷害保険 なし
ポイント ラブリィポイント
ポイント還元率 1.0%(ポイントアップブログラムによって変動)

まとめ

今回は、R-styleカードについて解説しました。ポイントはこのようになります。

  • 毎月の支払額が決まっているリボ払い専用カード
  • 毎月の支払額が決まっているから返済プランが立てやすい
  • リボ払い手数料は9.90%と低め
  • ポイント還元率は1.0%
  • 海外旅行傷害保険が付帯している
  • 自分のライフスタイルに合った返済コースを選べる
  • 利用する際は、なるべく追加返済してリボ払い手数料を抑える

R-styleカードは一般的なリボ払い専用カードと比べ、リボ払い手数料の金利が低く設定されています。そのため、リボ払いを積極的に利用したい人にとっては使いやすいカードでしょう。

ただしいくら金利が低くても、リボ払いは分割払いなどと比べると手数料が多くかかり、結果として総支払額が増えてしまうことがあります。R-styleカードを使うのなら、自己管理をしっかりしてなるべく早めに返済することも考えておきましょう。

R-styleカード

R-styleカード
還元率 1.0%~1.5%
年会費 1,250円※1
発行スピード
国際ブランド
  • VISA
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

特徴

  • ショッピングリボ払い手数料が安い
  • 常時ポイント2倍&12月は5倍
  1. 初年度は無料。当年度に1件以上カードのご利用がある場合、次年度は無料