ETCカードが年会費&発行手数料無料で作れる!おすすめクレジットカード

更新

年会費無料のETCカード

「ETCカードって年会費がかかるの?」
「年会費無料のETCカードってある?」

高速道路を利用するときは必ず通る料金所。ETCを利用すれば小銭を用意する必要もなく、スムーズに通過できます。利用する時間帯やルートによってはお得になることも。

ETCがあれば便利なことはわかっているけれど、普段あまり高速道路を使わない人にとっては年会費が心配ですよね。そこでこの記事では、年会費無料で作れるETCカードを紹介します

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

年会費無料のETCカードとは?種類や選び方を解説

世の中には数多くのETCカードが存在します。はじめてETCカードを作る人はどのカードがいいのか迷ってしまうかもしれません。はじめに、ETCカードの種類と選び方を解説していきます。

ETCカードの種類

ETCカードには2種類のカードがあります。ひとつはクレジットカード会社が発行するもの、もうひとつは高速道路会社が発行するETCパーソナルカードです。それぞれの特徴をまとめました。

クレジットカード会社が発行するカード

一般的にETCカードといえばこのタイプ。クレジットカードの付帯カードとして発行され、一体型と専用カードがあります。

クレジット機能付きETCカード
  • ETCカードの利用代金は本カードのクレジットカードと合算して請求される
  • ETC専用カードでも、ETCの利用分はクレジットカードのポイントを貯めることができる

ETCパーソナルカード

高速道路会社が発行するETCカードです。クレジット機能が付いていないため誰でも発行できます。クレジットカードではないため前払いでデポジットを支払う必要があります。また、年会費がかかるケースが多いのも特徴のひとつです。

クレジット機能なしで作れるETCカード

ETCカードの選び方

ETCカードはどのように選べばよいのでしょうか。今回は向いている人ごとにおすすめのETCカードを以下のようにまとめてみました。

  • 年会費無料を重視する人
    →クレジットカード会社が発行するカードを選ぶ
  • 頻繁に高速道路を利用する人
    →年会費が有料でもポイント還元率が高いETCカードを選ぶのがおトク
  • クレジットカードの審査落ちしてしまう人
    →年会費がかかるものの、審査がないのでどうしてもETCカードが必要な人にはクレジットカードと連携しないパーソナルカードがおすすめ

維持費や使い勝手の面でいえば、クレジットカード会社が発行するカードが便利です。問題なくクレジットカードを発行できる人は、クレジットカード会社の発行するETCカードがおすすめですよ。

年会費無料で作れる!おすすめのETCカード

車に乗る機会が少なく、年に数回帰省や長距離の旅行で使う程度なら年会費無料で作れるETCカードがおすすめです。ここからは年会費無料で発行できるよりすぐりのカードを紹介します。

「JCB CARD W」のETCカード

JCB CARD W

JCB CARD W
還元率 1.0%※1
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  • ・入会後3ヶ月間のご利用はポイント10倍(~2019年12月31日)※2
  • ・スマホ決済で20%キャッシュバック【上限1万円】(~2019年12月15日)
  • ・対象の店舗の利用でポイント10倍(~2019年12月31日)
  1. 優待店でポイント還元率アップ。Amazon2倍、スターバックス5.5倍、セブンイレブン2倍
  2. 2019年12月に入会すると、2020年3月末までポイント10倍

最初におすすめするのは、JCBが発行するJCB CARD WのETCカードです。このカードは39歳以下の人だけが作ることのできる年会費無料のクレジットカード。ETCカードももちろん年会費無料です。ポイント還元率は1%以上で高速道路料金の支払いでもポイントが貯まります。

このカードの申し込みはWEB限定。39歳以上の人は申し込めませんが、一度作っておけば40歳以降もずっと年会費無料で使うことができます。維持費がかからず、ETCカードを利用してもポイントが付きます。内容としても悪いカードではないので、JCBブランドのカードがない人は1枚作っておくと便利かもしれませんね。

「Orico Card THE POINT」の ETCカード

Orico Card THE POINT(Mastercard)

オリコカード
還元率 1.0%~2.0%
年会費 無料
発行スピード 最短8営業日
国際ブランド
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

オリコETCカードは、オリコが発行するクレジットカードに付帯できるETCカード。
オリコが発行するカードの中でもおすすめなのは「Orico Card THE POINT」です。なぜこのカードがおすすめなのかというと、年会費無料なのにポイント還元率が1%以上のカードだからです。

入会からの6ヶ月間はポイント還元率が2倍。オリコモールを経由してショッピングするとさらに0.5%の上乗せポイントが付きます。ポイントの交換先も豊富なポイント重視派の人に向いているカードといえるでしょう。

「出光カードまいどプラス」のETCカード

出光カードまいどプラス

出光カードまいどプラス
還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

次に紹介するのは、出光カードまいどプラスのETCカード。出光カードまいどプラスカードは、出光のガソリンスタンドで割引を受けられるのが一番の特徴です。車をよく利用する人で、ガソリン代を節約したい人、出光のガソリンスタンドが近くにある人に向いています。

「セゾンカードインターナショナル」のETCカード

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
還元率 0.5%※1
年会費 無料
発行スピード 最短即日発行
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 西友・リヴィン・サニー 「第1・第3土曜日5%OFF」開催日は5%OFF

セゾンカードインターナショナルのETCカードは、本カードを持っていれば、セゾンカウンターにて最短即日でETCカードを発行できます。

急にETCカードが必要になったときはセゾンのETCカードを思い出してくださいね。利用金額に応じて永久不滅ポイントがつくのがセゾンの特徴ですが、ETCカードの利用でもポイントが貯まります。

「エポスカード」のETCカード

エポスカード

エポスカード
還元率 0.5%※1
年会費 無料
発行スピード 最短当日〜約1週間
国際ブランド
  • VISA
電子マネー
  • 楽天Edy
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. ネットショッピングで2〜30倍(「たまるマーケット」経由)

エポスカードはファションビルのマルイグループが発行するクレジットカード。マルイで買い物したことがある人なら一度は勧誘されたことがあると思います。もちろん、本カードもETCカードも年会費は無料です。ポイントの還元率は高くありませんが、ETC利用分にもポイントが付きます。また、デパートやカラオケ、レストランなどの提携店で使うと割引を受けられるなどの、女性に嬉しい特典が付いていることも特徴です。

「ライフカード」のETCカード

ライフカード

ライフカード
還元率 0.5%※1
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 「ステージ制プログラム」で、利用金額に応じてポイント最大2倍

ライフカードはポイント還元率の高いカードとして有名なクレジットカードです。ETCカード利用分についてもポイントが貯まります。誕生月はポイントが3倍になるのが大きな特徴。このほかにも、ライフカードにはポイントを獲得できる仕組みがあります。

カードを発行した1年目のポイントは1.5倍、翌年以降は利用額に応じてポイントが最大2倍になります。たくさん利用した人がおトクになるように設計されており、貯めたポイントは5年間有効です。

「イオンカードセレクト」のETCカード

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト
還元率 0.5%~1.0%※1
年会費 無料※2
発行スピード 最短即日発行
国際ブランド
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • WAON
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. イオングループの対象店舗でのお買い物でポイント2倍、各種公共料金のお支払いで毎月1件につき5ポイント
  2. 所定の条件を満たすと、ゴールドカード発行が可能

イオンカードは、スーパーマーケットやショッピングモールのイオングループが発行しているカードです。イオンカードのETCカードの年会費は無料。クレジットカードから電子マネーのWAONにチャージして使うと、ポイントが2倍になるという裏技もあります。

毎月20日・30日にイオンで買い物すると5%オフになる、イオンユーザーにうれしいサービスもありますよ。

ETCをよく使う人におすすめのETCカード

ここまで年会費無料のETCカードを紹介してきましたが、頻繁に高速道路を利用するなら、発行手数料や年会費が有料のカードがお得になるケースもあります。

「三菱UFJニコス VIASOカード」のETCカード

三菱UFJニコス VIASOカード

還元率 0.5%
年会費 無料
発行スピード 最短翌日発行
国際ブランド
  • Mastercard
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  • 入会日から3ヵ月後末日までに、15万円以上利用で7000円相当のVIASOポイント(2019年4月1日以降に入会された方)
  • 携帯電話(NTTドコモ、ソフトバンク、au、ワイモバイル)料金の支払いで1000円相当のVIASOポイント(入会日から3ヶ月後末日まで)
  1. Rakuten、Yahooショッピングの利用で2.5%

三菱UFJニコス VIASOカードとは、三菱UFJニコスが発行するカードで本カードの年会費は無料です。
ただしETCカードの発行には初回発行手数料の1000円がかかります。そのためか、ETCを利用するとポイント還元率は2倍になるのがこのカードの特徴です。

ETCカード年会費 申し込み条件 ポイント還元率
1000円 18歳以上
(高校生を除く)
0.5%以上
(ETC利用1%)

「楽天カード」のETCカード

楽天カード

楽天カード
還元率 1.0%※1
年会費 無料※2
発行スピード 1週間〜10日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
電子マネー
  • 楽天Edy
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  1. 入会と「楽天e-NAVI」への登録で、2000ポイント
  2. カード申込翌月末までに1回以上の利用で、3000ポイント
  1. 楽天グループのサービスでの利用で2倍〜最大16倍※SPU(スーパーポイントアッププログラム)により、さまざまな条件あり
  2. 家族年会費:無料

楽天カードとは、楽天グループが発行するカードのこと。このカードも本カードの年会費は無料ですが、ETCカードは別途年会費が500円かかります。ETCを利用したときのポイント還元率は1%で、特に本カードを利用したときのポイントの差は見られません。楽天市場でダイヤモンド会員やプラチナ会員などの上位会員になると、ETCのカードの年会費が無料になります。

ETCカード年会費 申し込み条件 ポイント還元率
500円 18歳以上
(高校生を除く)
1%以上
(ETC利用1%)

「エネオスカード」のETCカード

ENEOSカード P

ENEOSカード P
還元率 0.6%
年会費 1250円※1
発行スピード
国際ブランド
  • VISA
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
  1. 初年度無料

エネオスカードとは、ガソリンスタンドのエネオスを利用するとガソリン代が割引になったりキャシュバックを受けられたりするカードです。エネオスカードの場合、ETCカードの年会費や発行手数料は無料ですが、2年目以降は本カードの年会費がかかります。
本カードの年会費は初年度無料、2年目以降1250円です。エネオスで給油する人におすすめのカードです。

ETCカード年会費 申し込み条件 ポイント還元率
無料 18歳以上
(高校生を除く)
0.6%以上
(エネオスカードPの場合)

年会費無料ETCカードの注意点

最後に、クレジットカード会社が発行する年会費無料のETCカードについて注意点を確認しておきましょう。

  • クレジットカード付帯のETCカードはカードの審査に通る必要がある
  • 年会費無料でも発行手数料や本カードの年会費がかかるものがある
  • ETCカードを発行した後に一定期間内の利用が全くないと、更新されないことがある
  • ETC利用分にはポイントが付かないカードもある

ETCカードを作るメリットとデメリット

この記事はETCカードの選び方やおすすめのカードをご紹介していますが、「そもそもETCカードは必要なの?」と思っている人もいるかもしれませんね。ここからはETCカードを作るメリットとデメリットを解説していきます。

ETCカードのメリット

ETCカードを持つメリットは以下の4つがあります。

  • 料金所をスムーズに通過できる
  • ETC割引を受けられる
  • 通行料をムダなく支払える
  • ETCマイレージサービスに加入できる

料金所をスムーズに通過できる

やはりこれが一番のメリットでしょう。料金所において料金を現金で支払う必要がないため、スムーズな通行が可能です。高速道路が混雑する時間帯や行楽シーズンなどは、料金所も渋滞の原因になります。料金所全てがETCになったら、渋滞も少しは解消されるかもしれません。

ETC割引を受けられる

高速道路を利用する曜日や時間帯、区間によっては割引を受けられることがあります。
NEXCO3社が行っている休日割引の割引率は30%です。土日祝日の4〜24時に高速道路を走ると通常料金よりも30%の割引を受けることができます(0〜4時の間は深夜割引扱い)。

例えば、東北道の仙台宮城IC〜青森ICを利用した場合、通常料金は7620円かかりますが休日割引を適用すると5330円となります。その差は2000円以上。2000円あったらいつもよりも豪華なランチが食べられますね。

ただし、休日割引が適用外の路線もあるので注意が必要です。例えば次の路線は休日割引の適用は受けられません。

【首都圏エリア】
  • 成田空港・谷田部・加須・東松山
  • 八王子・厚木・厚木南の各IC内側
  • 圏央道の久喜白岡IC~茅ヶ崎JCT
  • 新湘南バイパス
  • 京葉道路
  • 第三京浜道路
  • 横浜横須賀道路
  • 横浜新道
【大阪周辺エリア】
  • 大津・瀬田東・巨椋池・城陽・天理・信条・岸和田和泉・綾園・西宮・西宮北・川西の各ICから大阪より

基本的に休日に高速道路が混雑するエリアでは、休日割引は対象外と考えておけばほぼ間違いないでしょう。

通行料をムダなく支払える

割引の適用がなくても、路線によってはETCを利用するとムダがないケースがあります。例えば首都高には、利用区間ごとの料金設定がありません。現金の場合に初乗り料金所で支払う金額は1300円です(普通車の場合)。

一方、ETCで利用する場合の基本料金は300〜1300円までの利用区間に応じた支払いとなります。長距離を利用する場合には現金で支払ってもETCで支払っても変わりませんが、短距離利用の場合はETCの方が有利です。

ETCマイレージサービスに加入できる

ETCマイレージサービスとは、高速道路の通行料金の支払額に応じてポイントが貯まるサービスのこと。クレジットカード会社発行のETCカードでも、別途インターネットや郵送で申し込むと、このサービスを利用できます。貯まったポイントは無料通行分に交換できます

ETCカードのデメリット

便利なETCですが、デメリットもあります。それは、車載器の取り付けが必要になるということです。車載器とは車両の情報と料金所のアンテナを無線通信するために必要な装置のこと。この装置にETCカードを挿入することで料金の精算ができるようになるのですが、車載器は本体だけで6000円〜1万5000円程度かかります。ディーラーやカー用品販売店などに取り付けを依頼する場合は取り付け費用がプラスでかかる点も覚えておくといいですね。

ETCカードの作り方や発行までにかかる期間は?

ここでは、クレジットカード会社が発行するETCカードを前提に解説していきます。

<持っているクレジットカードに追加でETCカードを申し込む場合>

本カードを作るときにすでに審査を受けているので、審査期間が短い。1週間程度で発行されるのが一般的ですが、即日発行できることもあります。
https://creditcard-view.jp/creditcard-etc/post-3773

<新規にクレジットカードを申し込むときにETCカードも同時に申し込む場合>

新規にクレジットカードを申し込む場合は、所定の審査を経る必要があります。発行までには2〜3週間程度かかることも。

まとめ

  • ETCカードには、クレジットカード付帯のカードと、高速道路会社が発行するETCパーソナルカードがある
  • クレジットカード付帯のETCカードなら、年会費無料で利用できるものもある
  • 頻繁にETCを利用する場合は、発行手数料や年会費がかかっても有料カードのほうが特になることもある

どのクレジットカード会社が発行するカードでもETCカードそれ自体のサービスに大きな違いはありません。クレジットカード会社が発行するETCカードの場合、実質的には本カードのクレジットカードのサービス内容で決めることになるでしょう。

これまでにクレジットカードを利用したことがない人であれば、まずは本カードもETCカードも年会費が無料のものを選ぶようにしてみるとよいのではないでしょうか。ぜひETCカードを活用して快適なドライブライフを手に入れてくださいね。