ETCカード利用でポイント2重取り!お得な使い方とおすすめカード

更新

ETCカードポイント

クレジットカードを申し込むと無料で発行できることの多いETCカード。ETCカードがあると、高速道路を利用するときにとても便利ですよね。

ETCカードは便利なだけではありません。利用すると2種類のポイントが貯まります。この記事では、ETCの利用で貯まるポイントについて詳しく見ていきましょう。自分に合ったETCカードを選べるようになりますよ。

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

ETCカードの利用でもらえる2つのポイントとは?

ETCカードを利用すると2種類のポイントが貯まります。

ETCカード利用でポイントが二重どりできる仕組み
  • ETCマイレージサービスのポイント
  • クレジットカード会社のポイント

それぞれ、どのようなポイントサービスがあるのか見てみましょう。

ETCマイレージサービスのポイント

ETCカードを利用するともらえるポイントのひとつは、ETCマイレージサービスのポイント。

ETCマイレージサービスのポイントとは、ETCカードの利用額に応じてもらえるポイントのことです。高速道路や有料道路を運営する会社が行っているサービスで、クレジットカードの利用で付くポイントとは別のもの。ETCマイレージサービスを受けるには、別途申し込みが必要です。後で詳しく解説します。

ETCマイレージサービスはETCを利用すればカードの種類に関係なくポイントが付きます。貯まったポイントは高速道路や一部の有料道路の通行料金の支払いに充てることができるのが特徴です。

クレジットカード会社のポイント

ETCカードを利用してもうひとつもらえるのがクレジットカード会社のポイントです。クレジットカード会社のポイントとは、ETCカードの発行元であるクレジットカード会社がカード利用額に応じて付与するポイントのこと。

ETCカードを利用すると本カードであるクレジットカードと同じポイントが付きます。ただし、クレジットカード会社やカードの種類によっては、ETCの利用ではポイントが付かないケースも。例えば、ETCの利用でポイントが付かないカードには次のようなものがあります。

  • ライフカード
  • P-oneカード

P-oneカードとは、利用金額に応じたポイントを付与する代わりに、利用金額の1%をポイントバックしてくれるカードです。P-oneカードはETCを利用した場合、キャッシュバックの適用を受けられませんので、よく確認してくださいね。

お得いっぱい!ETCの各種割引サービスとは

高速道路や有料道路をETCで利用すると、現金で利用したときにはないさまざまな割引を受けられることがあります。ここでは、NEXCO東日本のサービスにはどのような割引サービスがあるのか、見ていきましょう。

平日朝夕割引

ETCマイレージサービスに登録した限定のサービス。利用回数に応じて無料通行分が30%〜50%還元される。割引となる条件は以下のとおりです。

  • 平日:6時〜9時
  • 夕方:17時〜20時
  • 地方部での利用(交通量の多い都市部では対象外)
  • 利用回数に応じて無料通行分が還元される

休日割引

土日祝日の割引サービス。割引となる条件は以下のとおりです。

  • 土曜・日曜・祝日
  • 普通車、軽自動車等(二輪車)限定
  • 30%引き
  • 地方部での利用(交通量の多い都市部では対象外)

深夜割引

深夜の時間帯に利用すると割引を受けられるサービス。割引となる条件は以下のとおりです。

  • 毎日0時〜4時
  • すべての車種
  • 30%引き

このほかにも、高速道路をよく利用する人のためのETC限定の割引制度や、アクアラインなどの特定の区間の割引サービスもあります。詳細情報を知りたい人は、NEXCO東日本のホームページをチェックしてみてくださいね。

事前に登録が必要!ETCマイレージサービスの仕組み

先にETCマイレージサービスを利用するには、事前に登録が必要なことを解説しました。どのような手続きが必要で、ポイントを貯めるにはどうすればよいかを見ていきましょう。

サービスを利用する方法

ETCマイレージサービスでポイントを貯めるには、事前にETCマイレージサービスに登録する必要があります。

登録はETCマイレージサービスの公式サイトから、インターネットまたは郵送で行います。インターネットで申し込むと登録した当日からポイントが加算されるので急いでいる人は、インターネットから申し込みましょう。

ポイントの貯まり方

ETCマイレージサービスのポイントは、登録したETCカードを搭載した車で対象となる高速道路や有料道路を通ると、通行した翌月20日にポイントが加算されます。

注意点は、ポイントは道路事業者ごとに貯まる点。それぞれのポイントを合算することはできず、ポイント還元率も事業者ごとに異なります。

道路事業者ごとのポイントの付き方を以下の表にまとめました。

道路事業者 ポイント付与率
NEXCO東/中/西日本
宮城県道路公社
10円につき1ポイント
本州四国連絡高速道路株式会社 10円につき1ポイント
名古屋高速道路公社 100円につき1ポイント
(月間利用額に応じて加算ポイントが付く)
愛知県道路公社 100円につき1ポイント
(月間利用額に応じて加算ポイントが付く)
神戸市道路公社 50円につき3ポイント
(月間利用額に応じて加算ポイントが付く)
広島高速道路公社 100円につき1ポイント
(月間利用額に応じて加算ポイントが付く)
福岡北九州高速道路公社 100円につき1ポイント
(月間利用額に応じて加算ポイントが付く)

ポイントの使い方

貯まったポイントは各社の無料通行券と交換して通行料として利用可能です。

交換するには次の4つの方法があります。

  • ポイント自動還元サービス
  • インターネットのマイページから手続き
  • 自動音声ダイヤルで手続き
  • ETCマイレージサービス事務局への電話での手続き
道路事業者 交換率
NEXCO東/中/西日本
宮城県道路公社
1000ポイント→500円分
3000ポイント→2500円分
5000ポイント→5000円分
本州四国連絡高速道路株式会社 1000ポイント→500円分
3000ポイント→2500円分
5000ポイント→5000円分
名古屋高速道路公社 100ポイント→100円分
愛知県道路公社 100ポイント→100円分
神戸市道路公社 200ポイント→100円分
広島高速道路公社 100ポイント→100円分
福岡北九州高速道路公社 100ポイント→100円分

なお、ポイントには有効期限がありますが、交換後のポイントに有効期限はありません
例えば、上の欄の交換率のところにある「交換前」の1000ポイントには有効期限があります。ところが「交換後」の500円分には有効期限がありません。

交換できるポイントが貯まったら早めに交換しておくと安心ですね。利用の際はポイントを発行した事業者に関わらず、ポイントを利用できる道路では共通して利用できます。ポイントを使える道路は、ETCマイレージサービスの公式サイトで確認してください。

自分に合ったETCカードの選び方

ETCカードを利用すると、クレジットカード会社のポイントが付くのは見逃せないでしょう。ETCカードを利用するだけならどのカード会社でもそれほど違いはないかもしれません。しかし、年会費の有無や高速道路の利用頻度などに応じて適したカードは違います。自分に合ったETCカードの選び方について見ていきましょう。

【選び方1】年会費

ETCカードには年会費のかかるものと、年会費が無料のものがあります。それぞれに向いている人は次のとおりです。

【年会費が無料のETCカード】
  • 頻繁に高速道路を利用する人、あまり利用しない人どちらにもおすすめ
【年会費が有料のETCカード】
  • 高速道路を頻繁に利用する人や、年会費以上のポイントが貯まる人におすすめ
  • 年会費が有料でも年に1回以上ETCカードを利用すれば、年会費が無料になるカードもある。帰省や旅行などで年に数回使う人におすすめ

【選び方2】発行手数料

ETCカードの中には、年会費が無料でも発行手数料がかかるものがあります。発行手数料に関しておさえておくべき点は次の3つです。

  • 発行手数料はカードを発行するときの1回だけ支払う
  • カードによっては更新時にも手数料がかかるものがある
  • ETCカードにお金をかけたくない人は手数料無料のものを選ぶのがおすすめ

【選び方3】ポイントが付くか

せっかくETCカードを発行するなら、ETCカードを利用したときにマイレージサービスとは別にクレジットカード会社のポイントが付くカードがおすすめです。

ただし、クレジットカードによっては、ETCカードの利用ではポイントが付かないものやポイント還元率の低いものがあります。頻繁にETCカードを利用する人ほどETCの利用でもポイントが付くかどうか確認しておきましょう。

ETC利用でポイントが貯まるクレジットカード5選

高速道路や有料道路をよく利用する人には、クレジットカードのポイントが貯まるカードがおすすめです。ここでは、ETC利用時もクレジットカードのポイントが貯まるカードを5つ紹介します。

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD W
還元率 1.0%※1
年会費 無料
発行スピード 最短3営業日
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  • ・入会後3ヶ月間のご利用はポイント10倍(~2019年12月31日)※2
  • ・スマホ決済で20%キャッシュバック【上限1万円】(~2019年12月15日)
  • ・対象の店舗の利用でポイント10倍(~2019年12月31日)
  1. 優待店でポイント還元率アップ。Amazon2倍、スターバックス5.5倍、セブンイレブン2倍
  2. 2019年12月に入会すると、2020年3月末までポイント10倍

JCB CARD Wカードは39歳以下の人だけが発行できるクレジットカードで、本カードもETCカードも年会費が無料です。39歳までに発行しておけば、40歳以降も引き続き利用できます。

ETCの利用でもポイントが貯まり、ポイント還元率が1%の優秀なカードです。JCBが発行するプロパーカードであるということも、発行元が気になる人にとっておすすめのポイント。

あまり高速道路を利用しない人でも、維持コストがかからないので1枚持っておくとよいでしょう。

ETCカード年会費 ETCカード発行手数料 ポイント還元率
無料 無料 1%以上

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT(Mastercard)

オリコカード
還元率 1.0%~2.0%
年会費 無料
発行スピード 最短8営業日
国際ブランド
  • Mastercard
  • JCB
電子マネー
  • iD
  • QUICPay
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード

Orico Card THE POINTは本カードもETCカードも年会費無料です。クレジットカードに一切維持費をかけたくない人に向いています。ETCの利用でも利用金額に対して1%のポイントが貯まります。

Orico Card THE POINTは入会から6ヶ月間は、ポイント還元率が2倍にアップします。もし、Orico Card THE POINTカードを作るなら高額商品の買い物の予定があるときを狙うといいですね。

維持費がかからないので、高速道路はほとんど利用しないという人にもデメリットがありません。

ETCカード年会費 ETCカード発行手数料 ポイント還元率
無料 無料 1%以上

楽天カード

楽天カード

楽天カード
還元率 1.0%※1
年会費 無料※2
発行スピード 1週間〜10日
国際ブランド
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
電子マネー
  • 楽天Edy
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETCカード
  • 家族カード
お得なキャンペーン情報
  1. 入会と「楽天e-NAVI」への登録で、2000ポイント
  2. カード申込翌月末までに1回以上の利用で、3000ポイント
  1. 楽天グループのサービスでの利用で2倍〜最大16倍※SPU(スーパーポイントアッププログラム)により、さまざまな条件あり
  2. 家族年会費:無料

楽天カードのETCポイントカードは年会費が500円かります。年会費はかかるものの、ETCの利用でもポイントが付く点が魅力です。

楽天カードのETCカードは100円単位の細々とした利用分もしっかりとポイントが貯まります。

効率よくポイントを貯めるには、クレジットカードが提携しているサービスをあらかじめ調べておいてそのサービスを意識的に利用してみることをおすすめします。

例えば、ENEOSで楽天カードを利用するとポイントは1.5倍に。給油、洗車やオイル交換などのカーケア商品の利用でもしっかりポイントが貯まります。普段、別のガソリンスタンドを利用しているなら、切り替えるのもひとつの方法です。

楽天ETCカードは次のどちらかに該当すると、年会費が無料になります。

  • 楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードを持っている人
  • 楽天PointClubの会員ランクがダイヤモンド会員・またはプレミアム会員の人

楽天をよく利用するなら持っておいて損のない1枚といえるのではないでしょうか。

ETCカード年会費 ETCカード発行手数料 ポイント還元率
500円 無料 1%以上

シェルPontaクレジットカード

4枚目に紹介するのは、シェルPontaクレジットカード。
昭和シェルでガソリンを給油すると1Lにつき2ポイントつきます。ETCの利用ももちろんポイント加算対象です。

昭和シェル以外のPontaポイント提携店(※)でクレジット決済すると、通常のPontaポイントのほかに上乗せポイントが加算されます。

本カードの初年度の年会費は無料で次年度からは1250円かかりますが、昭和シェルを年に1回利用すれば次年度以降も会費は無料です。

※ローソン、ケンタッキーフライドチキン、ゲオ、オリックスレンタカー、じゃらん、ホットペッパービューティーなど

シェルPontaカードは持っているだけで利用しなければ、本カードの次年度年会費がかかります。頻繁に高速道路を利用する人や昭和シェルで給油する人にはおすすめのカードといえるでしょう。

ETCカード年会費 ETCカード発行手数料 ポイント還元率
無料 1000円 1%以上

イオン首都高カード

最後に紹介するのはイオングループと首都高が提携した、イオン首都高カードです。首都高のサービスに特化したクレジットカードで、ETCカードを利用すると毎週日曜日の首都高通行料金が20%オフになります(2019年9月時点)。

時間貸駐車場のタイムズと提携していて、タイムズポイントが貯まります。また、首都高パーキングエリアの売店やレストランでイオン首都高カードを使うと、クレジット利用時に貯まる「ときめきポイント」は通常の5倍に。

万一ETCゲートで車が損傷した場合には、年に1回、一律5万円のお見舞金の支払いがあることも特徴です。

このカードは本カードもETCカードも、年会費、発行手数料ともに無料です。基本的に首都高の利用が多い人におすすめですが、イオンユーザーにとっても見逃せない特典が盛りだくさんのカードといえるでしょう。

ETCカード年会費 ETCカード発行手数料 ポイント還元率
無料 無料 0.5%以上

まとめ

  • ETC利用で貯まるポイントは2種類。ETCマイレージサービスのポイントとクレジットカード会社のポイントがある
  • ETCマイレージサービスを利用するには、事前登録や交換手続きが必要
  • ETCカードは、年会費や発行手数料、ポイントに着目して選ぶ

自分のライフスタイルに合ったクレジットカードとETCカードを利用して、お得で快適なカーライフを送ってくださいね。