ETCカードのみ発行は可能?ゼロからわかるパーソナルカード発行手順

更新

クレジットカードがなくてもETCカードの発行は可能

一般的に、ETCカードを作るにはクレジットカードを用意する必要があります。では、何らかの事情でクレジットカードを作りたくない方はETCカードを持てないのでしょうか?

結論からお伝えすると、クレジットカードがなくてもETCカードは作れます。この記事では、「ETCカードが欲しい、でもクレカはいらない」という方に向けて、ETCカードの発行手順、おすすめカードなどを紹介します。

※価格の表記に関して、特に指定がないもの以外は税抜き表記となっています。

クレジット機能なしで作れるETCカードとは?

有料道路での料金支払いをスムーズにしてくれるETCカードは、「ETC機能付きのクレジットカード」や「クレジットカードに付帯するカード」として発行されています。

しかしETCカードを使いたい方の中には、「クレジットカードを作りたくない」もしくは「作れない」という方もいるでしょう。

そういった方にぴったりなのが、「クレジットカード機能なしのETCカード」です。

(1)クレジット機能なしのETCカードとは?

クレジット機能なしで作れるETCカードには、次の3種類があります。

  • ETCパーソナルカード
  • ETCコーポレートカード
  • 法人ETCカード

このうち個人向けのETCカードはETCパーソナルカードのみ。

ETCコーポレートカードと法人ETCカードは、個人事業主や法人など、大口利用する方のためのカードです。ETCコーポレートカードは1枚につき車1台のみ、法人ETCカードは1枚を複数の車で使えるという違いがあります。

クレジット機能なしで作れるETCカード

上記3枚は全て、ETCカード単体で作ることができます。

しかし代わりに、デポジット金(預り金)や年会費などが発生します。また、かかる費用はETCカードによってさまざま。割引サービスの特徴や対象者も違います。

3枚のETCカードについて、詳しく見ていきましょう。

(2)クレジット機能なしのETCカードを紹介

まずは、各カードの特徴を表にまとめてみました。

こうしてみると、個人が手軽に利用できるのはETCパーソナルカードだということがわかります。

対象者 費用 特徴 その他の特徴
ETCパーソナルカード 個人 毎年1234円(税込)+月額利用目安に応じたデポジット金 個人でも簡単に申し込める ETCマイレージサービス利用可能(登録が必要)
ETCコーポレートカード 個人事業主・法人 発行時617円(税込)+毎年617円(税込)+組合加入時の出資金1万円(脱退時返金)※1 カードに車両番号が登録されるため、レンタカーなどでは使えない(車両限定) 大口・多頻度割引制度あり、ETCマイレージサービス利用不可
法人ETCカード※2 個人事業主・法人 発行時1枚につき500円+毎年1枚につき500円+出資金1万円(脱退時返金)+毎月の走行金額の8% 車両限定ではない、複数のETCカードの使用料を会社の同一口座から引き落としできる ETCマイレージサービスが自動で利用できる
  1. 組合を通さずに直接申し込む場合は、発行時617円+毎年617円+保証金or金融機関の保証。
  2. 法人ETCカードは「高速情報協同組合」の法人ETCカードを想定。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードの最大の特徴は、個人が審査なしで作れることです。

これなら、クレジットカードの審査が不安という方やクレジットカードが作れない方でも安心ですよね。

ETCパーソナルカードは東日本・中日本・西日本の高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の6社が共同で発行しているETCカードです。

クレジットカードを持っていなくても作れますが、月額の利用料金に応じたデポジット金(預り金)が必要になる他、1234円(税込)の年会費がかかります。

ETCコーポレートカード

法人向けカードであるという点、そして車両限定のカードであるという点がETCコーポレートカードの特徴です。発行者は、東日本・中日本・西日本高速道路株式会社です。

利用できる車両を最初にカードに登録することから、登録した車以外で使うことはできません。一方で、大口割引が受けられるのは大きなメリットです。首都高速・阪神高速の利用料金の月額に応じて、10~20%の割引サービスを受けることができます。

ETCコーポレートカードは、1台の車だけを使っている個人事業主のうち、クレジットカード審査に通るか不安がある開業直後の方や赤字経営の方、頻繁に割引対象となる高速道路を使う方などにおすすめといえるでしょう。

ただし、作成するための審査は個人向けのETCパーソナルカードより煩雑で、状況によっては発行を断られるケースもあります。また、年会費などの支払いも必要です。

法人ETCカード

法人ETCカードの特徴は、複数枚のETCカードを持つことができる点です。何人もの社員を抱える企業向けのカードといえるでしょう。

ETC料金はすべて同一口座からの引き落としとなり、契約も1本なので面倒がありません。ETCコーポレートカードのように車両も限定されないため、レンタカーなどでも利用できます。

なお、法人ETCカードは各協同組合などが発行しています。細かい規定や年会費などの条件はそれぞれ異なる可能性があるため、利用を検討している場合は注意しましょう。

ETCカードの発行手順

続いて、クレジットカード機能が付いていないETCカードを申し込むための手順を紹介します。

クレジットカード機能なしのETCカードを申し込みたい方は、希望するカードの申し込み手順に沿って手続きをしてくださいね。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは、個人でも気軽に申し込める点が魅力です。

申し込み方法も、他の2つに比べると簡単です。

1.申し込みをする

「ETCパーソナルカード利用申込書」に必要事項を記入し、ETCパーソナルカード事務局に郵送します。申込書は高速道路のサービスエリアのインフォメーションなどに置いてある他、ETCパーソナルカード事務局に電話をして郵送してもらうこともできます。

2.デポジット金を入金する

申し込み後、デポジット金を入金するための払込取扱票が折り返し届くので、コンビニや郵便局でデポジット金を支払います。デポジット金は解約時に返してもらえるものです。

なお、実際の利用月額が最初の申告より多かった場合、利用開始後に追加のデポジット金を求められることもあります。

3.カードを受け取る

デポジット金の振込をしてから2週間ほどでETCカードが届きます。カードを受け取ったその日からETCカードとして利用できます。それまでに車載器などの準備を済ませておきましょう。

ETCコーポレートカード

ETCコーポレートカードは、個人事業主や法人でないと申し込みをすることができません。

そのため、申し込みに必要な書類もETCパーソナルカードより多く、手順も複雑です。

1.申し込みをする

申込書に車載器の管理番号を記載します。また、申し込み時には印鑑証明や法人登記簿(個人事業主は不要)などの添付書類も必要です。

2.支払い保証を行う

申込書をもとに申し込み資格の確認が行われ、問題がなかった場合は支払い保証の案内が届きます。銀行などに連帯保証人になってもらうか、保証金を預託します(直接申し込みと組合申し込みの場合で異なります)。

3.カードを受け取る

保証預かり証とカード発行通知が届き、ETCカードが貸与されます。

4.カード受取書を返送する

カード受取書を返送して、カードの利用を開始します。

法人ETCカード(高速情報協同組合発行のカード)

法人ETCカードも、個人事業主や法人を対象としたカードです。

1.申し込みをする

申込書をFAXするか、インターネットの専用フォームから申し込みをします。

2.必要書類を返送する

ETCカード申請書が届くので、必要事項を記入し、車検証の写しや商業登記簿謄本などの必要書類を添付して返送します。

3.出資金を支払う

ETCカード申請書に記載の振込先へ出資金を振り込みます。

4.カードを受け取る

ETCカードを受け取って利用を開始します。

クレジット機能ありVSなしのETCカードを比較

「クレジットカードに付帯されるETCカード」と「ETCパーソナルカード」を比較した場合、どちらにより大きなメリットがあるのでしょうか。

結論から言うと、明らかにクレカに付帯されるETCカードです。自己破産や債務整理後など、特別な事情があってクレジットカードを作れない方を除けば、クレカ付帯のETCカードを使う方がより簡単で、コスト的にもメリットがあります。

では実際に、クレカ付帯のETCカードとETCパーソナルカードの比較表を見てみましょう。

デポジット 年会費の目安 発行手数料の目安 発行の手間 審査
クレカ付帯の
ETCカード
なし 0~500円 ほとんど無料。
一部カードは1000円
カンタン
Web申込可
あり
ETCカードのみ
(ETCパーソナルカード)
あり
2万円~
1234円(税込) なし 面倒
SAか電話で申込書を入手し返送
なし

クレジットカードに付帯されるETCカードを作りたい方はこちら

「クレジットカードに付帯されるETCカード」と「ETCパーソナルカード」を比較した場合、大きく異なるのは次の3点です。

(1)初期費用

クレカ付帯のETCカードであれば、年会費は500円程度であることがほとんど。また、発行手数料も一部のクレジットカードを除けば無料です。

一方、ETCパーソナルカードの場合、「審査がない」というメリットはあるものの、発行時に最低2万円のデポジット金が必要です。加えて1234円(税込)の年会費もかかるため、初期費用としては高いと感じる人もいるでしょう。

(2)発行の手間

クレカ付帯のETCカードはWebから簡単に申し込めるのに対し、ETCパーソナルカードは申込書を入手するところから始めなければなりません。

申込書はインターネット経由で請求できないので、電話をして取り寄せるか、サービスエリアなどに取りにいく必要があります。Web申し込みと比べると、かなりの手間だといえるでしょう。

ただし、ETCパーソナルカードにはメリットもあります。ETCパーソナルカードにはクレジットカードのように審査がありません。デポジット金などが必要になるものの、審査に自信がない方にとってはプラスといえるでしょう。

(3)ポイントの付与

クレジットカード付帯のETCカードを利用するメリットには、クレカを利用したときに付与されるポイントとETCマイレージサービスのポイントの両方がもらえるという点があります。

ETCパーソナルカードでもETCマイレージサービスを利用できますが、クレカ独自のポイントを貯めることはできません。

クレカのポイント還元率はカードによって異なりますが、仮に1%還元のカードを利用して毎月1万円分高速道路料金を支払ったとすると、1年間で1200ポイントも貯まります。ちょっとしたランチに行くことができるレベルですね。

このようにさまざまな条件を考え合わせると、クレジットカードが使える場合はクレカ付帯のETCカードを作る方が断然オトクだといえます。

17枚のETCカードをポイント別で比較した記事はこちら

【Q&A】ETCカードが欲しい!でもクレカ発行は不安な方へ

「クレカ付帯のETCカードのほうがオトク」とわかっていても、クレジットカードを持つこと自体に抵抗がある方もいるでしょう。

ですが、クレジットカードは決して怖いものではありません。付き合い方さえ間違えなければ、毎日がもっと便利になりますよ。

ここからは、クレジットカードに関するよくある疑問についてお答えしていきます。

Q1.クレジットカードの不正利用が心配。どうしたらいい?

A.使い方に気を付けるとともに、セキュリティが充実しているカードを選びましょう。

クレジットカードの不正利用は、海外で店員にカードを不用意に預けたり、悪質サイトでカード番号を入力したりすることで起こる場合があります。

カードの管理には十分注意すると同時に、カード利用時に使うパソコンやスマートフォンにセキュリティソフトを入れておくと安心です。

とはいえ、どれだけ注意していても不正利用のターゲットになってしまうこともあります。

セキュリティがしっかりしたカード会社なら、万が一不正利用されたとしても、申し立てを行うことで支払いをせずに済む「保証制度」が設けられています。

「前日まで日本にいたのに、いきなり海外で高額の買い物をするなんてあやしい」
「突然海外でブランド品を爆買いするなんておかしい」と判断し、カードの利用を一旦止めて確認してくれることもあるため、過剰に心配する必要はないでしょう。

Q2.クレカの枚数は増やしたくないけど、ETCカードは欲しい…。どうしたらいい?

A.今持っているクレジットカードで、ETCカードを申し込みましょう。

所有しているクレジットカードがETCカードを付帯できるものであれば、手持ちのカードのETC付帯サービスを利用するのがおすすめです。
そうすれば、クレジットカードの枚数を増やす必要はありません。

ETCカードを付帯できない場合は、「ETC機能のみ使う」と割り切って、新たにクレジットカードに申し込むのも手です。

Q3.親がクレカの作成に反対しています。どうしたらいい?

A. ご両親と話し合い、クレジットカードの利用上限を低めに設定したり、使用ルールを決めたりするのが得策です。

ご両親に隠れてクレジットカードを持つのはおすすめできません。反対されている場合は、どこかに「懸念」があるはず。利用可能額の上限を低く設定したり、キャッシングは使えない設定にしたりして、説得してみましょう。

「とりあえずETCカードだけでも使えるようにしたい」というときは、クレジットカード付帯のETCカードを申し込み、カード自体はご両親に預かってもらい、必要なときだけ受け取る方法もおすすめです。

まとめ

  • 「ETCパーソナルカード」なら、クレジットカードがなくても個人で作ることができ、審査も不要
  • クレジットカードを作ることができるなら、申し込みが簡単で年会費無料の「クレカ付帯のETCカード」がオトク
  • クレカを怖がりすぎる必要はなし。毎日をちょっと豊かにするためにも、便利に使う工夫をしてみよう