ETCカードの利用履歴が知りたい! 履歴を確認できる3つの方法を解説

ETCカードの履歴確認方法

「ETCカードの利用履歴を確認する手段はあるの?」
「ETCカードで支払った分を割り勘したいけど、利用額がわからない……」

高速道路をお得&便利に利用できるETCカード。旅行や仕事で利用した際、友人との割り勘や職場への経費精算のために、利用履歴を確認したいときもありますよね。ただ、領収書が発行されないので、すぐに履歴を確認できないのが悩みどころ。

そこでこの記事では、ETCカードの利用履歴を確認する3つの手段を詳しく解説していきます。

ETCカードの利用履歴を確認する手段は全部で3つ

ETCカードの利用履歴は、以下3つの手段で確認することができます。

  • 【手段1】ETC利用照会サービス
  • 【手段2】ETC利用履歴発行プリンター
  • 【手段3】利用明細書

また、中には、ETCカードの利用履歴を残したくないと考える方もいるかもしれませんが、利用履歴を自分の意思で消去することはできません

料金所を通過する際の無線通信により自動で利用記録が残るため、どうしても履歴を残したくない方は現金払いに切り替えるなど、工夫が必要です。

リアルタイムで確認できる? 履歴が反映されるまでの時間を比較

利用履歴の反映にかかる時間は、手段によってさまざまです。まずは、それぞれの特徴について確認してみましょう。

【1】ETC利用照会サービス 【2】ETC利用履歴発行プリンター 【3】利用明細書
利用履歴が反映されるまでの時間 4〜5時間※場所により異なる リアルタイム 1〜2ヶ月後
メリット Web上で料金や走行区間を確認できる 利用履歴をリアルタイムで確認できる 特別な手続きが必要ない
デメリット 事前登録が必要で、反映まで4〜5時間かかる 専用の機械が必要で、通行料金が確定している分しか確認できない 利用明細書の到着まで時間がかかる

このように、手段によってメリットとデメリットが存在するため、その場の状況に合わせて最適な手段を選ぶことが大切です。

メリットとデメリットについて話す男女

次項より各手段について詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

【手段1】「ETC利用照会サービス」での履歴確認方法

ETC利用照会サービス」とは、ETCカードの利用明細をWeb上で確認できるサービスです。登録した日から過去15ヶ月分(ETCコーポレートカードは過去62日分)の利用明細が記録され、利用料金はもちろん、通過日時や通行区間の情報、ETC割引額などを無料で参照できます。

反映までにかかる時間は、利用した道路や交通状況によっても異なりますが、通行後4〜5時間程度で反映されることが多いです。場所によっては、翌日の夕方以降になる場合もありますが、遅くても翌日中には反映されると思って良いでしょう。

なお、「ETC利用照会サービス」は、PCでの利用が前提のサービスです。スマートフォン上ではスムーズに閲覧できない可能性がありますのでご注意ください。

ETC利用照会サービスを利用できるカードは3種類

「ETC利用照会サービス」の利用対象となるETCカードは3種類あります。

種類 概要
ETCクレジットカード クレジットカード会社が発行する、クレジットカード付帯のETCカード
ETCパーソナルカード 道路事業社が共同で発行する個人向けのETCカード。有料道路の通行料金の支払いにのみ使用できる
ETCコーポレートカード 東日本・中日本・西日本高速道路株式会社が、大口・多頻度割引制度のために発行する法人向けETCカード

いずれのETCカードも過去15ヶ月以内に利用歴があることが登録条件となり、一度も利用していないETCカードは登録できません。手元のETCカードが登録できるか事前に確認しておくと安心です。

ETC利用照会サービスは出かける前に登録しておくとスムーズ

「ETC利用照会サービス」を利用するためには、事前登録が必須となります。本登録から明細が表示される状態になるまで約4時間かかりますので、手順をおさえて早めに登録しておきましょう。

登録の手順

  1. メールアドレスを入力して仮登録を行う
  2. 仮登録完了を知らせるメールに記載されているURLから入力画面へ移動
  3. 必要事項を記入し、本登録完了

本登録では以下の情報を入力するため、作業を始める前に必要な情報を手元に用意しておくとスムーズです。

本登録に必要な情報

  • ユーザーID
  • パスワード
  • ETCカード番号
  • 登録するETCカードの過去の利用年月日
  • ETCを利用する際の車載器管理番号(ETC車載器の19桁)
  • 車両番号(ナンバープレートの4桁)
  • 秘密の質問と答え

なお、登録後はユーザーIDとパスワードでログインができるため、登録車両以外の車を使う場合でも登録済みのETCカードを利用すれば、利用明細を照会できます

ETC利用照会サービスはレンタカーでも利用可能

レンタカーを利用する際も、「ETC利用照会サービス」に登録したETCカードを使えば、サービスを利用できます。

ただし、未登録の場合は、上記と同じ手順で事前登録を行う必要があるため、利用したレンタカーの情報を控えておかなくてはなりません。車載器管理番号や車両番号がわからない場合は、レンタカー会社に問い合わせて確認しておきましょう。

利用明細は複数のファイル形式でダウンロードできる

「ETC利用照会サービス」は、必要なデータを目的にあったファイル形式でダウンロードすることもできます

種類 ファイル形式 一度に出力できる件数
利用証明書 PDF 500件分
利用明細 PDF 1500件分
利用明細 CSV 5万件分

ダウンロードできるデータは、「ETC利用照会サービス」に記録されている過去15ヶ月分のみとなるので、保管しておきたい場合は定期的にダウンロードしておくことをおすすめします。

【手段2】「ETC利用履歴発行プリンター」での履歴確認方法

ETC利用履歴発行プリンター」とは、ETCカードに記録されているデータを読み取り、利用履歴をリアルタイムで印刷できるプリンターです。

サービスエリアやパーキングエリア、大型カー用品店などに設置されており、走行時に利用していたETCカードをプリンターに挿入するだけで簡単に利用明細書を出力できます。

なお、「ETCクレジットカード」、「ETCパーソナルカード」、「ETCコーポレートカード」のいずれでも利用可能です。

ETC利用発行プリンターの利用手順

  1. ETCカードのICチップを上にして、「ピッ」と音が鳴るまで挿入する
  2. ETCカード情報が認識され、緑色のランプが点滅していることを確認する
  3. 音声案内を参考に「進」ボタンと「戻」ボタンを使って、印字したい履歴を選択
  4. 「印」ボタンを押して印刷する※
  5. ETCカードを抜く

※「印」ボタンを長押しすることで、選択した履歴から最新履歴までの範囲を印刷可能

しかし、「ETC利用履歴発行プリンター」は、リアルタイムで利用履歴を確認できるというメリットの反面、通行料金が確定した分しか確認ができないというデメリットもあります。

例えば、サービスエリアへ立ち寄った場合、まだETCの出口を通過していない状態なので、料金が確定していません。その際は、立ち寄ったサービスエリアまでの利用料金が印刷できないので、注意が必要です。

【手段3】「利用明細書」での履歴確認方法

もっとも手間なく確認できる方法は、「利用明細書」を確認する方法です。

特別な手続きは必要ありませんが、この方法は書類が届くまで待たなければならないのが難点。特に、「ETCクレジットカード」の場合は高速道路会社からデータが届くまでに時間がかかるため、反映までに1〜2ヶ月かかってしまう可能性もあります

種類 利用明細書が届くタイミング
ETCクレジットカード 利用から1〜2ヶ月後
ETCパーソナルカード 毎月
ETCコーポレートカード 毎月

早く利用履歴を確認したい人には向いていませんが、急ぎでない人にとっては手軽な手段です。

「ETCクレジットカード」の場合、ETC利用料金のみの明細は発行できない

クレジットカードの利用明細書には、ETC通行料金を含む支払い料金がまとめて記載されています。

「楽天ETCカード」を発行している楽天カード株式会社をはじめ、ほとんどのクレジットカード会社ではETC利用料金のみの明細を発行していないため、次のように案内されていることが多いです。

Q.ETCカードのみの利用明細がほしいのですが、発行できますか?

A.回答
ETCのみの明細を発行することは出来かねます。
楽天e-NAVIでもETCのみのご利用明細を表示することはできません。
ETC利用照会サービスをご利用いただくと、走行明細確認が可能です。

※ETC利用照会サービスとは、ETC無線走行時の利用証明書の発行及び本サービスで印字された利用証明書の走行明細確認が可能な道路事業者のサービスです。

出典:楽天カード:よくあるご質問

クレジットカードの利用明細書から利用額を算出したい場合は、利用先が高速道路会社になっている出費を辿って確認しましょう。

高速道路ドライブサポートアプリからも高速料金を計算できる

実際の利用履歴は確認できませんが、高速道路ドライブサポートアプリで交通料金を検索することで、大体の利用額を算出できます。その場ですぐに検索ができるので、正確さよりもスピードを求めている際は、アプリを活用してみてください。

また、アプリは付帯サービスも充実しているため、高速道路を利用する際に持っていると重宝します。中でもNEXCO東日本が提供している公式アプリ「ドラぷら」には、運転時にあるとうれしい機能が満載です。

高速道路ドライブサポートアプリ「ドラぷら」のサービス例

  • 経路・料金・所要時間の検索
  • ETC割引料金の検索
  • 渋滞予測
  • 現状渋滞情報
  • サービスエリア・パーキングエリア検索
  • 気象情報・ライブカメラ

なお、「ドラプラ」では、このようなサービスを無料で利用できます。よりスムーズな移動を叶えるためにも、事前にダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

ETCカードの利用履歴を確認する方法は、手段によって特徴が異なります。タイミングによって選ぶべき手段も変わってくるので、状況に合わせて最適な手段を選択し、上手に活用しましょう。

  • ETCカードの利用履歴は「ETC利用照会サービス」「ETC利用履歴発行プリンター」「クレジットカードの利用明細」で確認することができる
  • 利用履歴を自分の意思で消去することはできない
  • 少しでも早く大体の金額を知りたいときは、アプリで高速料金を検索して算出するのがおすすめ

おすすめ記事

カテゴリー一覧