クレジットカードの使い過ぎ防止にも効果的!家計簿アプリ「Zaim」の機能やメリット

更新

Zaim

「クレジットカードが便利なことはわかっているけど、使いすぎてしまうのがこわい」

クレジットカードは限度額まで利用ができるため、ついつい使いすぎてしまうことがありますよね。

そんな人におすすめの家計簿アプリが「Zaim」です。「Zaim」を使うと、クレジットカードと連携させて使用累積額をすぐ確認できるため、お金の管理がしやすくなります。

サービスを提供している株式会社Zaimに「Zaim」アプリのことをもっと詳しく聞いてみました。

お話を聞いた方

株式会社Zaim CCO 綿島琴美さん
今回お話をおうかがいしたのは株式会社Zaim CCOの綿島琴美さんです。「Zaim」アプリ開発の背景や、アプリの特徴、便利な使い方についてお話いただきました。クレカの使い過ぎを防ぐ方法についても教えていただきました。

Zaimは20代~60代まで幅広いユーザーに利用されている家計改善サービス

クレジットカードを作ろうかなと思いながらも、使いすぎがこわくてなかなか作れない。そんな人におすすめしたいのが、株式会社Zaimが提供する「Zaim」です。

Zaimとはどのようなサービスで、開発の背景にはどのような想いがあったのでしょうか。

Zaimの提供を始めた想い

「Zaimは、代表の閑歳(かんさい)が会社員時代の2011年に開発したサービスです。当時、スマホの利用は感度の高い若い男性ユーザーが中心でしたが、将来スマホが普及したときに自分の母親でも利用できるサービスを作ろうと考え、Zaimを開発しました。」

「その後、ユーザー数が急増して数十万万DLを超えた2012年に法人化。現在は900万DLを突破しています(※2020年8月時点)」

開発当時のユーザーはスマホユーザーの中心層でもある男性ユーザーが中心でしたが、現在では20代~60代の男女と幅広い層に利用されています。

Zaimはクレジット連携が可能で、総資産を一覧で確認できる

Zaimはクレジットカードや銀行口座を連携させ、現金で支払ったレシート情報を取り込む機能がある家計簿サービスです。

「クレジットカードは使った日と支払いのタイミングがずれるので、どうしても家計管理が難しいと思われがち。ですが、Zaimでクレジットカードをデータ連携すると、カードの利用日と家計簿の計上日が一緒になるので管理しやすくなります。」

Zaimで残高画面を確認すると、以下のように銀行口座や現金、クレジットカードの使用金額を一覧で表示できます。

▲Zaimの残高確認画面

クレカの使用金額はマイナス表記で負債として扱われるので、銀行などの資産と差し引きされて総残高が表示されます。

お金の全体感をつかみやすい点が、家計管理のプロであるファイナンシャルプランナー(以下FP)にも評価されています。

「クレジットカードを使うメリットのひとつに、ポイントがあります。私はFPの資格をもっているのですが、周囲のFPもクレジットカートを使ってポイントを有効活用しようとアドバイスする人が多いです。」

Zaimではクレジットカードのポイント管理ができるほか、ネット通販やネットスーパーなど生活に密着したサービスのポイントを確認できる機能もあります。

▲Zaimのポイント管理画面

セキュリティ対策は万全なので安心して利用できる

「Zaimは情報資産のセキュリティを管理するための認証である、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を取得しています。また、第三者機関によるセキュリティ診断も定期的に実施し、適切にリスクマネジメントを行っています。」

ボックス:アイコン

ISMS認証とは

日本情報処理開発協会(JIPDEC)が定めた情報セキュリティの仕組みを評価する制度。

「また、保存しているのは連携先からWeb明細で入出金記録を確認するためのログインID・パスワードなどの情報のみ。銀行の振込用の暗証番号、クレジットカード番号・有効期限、クレジットカードのセキュリティキーなどの入出金を行う際に必要な情報は保存していません。」

情報 保存
ログインID/パスワード
銀行の振込用の暗証番号/クレジットカード番号・有効期限/クレジットカードのセキュリティキー ×

「2018 年に銀行法が改正され、当社のように銀行情報を扱う家計簿サービス等の運営企業は、金融庁からの免許取得が義務づけられました。さらに、連携している金融機関とはすべて契約を取り交わしセキュリティに関するチェックを受けています。」

Zaimならではのメリットは、ライフログのように利用できること

Zaimに記録した使用履歴には、コメントと画像を入れられる機能があるそうです。

「クレカで支払いをしていれば、自動的に店名が入るのでライフログのように記録できます。私も先月の週末のランチは何を食べたかな?とたまに振り返るのが楽しみのひとつ。また、去年の旅行の履歴を参考に、子どもさんと一緒に旅行の予算を立てているユーザーさんもいます」

▲支払い履歴に写真やコメントを入れられる

「私たちはお金を使うことが必ずしも悪いことだと全く思っていません。」

「お金を使うときはきっと誰もが必ずなにかの価値を感じ、それを得るためにお金を利用しているからです。大切なのはその使い方に自分自身が満足したり納得感をもっているかどうか。支出履歴を見ることで自分自身の興味やこれからやりたいことを見つけるヒントになる素晴らしさを、ユーザーさん一人ひとりに体感してほしいです。」

そのほかにもZaimにはさまざまな独自の機能があります。

オトクカレンダー

電子マネー系のキャンペーンの情報などを集約し、Googleカレンダーに連携できます。

消耗品購入タイマー

コロナでトイレットペーパーの買占めがあったときに急きょ開発された機能で、買い物履歴から日用品を買うタイミングをリマインドしてくれます。

「今後も、ユーザーさん自身がお金の使い方から新たな発見ができ、家計やくらしの改善につながる機能拡充を進めていきます。」

クレカの使い過ぎを防ぐ方法

「クレジットカードの使い過ぎが不安な人は、週に一度などタイミングを決めてクレカの累積使用金額をチェックしてみましょう。例えば、月間で10万円以内などの予算を決めたら、レコーディングダイエットのような感覚で、使用金額を定点観測するのがおすすめです」

Zaimには、過去のクレカ使用金額の推移を確認できるので、今月は前月の使用金額と比較して使い過ぎていないかというチェックが可能です。

▲月間の収支を「見える化」

Zaimは、ユーザーさんの暮らしをよくするアプリとして進化していきたい

「Zaimは2020年9月から、コンセプトを【毎日のお金も、一生のお金も、あなたらしく改善。】に改めました。家計管理という枠をこえ、一人ひとりの暮らしをサポートするサービスとして進化していきます。」

まとめ

お金を使うことは決して悪ではなく納得のいく使い方をできているかを知ることが人生を充実させるうえで重要、というZaimの思想に共感しました。クレジットカードを不安なく利用したい人は、ぜひ利用を検討してみてください。

おすすめ記事

カテゴリー一覧